VRをスマホで最高に楽しむ方法全まとめ【ゴーグル/アプリ/動画】

11977
川口大河
書いた人 川口大河
侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

どうも!ライターの川口です。

最近流行ってますよね?

そうです。あれです。VRです。笑

すでに体験された方も、そうでない方も、VRを最高に楽しむための下準備はとっても大事です!

この下準備段階でよくぶつかる問題点として、

  • VRをスマホで楽しむために、何を揃えればいいかわからない
  • 勢いで高いVRを買ったものの、思ってたより質が悪かった
  • どんなアプリ・動画がおすすめなのか知らない

など、興味はあっても知らないことが結構多くて失敗してしまったり、足踏みしてしまうことも少ないはず。

でもご安心ください!今回はあなたがVRを見るのに必要な知識とゴーグル、アプリ、動画のおすすめをそれぞれ3つずつランキング形式でご紹介します!

この記事を読めばVRを最高に楽しめること、間違いなしです!!!

VRをスマホで楽しむために必要な2つのこと

1つ目:スマホ装着型ゴーグルを用意する

VRを見る際に必要不可欠なのがVR専用のゴーグルです。価格の相場は1,000円〜15,000円ほどです。

用意したVRゴーグルにスマホを装着することで出力された映像をゴーグルを通してVRの映像として受け取ることができます。

ここで注意していただきたいのが、
「スマホを必要としないHDMI出力型のゴーグルがある」ということです。

↓こんな見た目をしているやつです。
11789_2参照

購入される際は必ずスマホ装着型であることをご確認ください。

2つ目:VR対応アプリ・動画のダウンロード

この後、おすすめのアプリを紹介しますが、お手元のスマートフォンのアプリストア内の検索で「VR」と検索するだけでもVR対応アプリはでてきますので、お好きなものをインストールしてみてください。

そしてアプリ内で動画をダウンロード(不要なものもある)して再生できる状態にすれば準備完了です!

↓こちらの記事でもおすすめのアプリや動画を紹介しているので、もし良ければご覧ください。

スマホ装着型ゴーグルおすすめ3選

3位:Urgod 3D VRゴーグル メガネ Virtual Realityメガネ VR BOX スマホゴーグル 頭部装着 3D映像効果 立体動画 iOS アンドロイド 3.5 ~ 6.0インチの スマートフォン対応

VRならではの臨場感を味わえるのはもちろん、焦点距離を調整することによって、普段メガネをかけている人でも裸眼で使用することができます。(軽度の近視であればok)
また横幅15cm、縦5cmほどのメガネなら装着したままのご使用も可能です。

ゴーグルを頭に装着した際の締め付け具合も調整することができ、快適にVR鑑賞できます。比較的安価な価格帯なので試しに買ってみるのも十分ありです。

amazonレビュー

質感も良いです♪
まず、造りがちゃちな感じではなく、しっかりとした質感で、片目ずつ前後左右に
調整(写真右端)が可能。
着け心地も違和感なく、バンド部分も痛くなりませんでした。
3D映像もはっきりと視えます♪
3D好きにはたまらないかと思います♪♪
う~ん…。面白い!

こんな人におすすめ

  • 有名メーカーの高額商品をいきなり買うのが怖い人
  • VRゴーグルの使用よる身体への負担を体験したい人

2位:VOX gear+ 3DVR ゴーグル 3Dメガネ HMD 素晴らしい3D体験 焦点/瞳孔距離調節可能 4- 6.5インチのスマートフォンに適用 GoogleDIY ビデオ 映画ゲーム用

迫力あるVRを体験することができます。焦点距離の調節ができるので、メガネなしでの使用が可能です。

頭に直接触れるバンドとスポンジは取り外し可能で洗うことができるので、綺麗な状態を保つことができます。

また、頭に巻く固定ベルトはマジックテープ式なので頭のサイズで悩む必要なく使用することができます。

amazonレビュー

立体になる!
VR対応ゲームのために購入しました。2000円ほど。
初めての体験ですが、臨場感がすごいです。
キャラクターが近づいてくるとき、本当にその場にいるような気になります。
ちなみに、私は極度の近視ですが、本体のツマミでピント調整ができるので、裸眼でも問題なくはっきり見れます。

こんな人におすすめ

  • メガネを使用している人
  • 毎回綺麗な状態で使いたい人
  • ビデオ、ゲーム、映画で使用する人

1位: Galaxy Gear VR S6/S6 edge/S7 edge対応 SM-R322NZWAXJP 【Galaxy純正 国内正規品】

VRゴーグルの中では比較的高めな値段設定なだけあって、フィット感や画質などの性能はダントツに良く、スマホ装着型ゴーグルの中では一番と言っていいほどのVRの完成度です。

コンテンツに関しては100種類以上とかなり豊富で、飽きることなくVRを楽しめます。

amazonレビュー

対応機種を持っているなら絶対に買い
Google Cardboard系のスマホ用ヘッドセットは何度か試しましたが、これは格が違います。
ほかと比べて値は張りますし、装着も一手間いりますが、フィット感、没入感、画質、すべて頭一つ抜けています。
対応機種を持っていてVRに興味が有るのなら絶対に買いといえるほどの出来でした。
視野角は 96度と、Oculus Rift DK2より15度ほど狭く、確かに「その世界にいる」というよりは「覗きこんでいる」感が強いですが、スマホ用ヘッドセットでこれだけできれば十分です。〜〜 以下省略 〜〜

こんな人におすすめ

  • Galaxy Gear VR S6/S6 edge/S7 edgeをお持ちの人
  • 手軽に本格的なVRを体験してみたい人
  • 映画館気分を手軽に味わいたい人

詳しくはこちら↓↓

VR対応おすすめアプリ3選

3位:Googleストリートビュー

あのGoogleストリートビューがVRで見れるようになりました!

