スライドショースライドショースライドショー

人工知能(AI)でできることは?逆にできないことと気になる需要も紹介

こんにちは。侍ブログ編集部です。

人工知能(AI)でできることってなんだろう

最近よく話題になる人工知能ですが、このような疑問を持つ人も多いかと思います。なんとなくイメージはあるものの、具体的にどんなことができるのか分からないですよね。

人工知能の発展により、今後の仕事が「人工知能に奪われる」なんて思っている人も多くいます。ですが、人工知能でできることや逆にできないことを知れば、今後どんな仕事をしていくか参考にもなります

そこで今回この記事では

  • 人工知能(AI)でできること
  • 人工知能(AI)でできないこと
  • 今後の人工知能(AI)の需要

などを紹介していきます。

人工知能(AI)でできることとは?

人工知能でできることは大きく分けて2つの種類があります。

  • 機械学習(マシンラーニング)
  • 深層学習(ディープラーニング)

そもそも人工知能とは、「コンピューターが物事やルールを理解するための仕組み」のことです。この様々な技術の総称を人工知能AI)と呼んでいます。

コンピューターがいろんな物事やルールを理解するためには、人間が学習する方法や情報を与えて、その特徴やルールを覚えるための学習させる必要があります。この学習させる方法のことを機械学習マシンラーニング)と呼びます。

深層学習ディープラーニング)は、そのままの意味で「深い学び」という意味になります。機械学習の発展版とも言われ、より深い学習をさせることでより高度な情報伝達や処理ができるようになり、特徴量の精度や汎用性もあがり、予測精度をあげることができるようになります。

機械学習・深層学習でできることは?

画像:Shutterstock

機械学習(マシンラーニング)と深層学習(ディープラーニング)でできるきことは以下の通りです。

  • 音声認識
  • 画像認識
  • 自然言語認識
  • 異常検知

などがあります。もっと具体的にわかりやすく解説します。

音声認識

音声認識とは、その名の通り音を認識する技術です。この技術を使った例が、音声入力機能です。人の声を認識してテキストに書き出すことができる便利な機能です。

今後、ライターや作家は自分で書くのではなく、この音声入力を使い仕事をする人も増えてきそうですね。

他にも、音声検索などもあります。話すだけで勝手にほしい情報を探してくれる機能はとても便利ですよね。話すだけで買い物ができたり部屋の明かりをつけるなどの機能も、すべてこの音声認識の技術が使われています。

画像認識

画像認識とは、画像や動画を見てその中の文字や人の顔を認識する技術のことです。スマホの顔認証なんかがいい例です。

自動車の自動運転や自動ブレーキ機能なども、この画像認識の技術が使われいます。

自然言語認識

自然言語処理とは、人が日常的に使う言葉や会話をコンピュータに処理や理解をさせる技術です。例であげると翻訳アプリなどが上げられます。

この技術がもっと上がれば、受付など会計はロボットと会話して行うなどもできるようになります。すでに受付などでは導入している企業もあるので、注目も集まっていますね。

異常検知

異常検知とは、機械などに取り付けられたセンサーによって危険を検知する技術のことです。先程、画像認識でも紹介した自動ブレーキなどは、このセンサーで前の障害物を読み取って止まる仕組みになっています。

他にも、工場などで事故や故障を事前に防ぐことも可能になります。

人工知能(AI)にできないことは?

画像:Shutterstock

臨機応変な対応

人工知能は、人が情報や知識を入れて始めてその能力を発揮します。なので、急な対応や情報には臨機応変に対応することは難しいでしょう。

人工知能はパターンを学習して、そのパターン通りに動きます。なので、少しでもそのパターンと違うと動けなくなってしまうのです。

現場を仕切る指揮力

現場を仕切って的確な指示を出すのも難しいでしょう。理由としては、現場は毎日同じ状況ではないからです。その日の状況に合わせてプランを練って指示を出す必要があるため、プランを練ることはできるかもしれませんが、作業を実際に行う人に指示は出すことはできません。

指示を出すとしてもパターン化されたことのみとなってしまい、その結果大きな損害などを生んでしまう可能性もあります。指揮力によっては現場のモチベーションや作業効率は大きく変わるので、現状だと人工知能に任せることはできないですね。

コミュニケーション

コミュニケーションにおいても人には劣るでしょう。受付や会計などのパターン化されたことならできるのですが、人対人の営業のような場面においてはまだまだ対応できません。

人の気持を読み取って、その状況に応じて適切に対応することが重要になるため、パターン化された人工知能が営業すると「商品を売るため」だけの会話になってしまうので厳しいでしょう。

今後の人工知能(AI)の需要は?

まだまだできないことも多い人工知能ですが、今後の需要は上がるでしょう。業務の効率化やコストダウンを考える企業が増えているので、こういった人工知能の能力を生かしたビジネスも増えてくるでしょう。

それに合わせて、AIエンジニアの市場価値も上がります。今後こういった技術を持っているエンジニアを増やすためにAI学習の必須化も始まっています。

人工知能(AI)の技術は必須になるぐらい重要視されていて、まだまだAIエンジニアが人材不足の状況です。

今後はこの人工知能を使った技術が当たり前のように世界中に広まっていくでしょう。

AI(人工知能)エンジニアになるためには?

人工知能を作れるAIエンジニアになるためには、プログラミング言語である「Python」が必須になります。Pythonは今人気のあるプログラミング言語の1つで需要が上がっています。

ですが、初心者の場合だと1から独学で学習をしていくのは厳しい現実があります。学習サイトなどは充実してはいるのですが、理解しにくい内容がPythonには多くあるからです。人工知能はまだまだ発展途上で、これから新たな技術がどんどん出てきます。それに対応するのも大変ですよね。

じゃどうやって学習すればいいんだ・・・

このように不安が出てきますよね。

なのでまずは、自分が本当に人工知能を学ぶべきなのかを確認した上で、どのように学習していくべきかを考えて見ましょう。

その確認する方法として、弊社で行っている「無料体験レッスン」を活用しましょう。この無料体験レッスンでは、あなたが本当に人工知能を学ぶべきか目的からヒアリングして、あなたに合った最適なプログラミング言語の学習プランを提案します。

その他にもPythonに関する疑問や学習に対する不安などをコンサルタントに相談することができます。

無料体験レッスンはオンラインでも受講可能ですので、下のカレンダーより気軽にお申し込みください。

まとめ

画像:Shutterstock

現時点では人工知能はまだまだ発展途上です。

人工知能は人々の生活を大きく変えていき、AIエンジニアの市場価値はますます高くなるでしょう

初心者からの学習は難しく感じるかもしれませんが、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説