エンジニアになるには?未経験からの転職法【職種・年代・働き方別】

エンジニアになるには何をしたらいい?
未経験でもエンジニアになれるの?

そんな風に考えている方もいるでしょう。IT業界で活躍するエンジニアはとても需要が高い職種で、未経験からでもエンジニアを目指すことは可能です。

そこで本記事では、未経験からでもエンジニアになれる理由に加えて、エンジニアになるための基本的な3つのステップを解説。さらに、エンジニアの種類別に必要な知識や資格を紹介します。

エンジニアになりたい方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

未経験でもエンジニアになれる3つの理由

プログラミング学習を始めるきっかけは3つの理由があるから
未経験でもエンジニアになれる理由

エンジニアというと高い技術力が必要で、未経験からの就職は無理だと思っている方もいるでしょう。しかし実は、未経験でもエンジニアになることは可能です。

そこには、次の3つの理由があります。

  • エンジニアの人手不足
  • 興味や学習意欲が重視される
  • 学習環境が整っている

それぞれ、詳しく解説します。

理由1:エンジニアの人手不足

未経験者でもエンジニアになれる理由のひとつが、IT業界のエンジニアの人手不足です。経済産業省の調査によれば、2018年時点でIT人材は約22万人不足しており、2030年には最大で約79万人不足すると試算されています。

そのため、将来への備えとしてエンジニアの育成を始める企業が多くあります。エンジニアを目指している方にとっては、有利な環境であると言えるでしょう。

理由2:興味や学習意欲が重視される

未経験者をエンジニアとして採用する場合、就職活動の時点でどれだけのスキルを持っているかより、ITへの興味や学習意欲が重視される傾向があります。

なぜなら興味や学習意欲が強ければ、就職した後でもスキルを伸ばすことは可能なためです。

つまり未経験であっても、自分がどれだけITに興味があり、エンジニアになるためにどんな学習をしているかを示せれば、エンジニアとして採用される可能性は大いにあるということです。

理由3:学習環境が整っている

学習環境が整っている

独学でスキルを身につけることは難しい場合も多いのですが、プログラミングの場合は学習サイトをはじめとして、独学で学習できる環境が整っています。ゼロから始める初心者でも、ある程度は独学だけでスキルを身につけられるでしょう。

さらに未経験者を採用する企業では、教育のためのシステムが整っている場合が多くあります。そのため、未経験からエンジニアになっても安心して働けます。

エンジニアになるための必須スキル

エンジニアになるための必須スキル

次に、エンジニアになるための必須スキルをご紹介します。最低限、次の3つのスキルは必須となります。

  • プログラミングスキル
  • タスク管理スキル
  • コミュニケーションスキル

エンジニアにとってプログラミングの知識やスキルは大変重要ですので、プログラミングを早く正確に行うスキルやエラー対応のための問題解決スキルは必須。そして開発には納期がありますので、自分のタスクを適切に管理する能力も求められます。

最後にコミュニケーションスキル。開発はチームで行うため、常にメンバーと進捗を共有しあったり情報交換を行わなったりしなければなりません。

なお、エンジニアのスキルアップについては次の記事にもまとめていますので、よろしければお読みください。

エンジニアがスキルアップする方法!4種のキャリア別に解説
更新日 : 2021年8月1日

【共通】エンジニアになるための3つのステップ

エンジニアになるためのステップ

次に、「プログラミング未経験からエンジニアになりたい」という方向けに、就職・転職活動を成功させるコツをご紹介します。

未経験からエンジニアに就職・転職する場合には、次の3つのステップで進むのがおすすめです。

  • プログラミングの基礎に触れる
  • 本格的に開発を経験する
  • 転職活動を始める

それぞれのステップについて1つずつ解説します。

ステップ①:プログラミングの基礎に触れる

プログラミングの基礎に触れる

まずは、プログラミングの基礎に触れてみましょう。これには主に2つの方法があります。

無料プログラミング学習サイトで学習

一つ目は、無料プログラミング学習サイトを利用するという方法。スライド形式で学ぶものや動画学習など、最近ではさまざまな無料プログラミング学習サイトが登場しています。

