Ubuntu LTSとは何か、Server版やMATE版のLTSはあるの?

みなさんこんにちは!

Ubuntuの利用を考えている方でいろいろ情報を探しているとLTSと付いているものを目にすることってよくありますよね。なんかついてるけどLTSの意味についてはよくわかっていない、何が違うのかわかっていない、という方もちょくちょくいると思います。

そこで今回は、

  • Ubuntu LTSとは
  • というところから、

    • Ubuntu Server版のLTS
    • Ubuntu MATE版のLTS
    • 各UbuntuバージョンのLTS

    の存在や、ダウンロード先を紹介していこうと思います。Ubuntuを使う上でおすすめのバージョンなども紹介していきますので、Ubuntuの導入を検討している方は是非参考にしていただければ幸いです!

    Ubuntu LTSとは

    さて、それではUbuntu LTSとは何かということについて説明していこうと思います。LTSとは、Long Term Supportの略でサポート期間が普通のものより長いことを意味しています。

    普通のUbuntuはサポート期間が最低9ヶ月なのに対して、LTS版は最低5年のサポートが保証されます。かなり違いますね。このサポートとは、何のことかというと、不具合に対してのアップデートと言えるでしょう。UbuntuはオープンソースなOSです。

    そのため、悪意のある攻撃で脆弱性が発見されたり、多くのユーザが利用することで開発、テスト段階では見つけられなかった不具合が発見される、ということが多々あります。初期段階でその全てを完璧に作成することは不可能ですし、時代や技術の進歩につれて改善を強いられることは日常茶飯事です。

    なので、事あればアップデートということは現段階では欠かすことのできない作業です。そのアップデートが無償で提供されているOSにも関わらず5年保証されているということは心強いですね。

    Ubuntuを使うならLTS版がおすすめ

    Ubuntuを利用する場合、LTS版と普通のものを利用するのでは圧倒的にLTSをおすすめしています。サポートが切れるということは致命的ですので、サポートが切れたバージョンのUbuntuを利用するということは基本的に考えられません。

    それを考えると、9ヶ月のサポートは非常に短いですし9ヶ月ごとにOSのアップーデートを行う必要がありかなりの手間になります。なので、新バージョンのUbuntuを試してみたい、短期的なプロジェクトで利用したいという方以外はLTS版の採用一択と言えるでしょう。

    また、現時点で出ているLTSの最新バージョンはUbuntu 18.04です。なので、Ubuntuいっぱいあるけどどれ入れたらいいのかわからないという方は特別な理由がない限りUbuntu 18.04 LTSを入れておけば問題ないでしょう。

    LTS版のダウンロード先はどこ?

    さて、LTSが何か分かったところで実際どこからイメージをダウンロードするのかリンクを貼っておきますね。

    Ubuntu 18.04 LTS

    まずは、バージョン18.04ですね。ちなみに、先ほどLTSは最低5年間のサポートという話をしましたが、18.04は10年間のサポートが保証されているのでそれもかなり心強いですね。

    以下リンクはRemix版といって日本語対応されたUbuntuですので、こちらを導入しておけば問題ないでしょう。


    引用元:Ubuntu Japanese Team公式 https://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1804-ja-remix

    いやいや、日本語対応なんて必要ないから本家サイトからDLさせろ、という方は以下からダウンロードしましょう。


    引用元:Ubuntu 公式 https://www.ubuntu.com/download/desktop

    Ubuntu 16.04 LTS

    さて、次は16.04ですね。基本的には18.04を導入すれば良いですが、16.04は文献が多かったり、18.04の不具合と相性が悪いという方もいると思うので載せておきます。

    以下Remix版です。


    引用元:Ubuntu Japanese Team公式 https://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1604-ja-remix

    以下本家です。


    Ubuntu Server 18.04 LTS

    Ubuntuを利用する方は意外とServer版としての利用を検討している方も多いですよね。GUIは重いですし、必要ないことも多いですからね。以下のURLよりUbuntu Server 18.04 LTSをダウンロードできます。ちなみにRemixではServer版はサポートされていません。


    引用元:Ubuntu 公式 https://www.ubuntu.com/download/server

    Ubuntu MATE 18.04 LTS

    最後にMATEのUIサイコーと愛用している方もいると思うので、MATE版のダウンロード先も載せておきます。


    そもそもMATEってなんだ?という方は以下の記事をみてみてください。

    Ubuntu MATEとは? デスクトップ版18.04 LTSをインストールしよう!
    更新日 : 2019年8月22日

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。LTSとは何かというところから、MATE版、Server版のダウンロード先まで紹介してきました。

    たくさんバージョンや種類があるのでどこからダウンロードするのか正しいのか、どう違うのか、という疑問を解決できていれば幸いです! それでは!!

    LINEで送る
    Pocket

    無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



    侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

    • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
    • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
    • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
    という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

    弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

    既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

    まずは無料体験レッスンを予約する

    書いた人

    かい

    かい

    日向徹かこよすぎか

    [email protected]

    おすすめコンテンツ

    あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

    プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説