スライドショー スライドショー スライドショー

WordPress講座のあるプログラミングスクール!おすすめ8選

この記事をご覧になっているあなたは、

将来ホームページ制作を仕事にしたい!
会社のホームページを新しくするよう頼まれた!

といったことをお考えではないでしょうか。WordPressを自由自在にカスタマイズできれば制作の幅も広がり、あなたの想像しているようなサイトやキャリアを歩むことはもちろん可能です。

しかしそうなるためには、Wordpress以外にもPHPやHTML・CSS・JavaScriptの学習も必要です。Wordpressについて勉強をしはじめているあなたには、「そんなの学習しなくてもテーマが何種類もあるから、ある程度できるんでしょ?」なんて言われてしまいそうですね。

結論からいうと、Wordpressで配布されているテーマやプラグインを一切変更しないのならば、PHPの知識は必要ありません。しかし、少しでもカスタマイズしたい場合はJavaScript・PHPの知識は必要です。PHPやJavaScriptと言われると、理解できなそうだしひとりだと挫折しそうですよね。

そこで今回は、WordPressのカスタマイズできるという視点で、PHPやJavaScript・HTML・CSSが学べるスクールをご紹介いたします。何より挫折せずに学習が進められるスクールを厳選しました。

いち早くおすすめのスクールが知りたい方はこちら

この記事の監修者

WordPressでできることや特徴

Wordpressでできることや特徴

画像:Shutterstock

WordPressはCMS(Contents Management System)というものの1種で、簡単に説明すると「コンテンツ管理システム」です。

Web担当者以外の人が簡単に管理できるように作られたシステムで、HTML/CSSといったプログラミング言語などの専門的な知識が無くても、簡単にWebサイトを作成・公開できるようものです。

WordPressは独学では難しい?

WordPressは独学では難しい?

画像:Shutterstock

最初の設定などでつまずく

最初の設定などで、分からなくなりそのままになっている人も多いでしょう。どうしても1人でやろうとすると相談する人も少なく、つまずくことが多いです。

豊富な機能に戸惑う

WordPressはカスタマイズしやすいように、豊富な機能が揃っています。よく使うページを作るための機能から、カスタマイズで使う専門的な機能まで、揃っている機能はさまざま。すべてを覚えようとして調べたり考える時間が多くなると、作業が思ったより進まず嫌になってしまいます。

カスタマイズには知識が必要

WordPressを使うのにテンプレートなどを使用すると「他の人とかぶるのが嫌だ」と思う人は多くいるでしょう。カスタマイズすればテンプレートを使っても自分だけのオリジナルサイトを作れますが、WordPressをカスタマイズするのにはそれなりの知識が必要です。

何も分からないままカスタマイズを行うとエラーが多発して、「自分ではどうにもできない状態」になってしまいます。このような状態になってしまうと、調べてもうまく検索できず解決するのにそうとう時間がかかってしまい、挫折してしまいます。ある程度知識を覚えてからカスタマイズしましょう。

WordPressをカスタマイズするのに必要なスキルは?

WordPressをカスタマイズするのnに必要なスキルは?

画像:Shutterstock

WordPressをカスタマイズするために必要なスキルは、次の3つです。

  • プログラミングスキル
  • デザインスキル
  • サーバーに関する知識

プログラミングスキルが必要

WordPressはプログラミングで開発されています。それをカスタマイズするのにもプログラミングのスキルが必要です。

文字やデザインを変えるには「HTML/CSS」
サイトに動きを付けるには「JavaScript」
便利な機能を追加するには「PHP」

などの知識が必要になってきます。

デザインスキルも必要

デザインを変えるのにHTML/CSSが必要なのは分かりましたね。しかしデザインを変えるのにまず、「どんなデザインにするか」を考えなくてはいけません。そのため、ある程度デザイン力も必要になってきます。