自宅のパソコンやスマホですぐに使い始めることができますので、ピンとくるものから選んで学習を始めてみましょう。詳しくは次に紹介する記事にまとめていますので、この中から選んでみてください。

専門家が選ぶプログラミング学習サイトおすすめ20選【無料&有料別】
更新日 : 2021年9月13日

初心者向けプログラミング本を読む

もう一つの方法は、テッパンですが初心者向けのプログラミング学習本を読む方法です。最近ではプログラミングの専門書も豊富に出版されていて、レベル別・言語別などその種類はさまざまです。

未経験からエンジニアになることを目指すときには、そのなかでも特に「プログラミングとは」という基礎の基礎から説明している初心者向けの本をまず読んでみることがおすすめです。

など、おすすめの本を次の記事でまとめていますので、この中から選んでみましょう。

【初心者向け】プログラミング入門書としておすすめの本9冊
更新日 : 2021年8月3日

ステップ②:本格的に開発を経験する

本格的に開発を経験する

プログラミングの基礎学習が終わったところで、続いては本格的な開発を経験するのがおすすめです。

次に紹介する順番で進めていきましょう。

プログラミングスクールで学習する

まずはプログラミングスクールに通い、プロに教わりながら開発を進めてみましょう。プログラミングスクールには、現役エンジニアに直接プログラミングを指導してもらえるところもあります。

その場合、現場で実際に使っている開発スキルを効率よく学ぶことができます。また、プログラミング学習の独学で必ずといっていいほど起こる「挫折」を防ぐことにも繋がります

とはいえ、これからエンジニアを目指す初心者の方は、どうやってプログラミングスクールを選んだら良いかわからないと思います。

ポートフォリオを作成する

もう一つやっていただきたいのが、制作実績などをまとめたエンジニアとしての作品集とも言える「ポートフォリオ」を作成することです。

未経験からエンジニアへの転職を成功させるためには、ポートフォリオの存在が必要不可欠です。

ポートフォリオがあれば書類選考時に有利になりますし、技術力の証明にもなります。なかには、ポートフォリオがないと面接が受けられないというケースまでありますので、必ず作っておきたいものです。

エンジニア向けのポートフォリオ作成のコツは次の記事に詳しくまとめていますので、お読みください。

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日 : 2021年9月9日

ステップ③:転職活動をはじめる

転職活動をはじめる

開発を本格的に経験し、ポートフォリオが完成したところで転職活動を始めましょう。なお転職活動の進め方ですが、ポートフォリオの他に次の2つを整理・準備しておく必要があります。

  • 志望動機
  • 職務経歴書

さらに転職の方法としては、次のように3つの方法があります。

  • 求人サイト
  • 転職エージェント
  • リファラル採用

それぞれの詳しい解説や具体的なコツなどは次の記事にまとめていますので、こちらを参考に転職活動を進めてみましょう。

未経験者がエンジニアを目指すために必要なスキルと学習方法まとめ
更新日 : 2021年6月1日

【職種別】エンジニアになるには?

【職種別】エンジニアになるには

エンジニアと一言で言っても、いろいろな種類があります。エンジニアの種類によって仕事内容はもちろん、必要な知識やスキルも異なります。

ここでは、エンジニアになるには何が必要なのか、職種ごとに解説します。

システムエンジニアになるには

システムエンジニアとは、「要件定義」「システム設計」「進捗管理」などの上流設計やマネージメントを行うエンジニアです。システムエンジニアを目指すなら、次の5つのスキルや知識が必要です。

  • プログラミングスキル
  • サーバー
  • セキュリティ
  • コミュニケーション能力
  • マネジメントスキル

未経験からシステムエンジニアになる方法については、次の記事をご覧ください。

未経験からシステムエンジニアになるには?必要な資格やプロセスを紹介
更新日 : 2020年7月28日

システムエンジニアになるためには、上記で紹介した独学・プログラミングスクールで学習する他に、専門学校に通う方法もあります。システムエンジニアになるために専門学校に通うべきか、どんな専門学校を選べば良いのかについては次の記事で詳しく解説しています。

