WordPressのfunctions.phpとは?場所や用途を徹底解説!

こんにちは! ライターのナナミです。

WordPressについて色々調べていると、よく出てくるファイル名がありますよね。
そう、functions.phpです。

よくfunctions.phpに書けばOKなんて解説されていたりしますが、そもそもこのfunctions.phpってどんなものかってご存知ですか?

functions.phpが何か全然わからない…
functions.phpを編集したいけど、どこにあるのかわからない

今回はそんな疑問を解消しちゃいましょう。

functions.phpとは何か、どこにあるのかまで解説していきます。下記の流れで、functions.phpをしっかり理解しましょう。

  • 【基礎】functions.phpとは?
  • 【基礎】functions.phpの場所
  • 【発展】functions.phpの活用方法

functions.phpを理解すれば、WordPressのカスタマイズの幅を広げることができます。
バッチリ覚えちゃいましょう!

functions.phpとは?

そもそもfunctions.phpってどんなファイルなのか、まずはそこから抑えていきましょう。

functions.phpは、WordPressのテーマに必須のファイルの1つです。名前の通り、PHPを書くことを目的にしています。

PHPって何?という方は、下記の記事もチェックしてみてください。

>>WordPressのカスタマイズに必須!PHPってどんな言語?

テーマの基幹を担っているファイル

functions.phpに書かれているコードは、そのテーマ内で汎用的に使われるコードです。

関数を定義しておいたり、ショートコードというコードを用意しておいたり、WordPressを使う上で必要なコードを記述しておくことができます。

その影響範囲はテーマに止まらず、管理画面の設定などもすることができます。

なのでfunctions.phpのカスタマイズをミスると、WordPress全体がエラーになってしまうこともあるのです。

編集の際はバックアップを用意しておくなど、注意が必要なファイルということをしっかり覚えておきましょう。

どんなことができる?

functions.phpを編集することで、テーマ内で使う関数の定義や管理画面の設定などをすることができます。

具体的には、下記のようなものですね。

【テーマ内】

  • ショートコードの定義
  • 使いまわしたい処理の定義(ページネーションなど) など

【管理画面】

  • 記事投稿画面のカスタマイズ
  • 権限ごとに許可される行動のカスタマイズ など

実用例については、この記事の後半で解説しています。
そちらも確認してみてくださいね。

functions.phpの場所

色々活用方法があるfunctions.php、どこにあるファイルなのでしょうか?

編集できる場所も含めて、解説していきましょう!

ディレクトリで確認する

まずは基本、実際のファイルの位置です。下記の場所に存在しています。

wp-content > themes > テーマのフォルダ > functions.php


各テーマファイルの中にある、ということですね。編集する場合は、テキストエディタなどで開いてください。

管理画面で確認する

実際の場所がわからなくても、正しく読み込めていれば管理画面から編集を行なうことも可能です。

サイドバーの外観の中にあるテーマの編集をクリックしましょう

すると、下記のようなファイルの一覧と編集画面が一緒になった画面が表示されます。

ここで右サイドバーを探せば、functions.phpが見つかります。真ん中の入力エリアを使って、編集を行なうことも可能です。

functions.php活用方法

編集方法がわかれば、あとは自分の使いたいようにカスタマイズしていくだけです。

色々な実用例を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ショートコードを作る

WordPressには、記事の投稿でもPHPが使えるように設定できる、ショートコードという機能が付いています。

このショートコードの定義は、functions.phpで行なう必要があります。
下記の記事を参考に、ぜひチャレンジしてみてください。

>>コードを使い回す!WordPressのショートコードとは?

ログイン画面をカスタマイズ

functions.phpを編集することで、いつもの管理画面の見た目をカスタマイズすることもできます。
オリジナリティが出せて楽しいですね。

具体的な方法は下記の記事をチェック!

>>ログイン画面をカスタマイズする方法

クイックタグボタンを追加・削除する方法

記事投稿の画面で便利な、HTMLタグを挿入できるクイックタグ

このボタンも、functions.phpで増やしたり減らしたり、カスタマイズすることが可能です。

よく使うタグなんかは、下記の記事を参考に追加しちゃいましょう!

>>記事投稿をより楽チンに!クイックタグボタンとは?

本格的にWordPressをカスタマイズするには?

WordPressを本格的にカスタマイズするにはPHPを習得する必要があります。

PHPを習得することで、

  • あなただけのWordPressをデザイン
  • オリジナルアプリ開発
  • エンジニアへ転職


といったことが出来るようになりますよ。

世界に1つだけのWebサイトを作成したいという方はぜひPHP学習を始めてみて下さい。

最短でPHPを学習するなら侍エンジニア塾

独学でプログラミング言語を1つ習得するには、約1000時間の学習時間が必要と言われています。もちろん個人差はありますが、独学でのプログラミング学習は他の習い事に比べて難しい部類に入ります。

そこでより効率的に最短距離でPHPを習得するには、「誰かに教えてもらえる環境」が不可欠です。

侍エンジニア塾では、

  • 最初から最後まで講師が変わらない業界唯一の専属マンツーマン
  • あなただけに作成するオリジナルカリキュラム
  • フリーランス転向や転職までサポートするキャリアカウンセラー


というサービスを提供しています。現役エンジニアのサポートを活かして最短距離でPHPを習得しませんか?

ご興味のある方は、弊社の無料体験レッスンをご利用下さい。業界随一のコンサルタントがプログラミング学習の悩みや不安、仕事獲得方法、業界知識などにお答えいたします。

こちらのカレンダーからお好きな日程を選択していただくと無料体験レッスンの予約が完了いたします。お気軽にご活用下さい。

まとめ

いかがでしたか?

functions.phpが便利なこと、そしてとても重要なファイルであることがわかればOKです。

初めてカスタマイズするときはエラーの連続だと思います。そういう時こそ、一旦深呼吸して落ち着きましょう。

エラーの原因は必ずあります。見つけられなかったとしても、バックアップさえとっておけば安心です。

ぜひカスタマイズにトライして、より便利にWordPressを活用しちゃってくださいね。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ナナミ

ナナミ

1991年生まれ。
文系大学卒業後、フリーターを経てフロントエンジニアになる。
HTML、CSS、 jQueryなどのコーディングやCMS設計に従事。
文系からエンジニアを目指す人にもわかりやすい記事を目指して、日々精進中。
体は日本酒でできている。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説