webサービスとは?知りたいけど聞きにくい初歩知識をQ&Aで解説

webサービスという言葉を、最近よく聞くようになりました。なんとなく将来性がありそうだけど、どんなサービスのことかは分からない、という方も多いのではないでしょうか。

実は、パソコンやスマホを毎日使っている人は、webサービスを毎日使っています。誰もわざわざ意識しないほど、身近なものになっているのです。でも、実際に毎日使っていてもwebサービスとは何か、を考える機会はあまりありませんよね。

どんなサービスがあるのか?
誰が運営しているのか?
どんな仕組み?
システムや言語は難しい?
未来のwebサービスはどうなるのか?

知りたいけれどなかなか聞けないwebサービスの初歩的な知識から、将来はどんなwebサービスが期待できそうなのかを徹底的にご紹介いたします。

webサービス(ウェブサービス)とは何か?

webサービスの説明
WEBサービスはすでに生活に深く関わっています

このページをパソコンやスマートフォンで読んでいるあなたは、今まさにwebサービスを使っています。パソコンやスマートフォン、ipadなどを使ってホームページを見たりwebメールを使うのも「webサービスの利用」です。

あまりにも身近にあり逆に分かりにくいですね。webサービスは他にも便利なサービスや機能が多数あり、どんどん新しいwebサービスが開発されています。

webサービスの全貌を知るためにも、その歴史や具体例などwebサービスの全体を解説してから、Q&A方式で誰もが知りたい疑問にお答えしていきます。

webサービスの歴史と移り変わり

webサービスの歴史
WEBサービスという言葉は広い意味で使われるようになりました

1990年代後半、個人向けパソコンの普及と共にインターネットも普及していきました。2000年代前半になると、webのソフトウエアを繋げたり、連携させるために開発されたwebサービスが、新技術として注目されました。

しかし、その後は他の技術が主流となり、現在では一部でしか利用されていません。次第にwebサービスという言葉は、元々の技術的な意味ではなくインターネット上のサービス全般を表す便利な言葉として使われるようになりました。

インターネット上のサービスは、当初はパソコンのブラウザを使い、webサービスを提供していました。しかし、スマートフォンの登場により、スマートフォンのブラウザでの、webサービス利用が急増しています。

また、ブログやSNSの普及により、個人が情報を発信する手段として、webサービスが使われることが多くなってきています。

webサービスの定義は?

webサービスという言葉は、元々はサーバを外部から利用できる一部の技術を表す言葉でした。しかし、現在ではインターネット上で提供されるサービス、という広い意味で使用することができます。

インターネット上でのサービスを提供するための技術をさす場合と、提供されるサービスそのものをさす場合とがあり、両方の意味を含んでいます。

webサービスの具体例

便利なサービス
WEBサービスは身近なものから最新技術まで多様

webサービスには具体的にどのようなサービスがあるのか、代表的なサービスを一部ご紹介します。

生活や仕事をサポートするサービス

最も使われているwebサービスのひとつが、ブラウザやアプリにログインすると、自分のメールをどこでも見ることができる「Gmail」、「Yahoomail」、「Hotmail」などのwebメールです。

また、カメラを使うと、テレビ電話のように遠方の人と会話ができる「Skype」や「Viper」などのサービスもあります。さらに、多人数での打ち合わせができるグループ会話ソフトや、資料を共有しながら打ち合わせができるソフトもあります。

場所に縛られることなく、遠方の人ともスムーズにコミュニケーションが取れるのも、webサービスの利点です。

生活を楽しくするサービス

映画や音楽、ゲームの分野でも、webサービスが急増しています。例えば、「ユーチューブ」や「ニコニコ動画」などの動画共有サービス。見逃したTVを一定期間WEBで見ることができる、民放TV見逃し配信などがあります。

また、個人が情報を受け取るだけではなく情報を発信できるのも、WEBサービスの特徴のひとつです。ライブ配信ができるサービスの「17Live」、投稿プラットフォームを提供する「クックパッド」、「はてなブログ」などがあります。

WEB上で社会的なつながりを作れるサービスとしては、「Instagram」、「Facebook」、「Twitter」などのソーシャルネットワーキングサービスがあります。「ポケモンGO」などのオンラインゲームもWEBサービスの一部です。

ホームページを使った予約・販売、仲介サービス

ホームページで情報を閲覧し、比較してから、予約、購入などができるサービスも、充実してきました。ショッピングサイトでは、「ヤフーショッピング」、「楽天」、「ZOZOTOWN」などがあります。

商品の価格を簡単に比較できる「価格.com」、口コミで飲食店比較ができる「食べログ」、民泊紹介サービスの「Airbnb(エア・ビー・アンド・ビー)」、個人売買コマースの「メルカリ」などがあります。

また、JRや一部の私鉄、全日空、日本航空などのチケットを、WEBで予約・購入することができるサービスもあります。

情報サービス

ホームページで情報を検索するブラウザとしては、「Google Chrome(グーグル クローム)」、「Safari(サファリ)」、「Firefox(ファイヤーフォックス)」などがあります。

また、新聞社が提供するWEBニュース、情報誌が運営するレジャーガイドのサイトなど、情報を提供するサイトもあります。

支払いを便利にするサービス

スマホがあれば、現金がなくても決済できるサービスとして、「Apple Pay」、「おサイフケータイ」などがあります。

webサービスにはどんな便利な機能がある?