システムエンジニアになるには専門学校を出るべき?学校の選び方やおすすめも紹介
更新日 : 2021年7月22日

Webエンジニアになるには

パソコン
Webエンジニアになるには

Webエンジニアとは、主にインターネットを使ったアプリケーションやWebサービスの開発を行うエンジニアです。

Webエンジニアはさらに、ボタンやテキストボックスなどユーザーに近い部分を開発するフロントエンドエンジニアと、裏側の処理を担当するバックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)に分類できます。

Webエンジニアを目指すなら、次の5つの知識が必要です。

  • プログラミング
  • データベース
  • セキュリティ
  • サーバー
  • 開発ツール

学習すべきプログラミング言語は、フロントエンドエンジニアを目指すかサーバーサイドエンジニアを目指すかによって異なります。

Webエンジニアの詳細については、次の記事にまとめていますので、ぜひご一読ください。

【初心者必見】Webエンジニアになるためには?必要な知識を紹介
更新日 : 2021年9月2日

セキュリティエンジニアになるには

セキュリティエンジニアとは、情報漏洩や機密データの破損を防止するために活躍するエンジニアです。セキュリティエンジニアを目指すなら、次の5つの知識が必要です。

  • サーバー
  • OS
  • セキュリティ
  • ネットワーク
  • IT関連の法律

また、セキュリティエンジニアを目指すのに有利な資格としては次の5つが挙げられます。

  • シスコ技術者認定
  • CompTIA Security+
  • 情報セキュリティマネジメント試験
  • CISM(公認情報セキュリティマネージャー)
  • 情報処理安全確保支援士試験

セキュリティエンジニアの詳細については、次の記事をご覧ください。

セキュリティエンジニアになるには? 仕事内容と有利な資格と知識
更新日 : 2020年5月6日

IoTエンジニアになるには

IoTエンジニアになるには

IoTとは、コンピューターそのものではなく家電をはじめとした「モノ」をインターネットに接続し、より便利に活用できるようにするための技術です。そのIoT技術に関する開発を行うのがIoTエンジニアです。

IoTエンジニアを目指すためには、下記の4つを中心とした幅広い知識が必要になります。

  • ハードウェア
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • OS

IoTエンジニアを目指すのに有利な資格としてはこちらの3つが挙げられます。

  • IoT検定
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験
  • IoTシステム技術検定試験

IoTエンジニアの詳細については、次の記事をご覧ください。

IoTエンジニアとは?なるための方法3つや必要スキル5つを紹介
更新日 : 2021年8月1日

機械学習エンジニアになるには

機械学習とは、コンピュータに命令とデータを与えて機械の知能を向上させる分野のこと。機械学習エンジニアとは、機械学習に関わるあらゆる仕事を統括するエンジニアです。

機械学習エンジニアには次の5つををはじめとして、高度なスキルや知識が求められます。

  • Linux
  • Python
  • 機械学習ライブラリ
  • データベース
  • クラウド関連

未経験者が機械学習エンジニアを目指すなら、先にPHPやRubyを使ったWebエンジニアとして経験を積んでからステップアップするのがおすすめです。

機械学習エンジニアの詳細については、次の記事をご覧ください。

機械学習エンジニアとデータサイエンティストとは?未経験からなる方法も
更新日 : 2021年7月14日

クラウドエンジニアになるには

クラウドエンジニアになるには

クラウドエンジニアとは、クラウド環境の設計や構築・設計を担当するエンジニアです。クラウドエンジニアに必要なスキルや知識は、次の4つです。

  • サーバー
  • ネットワーク
  • ミドルウェアやツール
  • プログラミング

クラウドエンジニアの詳細については、次の記事をご覧ください。

未経験からクラウドエンジニアになるには?必要なスキルや資格も紹介
更新日 : 2020年11月4日

AI(人工知能)エンジニアになるには

AI(人工知能)エンジニアとは、人工知能の開発に関わる仕事をするエンジニアです。AIエンジニアに求められるスキルや知識は、こちらの5つです。

  • AI開発言語のプログラミングスキル
  • 数学的な知識
  • データベースの運用スキル
  • AIを使ったデータ分析の知識
  • AI開発に役立つフレームワークやライブラリの知識

