Flutterを学ぶおすすめ入門書籍4選!本を選ぶポイントも解説

近年Flutterが有名となっており、入門書籍を参考にスキルを習得したいと考える人も多いでしょう。しかしリリースされて間もないFlutterの書籍に関する情報は少なく、自身にどのような書籍が合っているのか分からないという悩みがある方も多いはず。

そこで本記事では、日本語で出版されているFlutter学習におすすめの入門書籍と、その中身について紹介します。Flutterのスキルを習得してアプリ開発をしたい、業務に活かしたいという方はぜひ参考にしてください。

Flutterのおすすめ入門書籍の一覧

Flutterのおすすめ入門書籍一覧は以下の通り。

書籍タイトル 価格 対象者
基礎から学ぶFlutter ¥4,048 初心者
Flutterモバイルアプリ開発バイブル ¥3,509 初心者~中級者
Flutter×Firebaseで始めるモバイルアプリ開発 ¥1,760 初心者
Android/iOSクロス開発フレームワーク Flutter入門 ¥3,300 初心者~中級者

Flutterとは?

Flutterについて最近耳にしていても、そもそもFlutterが何なのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

公式ページでは

Flutter is Google’s UI toolkit for building beautiful, natively compiled applications for mobile, web, and desktop from a single codebase.

引用:Flutter公式ページ https://flutter.dev/

翻訳すると、「Flutterとはモバイル、ウェブ、デスクトップ向けに単一のコードベースから美しく、ネイティブアプリケーションを構築するためのGoogleのUIツールです。」となります。つまりコード1つ書くだけで、モバイル、ウェブ、デスクトップそれぞれのプラットフォームで動くアプリケーションを開発できる、ということです。

ここでは、そんな便利なFlutterが持つ特徴を解説します。

モバイルアプリケーションフレームワークである

Flutterは、Googleが開発したAndroidやiOS向けのモバイルアプリケーション向けのSDKです。SDKは「Software development kit」のこと。つまり、モバイルアプリケーションを開発するために必要なサンプルプログラムや技術文書がまとめられており、実際に開発を進められるフレームワークということです。

Flutter最大の特徴は、1つのコードでAndroidとiOSどちらでも動作できるアプリ開発ができること。最近ではウェブ、デスクトップアプリも含まれ、マルチに開発可能なフレームワークになりました。

わかりやすい開発言語

Flutterを使用した開発は「Dart」と呼ばれるプログラミング言語で行います。このDartはもともと、JavaScriptの代替言語として登場した経緯があるので、コードの書き方がJavaScriptと似ています。

JavaScriptはWebサイト構築時、画像のスライダーやスクロールによるコンテンツの出現など、動的Webサイト制作で使用されています。そのためJavaSecriptを使用してWebサイト制作などを行ってきた人には馴染みやすく、学習コストを短くできるメリットがあります。

ライブラリが少ない

Flutterは2017年5月にリリースされた比較的新しいフレームワークのため、有名なJavaやC言語などのようにオープンソースライブラリは多くありません。そのため、アプリ開発時の柔軟さはなく、少々手間取ることが予想されます。

Flutterの入門書籍を選ぶときのポイント

Flutterをいざ学習しようとするときに頭を悩ませるのが、「どの書籍を選ぶか」でしょう。技術的な書籍1冊は数千円掛かるので、なるべく自身に合ったものを選びたいと考えるのは自然なことです。

ここではFlutterの書籍を買おうとしている方に向け、選ぶときのポイントについて解説します。

開発環境構築から解説している本を選ぶ

どのプログラミング言語でもそうですが、Flutterも開発を始める前に自身のPCに環境構築を行う必要があります。詳細内容は省きますが、Flutterの場合は公式サイトからSDKをダウンロードし、コマンドプロンプト(Macの場合はターミナル)でインストールしたり、パスを通したりします。そのため、Flutterを学ぼうと決意していざ学習を始めようとしても環境構築でつまずき、Flutterで開発を行う前に挫折する人も多くいます

「Flutter入門書籍」と謳っていても、購入前に環境構築についてどの程度記載されているか確認しておきましょう。インターネット上に挙がっているFlutter環境構築などの記事サイトよりも詳細に書かれているか、確認できればベストです。