Cardboardモードに切り替えることで、360°パノラマ写真によるバーチャルリアリティーを楽しむことができます。

自宅にいながら旅行気分を味わえるので、忙しいけどいろんなところを見てまわりたい人にとっては是非体験していただきたいです。

[appbox googleplay appid com.google.android.street]

2位:VR Roller Coaster

このアプリではVRのジェットコースター体験ができ、アプリを開くたびに街や建物などの風景が変わるので、飽きることなく楽しむことができます。

ジェットコースターのスリルをVRでよりリアルに再現していて、悲鳴をあげること間違いなしですよ?

[appbox googleplay appid com.frag.vrrollercoaster]

1位:YouTube

まずはあなたに馴染みがあるであろうこのアプリでVRを楽しんでください!笑

超有名アプリなだけあって、動画の数の多さと種類の豊富さにはやはり定評があります!

最新版であれば視聴できますので、ぜひVRの世界に浸ってみてはいかがでしょうか?

[appbox googleplay appid com.google.android.youtube]

VR対応おすすめ動画3選

3位:Skydiving in 360 – Virtual Reality

よく耳にするのが「死ぬまでに1回スカイダイビングしてみたい!」という言葉なんですが、なんとVRで体験できちゃいます!疑似体験ですけど。笑

普通に生きていたら体験できないであろうことを疑似体験できるのがVRの良さですので、一度は見ていただきたい動画ですね。

2位:Super Mario Bros 3D 360 VR – Merry Christmas and Happy New Year

ゲーム界ではもはや世界にその名を轟かせている、あのスーパーマリオをマリオ視点も含めてVRで見ることができます。

2分ほどの動画ですが、マリオの世界に引き込まれてしまいました!

スーパーマリオVR版のゲームがでたらこんな感じなのかなあ。と思わされるような動画ですので、一見の価値ありです!

1位:STAR WARS 360 VR – Hunting of the Fallen

なんとあの全世界で大人気のSF映画「スターウォーズ」の世界をVRで体験できちゃいます!

「Hunting of the Fallen」というタイトルで10分ほどの動画で英語の動画になってしまいますが、スターウォーズ好きな方はもちろん、知らない方は雰囲気だけでも楽しめるので、VRを機にぜひご覧ください!

最後に

いかがでしたか?

この記事を機にVRを見ていただけたら嬉しいです!

VRを楽しめるコンテンツは他にもたくさんありますので、あなただけのVRの楽しみ方を見つけてください!

それでは。


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


VR・ARを最短で開発したい方へ
2016年は『VR元年』と呼ばれた年でした。

その勢いはとどまることを知らず、2017年現在も、日本のみならず世界中でその技術や可能性に注目がよせられています。

そういった市場であるがゆえに、多くの方がその技術を取り込みビジネスに活かそうとしています。

VRやARは「Unity(ユニティ)」という技術を使って開発を行えます。

ただし、初心者がいきなりUnityを使って開発するのは、簡単ではありません。

元々ITリテラシーの高い方や他のプログラミング言語を習得している方であれば、独学で習得可能でしょう。

ただし、初学者の多くは
「自分に合った教材が見つけられずに挫折してしまった」 「勉強のための勉強になってしまい、ゴールが見えない」 「情報が少なくどう調べればいいかわからない」 「エラーを解決するのに何日もかかってしまう」
このような悩みを抱えたまま挫折してしまうのが現実となっています。

  • もう挫折したくない
  • 本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい
  • 自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい
  • 自分の作りたいVRやARアプリの開発サポートをして欲しい

そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、初心者の方がつまづきがちな、オリジナルアプリ開発もスムーズに学習することできます。

実際にオリジナルのVR・ARアプリを開発し、成果物として認められて仕事獲得に成功した塾生は数多くいます。

このように、オリジナルアプリ開発から仕事獲得まで徹底的にサポートすることでプログラミング初心者の方でも安心して基礎学習に取り組むことができます。

まずは『無料体験レッスン』で、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方法やカリキュラムを考えてみませんか?

VR・ARならではの学習方法や、現役フリーランスエンジニアから貴重なアドバイスを受けることができます。

詳しくは下の画像をクリックして弊社サービス内容をご確認ください。
cta_bannar-arvr

学習者インタビュー

人気講師インタビュー

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

川口大河

川口大河

東京都出身、24歳。1年の浪人を経て明治大学入学も4年次に2留が確定し、今年4月に大学中退。それから半年ほどブラブラと放浪していたが、あることをきっかけにプログラミングと出会い、人生が一転。今では侍エンジニア塾ブログを通じてライター兼エンジニアとして働いている。