【redmineをはじめよう!】インストール手順まとめ

今回の記事では、Windowsでredmineをインストールする方法についてまとめました。

redmineってどういうもの?
どうやってインストールすればいいの?

という方へ向けて、

  • redmineとは
  • redmineのインストール手順
  • ログインについて

を紹介致します。この記事を読んでいただければ、redemineを始められる所までが分かります。是非最後までお付き合いください!

目次

redmineとは

redmineとは、プロジェクト管理をする際に利用するオープンソースのソフトウェアです。

プロジェクト管理の基本となる、「いつまでに誰が何をやるのか」といったタスクを管理したり、プロジェクトの進捗状況を確認したりといった事が可能となっております。

各タスクは「チケット」という単位で管理する事ができ、担当者やステータス等を記載する事ができるので、担当者は自分にどれくらいのタスクが割り振られているのかが分かります。

また、マネジメント担当者は全体の進捗や、それぞれ人がどれくらいのタスクを抱えているかを可視化することができます。

redmineのインストール手順

それでは早速インストールをしてみましょう。ここでは、Windows上にインストールする方法を紹介致します。他のOSでも同じページにインストーラがありますので、もし良かったら参考にしてください。導入手順は以下になります。

VirtualBoxをダウンロードする

VirtualBoxは、使用しているPCに仮想環境を構築して、他のOSをインストールすることができる仮想化ソフトです。今回の手順ではredmineを仮想環境上で動作させるので、事前準備としてVirtualBoxを導入しましょう。

まずはVirtualBoxのダウンロードページを開いてください。使っているOSに合ったインストーラを選択してダウンロードしましょう。

VirtualBox
出典:VirtualBox

ダウンロードが完了したら、インストーラを開きます。以下のような画面が開くので、「Next」を押してください。以降の画面も特に何も編集せず、「Next」または「Yes」を押していけば問題ありません。

VirtualBox

最終的に以下の画面になるので、「Install」を押しましょう。

VirtualBox

以下のような画面が開いたらVirtualBoxの準備は完了です。

VirtualBox

公式ページからBitNami仮想マシンをダウンロードする

こちらから公式ページを開きます。以下画像のようなページへ遷移します。

redmine
出典:redmine

少し下にスクロールすると、「BitNami Redmine Installer」というインストーラページへのリンクがありますので、そちらを選択してください。

redmine

bitnamiのredmineページへ遷移します。

Bitnami
出典: Bitnami

一番下へスクロールし、「Download .OVA format」を押すと、BitNamiパッケージがダウンロードされます。

Bitnami

VirtualBoxにBitNamiパッケージをインポートする

VirtualBoxを開き、「インポート」を押してください。

VirtualBox

インポートするファイルを選択する画面が開くので、先ほどダウンロードしたBitNamiパッケージを選択してください。その後、「次へ」を押します。

VirtualBox

以下の画面が開くので、完了を押してください。

VirtualBox

仮想マシンがインポートされ、以下のような画面になっていればOKです。

VirtualBox

redmineの起動方法

仮想マシンを起動する前に、仮想マシン上のredmineにアクセスできるようネットワーク設定を変更しておきます。設定ボタンを押して、ネットワークメニューの「割り当て」を「ホストオンリーアダプター」に設定してください。

redmine

設定ができたら、起動ボタンを押します。起動完了すると、以下のような画面になります。画面上にredmineのデフォルトユーザー名、パスワードが表示されているので、メモしておいてください。redmineログイン時に必要になります。

redmine

次に、redmineに接続するためのURLを調べます。VirtualBox上から仮想マシンにログインしてください。デフォルトの認証情報は以下の通りです。

ユーザー名bitnami
パスワードbitnami

初回ログインを行うとパスワード変更を要求されるので、任意のパスワードに変更しておきましょう。

ログインできたら、以下のコマンドを入力します。

sudo systemctl status networking.service

すると、redmineへのアドレスが表示されるので、これをメモしてください。

redmine

ブラウザを開き、メモしたアドレスを入力してみましょう。以下のような画面になれば成功です。

redmine

redmineのログイン方法

redmineのトップページを開き、右上の「ログイン」を押します。

redmine

ログインID、パスワードは、仮想マシン起動時に画面に表示されていたものを入力します。

redmine
redmine

まとめ

今回の記事では、

を紹介しました。redmineを使いこなせれば、プロジェクト管理がとてもやりやすくなります。是非ここで使い方を覚えて、ご活用ください!

この記事を書いた人

中川 大輝のアバター 中川 大輝 メディア編集長

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

目次