インフラエンジニアとは?年収・資格・未経験からの転職方法も徹底解説!

ITシステムの周辺にはさまざなエンジニア職があります。

インフラエンジニアもその一つです。最近はエンジニアが花形職業と喧伝されていますが、そのなかでもインフラエンジニアは縁の下の力持ちのような存在です。

そんな現代社会に欠かせないインフラエンジニアの業務や特徴を今回は紹介していきます。

インフラエンジニアとは通信の基盤作りを行うエンジニアのこと


インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとはITインフラの設計構築、および運用保守を担うエンジニアのことを指します。

インターネットサイトの閲覧や、スマートフォンでメールを送受信する際、インターネット上ではさまざまなデータの受け渡しが行われています。このようなデータを受け渡すネットワークなどの基盤をITインフラと呼びます。

インフラエンジニアはそれらの基盤を構築、運用するのが主な仕事です。

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違い

インフラエンジニアには、サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの二種類があります。それぞれ、以下のような違いがあります。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、サーバーの構築・管理・運営を行う仕事です。クライアントからの要望をヒアリングし、それにあった要領・機能のサーバーを選定・導入します。

また、サーバーが実際に稼働するように、配線作業やOS・サーバーアプリケーションのインストールなどを行うのも仕事です。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとはネットワークのデザインから保守・運用までを行う仕事です。

クライアントからの要望をもとに、通信環境の設計・構築を行い、その後の監視やトラブルシューティングに当たるのが主な仕事となります。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアは、快適なIT環境を提供するための様々な業務を担当します。ここからは、インフラエンジニアの主な業務を5つをご紹介します。

インフラエンジニアの業務1:要件定義

インフラエンジニアの業務である「要件定義」は、クライアントの希望をヒアリングして、どのようなITインフラを作成するか決定する業務です。

このヒアリングを通して、ネットワークの設計やサーバーの規模、費用などのすり合わせを行い、クライアントの要望を満たすITインフラづくりの構想を固めます。

インフラエンジニアの業務2:設計

「設計」はクライアントとのヒアリングや打ち合わせで決定した必要な情報を設計書として作成する業務です。

インフラ機器のスペックや予算が決まったら、次は設計書の作成に取り掛かります。設計書は誰が見てもわかりやすい状態を目指し、必要な情報を簡潔に書き上げる必要があります。

インフラエンジニアの業務3:構築

インフラエンジニアの業務である「構築」は、作成した設計書を元に構築作業を行う業務です。

構築作業では、インフラ機器を調達し、搬入して組み立て、接続します。さらにソフトウェアのインストールや設定といった作業もインフラエンジニアの仕事です。

いかに負荷に強く、整備しやすいインフラを構築できるかが、今後の保守運用の負担にも関わってくるため重要な作業になります。

インフラエンジニアの業務4:テスト

インフラエンジニアの業務である「テスト」は、設計書通りに問題なく動作するかを確認する業務です。

環境を構築し、プラットフォームの構築をした後は、要件のとおり動くかどうかのチェックを行います。また、正しく動作するかどうかのチェックや、負荷テストを行います。

インフラエンジニアの業務5:保守運用

インフラエンジニアの業務である「保守運用」は、システムの管理・整備業務などを行う管理業務です。

システム開発が済んだ後も、インフラエンジニアには保守や運用という仕事が残っています。たとえばシステムに不具合が生じた場合、インフラエンジニアは時には現地に駆け付け、早急に原因をつきとめ、障害対応をする必要があります。

こういった場合、いかに短時間で復旧できるかが、インフラエンジニアとしてのスキルだと言えます。

インフラエンジニアの平均年収は522万

それでは、インフラエンジニアの平均年収はどれくらいなのでしょうか?

求人情報サイトの求人ボックスの給料ナビによると、インフラエンジニアの平均年収は522万円となっています。


2019年に国税庁が発表した平均給与は465万円なので、平均よりも高い給与水準の職業といえます。

インフラエンジニアは「きつい・つまらない・やめとけ」という評判もあるけど?

ネット上には、「インフラエンジニアはきつい」「インフラエンジニアはやめとけ」と言った投稿もみられますが、これは本当なのでしょうか?

