Ruby on Railsって何?Rubyとの違いを簡単に解説

Ruby on Railsって何?Rubyとの違いを簡単に解説


「Ruby」と「Ruby on Rails」ってなに?
二つの違いが分からない……
どっちから勉強すれば良いの?

Rubyについて勉強していると「Ruby on Rails」という言葉を必ず目にするかと思います。

「Ruby」と「Ruby on Rails(以降Rails)」の違いは、一言で表すと『プログラミング言語』と『フレームワーク』の違いです。

今回の記事では、その意味の違いやRailsのメリット、どちらから勉強すべきかといった内容について解説します。

RubyとRuby on Rails

画像:Shutterstock

Rubyとは

まずはじめに、Rubyはプログラミング言語の一つです。

1995年頃にまつもとゆきひろ氏によって開発されたプログラミング言語で、オブジェクト指向スクリプト言語に分類されています。

オブジェクト指向言語というのは、プログラムを手続きとしてではなく、実体(object)を使って動作させるという考え方のプログラミング言語のことで、スクリプト言語は習得するのを簡単にするために工夫されたプログラミング言語の総称です。

Rubyは日本で開発されたプログラミング言語で始めて国際規格に認証された言語なので、日本語のドキュメントも多く初心者でも学習しやすいという特徴があります!

Ruby on Railsとは

画像:Shutterstock

Ruby on RailsはRubyのフレームワークの一つです。

フレームワークとは

フレームワークとは、素早く簡単に開発ができるように、多くの開発で必要な機能があらかじめ用意された枠組みのことです。

フレームワークを活用すると、毎回面倒な記述をしなくてもほんの数行のコードで必要な機能を実装する事ができたりします。

Ruby on RailsはRubyのフレームワークの一つで、Railsの登場によってWeb開発がとてもスムーズにできるようになりました。Railsはシリコンバレーで開発され、このRailsの登場によってRubyは世界中に普及しました。

Railsを使うメリット

上でメリットも解説してしまいましたが、Railsのメリットは何と言ってもWeb開発がスムーズに行える事です。そのため、さまざまなWebサイトでRailsが使われています。

Railsで出来ることやどんなサイトが作られているかを知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!

RubyとRuby on Railsの違い

ここまでの説明でRubyとRuby on Railsの違いはおわかりいただけたかと思いますが、改めて違いをまとめると、

  • Rubyはプログラミング言語
  • Ruby on RailsはRubyでのWeb開発を効率的に行うためのフレームワーク

というようになります。

RubyとRails、どちらから勉強すべき?

画像:Shutterstock

まずRubyが全く分からない方は、とにかくRubyの基礎を覚えましょう。基礎が分からないとRuby開発自体が行えないので必須です。

その後、RubyとRailsどちらに注力して学ぶかが分かれてきます。というのも、どちらもRubyではあるのですが、Railsは開発を効率的に行うため、Rails用の書き方というものがあるからです。

そのため、Railsは使いこなせるけど、どういう仕組みで動いているかが理解できていないという人が多いのも事実です。

以上のことから、

  • 作りたいものがしっかり決まっていて、それを最速で完成させたい人は早い段階でRailsを勉強する
  • どういう仕組み・処理でRailsが動いているかを理解しながら学んでいきたい人は、Ruby自体をじっくり学んでからRails勉強に移る

という勉強の進め方をオススメします。

勉強の手始めとして、RubyのインストールとRailsの導入手順の記事を紹介します。必要に応じて活用してください!

Rubyインストール記事

Rails導入記事

まとめ

RubyとRailsの違いについて理解できましたか?

プログラミングの勉強を始めたばかりの人にとって、フレームワークというのは馴染みがない言葉ですよね。ここでフレームワークがどういうものか、RubyとRailsがどう違うのかを理解して、今後に役立ててください!

なお、RubyのフレームワークはRailsだけではありません。いくつかあるフレームワークで、最も人気で代表的なものがRailsです。

もし関心がある人は他のフレームワークに触れてみるのも良いかも知れませんね。

ここからRubyやRailsについての理解を深めて、Ruby開発ライフをお楽しみください!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説