【ExcelVBA入門】文字列を完全一致・部分一致で比較する方法とは

こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。

皆さんは、VBAで文字列比較する方法を知っていますか?入力した文字のチェックをする場合や、指定した文字が入力されているセルを確認する場合など、文字列比較をするケースはよくあります。そこで今回は、

  • IF文を使ってシンプルに文字列比較する方法
  • StrComp関数を使った文字列比較方法
  • ワイルドカード(*)を使って文字列比較する方法

といった基礎的なことから、応用的な方法まで、徹底的に解説します!

完全一致で文字列比較する方法とは

完全一致で文字列比較する方法は、2パターンあります。

IF文を使う方法

まずは、IF文を使う方法です。以下のように書くことで、完全一致で文字列比較することができます。

使い方:

具体的な使い方について説明するために、サンプルコードも用意しました。

サンプルコード:

strSample1とstrSample2の文字列が同じだった場合、違う場合でそれぞれ別のメッセージを出すサンプルです。

画像:一致した場合

画像:一致しなかった場合

このように、IF文を使えば簡単に文字列を比較することができます。

StrComp関数を使う方法

次に、StrComp関数を使う方法について解説します。以下のように書くことで、完全一致で文字列比較することができます。

使い方:

一致した場合、しなかった場合、どちらかが空白の場合の3パターンの実行結果が数値で返ってきます。

  • 一致 :0
  • 一致しない:-1
  • 空白あり:1

具体的な使い方について説明するために、サンプルコードも用意しました。

サンプルコード:

画像:一致した場合

画像:一致しなかった場合

画像:どちらかが空白だった場合

If文の場合は一致か不一致かのみの確認でしたが、StrComp関数の場合は、空白も判定できるので、厳しくチェックしたい場合に便利ですね。If文の方が読みやすい時もあるので、用途に応じて使い分ければOKです。

補足:部分一致で文字列を比較するためのワイルドカードの使い方とは

今回は、文字列が完全一致しているか判定する方法を紹介しましたが、分一致で確認したいときもありますよね。部分一致で確認したい場合は、ワイルドカード(*)を使うのがおすすめです!

以下で詳細解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!


【VBA入門】Like演算子(ワイルドカード、エスケープ、否定)
更新日 : 2019年4月19日

補足:その他の文字列操作方法について

VBAでは文字列を扱うことが多いので、ある程度まとめて覚えておくのがおすすめです。以下記事で詳しく解説しているので、こちらも合わせてみてみてくださいね!

【VBA入門】文字列操作総まとめ(置換、結合、分割、変換、比較)
更新日 : 2019年4月24日

まとめ

今回は、VBAで文字列を完全一致・部分一致で比較する方法について解説しました。文字列比較は入力チェックでよく使います。IF文、StrComp関数、ワイルドカード(*)どれも簡単に使うことができるので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。
ExcelVBAの自動化ツール開発、WEB開発をメインにエンジニア業務をこなしつつ、サムライエンジニアにてライター業務をしております。

プログラミングをこれからやってみたい方に向けて、ためになる記事を全力で書いていきますので宜しくお願い致します!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説