サーバーに関する知識が必要

上でも話したように、便利な機能を追加するのにPHPの知識が必要です。HTML/CSSやJavaScriptのプログラミングの処理はユーザー側のブラウザで行われますが、PHPのプログラムの処理はWebサーバー側で行われます。

簡単にいうと、HTML/CSSやJavaScriptは目に見えるところで、PHPは目に見えないところでの処理です。そのため、動作確認などをする際に、サーバーの知識が必要になります。

WordPress講座のあるおすすめプログラミングスクール一覧

比較表_判定基準
マンツーマン:◎=講師が1人を専属で担当
転職支援:◎=転職コース/転職保証あり
独立支援:○=フリーランス/副業コースあり

  料金 受講形式 マンツーマン 転職支援 独立支援 各スクールの特徴
¥166,000~ オンライン 生徒1人1人にオーダーメイドカリキュラム
¥229,900~ オンライン コース受講終了後も教科書閲覧可
¥195,800~ オンライン チャット対応時間7時~23時40分
¥68,200~ オンライン 動画授業とライブ授業の組み合わせで効率よく学習
¥690,800~ オンライン 転職保証・返金保証あり
¥261,800~ 通学/オンライン オンラインと対面の併用可能
¥151,800~ 通学 資格取得や転職支援などのサポートが充実
¥155,100~ 通学 複数校舎を自由に使える

この比較表は横にスライドします。

各スクールの詳細はこちら

プログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールは一見すると同じような特徴ばかりですが、それぞれのスクールが独自の取り組みを行っています。

そのため、あなたの目的にあったプログラミングスクールを選ぶことが、プログラミングを習得して人生をより良いものにするために必要不可欠です。

そこで、はじめにプログラミングスクールを比較する上で確認しておきたい4つのポイントを詳しくご紹介します。

簡単に比較ポイントだけ知りたい方は、以下の4ポイントをもとにスクールを比較してみて下さい。

  • 受講形式は教室かオンラインか
  • 目的にあったカリキュラムやコースがあるか
  • レッスン回数や1回のレッスン時間はどれくらいか
  • 転職や学習のサポートは充実しているか

①受講形式を比較する

プログラミングスクールには2つの受講形式がある
オンラインで学習するか教室で学習するかを決めよう

プログラミングスクールを比較する上で最初に確認しておきたいのが教室型かオンライン型かということです。

教室型はその名の通り、教室に通学して授業を受けるスタイルです。教室型の中でもマンツーマン形式を採用しているところや、少人数授業形式を採用しているところなどがあります。

一方オンライン型はネット環境さえあればどこでも受講できるスタイルです。こちらもオンラインマンツーマンを採用しているところや、オンライン授業形式を採用しているところなど違いがあるので確認しておきましょう。

どちらもメリットとデメリットがある
どちらもメリットとデメリットがある

教室型はその場で受講できるので、オンライン型よりもモチベーションを維持しやすいです。オンライン型は周辺にプログラミングスクールがなくても、ネット環境さえあれば学習出来るのと受講時間を自分で調整しやすいのが特徴です。

②カリキュラムやコースを比較する

目的を達成できるコースがあるか
目的にあったコースやカリキュラムがあるか確認しよう

カリキュラムやコースで比較すべきポイントは目的を達成できるかどうかです。

例えば、プログラミングを学んだ先にエンジニアへ転職したいという目的があるなら、転職に強いプログラミング言語を学べる学習コースを選ぶのが良いでしょう。

どんなスケジュールで学習をしていくのか?が重要
どんなスケジュールで学習をしていくのか?が重要

AIを開発してみたいという目的があるなら、AIに関するスキルを学べるコースを選ぶ必要があります。

なかには、オーダーメイドでカリキュラムを作成してくれるプログラミングスクールもあるので、目的にあったカリキュラムやコースが見つからない場合は、オーダーメイドのカリキュラムを展開しているスクールを選ぶのがおすすめです。