AI(人工知能)エンジニアの詳細については、次の記事をご覧ください。

AIエンジニアになるには?必要なスキルと仕事獲得までの5ステップ
更新日 : 2021年8月1日

AIエンジニアは高いスキルが求められる仕事のため、AIエンジニアを目指すのであれば、独学ではなくスクールを利用して学習するのがおすすめです。

【年代別】エンジニアになるには

エンジニアになるには

エンジニアの転職では、年代によって採用されやすさや求められるものに差が出ます。ここでは、エンジニアになるための方法を年代別に解説します。

20代でエンジニアになるには

エンジニアの転職において、20代は未経験でも採用されやすい傾向があります。未経験でも研修制度がある企業が多いので、まずは求人情報を見て探してみるのも良いでしょう。

現在20代後半で転職を迷っている方は、可能であれば早めに活動を始めるのがおすすめです。

次の記事では、20代でのエンジニア転職で失敗しないコツをまとめています。

20代エンジニアでも転職して大丈夫?失敗しないためのコツも解説!
更新日 : 2020年7月14日

また次の記事では、20代エンジニアの職種別平均年収や年収の上げ方について解説しています。転職活動の際の参考にしていただければ幸いです。

20代エンジニアの職種別・平均年収と年収UP法│現役エンジニアが解説
更新日 : 2020年6月10日

30代以上でエンジニアになるには

未経験からエンジニアになる場合、20代の方が有利ではありますが、30代でも可能性がないわけではありません。実際に、30代未経験からでもエンジニアになった例はあります。

ここでは、30代で未経験からエンジニアになられた方を3名紹介します。

佐藤 祐希さん

佐藤 祐希さんは、35歳まで派遣社員として勤務されていた方です。クリエイティブなことをやりたいと考えて趣味で小説を書き始め、書いていく中でプログラミングを調べ、実際に触っていくうちにプログラミングを知りハマっていったとか。

そのなかでエンジニアを本格的に目指すようになり、当塾に入塾。5社ほどの選考を経て、現在は正社員のエンジニアとして勤務されています。

正社員経験無しの30代派遣社員が、6ヶ月の学習で正社員エンジニアになれた理由
更新日 : 2019年10月23日

阿部寛子さんは専門学校を中退後、派遣社員、フリーターを経て広報や事務として9年間勤務されていました。

自社サイトのリニューアルでphpに触れたことをきっかけに、プログラミングを勉強したいと考えるようになり、プロゲートやドットインストールを利用して独学でプログラミングを学習。

独学での限界を感じたこと、早く目標を実現したかったことから当塾に入塾。約6ヶ月でITベンチャー企業にエンジニアとして転職されました。

元フリーター32歳がプログラミング学習によって新しい人生を手に入れるまで
更新日 : 2019年5月24日
崎村一加さん

崎村一加さんは、大学中退後にハウスメーカーで住宅営業として勤務。その後、派遣社員として接客業に10年以上従事されていました。

旦那様が過労で倒れたことをきっかけに、在宅の仕事をしたいと考えWEB制作の学習を開始。当初は別のスクールに通っていたものの、学習内容がどう仕事に結びつくのかがイメージできず、もっと業務にそった学習をするため当塾に入塾されました。

侍エンジニア在学中にクラウドワークスでコーディングの案件を獲得し、現在はフリーランスとして活躍されています。

「知識だけでは仕事に繋がらなかった」38歳接客業からフリーランスデビューできた理由
更新日 : 2021年6月7日

30代以上でも、職種によって必要なスキルを持っている人は通りやすい傾向があります。例えば、マネジメント系の職種の場合には、前職でマネジメント経験があると通りやすくなります。

