スライドショー

Linux Kernel(Linuxカーネル)のバージョンアップ方法を紹介!

Windowsを使っている限りでは、ほとんど聞いたことが無いような単語が、Linuxでは気軽にでてきて戸惑いますよね。

ちょっと挙げてみると、以下のような単語が馴染みがないと思います。

  • Linuxディストリビューション
  • Linuxカーネル
  • ディレクトリ
  • シェル
  • パッケージ

今回は、その中の一つのLinuxカーネルを取り上げます。

Linuxカーネルとは

世界中で使われているすべてのLinuxディストリビューションに共通する中心部分(核)が、Linuxカーネルと呼ばれています。

Linuxカーネルは以下のような機能で構成されています。

  • プロセス管理
  • プロセス間通信
  • メモリ管理
  • ファイルシステム
  • ネットワーク
  • カーネルプリミティブ(基本機能、割り込みなど)

これらの機能は、Linuxディストリビューションごとに変更する必要がないため、中心部分(核)であるLinuxカーネルで提供されています。

この機能(Linuxカーネル)もバージョンアップを繰り返していて、1994/3/14にバージョン1.0がリリースされました。

それから24年を経て、2018/6/3にバージョン4.17がリリースされています。

Linuxカーネルは、Linuxのリーダーとも言えるLinus Torvaldsさんが、維持管理しています。

一方、Linuxカーネル部分は誰でも自由に変更できるため、Linuxディストリビューションによっては、Linuxカーネル部分も変更している場合があります。

そのため、変更したLinuxカーネルを、元々のLinuxカーネルと区別するためにディストリビューションカーネルと呼ぶことがあります。

Linuxカーネルのバージョンを確認しよう

あなたが使っているLinuxディストリビューションもLinuxカーネルを使っています。

(1)Linuxカーネルのバージョンを確認するには、以下のコマンドを入力します。

uname -r

Linux Mint Cinnamonエディション(18.3)では、以下のように表示されました。

4.10.0-38-generic

ここで表示された文字列が、ディストリビューションカーネルのバージョンです。

そして、1つ目の「-」の左側がLinuxカーネルのバージョンです。

上のように表示された場合は、Linuxカーネルのバージョンは4.10.0であることを意味します。

他のLinuxディストリビューションも見てみると、以下のようにいろいろなバージョンが使われています。

Linuxディストリビューションディストリビューションカーネル
Linux Mint Cinnamonエディション(18.3)4.10.0-38-generic
linuxBean 16.04(16.04-20180131)4.4.0-112-generic
Ubuntu Desktop日本語Remix(18.04 LTS)4.15.0-22-generic
Debian 9.4.04.9.0-6-amd64
CentOS 73.10.0-327.18.2.el7.x86_64

では、各バージョンで何が変わってきたのでしょう。

バージョンアップの内容については、OSDNマガジンの記事が読みやすいので、ぜひそちらをご覧ください。

Linuxカーネルのバージョンと、Linuxディストリビューションの関係は以下のとおりです。

OSDNマガジンLinuxカーネルLinuxディストリビューション
https://mag.osdn.jp/16/01/12/1550004.4linuxBean 16.04(16.04-20180131)
https://mag.osdn.jp/16/03/15/1400004.5
https://mag.osdn.jp/16/05/17/1540004.6
https://mag.osdn.jp/16/07/26/1630004.7
https://mag.osdn.jp/16/10/04/1630004.8
https://mag.osdn.jp/16/12/13/1630004.9Debian 9.4.0
https://mag.osdn.jp/17/02/21/1700004.10Linux Mint Cinnamonエディション(18.3)、CentOS 7
https://mag.osdn.jp/17/05/02/1630004.11
https://mag.osdn.jp/17/07/04/1630004.12
https://mag.osdn.jp/17/09/05/1615004.13
https://mag.osdn.jp/17/11/14/1645004.14
https://mag.osdn.jp/18/01/30/1645004.15Ubuntu Desktop日本語Remix(18.04 LTS)
https://mag.osdn.jp/18/04/03/1630004.16
https://mag.osdn.jp/18/06/06/1630004.17

Ubuntu Desktop日本語Remix(18.04 LTS)が最も進んでいて、この中ではlinuxBeanが最も古いLinuxカーネルを使用していることがわかります。

Linuxカーネルをバージョンアップしてみる!

Ubuntu派生のLinuxディストリビューションは、Linuxカーネル(実際は、ディストリビューションカーネル)を思いのほか簡単にバージョンアップできます。

ここでは、正確を期すため「Linuxカーネル」ではなく「ディストリビューションカーネル」と表記します。

(1)現在のディストリビューションカーネルのバージョンを再確認するため、以下のコマンドを入力しましょう。

uname -r

Linux Mint Cinnamonエディション(18.3)では、以下のように表示されます。

4.10.0-38-generic

(2)インストールできるディストリビューションカーネルを検索するため、以下のコマンドを入力します。

apt search linux-image-extra-4.1[0-9].*

以下のように、Linuxカーネルのバージョン4.10~4.19のディストリビューションカーネルが一覧表示されます。

このときは、バージョン4.16以降のパッケージは用意されていませんでした。

p   linux-image-extra-4.10.0-1004-gcp                                                 - Linux kernel extra modules for version 4.10.0 on 64 bit x86 SMP
p   linux-image-extra-4.10.0-1006-gcp                                                 - Linux kernel extra modules for version 4.10.0 on 64 bit x86 SMP
p   linux-image-extra-4.10.0-1007-gcp                                                 - Linux kernel extra modules for version 4.10.0 on 64 bit x86 SMP
(省略)
p   linux-image-extra-4.14.0-1003-azure-edge                                          - Linux kernel extra modules for version 4.14.0 on 64 bit x86 SMP
p   linux-image-extra-4.15.0-1005-azure-edge                                          - Linux kernel extra modules for version 4.15.0 on 64 bit x86 SMP
p   linux-image-extra-4.15.0-13-generic                                               - Linux kernel extra modules for version 4.15.0 on 64 bit x86 SMP
p   linux-image-extra-4.15.0-13-generic:i386                                          - Linux kernel extra modules for version 4.15.0 on 32 bit x86 SMP
p   linux-image-extra-4.15.0-15-generic                                               - Linux kernel extra modules for version 4.15.0 on 64 bit x86 SMP
p   linux-image-extra-4.15.0-15-generic:i386                                          - Linux kernel extra modules for version 4.15.0 on 32 bit x86 SMP

たくさんの候補がありますが、今回は、「linux-image-extra-4.15.0-15-generic」をインストールします。

(3)以下のコマンドを入力します。

sudo apt install linux-image-extra-4.15.0-15-generic

ディストリビューションカーネルのインストール情報が確認されます。

パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  linux-image-4.15.0-15-generic
提案パッケージ:
  fdutils linux-hwe-edge-tools linux-headers-4.15.0-15-generic
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  linux-image-4.15.0-15-generic linux-image-extra-4.15.0-15-generic
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 332 個。
53.4 MB 中 32.6 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 246 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n]

(4)Enterキーを押します。

新しいディストリビューションカーネルのインストールが始まります。

(5)インストールが終了したら、Linux Mint Cinnamonエディションを再起動します。

(6)再起動したら、現在のディストリビューションカーネルのバージョンを再確認するため、以下のコマンドを入力します。

uname -r

ディストリビューションカーネルのバージョン情報が表示されます。

4.15.0-15-generic

確かにディストリビューションカーネル(Linuxカーネル)がバージョンアップされました!

この記事を書いた時点では、この手順では4.16や4.17にはバージョンアップできませんでした。

まとめ

今回は、すべてのLinuxディストリビューションに共通のLinuxカーネルと、Linuxディストリビューションごとに異なるディストリビューションカーネルについて説明しました。

いくつかのLinuxディストリビューションで、Linuxカーネルのバージョンを調べました。

最後に、Linux Mint CinnamonエディションのLinuxカーネルを4.10.0から、4.15.0にバージョンアップする操作を説明しました。

Linuxディストリビューションによっては、バージョンアップの方法が異なりますので、この手順のとおりにできない場合は、じっくり調べていただければと思います!

では、よいLinux生活をお過ごしください!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部