③レッスン回数やレッスン時間を比較する

レッスン時間やレッスン回数は要チェック
レッスン時間やレッスン回数は要チェック

プログラミングスクールによっては、受講期間が同じでも受けられるレッスンの回数や1回ごとのレッスン時間が異なります。

当然、レッスン時間の長い方が1度に多くの内容を教えてもらえるので、レッスンごとに覚えられることは多いですが、その分料金が高くなったり、レッスン回数が少ない場合があります。

また、レッスン時間が少ない場合でも、レッスン回数が多ければ学習を進めるなかで出てくる悩みや疑問をすぐに解消することができます。

時間と回数の違いによって特徴が異なる

どちらも一長一短ではあるので、それぞれのプログラミングスクールがどのようなレッスンを提供しているのか比較しておきましょう。

④サポート体制を比較する

スクールごとにサポート内容が違うので比較してみよう

プログラミングスクールは、レッスンだけではなく学習を継続するためのサポートや転職サポートなども行っています。

転職サポートの内容はスクールによって異なるので、それぞれのスクールがどんなサポートを行っているのかを比較しておきましょう。

また、レッスン以外でも疑問点を解消できるQAサポートやチャットサポートを備えているスクールも多いため、こちらも比較の対象として覚えておきましょう。

WordPressが学べるプログラミングスクール8選

ここからはWordPressが学べるプログラミングスクールを紹介していきます。

No.1
SAMURAI ENGINEER

previous arrownext arrow
Slider

SAMURAI ENGINEERオリジナルカリキュラム現役エンジニア講師が専属でレッスンを行うことが特徴のスクールです。

また、SAMURAI ENGINEERにはプログラミングを教える講師とは別に、学習における課題解決やモチベーション維持などをサポートしてくれるメンターが在籍しています。

プログラミングとメンタル面どちらもサポートしてくれるため、未経験者でも安心してプログラミングを学ぶことができるでしょう。

公式サイトで詳細を見る  

期間・料金 デビューコース(4週間プラン)
・授業料¥68,000
・入学金¥98,000
エキスパートコース(12週間プラン)
・授業料¥498,000
・入学金¥198,000
フリーランスコース(12週間プラン)
AIコース(12週間プラン)
・授業料¥698,000
・入学金¥298,000
受講形式 マンツーマン
対応時間 365日、8~22時
対応地域 オンライン
備考 ・専属マンツーマン講師によるレッスン
・完全オーダーメイドカリキュラム作成で言語に対応可能
・オリジナルWebサービス開発重視のカリキュラム
・転職成功でレッスン料無料になる「転職コース」あり

2021年5月時点の税込み価格を掲載しています。

No.2
CodeCamp

previous arrownext arrow
Slider

CodeCampでは、学びたい言語からコースを選択するのではなく「こうなりたい」という漠然とした理想からコースを選択する事ができます

つまり「あなたが実現したい理想」からコースを提供してくれるので、理想とのズレがなくなる事でしょう。まったくの初心者の方にもおすすめできるスクールです。

公式サイトで詳細を見る  

期間・料金 各種マスターコース
・162,800円(2ヶ月)
・272,800円(4ヶ月)
・327,800円(6ヶ月)
プレミアムコース
・272,800円(2ヶ月)
・382,800円(4ヶ月)
・437,800円(6ヶ月)
プレミアムプラスコース
・437,800円(2ヶ月)
・547,800円(4ヶ月)
・767,800円(6ヶ月)
受講形式 マンツーマンレッスン
対応時間 7時~23時
対応地域 オンライン
備考 ・講師が全員現役エンジニア
・無料転職サポートサービスあり
・専任アドバイザー在籍

2021年5月時点の税込み価格を掲載しています。

No.3
TechAcademy

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

独自の学習システムを元に多様なコースを選択できるのがTechAcademy

20種類以上ものコースが用意されているため、どの言語を学ぶかまだ決まっていない方でも、自分にあったコースを見つけられます。最近話題のブロックチェーンなどのプログラムを学ぶコースなどがあるのも特徴の一つです。