30代でエンジニアを目指す際には、自分の持っているスキルは何か、どんなエンジニアならそのスキルを活かせるか考えてみるのがおすすめです。

フリーランスエンジニアになるには

フリーランスエンジニアになるには

フリーランスエンジニアとは、会社に所属せず自分で案件を獲得して働くエンジニアのことです。フリーランスになると、会社に縛られず働ける分自由度が高いのがメリット。

フリーランスエンジニアになるのは就職するよりもハードルが高いのですが、未経験からフリーランスエンジニアになるのも不可能ではありません。

未経験からフリーランスエンジニアとして成功するためには、次の5ステップで進むのがおすすめです。

  • エンジニアのスキルを身につける
  • エンジニアに転職する
  • 副業でエンジニアの仕事を獲得する
  • フリーランスで成功する人の特徴を知り真似をする
  • フリーランス向けコミュニティで人脈を作る

それぞれの項目についての詳細は次の記事でまとめていますので、フリーランスエンジニアになりたい方はぜひご覧ください。

未経験からフリーランスエンジニアとして仕事獲得するまでの全手順
更新日 : 2021年9月14日

エンジニアに転職する際のリスクとは?

エンジニアに転職する際のリスク

ここまでは転職のコツを紹介してきましたが、転職にはリスクがつきものです。転職活動を始める前に、次のようなリスクがあるということも覚えておきましょう。

転職先がイメージと違う場合がある

求人情報では良い会社のように思えても、いざ現場で働いてみたら想像していたものと違ったなどと感じることがあります。特に未経験からエンジニアへ転職・就職を考えている人からすると、IT企とは未知なる世界です。

このギャップがより大きくなることも考えられます。会社や給料などの評判が良くても、さらに詳しく丹念なリサーチをし、あなたに合った企業であるか適性を調べるなどの作業も重要です。

年下の同僚・上司と接することが増える

年下の同僚・上司と接することが増える

エンジニアとして活躍している人は、比較的若い年代の方が多いもの。そのため、エンジニアに転職した場合には上司が自分より若い可能性もあります。

そうなると当然ながら自分より若い人に指示される場合もあるため、ストレスが溜まるという人も少なくありません。また、上司や同僚があまりにも年齢がかけ離れている場合は、ジェネレーションギャップにより仕事に関する指示がうまく伝わらない場合も出てきます。

業務量が多い

最後に、業務量の多さも覚悟しておく必要があるでしょう。エンジニアの仕事は常に忙しく、当たり前のように残業がある企業も少なくありません。

なぜならエンジニアという仕事は需要が高い分野であるにも関わらず、人手が足りていないからです。急な仕様変更やバグが起こることも日常茶飯事。

転職できたは良いものの、前の会社よりも残業が多かったという場合も多いものです。「エンジニアは残業して当たり前」といった覚悟はしておくに越したことはありません。

まとめ

ここまで、未経験からでもエンジニアになれる理由とエンジニアになるための具体的なステップについて解説してきました。エンジニアは需要が高い職業であるため、未経験者でもエンジニアになれるチャンスは十分にあります

エンジニアにはさまざまな種類があるので、まずはどんなエンジニアになりたいのかを考えたうえで、それにあったスキルを身につけていくのが良いでしょう。未経験からフリーランスエンジニアを目指すことも不可能ではありません。

エンジニアになるための最初のステップとして、プログラミングの基礎に触れるところから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事のおさらい

未経験者でもエンジニアになれる理由は?

「IT業界のエンジニアの人手不足」「興味や学習意欲が重視される」「学習環境が整っている」の3つです。

年齢・種類を問わず共通する、エンジニアになるためのステップは?

「プログラミングの基礎に触れる」「本格的に開発を経験する」「転職活動を始める」の3つです。

フリーランスエンジニアになるためのステップは?

「まずはエンジニアのスキルを身につける」「エンジニアに転職する」「副業でエンジニアの仕事を獲得する」「フリーランスで成功する人の特徴を知り真似をする」「フリーランス向けコミュニティで人脈を作る」の5つです。

Writer

れん

WordPress系言語(HMTL・CSS・PHP)を愛する6歳男の子パパ。2020年のプログラミング教育開始に向け、親子プログラミング学習をやってます。息子のプログラミング教室の送り迎えが日課です。
プログラミングスクールやプログラミング学習のブログ書いてます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら