スライドショー

はじめてのGit!コミット(commit)でファイルを登録してみよう

git commit(コミット)コマンドを使用すると、Gitに新規に作成したファイルや変更したファイルを登録することができます。

そもそもコミットするってどういうこと?
git commitの使い方を詳しく知りたい
間違えてコミットした内容を取り消したい

そんな方に向けて、この記事ではgit commitコマンドについて、以下の内容で解説していきます。

  • 【基礎】git commitとは
  • 【基礎】git commitの使い方
  • 【発展】コミットを取り消したい場合
  • 【発展】ファイルを指定してコミットする
  • 【発展】変更内容を全てコミットする
  • 【発展】既存ファイル含めて全てコミットする

ここではgit commitコマンドについてわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

git commitとは

git commitとは一言で言うと「追加・変更したファイルをGitに登録するためのコマンド」です。通常のファイル操作では変更した内容を上書き保存すれば、ファイルの内容が変更されますが、Gitのリポジトリに変更内容を登録(保存)するためには、git commitを使用する必要があります。

初心者がよく陥りがちなのがファイルの変更だけしてgit commitを忘れてしまうことです。git commitはGit初心者が最初に覚えるべきコマンドの1つですので、ファイルをGitに登録するときはcommitを使用するということを覚えておきましょう。

git commitの使い方

それでは実際にgit commitコマンドを使用してローカルリポジトリにファイルを登録してみましょう。

ここでは「/Users/ユーザー名」以下に「gitwork」ディレクトリを作成して新規ファイル「commit.txt」を作成します。

$ mkdir gitwork
$ cd gitwork
$ touch commit.txt

次にgit initコマンドでローカルリポジトリを作成します。

$ git init

git initコマンドについては、以下の記事で詳しく解説しています。

リポジトリを作成したら次はgit addコマンドでファイルをインデックスに追加します。

$ git add .

git statusコマンドを実行して作成したcommit.txtが追加されているか確認してみます。

$ git status

実行結果:

On branch master

No commits yet

Changes to be committed:
  (use “git rm —cached <file>…” to unstage)

    new file:   commit.txt

このようにcommit.txtが追加されていることがわかりますね。最後にファイルをgit commitコマンドで登録しましょう。

$ git commit -m “コミットテスト”

これでコミットは完了です!

git commitはオプションの「-m」を付加することでコミット時にコメントをつけることが可能です。

コミットを取り消したい場合

うっかり間違えてコミットしてしまった場合はコミットを取り消すことも可能です。コミットの取り消しについては以下の記事で解説していますので、参考にしてください!

その他のコミット方法

ファイルを指定してコミットする

一部の変更したファイルのみコミットしたい場合は、引数にファイルを指定することで対象のファイルのみコミットすることができます。

$ git commit ファイル名

コマンドを実行すると、エディタが起動しますのでコミット内容を入力します。先述したようにコミットと同時にコメントを付けたい場合は「-m」オプションを指定します。

$ git commit -m “コメント内容” ファイル名

変更内容を全てコミットする

現在のディレクトリ配下含めて変更内容を全てコミットする場合は、git commitコマンドの引数にドット「.」を指定します。

git commit .

これで簡単に全ての変更したファイルをコミットすることができます。

既存ファイル含めて全てコミットする

変更内容含め全てのファイルのコミットしたい場合は「-a」オプションを使用します。なお、新規ファイルに関しては事前にaddコマンドでインデックスを追加しておく必要があります。

$ git commit -a

そもそもGitについてよくわからない方へ

そもそもGitについてよくわからない人は、以下の記事にGitやGitHubの基本を解説していますので、参考にしてください!


【5分でわかる】GitHubとは?概要やメリットを簡単解説!
更新日 : 2019年8月9日

まとめ

ここではファイルを登録するためのgit commitコマンドについて、以下の内容で解説しました。

  • git commitとは
  • git commitの使い方
  • コミットを取り消したい場合
  • ファイルを指定してコミットする
  • 変更内容を全てコミットする
  • 既存ファイル含めて全てコミットする

git commitコマンドはGitの最も基本的なコマンドの1つとなりますので、使い方についてはしっかりと理解しておきましょう。もし、git commitについて忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説