公式サイトで詳細を見る  

期間・料金 各種コース
・141,900円(4週間)
受け放題コース
・437,800円(24週間)
エンジニア転職保証コース
・327,800円(約3ヶ月)
受講形式 マンツーマン
対応時間 15時~23時
対応地域 オンライン
備考 ・全コース転職支援あり
・転職保証コースあり

2021年5月時点の税込み価格を掲載しています。

No.4
デジハリONLINE

previous arrownext arrow
Slider

デジタルハリウッドは、ゼロから即戦力のWebデザイナーになるためのプログラミングスクールです。

Webデザイナー専攻コースでは、HTML,CSS,JavaScript,jQueryだけにとどまらず、illusurator,Photoshopなどの他にもマーケティングや概論なども学ぶことができます。

就職・転職・フリーランスサポートなどもあるため、自分らしい働き方を見つけたい方、もっとクリエイティブな仕事がしたい方にはオススメのスクールです。

詳細はこちら
期間・料金 副業スタートアップパック
¥308,000
Webデザイナー専攻プラン(6ヶ月)
¥495,000
フリーランススタートバックアップパック(6ヶ月)
¥528,000
受講形式 グループレッスン
対応時間 10:00~20:00
対応地域 熊本市中央区坪井2丁目2-42ニュー広町ビル
備考 ・運営30年以上・133万名以上が学んできた圧倒的な実績
・転職支援や資格取得サポートも充実

2021年5月時点の税込み価格を掲載しています。

No.5
DMM WEBCAMP

previous arrownext arrow
Slider

DMM WEBCAMPは、エンジニア転職に特化したプログラミングスクールです。転職成功実績は300名以上。成功率98%を誇ります。

また、サポートが手厚く、ライフコーチ、キャリアコーチ、プログラミングを指導するメンターの3人体制で、学習する人をサポートします。

転職後もオンラインサロンでサポートを継続してくれるのもポイントです。

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 16週コース:¥679,800
受講形式 マンツーマン
対応時間 13:00〜22:00
対応地域 オンライン
備考 ・キャリアプランや学習の目的に合わせてサービスを選択
・エンジニアコミュニティで卒業後もキャリアアップを支援
・未経験者のために開発されたカリキュラム

2021年5月時点の税込み価格を掲載しています。

No.6
Winスクール

previous arrownext arrow
Slider

Winスクールは全国に展開している大手プログラミングスクールです。基本的なプログラミング言語はもちろん、AIやIoTなど今流行りの最先端技術まで幅広いコースを設けているので、あなたの理想のコースが見つかるはず。

資格取得や転職支援などのサポートも手厚いので、学んで終わりではなく、学んだスキルを生かして仕事に繋げたい人にもオススメなスクールです。

公式サイトで詳細を見る  

期間・料金 Javaプログラミングコース
・151,800円
・150分×14回
組み込みエンジニア+CAN通信コース
・349,800円
・150分×28回
ホームページ制作コース
・125,400円
・150分×12回
受講形式 対面少人数教室
対応時間 9時30分~21時迄
対応地域 全国50箇所以上にあり
備考 ジョブカード講習を修了したキャリアコンサルタントが在籍

2021年5月時点の税込み価格を掲載しています。

No.7
ヒューマンアカデミー

previous arrownext arrow
Slider

全国各地に展開している、大手プログラミングスクールのヒューマンアカデミー

資格取得や転職サポートが充実しており、対面とオンラインで受講可能なので、多様性のある受講形式を求めている方におすすめのスクールです。

公式サイトで詳細を見る  

期間・料金 ¥261,800~
受講形式 マンツーマン/少人数(併用可)
対応時間 コースによる(10:00~13:00or10:00~21:30)
対応地域 全国各地にあり
備考 ・専属コンサルタントのサポートあり
・ITスクール講師在籍

