Javaサポートもついに有償化!サポート期限も劇的に変更

こんにちは!フリーランスの長野です。

Java10が2018年3月にリリースされました。

6ヶ月ぶりのアップデートですが、今後も6ヶ月の期限で更新アップデートされる予定になっています。

そして特に話題になっているのが、次のバージョンからのサポートポリシーの変更です。

次のバージョンJava11からJavaのJDKが有償化されることが発表され、サポートも有償になります。

そこでこの記事では、Javaのサポートについて

・そもそもJavaとは?
・Javaサポートの有償化とは?
・サポート期限も劇的に変更!

などについて解説していきます。

今回はJavaのサポートについて、わかりやすく解説します!

そもそもJavaとは?

Javaの有償化の説明に入る前に、まずはJavaについて簡単におさらいしておきましょう。

Javaは1990年代にSun Microsystemsが開発・発表したオブジェクト指向という考え方を取り入れた言語です。

2010年にOracleが買収し、Oracle製品の1つになりました。

Javaは家電やモバイル機器を始めとして、多くのデバイスに搭載されています。

国内でもスマートフォンなどに搭載されていて、アプリ開発を行うにはJava言語を使って開発することになります。

【初心者向け】Javaとは?言語の特徴や用途を専門用語を使わず説明
更新日 : 2020年7月15日

Javaサポートの有償化とは?

現時点(2018/7/23)での最新バージョンはJava10です。

Java10は2018年3月にリリースされました。

そのリリースと共に大きな話題となっているのが、今回リリースされたJava10が無償で入手可能なOracle JDKの最後のメジャーバージョンであるということです。

Java10のリリースから6ヶ月後にリリース予定のJava11およびそれ以降のOracle JDKは、Oracleと有償サポート契約を結んだユーザーにのみ提供されるようになります。

今後はJava SE Advanced Desktop、Java SE Advanced、Java SE Suiteのいずれかのライセンスおよびサポート契約を購入する必要があります。

購入しなければ、Java SEに含まれるコンポーネントや機能に関してサポートの提供が受けられません。

Java SE Advanced Desktop、Java SE Advanced、Java SE Suiteのライセンスおよびサポート価格については以下の表のように発表されています。

 ユーザー1人月額(円)プロセッサ価格月額(円)
Java SE Advanced Desktop4,800-
Java SE Advanced12,000600,000
Java SE Suite36,0001,800,000

この表はこちらに掲載している価格を元に作成しています。

https://www.oracle.com/assets/e-pl101005-101005a-n-176288-ja.pdf

また、Java SE Advanced Desktop、Java SE Advanced、Java SE Suite以外にもJava SE Subscriptionが2018年6月21日にアメリカのOracleから発表されています。

日本での価格はまだ発表されていませんが、アメリカではユーザー1人月額2.50ドル(約2,800円)、プロセッサ価格月額25ドル(約28,000円)以下です。

Java SE Subscriptionについてはこちらに概要が掲載されています。

http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javaseproducts/overview/index.html

またこれまで無償だったOracleのJava SEおよびそのサポートが有償化されますが、その代わりJava11からはOracle JDKと同じ機能と品質を備えたOpenJDKが無償版のJavaとしてリリースされることも発表されています。

サポート期限も劇的に変更!

OracleのJava SEおよびそのサポートの有償化に加えて、もう一つ重要な点がサポートポリシーの変更についてです。

メジャーバージョンごとのメンテナンス期間は、次のメジャーバージョンが出るまでの間となっています。

Java9以前はJavaのメジャーバージョンアップは3、4年に一度行われてきました。

しかしJava9以降のメジャーバージョンアップは6ヶ月ごとに行われることが発表されています。

実際にJava9からJava10へのバージョンアップは6ヶ月後に行われました。

また、次のバージョンJava11のリリース予定は2018年9月です。

Java10のメンテナンス期間も2018年の9月までということになり、それ以降はリリースされなくなります。

Java9はJava10がリリースされたので、サポートが終了しリリースも終了しています。

またJava8も2019年1月以降は公開アップデートやサポートを終了すると発表しています。

既存のバージョンや今後リリースされるバージョンのサポート・ロードマップについてはこちらで詳しく解説しています。

http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javase/overview/index.html

ただし、Oracle JDK、OpenJDK共にLTS(長期サポート)版を3年ごとにリリースする動きもあるようです。

現在の予定ではJava11、Java17がLTS版として設定されています。

JavaのJDKおよびサポートの有償化については、予測される影響についてもこちらで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

Javaの有償化とは?気になる詳細について解説
更新日 : 2019年5月21日

まとめ

今回はJavaのサポートについて解説してきましたが、いかがでしたか?

2018年の9月以降にJavaのJDKおよびサポートは有償化されますし、バージョンアップも6ヶ月ごとに行われます。

この記事がこれからJavaを使って開発、運用、利用する際の判断の材料になれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

長野 透

長野 透

熊本在住のフリープログラマ兼ライターです。C/C++/C#、Java、Python、HTML/CSS、PHPを使ってプログラミングをしています。専門は画像処理で最近は機械学習、ディープラーニングにはまっています。幅広くやってきた経験を活かしてポイントをわかりやすくお伝えしようと思います。
お問合せはこちらでも受け付けています。
[email protected]