インフラエンジニアは、ITシステムの基盤を管理する職業なので、システムがダウンした場合には、休日出勤で修復作業に当たる必要があります。また、基本的にシステムが回復するまでは、現場を離れることができません。

また、ユーザーの訪問が少ない夜間に作業を行うこともあるため、定期的に夜間勤務が入ってくるので、一般的な平日・日中のみの勤務を志望する人にとっては、「きつい」と感じることもあるでしょう。

しかし、その一方でインフラエンジニアには以下のようなやりがいもあります。

インフラエンジニアのやりがい・魅力

スケールの大きい仕事に携わることができる

インフラエンジニアの醍醐味の一つが、大規模な開発に関わることができる点です。巨大なサーバーセンターの構築・管理を任されたり、大規模なネットワーク構築を任されることもあります。

なかなか他のエンジニアでこうした規模の開発に関わることはまれなため、通信基盤を担当するインフラエンジニアならではの面白さといえるでしょう。

社会的インパクトが大きい仕事である

インターネットの普及によって、今やITインフラは人々の生活に欠かせないものになっています。

メッセージのやりとりから、情報収集、ショッピング、株取引まで、社会のあらゆる場面でインターネットが大きな役割を果たしています。

ITインフラに問題が生じてしまうと、何百人、何千人、何万人という人の生活に支障が生じてしまいます。

そうした意味で、インフラエンジニアは、人々の日常生活を守る、非常に社会貢献度の高い仕事と言えるでしょう。

高収入を狙いやすい

インフラエンジニアにはIT業界でも高収入を狙いやすい職種です。

インフラエンジニアの平均年収は522万円となっており、IT業界の中でも平均年収が高いことも魅力です。20代の平均年収は340〜462万円、30代は532〜588万円、40代では626~676万円となっています。

技術職なので、経験が長くなるにつれ給与も上がっていく傾向がありますが、資格を取得すれば若いうちから年収アップを狙うことも可能です。


仕事が無くなる心配があまりない

今やインターネットは繋がっていて当たり前の時代です。インフラエンジニアはそれらの基盤を構築、整備する業務を担うため、仕事が無くなることがありません。

また、インフラエンジニアの仕事には知識や経験値が必要です。そのため、インフラエンジニアの経験がある人は、比較的需要が高く、一度仕事を離れても次の仕事を見つけやすい職業だと言えます。

インフラエンジニアに必要なスキル

ネットワークとサーバーの知識

いわずもがなですが、ITインフラの構築にはネットワークとサーバーの知識が欠かせません。

機器の組み立て・取り付け・配線・OSや必要なアプリケーションのインストール・認証作業などの他、サーバーやネットワーク機器に対する詳しい知識や、それらを効率的に稼働させるための設計力が求められます。

コミュニケーションスキル

インフラエンジニアの仕事は、クライアントの要望を聞いて、要件を定義することから始まります。

また、ネットワークやサーバーに関する知識があまりないクライアントに対してわかりやすく構造や機能を説明する力も求められます。

こうした意味で、コミュニケーションスキルもインフラエンジニアに求められる大切なスキルなのです。

仮想化技術・クラウドに関する知識

最近では、自社にサーバーをおかず、アマゾンが提供するAWSや、グーグルが提供するGCPなどのサービスを使って、クラウド上にサーバーを置くのがトレンドになっています。

そのため、こうしたクラウドサービスに関する知識はもちろんのこと、ネットワークの仮想化(ソフトウェア化)などについての知識もインフラエンジニアに必要なスキルとなっています。

プログラミングスキル

最近では、「Infrastructure as Code(インフラをコードとして表す)」というトレンドが生まれています。

これは従来では物理的に人の手で行ってきた、OSのインストールやユーザー名・パスワードの設定といった工程をプログラミング言語を使うことで自動化してしまおうというトレンドです。

こうすることで、作業効率がグッと上がりますし、何十台・何百台のパソコンを対象に作業していても、人為的エラーが少なくなります。

こうした構成管理ツールには、RubyやPythonが使われているので、こうした言語への知識も、今後ますますインフラエンジニアに求められるようになるでしょう。

インフラエンジニアが取得しておくべき資格


取得しておくべき資格は?

インフラエンジニアになるなら、ネットワーク系、サーバー系の資格を取得しておくと良いでしょう。

ネットワークエンジニアなのかサーバーエンジニアなのかによっても変わりますが、前者ならCCNA、CCNP、CCIE、後者ならLPICレベル1~3、もしくはLinuCレベル1~3などの資格があります。

インフラエンジニアならCCNA、LPICレベル1もしくはLinuCレベル1は最低限取得しておきたい資格です。

ちなみに、インフラエンジニアを含め「エンジニア向けの資格」は他にもたくさんあります。

以下の記事で詳しく解説していますので合わせて読んでみてください。

プログラミングのおすすめ資格13選!職業別・難易度も紹介
更新日 : 2020年6月22日

インフラエンジニアに向いている人の特徴とは?