2021年5月時点の税込み価格を掲載しています。

No.8
KENスクール

previous arrownext arrow
Slider

開校31年の歴史をもち、卒業生50,000人以上という実績をもつプログラミングスクールがKENスクールです。

KENスクールでは、対面マンツーマンでレッスンしてくれる事に加え、通う教室もその都度変更が可能です。毎回「好きな時間帯」、「好きな校舎」を選ぶ事ができるので、働きながらスクールに通いたい人にもおすすめです。

また、要件を満たしていれば「受講料の最大20%が戻ってくる給付金制度」もあるので、確認してみるといいでしょう。

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 入学金:¥33,000(税込み)
Webマスターコース:¥155,100(税込み)
受講形式 個別授業
対応時間 10:00〜20:30
対応地域 全国各地にあり
備考 ・複数校舎を自由に使える
・豊富なカリキュラム

2021年5月時点の情報です。

プログラミングスクールに通う4つのメリット

ここまでおすすめのプログラミングスクールをご紹介しました。気になるスクールもいくつかあったのではないでしょうか。

しかし、プログラミングスクールは簡単に受講できるものではないですよね。高額なプログラミングスクールも多いので、通ったあとの結果も気になるかと思います。

そこで、プログラミングスクールで得られる4つのメリットについても詳しくご紹介します。

  • 目的をより具体化できる
  • 必要なスキルを効率良く学べる
  • プログラミング以外のスキルも学べる
  • ポートフォリオを制作できる

①目的や学ぶべきコースを明確にできる

漠然とした目的も具体的な学習プランまで落とし込める

あなたがプログラミングを学ぶ目的は何でしょうか。「エンジニアになりたい。」「作りたいアプリがある。」「自分の強みがほしい。」など、様々な目的があるかと思います。

しかし、その目的を達成するために何を学べばいいかがわからない方も多いのではないでしょうか。

プログラミングスクールの多くは無料カウンセリングを行っています。

無料カウンセリングではスクール専属のコンサルタントがあなたの目的を具体化する手助けをしてくれるので、目的を達成するために何をすればいいのかわからない方は、まず無料カウンセリングを受講することがおすすめです。

②回り道せずに必要なスキルだけを学べる

最短距離で目標達成するためのサポートをしてくれる

プログラミングスクールの多くは、ある目的を達成するために必要なスキルだけを学べるカリキュラムが用意されています。

例えば、Webサイト制作コースであれば、Webサイト制作をするために必要なスキルを中心に学ぶことができます。

独学で学習すると、書籍や学習サイト中心に学習を進めることとなり、目的には合わないスキルを学ぶことも起こり得るため、効率よく最短距離で目的のスキルを学べるのはプログラミングスクールの大きなメリットと言えます。

③プログラミング以外に必要なスキルも学べる

講師から様々な知識や実践的なコードの書き方を学べる

プログラミングスクールでは、プログラミングだけでなくエンジニアに必要な実践スキルも学ぶことができます。

講師の多くはエンジニアなので、職務で必要な知識や考え方、エラーが発生した時の対処法など実務で使える知識や技術を教えてもらえます。

また、現役エンジニアが書くコードと自身が書くコードを比べることで、「こんな書き方があるんだ。」といった新しい気付きを得ることができるのもメリットの1つです。

④ポートフォリオを制作できる

あなただけのサービスを開発できる

ポートフォリオはエンジニアとして転職する時や、フリーランスエンジニアとして案件を獲得する際に、自身のスキルを見せることのできる効果的な手段です。

しかし、未経験者の場合、ポートフォリオに掲載するような実績はありません。そこでプログラミングスクールの多くは課題としてサービス開発を目標としています。

ここで開発したサービスはポートフォリオとして、エンジニア転職やフリーランスとして案件を獲得するために活用することができます

プログラミングスクールで失敗しないためには?

プログラミングスクール選びの要所を押さえていたとしても、なかにはモチベーションが続かずに途中で学習を諦めてしまったり、ただカリキュラムをこなすだけで、ほとんどスキルが身につかないこともありえます。

プログラミングスクール選びに失敗しないためには?