環境構築について丁寧に記載されている書籍を選ぶことは、Flutterの学習意欲を高めることにもなりますので、しっかり選びましょう。

サンプルアプリを作れるものを選ぶ

Flutterを書籍で学ぶときは、基本的な文法や構成を身に付けるのはもちろん、書籍後半で実際のアプリ開発を行う例題が載っているものを選ぶのがおすすめです。

あなたがFlutterを書籍で学ぶ理由は、スキルを身に付け、何か作成したいアプリがあるからでしょう。そのため、アプリ制作の一連の流れを学べるかどうかはとても重要。アプリ開発の初期段階から完成まで書かれているか確認してから購入しましょう。

購入前に中身を吟味する

実際に書店に足を運んで、立ち読みしながらFlutter書籍の中身を吟味しましょう。立ち読みですので、時間を長く掛けて読むことはできません。そのため、目次を眺めてその書籍はどのように書かれているかを把握し、最初の数ページを読んで判断するのがおすすめ。

ここからは人の好みによりますが例えば、以下の3点があります。

  • カラーで表記されているか
  • 図や表が多いか
  • コード例文が多く載っているか

また周囲に目当てのFlutter書籍を購入した人がいれば、中身について意見を聞いておくのも有効です。Amazonなどで検索し、評価を参考にする方法もありますが、でたらめな評価もあるため鵜吞みにしないことに注意です。

【初心者おすすめ】Flutter入門書籍4選

ここからは最初の表で紹介したFlutter入門書籍を4つ紹介します。なるべく詳細に解説しますので、学習する前にぜひ参考にしてください。

基礎から学ぶ Flutter

Googleが開発したUIツールキット「Flutter」について、基礎から応用まで丁寧に解説しているFlutterの入門書籍になります。環境構築からプログラミング言語であるDartの基本から、Flutterの内部構造まで詳細に解説しており、後半では実際の業務で役立つ実践的な内容を解説しています。

惜しむべきはサンプルアプリの開発などの例題がないこと。アプリ開発一連の流れを掴めませんが、これから業務でFlutterを使用しなければならない人におすすめな一冊です。

Flutter モバイルアプリ開発バイブル

AndroidやiOS向けモバイルアプリケーション開発を念頭において、Flutterの概要から環境構築、構成要素、サンプルコードの紹介などが記載されている、おすすめのFlutterの入門書籍です。入門書籍としてもですが、ライブラリの実装方法、開発のフローについても解説しているので、現在Flutterで業務をしている人に対して、辞書的な役割も果たします。

書籍中で開設されているサンプルコードはダウンロード可能なため、自身が書いたコードと比較できるため、学習がはかどります。

Flutter×Firebaseで始めるモバイルアプリ開発

こちらは、FlutterとFirebaseを使用してAndoroidとiOSで動作するモバイルアプリ開発について書かれた入門書籍になります。Firebaseもウェブ・モバイルアプリ開発向けのフレームワークです。

一番の特徴は、例題として「貸し借りメモアプリ」を開発しながらFlutterの基本文法や構成要素を学習できる点。モバイルアプリ開発に関する一連の流れもいっしょに学べるので、実践でスキルを身に付けるタイプの人におすすめの一冊です。

Android/iOSクロス開発フレームワーク Flutter入門

Flutter入門書籍としておすすめの1冊。基本的な構造やサンプルアプリの作成など、Flutterを使ってみてたいという人にとっかかりとして最適な書籍です。まずはFlutterの全体像を掴みたいと考えている人にぴったりです。

まとめ

いかがでしょうか。日本でもこれから普及していくFlutterについて知ることや、学習できる書籍について紹介しました。

ウェブ、モバイル、デスクトップアプリを1つのコードで書いて動作させることが可能なFlutterは、今後アプリ開発の現場でどんどん用いられていくと考えられます。これを機会に書籍でFlutterのスキルを身に付けて、新しいアプリ開発エンジニアを目指してみるのも良いかもしれません。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

おすすめコンテンツ

いまならレッスン期間が2週間延長!この秋、プログラミングを学ぼう

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー