スライドショー

【これでバッチリ!】Redmineでの表の書き方まとめ

今回の記事では、Redmineに表を描く際の書き方をまとめました。

RedmineのWikiに表って描けるの?
セルや文字を装飾したいんだけど、どうすればいいの?

という方へ向けて、

  • 【基本】表の描き方
  • 【応用】目的別装飾方法

について説明致します。この記事を読んでいただければ、Redmineに装飾をされた表を描くことができるようになります。是非最後までお付き合いください!

【基本】表の描き方

それではさっそく、表の描き方を解説します!Redmineでは、表に限らずですが、「textile記法」という書き方をします。

textile記法はMarkdownと同様に、HTMLを簡単な文で書ける書き方の一種です。textile記法で表を描くには、以下のようにします。

|ヘッダー|ヘッダー2|ヘッダー3|
|要素1|要素2|要素3|

実際の描画:

ポイントは各要素を「|」で区切る事です。基本としてはこれだけです。以降では、表の装飾を目的別に説明致します。

【応用】目的別装飾方法

ヘッダーの文字を強調したい

表のセルをヘッダーとして認識させるには、「|」の直後に「_.」を入れます。大切なポイントとしては、「|」と「_.」の間にスペースを入れないことです。

ヘッダー部分が強調されていることがわかりますね。

文字列に色をつけたい

文字列に色をつけるには、文字列に対して以下のように記述します。

%{color: red}文字列%
%{color: #ff0000}文字列%

色の名前でもできますし、RGB指定などにしても大丈夫です。

セルを結合させたい

セルを結合させるには、「/num.」と「\num.」を使います。「/num.」が縦方向の結合、「\num.」が横方向の結合を意味しています。また、「num」でいくつセルを結合させるかが指定できます。例えば、以下のように記述すると、

|.ヘッダー|.ヘッダー2|_.ヘッダー3|
|/2.要素1|要素2|要素3|
|要素5|要素6|

実際の描画:

となり、

|.ヘッダー|.ヘッダー2|_.ヘッダー3|
|\2.要素1|要素3|
|要素4|要素5|要素6|

と記述すると、

実際の描画:

となります。最後の「.」を忘れがちになるので、ご注意ください!

セル内で改行がしたい

セル内で改行をしたい場合は、Redmineの設定が必要となっており、最初に少々手間がかかります。

  1. redcloth3.rbを開く
  2. まずはインストールしているRedmineの「redcloth3.rb」ファイルを開きます。こちらはインストールしている環境によりますが、検索すればすぐ見つかります。

  3. ALLOWED_TAGSを編集する
  4. redcloth3.rbファイルが開けたら、「ALLOWED_TAGS」が記述されている箇所を探しましょう。

ALLOWED_TAGSはRedmine上でそのまま認識されるタグを記述する箇所になり、ここに改行のタグである「br」を記述する事で、改行が認識されるようになります。

ALLOWED_TAGS = %w(redpre pre code notextile br)

という風に、最後にbrを足してあげましょう。再起動しないと反映されませんので、Redmineの再起動をかけましょう。再起動が完了したら、下準備は完了です。

実際に表を描画する際は、以下のように記述します。

|ヘッダー|ヘッダー2|ヘッダー3|
|要素1<br>要素1-2|要素2|要素3|

実際の描画:

セル内で改行されました。

セル背景に色を付けたい

セル背景は以下のように記述します。

{background:color}.

表全体に色を付けたい場合は、

table{background:#ff0000}.
|ヘッダー1|ヘッダー2|ヘッダー3|
|要素1|要素2|要素3|

とし、行全体に付けたい場合は、

|ヘッダー1|ヘッダー2|ヘッダー3|
{background:#ff0000}. |要素1|要素2|要素3|

とすることで行全体に色がつきます(ピリオドの後にスペース必須)。セル内も勿論可能です。

|ヘッダー1|ヘッダー2|ヘッダー3|
|{background:#ff0000}.要素1|要素2|要素3|

色の指定の仕方は文字列同様、色名称でもRGB指定などでも大丈夫です。

罫線に色を付けたい

罫線に色を付けたい場合は、

{border-color:red}.

と記述します。こちらは各セルに対して操作が行えます。なお、こちらはRedmine1.4以降である必要があります。

セルの幅を変えたい

こちらもRedmine1.4以降で実装されております。セルの幅を変えたい場合は、

{width:100px}.

というように記述します。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では、

  • 【基本】表の描き方
  • 【応用】目的別装飾方法

を紹介致しました。Redmineはチームでプロジェクトを管理するツールです。そういった意味では、表の見やすさはとても重要ですよね。ここで是非使い方を覚えて、役立ててください!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。