実はプログラミングスクールを受講したとしても、学習期間で挫折を感じてしまう人は数多くいます。

弊社の調査によると、87.5%の方が挫折や行き詰まりを感じたことがあるという結果がでているほど。

この原因は、費用を抑えようとして、プログラミングに関する知識がない状態で短期のプログラミングスクールに通ってしまうケース。

そこで、なるべく費用を押さえてプログラミングを習得する方法としておすすめしたいのが、プログラミング学習サイトを活用することです

事前にプログラミングの基礎を学習サイトで学んでおくことで、短期間のスクールで効率よくプログラミングを習得できるでしょう。

プログラミングの基礎が学べるオンライン学習サービス

多くの学習サイトが無料か低価格で始められるため、いきなりスクールを受講するのではなく、プログラミングに触れてみることで挫折や躓くリスクを減らせます。

今回紹介するサイト以外も知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

専門家が選ぶプログラミング学習サイトおすすめ20選【無料&有料別】
更新日 : 2021年9月13日

SAMURAI ENGINEER Plus+

previous arrownext arrow
Slider

SAMURAI ENGINEER Plus+は、サブスク型のオンラインプログラミングスクールです。

月定額2980円(税別)で、主に4つのサービスを提供させていただきます。

  • 現役エンジニアによる月1度の「マンツーマン指導」
  • 平均回答時間30分の「Q&Aサービス」
  • 作りながら学べる30種類の「教材」
  • 学習を記録&仲間と共有できる「学習ログ」

目的にあった教材を選べば、どなたでも効率よく学習できるほか、Q&Aサービスやマンツーマン指導を活用することで、挫折せずにプログラミングの習得が可能です。

プログラミングを効率的に学びたい人はもちろん、何から始めたらよいのかわからない方は、ぜひ「SAMURAI ENGINEER Plus+」をご利用ください。

まずは30日間の無料体験

paizaラーニング

paiza動画ラーニング 
引用元:paiza動画ラーニング https://paiza.jp/works

Paizaはプログラミングのクイズを解くことによって、自分のプログラミングの手腕を証明して各種IT企業からスカウトがもらえるという転職サイトです。

そんなPaizaが作っている学習サイトなので、自分の現段階の実力を測るための演習課題もしっかり作られています。

動画の長さも3分以内で、ブラウザ上でプログラミングをできるので、ドットインストール同様サクサク学んでいけます。

Paiza動画ラーニングをやってみる

そもそも何から学べばいいかわからない場合は?

学習サイトは多くの場合、プログラミング言語ごとに各章がまとめられています。

しかし、はじめてプログラミングに触れる方はどのプログラミング言語を学べばいいのかわからないですよね。

実は、プログラミング言語はそれぞれ習得難易度が異なり、できることも違うため、適当に選んでしまうと後々やりたいことができなかった、といったことになりかねません。

そこでどんなものを作れるのかといった目的から、必要なプログラミング言語や学習プランを算出する「プログラミング学習診断アプリ」を用意しました。

最短1分間であなたにぴったりのプログラミング言語と学習プランを提示いたしますので、ぜひご活用ください。

さっそく診断する

まとめ

多くのプログラミングスクールでは無料カウンセリングを実施しているので、無料体験してから決めるのも1つの方法です。

気になったいくつかのスクールで無料カウンセリングを受けてみて、その中で自分に一番合っていると感じたスクールを最終的に選ぶと、楽しくWordPressを学べてホームページが作れるようになるでしょう。

Writer

小林 幸秀

株式会社SAMURAI

地元茨城で10年間機械エンジニアとして働き、医療用ロボット開発や半導体開発を経験。その後、プログラミングに興味を持ち、スクールで学習をしてオリジナルWebアプリを作成。
その後、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。
その他にも、未経験者向けのブログ立ち上げディレクションなどを経験し、SEOのスキルを日々磨き続けています。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら