スライドショー

【PHP入門】date関数の基本的な使い方

こんにちは!フリーエンジニアのせきです。

PHPには日付や時刻を書式化するdate関数があります。

この記事では、

・date関数について知りたい
・date関数の基本的な使い方について知りたい

という基本的な内容から、

・絶対日時を取得する方法を知りたい
・相対日時を取得する方法を知りたい

といった応用的な使い方に関しても解説していきます。

今回はそんなdate関数について、わかりやすく解説します!

date関数とは?

date関数は指定された日時を任意の形式でフォーマットし、日付文字列を返す関数です。

string date ( string $format [, int $timestamp = time() ] )

第一引数にフォーマット文字列を指定します。
第二引数を省略した場合は、現在日時が第一引数で指定した形式でフォーマットされます。

第二引数にUNIXタイムスタンプを指定した場合は、そのUNIXタイムスタンプがフォーマットされます。
UNIXタイムスタンプとは、1970年1月1日からの秒数です。

サポートされているフォーマット文字列については、以下のページに記載しています。
http://php.net/manual/ja/function.date.php

date関数の使い方

まず、現在日付や現在日時のフォーマットをしてみます。
第一引数にフォーマット文字列を指定し、第二引数は省略します。

<?php

// 現在日付をフォーマットする
echo date('Y/m/d');
echo '<br>';

// 現在日時をフォーマットする
echo date('Y-m-d H:i:s');
echo '<br>';
echo date('Y年m月d日 H時i分s秒');
echo '<br>';

?>
実行結果
2017/04/21
2017-04-21 01:09:56
2017年04月21日 01時09分56秒

次に、第二引数にUNIXタイムスタンプを指定してフォーマットしてみます。

<?php

echo date('Y-m-d H:i:s', 10);

?>
実行結果
1970-01-01 00:00:10

UNIXタイムスタンプは1970年1月1日からの秒数なので、「10」を指定するとこのような実行結果になります。

指定日時を取得する方法

指定した日時のUNIXタイムスタンプを取得するには、strtotime関数を使います。

int strtotime ( string $time [, int $now = time() ] )

第一引数に取得したい日時文字列を指定します。
第二引数を省略した場合は、現在を基準とした第一引数の日時のUNIXタイムスタンプを返します。

第二引数にUNIXタイムスタンプを指定した場合は、そのUNIXタイムスタンプを基準とした第一引数の日時のUNIXタイムスタンプを返します。

strtotime関数は、「絶対日時」「相対日時」で日時を指定して取得できます。

絶対日時を取得する

2017年4月1日10時20分30秒のUNIXタイムスタンプを取得したい場合は、次のように記述します。

<?php

echo strtotime('2017-4-1 10:20:30');

?>
実行結果
1491042030

date関数と組み合わせて使うことで、任意の日時をフォーマットして表示することができます。

<?php

$timestamp = strtotime('2017-4-1 10:20:30');
echo date('Y年m月d日 H時i分s秒', $timestamp);

?>
実行結果
2017年04月01日 10時20分30秒

strtotime関数で取得した日時を、date関数でフォーマットして表示できました。

相対日時を取得する

strtotime関数は、「○日後」「○か月後」といった指定の相対日時を取得することもできます。
第一引数を数字と単位の組み合わせで指定します。

<?php

// 現在から10秒後の日時を取得する
echo strtotime('+10 second');
echo '<br>';

// 現在から3日前の日時を取得する
echo strtotime('-3 day');
echo '<br>';

?>
実行結果
1492737006
1492477796

この例では第二引数を省略したので、現在からの相対日時が取得できます。

UNIXタイムスタンプのままではわかりづらいので、date関数を使ってフォーマットします。

<?php

// 現在から10秒後の日時をフォーマット
$date1 = strtotime('+10 second');
echo date('Y-m-d H:i:s', $date1);
echo '<br>';

// 現在から3日前の日時をフォーマット
$date2 = strtotime('-3 day');
echo date('Y-m-d H:i:s', $date2);
echo '<br>';

?>
実行結果(現在を'2017-04-21 01:09:56'とする)
2017-04-21 01:10:06
2017-04-18 01:09:56

第二引数にUNIXタイムスタンプを指定すると、そのタイムスタンプからの相対日時が取得できます。

<?php

// 基準となるUNIXタイムスタンプ
$timestamp = strtotime('2017-4-1 10:20:30');

// '2017-4-1 10:20:30'から10秒後の日時をフォーマット
$date1 = strtotime('+10 second', $timestamp);
echo date('Y-m-d H:i:s', $date1);
echo '<br>';

// '2017-4-1 10:20:30'から3日前の日時をフォーマット
$date2 = strtotime('-3 day', $timestamp);
echo date('Y-m-d H:i:s', $date2);
echo '<br>';

?>
実行結果
2017-04-01 10:20:40
2017-03-29 10:20:30

最初に、相対日時の基準となるUNIXタイムスタンプを、strtotime関数の絶対日時を取得する方法で取得しています。

それを第二引数に渡し、'2017-4-1 10:20:30'からの相対日時が取得できています。
この例もdate関数を使ってフォーマットして表示しています。

date関数についてもっと詳しく知りたい方へ

date関数のさまざまな使い方については、以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

strtotime関数についてもっと知りたい方へ

ここで紹介したstrtotime関数の使い方については、以下の記事でもさまざまな使い方を紹介しています。

strtotime関数について、もっと知りたい方は以下の記事もぜひ参考にしてください!

まとめ

今回はdate関数の使い方やstrtotime関数での指定日時の取得方法について解説しました。

日付を扱う関数はたくさんありますが、日付文字列を返すdate関数は他の関数と組み合わせて使う機会が多いです。

date関数の使い方、指定日時の取得方法を忘れてしまったら、この記事を思い出して下さい!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

せき

せき

フリーランスでWebシステム開発やゲーム開発をしています。
読者の方にプログラミングの面白さをお伝えしたいです。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説