書いた人 : 川口大河