Ubuntu18.04にPyhton3.7を導入や設定をしよう!

みなさんこんにちは!Ubuntuを使っていて、Pythonを使うという人はかなり多いと思います。

ただ、UbuntuのバージョンによってPythonのバージョンが違ったり、どのバージョンを使えば良いのか、ということについて悩む人もいると思うので、

  • Pythonoのバージョンはどれを使う?
  • Ubuntuのアップデート方法
  • Python3.7の導入

ということについて説明していこうと思います!

Pythonのバージョンはどれを使う?

さて、まずはPythonを使うに当たってどのバージョンが良いのかということですが、結論から言えば3系ならなんでも良いということですね。3.7や、3.6、3.5と3系にも様々ありますが、基本的には3系であれば問題ないでしょう。

しかし、2系を使うのはやめましょう。理由は、2020年でサポートが切れるからです。文字コード問題などもよく取り上げられますが、サポートが切れる、という時点で利用は諦めましょう。

中には3系でしか動かない、2系じゃないとだめだ、なんてライブラリがあったりするかもしれません。しかし、一昔前ではそんなライブラリはちょこちょこ見かけましたが、現在ではほぼ3系に対応されています。

むしろ2019になるともいうのに3系に対応していないようなライブラリの採用は見直した方が良いかと思います!

まずは、Pythonのバージョンを確認しよう!

まずは、Pythonのバージョンを確認することからはじめましょう。

上のようにターミナルを開いて、

python —verison

もしくは、

python3 —verison

と打ち込みましょう。

2系が入っている場合はpython、3系が入っている場合はpython3ですね。3系がデフォルトで設定してある場合はpythonでも問題ありません。

筆者の場合ですと、

Python 3.6.5

が入っていることがわかりますね。

Ubuntuをアップデートしよう!

実はUbuntuでは、18.04からデフォルトで2系がインストールされておらず、3系のみインストールされています。つまり、Pythonのバージョンを確認して2系の方は18.04より古いUbuntuを使っているということですね。

そこで、Pythonのバージョンの上げ方ですが、普通にPythonのバージョンをあげるよりも、Ubuntuをアップデートすることをおすすめします。

シェアの多いUbuntu16系などもあと2年もすればサポートが切れるのでOSのバージョンアップを検討しても良い時期ではないでしょうか。実際の導入手順はこちらに貼っておくので参考にしていただければ幸いです!

「Ubuntu Desktop日本語Remix」をVirtualBoxにインストールする方法
更新日 : 2019年4月30日

Python3.7を導入しよう!

さて、次は筆者のように、Python3系は3系なんだけど、最新のPython 3.7が入れたい、という人もいますよね。その手順を説明していきます。まずは、以下のコマンドでaptをアップデートしましょう。

sudo apt update

その後

sudo apt install python3.7

でインストールしてやります。

その後このように

python3.7

と打ち込むと、3.7のインタラクティブなシェルに入れることから、導入は成功していますね。

しかし、

このように、バージョンをみても、3.6.5のままです。

ということで、デフォルトを変更してやりましょう。

vi ~/.bashrc

と打ち込み

このような画面がでるので

alias python3='/usr/bin/python3.7’

と一文追加して、保存して終了しましょう。

vimですので:を押しwqもしくはwq!で保存できます。

その後

reboot

で再起動すると、

このように、きちんと導入されていますね。また、より詳細にPythonのバージョン管理を行う場合は、pyenvというものを利用すると便利ですので必要な方は調べて見てください。

まとめ

いかがでしたか。Python3系の導入や、Ubuntuのアップデートの話をしてきました。

Python3のバージョンを変えられるpyenvも実際の現場ではよく使われるので追加学習しておきたいですね。それでは!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

かい

かい

日向徹かこよすぎか

[email protected]