エンジニアになるには?30代未経験でキャリアチェンジする方法

こんにちは!侍エンジニア編集部ライターのTAKUMAです。

30代未経験からでもエンジニアになることはできるのだろうか。
エンジニアになるためにはどのような手段があるのだろう。
今後のキャリアアップのためにも、エンジニアに転職したい!

エンジニアになるにはしっかりとした、予備知識や年齢別の就職に関する対策、傾向を把握しておくことが大事になってきます。これらを知らずに、企業へ就職してしまうと「ブラック企業に就職してしまった…」なんてことにもなりなりかねません。

そこで、今回はこれからエンジニアを目指している人へ向けて、知っておきたいリスクやメリット・将来性等について詳しく解説しました。

★この記事を読んで欲しい人

  • 30代未経験からエンジニアに転職を少しでも考えている人
  • エンジニアに転職するための方法を知りたい人
  • 実際に30代未経験で転職した人の話を知りたい人

30代未経験からエンジニアになるには沢山のリスクがある!

画像:shutterstock

30代未経験からエンジニアになるといっても、様々なリスクが伴います。いくらエンジニアの平均年収が高いからといっても、未経験の方からすると未知なる世界ですよね。実際に、30代エンジニアに転職するにはどのようなリスクがあるのか具体的に以下からみていきましょう。

転職はあくまでも不確実性を持った行為

どれだけ良い会社や職種に転職するといっても、あくまでも転職は転職。エンジニア職も例外ではなく、求人情報では良い会社のように思えてもいざ現場で働いてみたら、想像していたものと違ったなど感じることがあり得ます。

特に未経験からエンジニアへ就職を考えている人からすると、IT企業とは未知なる世界ですよね。会社の給料や評判が良くても、より詳しい丹念なリサーチが必要不可欠です。あなたに合った企業であるかなどの適性も重要になってきます。

求められることが多くなる

30代ともなると20代に比べて、求められることが会社によって違ってきます。20代は、実績がなくとも様々なプロジェクトに参加して失敗することも想定の範囲内だとされてきましたが、30代ともなるとそうはいきません。

30代は業務遂行に関する基礎的なプログラミングスキルは元より、チームをまとめるリーダースキルや様々な人とコミュニケーションを取るためのより高いコミュニケーション能力を求められます。

20代の時のように、失敗しても許されるようなことはあまりないでしょう。逆に、30代はそれをカバーする役目といっても過言ではないので、20代の時よりも多くの業務が与えられます。このように30代では多くのことが求められるので、マネージメント能力が必要不可欠です。

職場が自分よりも若い人ばかり

エンジニアで活躍している人は、比較的に若い人ばかりです。

ですので、もし30代でエンジニア職につこうと思いIT企業に転職した場合は、目上の上司が自分よりも若い20代である場合が高確率でありえます。自分よりも若い人に常にダメ出しされたり、支持されたりするとなにぶんストレスも溜まります。

また、上司があまりにも自分と年齢がかけ離れている場合は、ジェネレーションギャップにより仕事に関する指示が上手く伝わらない場合も出てきます。

エンジニアの仕事は常に忙しい職場である

エンジニアの仕事は常に忙しい職場です。ですので、多くの企業では当たり前のように残業が行われたりされています。転職してIT企業に無事に入れたは良かったものの、前の会社よりも残業が多くブラック企業だという場合も大変多いです。

これはどの分野も同じことですが、転職する際にこの不安は隠せませんよね。就職する際の一番のリスクといっても過言ではないでしょう。

30代未経験からエンジニアになるメリットとは?

画像:shutterstock

30代未経験からエンジニアになるには何もリスクばかりではありません、実はリスクよりもメリットの方が見方によっては大きいと言えます。

以下からそのメリットについて、詳しく解説していきます。

新しい会社や分野で働くことで自身の成長が見込める

既存の会社に10年以上も滞在していると、業務にもマンネリ化してしまい入社仕立ての頃比べて、あまり新しい発見も少なく自身の成長も止まっているかのように感じてしまいますよね。もちろん、個人の意識の問題ではあるのですが実際にそういった人が大半です。

しかし、エンジニアという新しい分野に転職することで、環境や付きあう人が代わり、人間としてもキャリアとしても大きな成長を見込めるわけです。

エンジニア職は高給であり稼げる!

エンジニア職は一般のサラリーマンの平均年収と比べると高い方です。


上記はあくまでも全国的な平均年収ですが、30〜34歳代では男性で528万円とかなり高額ですね。

30代サラリーマンの平均年収は452万円とさているので、その差額からもエンジニア職が稼げることが分かります。

将来的にもニーズがかなり高く多くの企業に求められている

経済産業省の調べによると、日本は2030年には約80万人のエンジニアが不足すると言われているため、今後ますますエンジニアのニーズは高くなることが予測されます。

そうなると、もちろん前述したもらえる年収も上がってくるわけで今からしっかりとスキルを身につけて、エンジニアとして活躍していれば自分の市場価値も上がってくること間違いなしですね。

エンジニアとして一旦スキルを習得するとそれから、他の企業へ転職したりフリーランスエンジニアとして活躍できたりと選択の幅も広がります。

自分の市場価値を知ることができる

今まで一つの会社で勤めてきた方は、転職するという選択をとったことで自分の市場価値を知ることができます。

改めて、自分を売りに出すことでIT分野でどのぐらい自分の価値があるのか明確に知ることができ、そこから今のあなたにマッチした良い企業が見つかるかもしれません。今の自分にどのようなスキルがあって、どのようなスキルがないのか改めて見直すきっかけとなります。

また、特にIT分野の場合は人材不足が深刻化しているので、どの企業でもある程度のスキルがある人は採用されること間違いなしでしょう。

大きなキャリアアップに繋がる

エンジニアになるということは、大きなキャリアアップに繋がると言うことです。前述したように、これからますます求められる職種であり、多くの企業がそういった人材を今もなお求めています。

今まで多くの技術改革を起こしてきたのもこの分野であり、これからあなたが携わっていくエンジニアという職業はまさにその中心となる職種といっても過言ではありません。

また、その後のキャリアにも大きなプラスとなり、その後の将来の選択肢も大幅に増えることでしょう。

30代からエンジニアになるための具体的な方法とは?

では30代から実際にエンジニアになるには、どうすれば良いのでしょうか。いくらエンジニア職が年収も将来性も良いといっても、どうやってなれば良いのか分からないと本末転倒ですよね。

以下から、エンジニアになるための効率の良い方法を詳しく解説していきます。

まずは独学でプログラミング学習を行ってみよう!

大前提として、エンジニアには「プログラミング言語」の習得が不可欠です。プログラミング言語とは、コンピューターに命令を送るための言語のようなものです。

プログラミング言語によってできることが全く異なってくるので、まずは貴方の目的をしっかりと決めて、目的にあった言語を習得する必要があります。

特にエンジニアは

  • システムエンジニア
  • プログラマ
  • データベースエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • インフラエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • 組み込みエンジニア


など、様々な職種が存在しています。

それぞれの職種で扱うプログラミング言語が違ってきますので、そのニーズに合わせて学習を行わなければなりません。

プログラミング学習アプリ”Progate”を活用する

東京大学の学生が作ったと言われている、こちらの”Progate“はプログラミング初心者がゲーム感覚で学べるアプリケーションです。

学習アプリ内には、様々なプログラミング言語が学べるように準備してあり、あなたが学びたい言語を選んでゲーム感覚で徐々にステップアップしながら楽しく学ぶことができます。筆者も実際に利用していますが、初心者でも分かりやすく解説してくれるので、サクサク学習を進めることが可能です。

Udemyの動画コンテンツで学習する

Udemyとは動画学習サイトのことで、サイト内の有料動画を購入することでプログラミング言語の学習を動画ですることができるサービスです。

こちらも実際に筆者が利用しているサービスの一つで、動画を見ながら実際に自分の手でプログラミングを書き込んでいき、サイトを作成を行いますので大変勉強になりますね。動画には様々な種類があるので、ご自身が学びたいものを選んで自由に学習できます。

本で学習する

ある程度の知識ある人は、プログラミング言語に関しての本を一冊購入して学習するとより知識や理解が深まるでしょう。選び方としては、実際に今まで携わってきたプログラミング言語に関する本や、実際にエンジニアとしてバリバリ活躍している人の本を参考にすると良いです。

また、初心者へのおすすめ本として以下の記事でも詳しくご紹介してます!

エンジニア初心者が読むべきオススメ本10選【2019年最新版】
更新日 : 2019年4月2日

プログラミング学習に関する専用サイトの記事を読んで学習する

今はプログラミングに関しての学習サイトが無料で公開されています。

プログラミング言語の意味などで分からなくなった場合に教えてくれる代表的なサイト「MDN」や、個人で行われているブログなどをうまく活用して知識を深めることも可能です。

もちろん、このあなたが今見ている侍エンジニアブログでも多種多様なプログラミング言語について分かりやすく解説してあるので、気になる言語で検索してみてください。

転職サイトもしくはプログラミングスクールを利用してIT企業に就職!

エンジニアを目指してIT企業へ転職する方法としては、以下の2つの手段がおすすめです。

転職サイトからIT企業へ就職する場合

転職エージェントなどをうまく活用して、無料の適性診断などを活用しあなたに合ったIT企業を探しましょう。最近は多くの転職サイトで無料の適性診断などを行なっているので、複数のサイトに登録して探すのが良い方法ですね。

自分の人生を左右することですので、しっかりと吟味して決めていきたいところです。

プログラミングスクールからIT企業へ就職する場合

一番手っ取り早く、エンジニアになる方法としてはプログラミングスクールを活用することですね。

エンジニアに必要なスキルも習得できて、その後の就職先の斡旋までしてくれるのでコストは掛かりますが確実にエンジニアを目指すのであればスクールで学習するのが一番です。

また、個人で学習するよりもはるかに効率が良く、あなたに合った就職先を紹介してもらえるのでとてもおすすめです。

でもいきなりスクールに通うのは不安だな・・・

このように感じる人もいるでしょう。

そんな人は、弊社で行っている「無料体験レッスン」へ参加してみましょう。こちらの無料体験レッスンでは、あなたがプログラミングを学ぶ目的をヒアリングして、その目的を達成するために最適なプログラミング言語と学習プランの提案をさせていただきます。

この学習プランがあれば、最速でエンジニアを目指すイメージができるのでモチベーションにも繋がります。その他にも、あなたが感じている不安や疑問を業界屈指のコンサルタントが解決してくれます。

無料体験レッスンは、オンラインでも気軽に受けられるので受けてみたいと思う人は下記のカレンダーよりお申し込みください。

実際にエンジニアに転職が成功した人たちの体験談をご紹介!

画像:shutterstock

30代未経験でエンジニアになれるのは分かったけど、実際にその年齢でなった人っているの?

と思う方も多いと思いますが、実は30代と言わず50代からでもプログラミングを学んでエンジニアになった方もいるんです。以下から実際にエンジニアに転職して成功した人たちをご紹介します。

元大手銀行マンが55歳からプログラミングを学んだ

元大手銀行マンが55歳からプログラミングを学んで事業家になった話
更新日 : 2019年6月20日

奥さんの病気をきっかけに大手の銀行を退職し自身で、プログラミングスクールを活用して事業を立ち上げた実業家の方ですね。実際に、55歳からのチャレンジということでとても感銘を受けます。人間チャレンジするのには、年齢なんて関係なんですね。

31歳未経験でプログラミング学習を開始した

31歳エンジニア女子が語る未経験・地方在住でもスキルが身についたオンライン学習術
更新日 : 2019年5月18日

この方は、30代女性の方で「自分の働く場所を選べないのは嫌!」という強い思いからエンジニアとしてのスキルを磨き、身につけてフリーランスエンジニアとして活躍されている方です。

元は、お仕事の転勤がいやでこの働き方を選んだとか。30代でもフリーランスエンジニアになれるものなんですね。

まとめ

30代未経験でキャリアチェンジするには大変多くのリスクとともに、多くのメリットがあることがお分かりいただけたと思います。エンジニアはこれだけ将来性がある職業で、高収入が見込めると分かっていても30代未経験からだととても勇気が入りますよね。

しかし、そこで行動した人としなかった人との差が出てくるので、まずは小さくで良いので出来ることから初めてみてはいかがでしょうか。素晴らしいキャリアアップに繋がることを願っております!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

Takuma Oka

Takuma Oka

クラウドワークスを中心にライターをやっています。海外ノマドワーカーに憧れて公務員を辞めて、勢いでフリーランスになりました。

カフェめぐりや海外旅行が大好きです!

元航空自衛官。辻調理師専門学校caféクラス卒業生。飲食歴4年程度。コンテンツマーケター。プログラマー(Progate歴2年)

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説