真っ白画面もこれで解消! データベース接続確立エラーの原因と対処法

こんにちは! ライターのナナミです。

みなさんWordPressをインストールして、こんな画面に出会っちゃったことってありませんか?

データベース接続確立エラー…
この記事用に用意したスクリーンショットとはいえ、見るとちょっとひやっとしてしまいます。

今回はこのデータベース接続確立エラーがなぜ起こるのかどうやったら解決できるのかを、下記の流れで解説していきます。

【基礎】データベース接続確立エラーとは
【基礎】データベース接続確立エラーが起きる原因
【基礎】データベース接続確立エラーが起きた時のチェックポイント

こんな画面に恐怖しなくてもいいように、バッチリ対処法を覚えちゃいましょう!

データベース接続確立エラーとは?

そもそもこのエラーは、どんな時に発生してしまうのでしょうか。

それは、表示されているテキストの通り、データベースとの接続を確立できなかったからです。

WordPressは、管理画面のログイン情報から記事の内容まで、色々なデータをデータベースに溜め込んでいます。
そのデータベースと接続して必要な情報を取得することで、画面を表示したりしているのです。

なので、このデータベースとの接続が切れてしまうと、WordPressは本来の機能を十分に発揮できないどころか、なーんにもできなくなってしまうのです。

WordPressとデータベースの関係をもっと詳しく知りたい方は、下記の記事も併せて読んでみてください。

>>WordPressに必須!データベースの設定方法

データベース接続確立エラーが起きる原因

データベース接続確立エラーは、色々な原因によって起こりうる可能性があります。
ひとまず、代表的な原因3つを押さえておきましょう。

wp-config.phpの記述がおかしい

wp-config.phpというファイルには、データベースに接続するための情報が記述されています。

ここの記述がミスってると、データベースとの接続ができなくなってしまうのです。

データベース自体が接続不能状態になっている

wp-config.phpは問題ないけれど接続できない…

という時は、そもそもデータベース自体に何か問題が起きている可能性があります。

例えばデータベースのサーバーがダウンしてしまっていたり…
データベース自体が破損してしまっていたり…

そうなってしまうと、そりゃデータベースとの通信は切れちゃいますよね。

サーバー側がアクセスできない状態になっている

さらにもっと大きな枠で見ると、サーバー自体に何か問題がある可能性があります。

例えば、パーミッションの設定がおかしくなっていたり…
サーバー自体がそもそもダウンしていたり…

(この場合はまずエラー画面すら見れない可能性がありますが)

このように、データベース接続確立エラーは、色々な要因で起こりうるものなのです。

エラーが起きたらまずはチェック!

どんなに気をつけていても、エラーが起きる時は起きちゃいます。
大事なのは、そこからどのようにアプローチして、最速でエラーを解消できるかです。

エラーが起きたらまずチェックするべき項目をいくつか挙げましたので、まずはここから試してみてください。

ここに書いてあることをしても解消されない場合は、かなーり根の深い問題になってくると思います。
そしたらゆっくりと腰を落ち着けて、じっくり調査してみるとよいでしょう。

wp-config.phpの記述は正しいか

まず一番多いのはこれ、wp-config.phpの記述ミスです。

ここのデータベース情報がちょっとでも間違っていると、接続確立エラーが起きてしまいます。

きちんと設定したデータベース名、パスワードなどが入力されてるかしっかり確認してくださいね。

wp-config.phpのパーミッションの状態

記述が問題ないとなると、もしかしたらwp-config.phpへの接続権限が変になっているかもしれません。

この接続の権限を、パーミッションと言います。

パーミッションは、FTPソフトなどでプロパティを開くと確認することができます。

WordPressの公式が推奨しているのは「600」です。
他のパーミッションになっていたら、変更しておきましょう。

データベース自体が破損していないか

wp-config.phpにはなんの問題もなかった場合、データベース自体の問題を疑いましょう。

phpMyAdminでデータベースを開き、テーブルを見てみた時、使用中という表記が出ていたらそのデータベースは破損している可能性があります。
phpMyAdminの機能を使って修復してあげましょう。

詳しい方法は、下記のサイトを参考にしてみてください。

>>phpMyAdminでデータベースを修復する方法

修復を行なう場合は、念のためデータベースのバックアップを必ずとってくださいね。

サーバー自体に障害が起きていないか

ここまで確認しても、どうしても原因がわからない!

という場合は、サーバー自体に何かしらの問題が起きている可能性があります。
レンタルサーバーなどを使っている場合は、サーバーの障害情報などを確認してみましょう。

自作のサーバーの場合、設定に不備が起きていないかなど、詳細に確認してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

このデータベース接続確立エラーは、大体がwp-config.phpの記述ミスです。
しかし他の原因だった場合でも、焦らずしっかりチェックすれば必ず原因が見つかります

この記事で紹介したポイントなども参考に、エラーに負けずサイト運営を続けてくださいね!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

ナナミ

ナナミ

1991年生まれ。
文系大学卒業後、フリーターを経てフロントエンジニアになる。
HTML、CSS、 jQueryなどのコーディングやCMS設計に従事。
文系からエンジニアを目指す人にもわかりやすい記事を目指して、日々精進中。
体は日本酒でできている。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。