最もよく使われている基本的な機能をご紹介します。

サーチ・エンジンを使った情報検索機能

サーチ・エンジン(検索エンジン)というシステムを使い、インターネット上のホームページや情報を、効率よく探し出すためのサービス。「Yahoo!」「Google」「goo」などがあります。

情報の自動取得機能

わざわざ検索しなくても、自動的に情報が新しく更新され、常に最新の情報を知ることができる機能。

ホームページやアプリなどでは、天気予報、地図上の現在位置表示、日時、株式相場、などの情報が、自動的に更新されて表示される機能を持つものが多いです。

オンライン物販できるショッピングカート機能

オンライン店舗を作り、ホームページに商品を掲載します。その商品を簡単に購入できるようにした機能が、ショッピングカート機能です。関連する機能として、オンライン上でのクレジットカード決済、暗号化などもあります。

個人が簡単に情報発信できる仕組み

閲覧して情報を得るだけではなく、個人でも世界に向けて情報を発信することができます。比較的簡単なツールは、ブログ、Instagram、Facebook、Twitterなどです。

web会議システム、ビデオ通話

音声や映像を複数で共有して、会議や通話を行える機能。web会議システムには、テキストチャット、書き込みができるホワイトボード機能、ファイル転送機能などがあり、セキュリティにも配慮されています。

クラウドサービス機能

サーバー上の文書やファイル、メールなどを複数で共有することで、リアルタイムに最新のデータを共有できる機能です。

webメールもクラウド機能を使っています。遠隔地からでも、同時に同じ文書にアクセスすることができるため、進捗管理などにもよく利用されます。

webサービスの仕組みをQ&Aで基礎から解説

webサービスの仕組み
webサービスの仕組みや関わり方には何があるか

Q.webサービスは何があれば使えるのか?
A.パソコン、スマートフォン、タブレット端末の他に、電気書籍リーダーやカーナビなどの専用端末がある。インターネット回線に接続して使用します。

Q.webサービスは誰が使えるのか?
A.端末とインターネット回線が使用できれば、誰でも使うことができます。ただし、有料のサービスや会員制のサービスもあります。

Q.webサービスはどこで使える?
A.インターネットに接続できれば、オフィス、自宅、外出先、海外でも使うことができます。山頂や無人島など、通常のインターネット環境がない場所でも、人工衛星通信を使用すれば使うことができます。

Q.webサービスが成り立つために必要なものは?
A.クライアントサーバにあるデーターやプログラムに、端末からアクセスします。
ユーザーに必要なもの・・・インターネット回線やWifi、端末
提供者に必要なもの・・・サーバ、プログラムやアプリケーション

Q.webサービスはどんな言語で作られている?
A.JavaScript、Ruby、Python、PHP、Java、C言語、Objective-C、C++、C#、SQLなどです。

それぞれの言語の詳しい解説はこちらのページをご覧ください。

【2020年最新】プログラミング言語おすすめランキング【初心者向け】
更新日 : 2020年7月15日

衛星通信の利用

衛星通信を利用することで、どこでも位置情報の取得が可能になります。

最近ではアメリカが宇宙軍を作ることが話題になりましたよね。このように、今後は地球だけじゃなく宇宙を対象にしたサービスなども作られていくでしょう。

AR,VR

精密画像や正確な位置握技術の向上により、医療分野などでも用途が広がります。

特に5Gが普及することで大容量のデータ通信が可能となるため、今後はVRでのスポーツ配信なども楽しめるかもしれません。

これからどうなる?将来性がありそうなwebサービス予想

未来のwebサービス
これからはどんなwebサービスが増えてくる?

自宅の家電をスマホから管理できるサービス

家電とインターネットがつながることで、スマートフォンからお風呂を沸かしたり、冷房を付けたりすることができるようになります。家電とAIの融合により、AIが家を管理することも可能になります。

精密な映像を利用したライブストリーミング

超精密な映像8K技術により、まるでどこでもドアで移動したような、ライブ映像を楽しむことができます。

車椅子の自動運転

行き先を指定することで、自動で動く車椅子に乗って移動できるサービス。施設内の移動や病院までの移動が楽に行えるようになります。

地域医療の遠隔サービス

地域医療の医師不足問題を解決するための、遠隔医療サービス。オンライン医療端末を地域に設置すれば、遠隔診療や遠隔手術を行えるようになります。

ヘルスケア端末

自宅で小さな携帯用ヘルスケア端末を身につけて、体のデータを測定します。がん検診や血圧測定、血管の状態などを自動測定して、主治医にデータ送信をして体調管理を行えるようになります。

まとめ

いつの間にか沢山のwebサービスを利用していたことに、驚かれたのではないでしょうか。それくらいwebサービスは生活と切り離せないほど身近なものになりつつあります。

webサービスとはどんなものなのか、webサービスの全体像を知るお役にたてれば嬉しいです。今後もwebサービスは、どんどん進化していきます。あなたも今後webサービスに、積極的に関わってみてはいかがでしょうか。

Webサービスの開発にはプログラミングが使用されています。Webサービスに興味を持っていただいた方はぜひこちらの記事もご覧ください。

プログラミングとは?誰でもわかる基礎知識

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。