インフラエンジニアに向いている人

IT業界にはさまざまな種類のエンジニア職がありますが、仕事内容が異なるのと同時に、それぞれ適性も異なります。エンジニア職の中でもインフラエンジニアに適しているはどのような人なのでしょうか。

ここではインフラエンジニアに向いている人の特徴について紹介します。

インフラエンジニアに向いている人の特徴1:地道な作業が好きな人

インフラエンジニアは、ネットワークやサーバーなど、通常人の目に触れない部分の仕事を担当する職業です。

そのため、Webデザイナーやフロントエンジニア、アプリケーションエンジニアなどのように、表立ってプロダクト作りをするのが好きな人よりも、裏方の仕事や地道な作業が好きな人に向いているといえます。

インフラエンジニアに向いている人の特徴2:機械が好きな人

インフラエンジニアに向いているのは、機械の組み立てが得意で、機械いじりが好きな人です。

インフラエンジニアの仕事はパソコンの画面上での操作も多いですが、実際に機器を搬入して、配線作業や設置作業、またセットアップなどを行うことも多いです。

そのため、実際に機械を触ることが好きな人や、ハードウェアに興味がある人には向いている職業だと言えます。

インフラエンジニアに向いている人の特徴3:先を読んで考えることができる人

さまざまなトラブルを想定した検証を行うのも、インフラエンジニアの仕事です。

そのため、様々な事態を予想し、数歩先の防御策などを練る力も必要になってきます。そう言った意味では、注意深く判断ができる人、先を読んで考えられる人には向いている職業と言えます。

インフラエンジニアのキャリアパスと将来性

インフラエンジニアのキャリアパスとしては、経験を積んで管理職レベル(プロジェクトマネジャー)を目指す方法と、経験を生かした転職をする方法があります。

ここでは詳しい業務内容は省きますが、主な仕事内容と平均年収は以下の通りです。

プロジェクトマネジャー:プロジェクト全体の統括・渉外を担当する職業。平均年収は約602万円*。

ITスペシャリスト:ITの特定分野において高度な専門性を持つ人のこと。平均年収は約601万円*。

ITアーキテクト:システム開発・運用・保守まで幅広く担当できる技術者のこと。平均年収は約698万円*。

ITコンサルタント:経営視点からシステム開発・導入の提案ができるコンサルタントのこと。平均年収は約651万円*。

*給料ナビ(PM)給料ナビ(ITスペシャリスト)給料ナビ(ITアーキテクト)給料ナビ(ITコンサルタント)

このように、キャリアパスとして様々な道が開けていることITインフラはなくならないことから、インフラエンジニアは将来性がある仕事と言えます。

ただ、業界のトレンドはオンプレミス(自社でサーバーを設置すること)からクラウド(クラウド上にサーバーを置いてどこからでもアクセスできるようにすること)に変わりつつあります。

インフラエンジニアはまだまだ将来性がありますが、常にスキルアップを忘れない姿勢も大切と言えます。

インフラエンジニアは未経験でも転職しやすい

ここまで読んで、インフラエンジニアに興味が湧いてきた人もいるかと思います。

ここからは、インフラエンジニアになるための方法について解説していきます。

結論から言ってしまえば、インフラエンジニアは未経験者や文系出身者でも比較的なりやすい職業です。

インターネットの普及によって、ITインフラの整備がどの企業・団体にとっても欠かせない他、一度インフラを導入した後には、保守・運用を担当する人材が半永久的に必要になります。

そのため、インフラエンジニアは需要に対する供給が追いつかない状況にあり、企業も入社後の研修を見越して、未経験者や文系出身者を積極的に採用する傾向にあります。

ただ、「未経験」とは言っても、「知識ゼロ」とは違います。

未経験とは、あくまでも「実務経験がない」ことを指します。未経験であっても、サーバーやネットワークに関する基礎知識は必ず身につけ、この後に紹介する資格なども身につけておくことをお勧めします。

未経験からインフラエンジニアに転職するなら?

未経験からインフラエンジニアに転職するなら、以下の二つの方法がおすすめです。

未経験OKの企業に就職してインフラエンジニアになる

さきほども述べたように、人材不足に伴って、未経験可のインフラエンジニアを募集する企業も増えています。入社後は1ヶ月程度の研修を受けてから、クライアントの仕事を担当するケースが多いようです。

実際にIndeedで「未経験可」のインフラエンジニア職を検索したところ、8,588件のヒットがありました。
下記はその一部です。

引用元: Indeed

派遣インフラエンジニアになる

派遣会社に登録して、担当案件を手配してもらうのも、未経験からインフラエンジニアのキャリアを積むのに効果的です。

ネットワークやサーバーの保守・運用は、派遣会社を使って外部人材を活用しているところが多く、派遣インフラエンジニアの求人は多くあります。

派遣会社によっては、登録後に研修を行ってくれるところもあり、担当案件も自分で選ぶことができます。

いきなり正社員採用を目指すよりも敷居が低いので、スキルに自信がない人はこちらのキャリアからスタートしてみるのもおすすめです。

インフラエンジニアになるための勉強法

このようにインフラエンジニアは未経験でもなることができますが、そのための前提知識は自分で事前に身に着ける必要があります。ここでは、おすすめの書籍とスクールをご紹介します。

インフラエンジニア志望者におすすめの本

インフラエンジニアの教科書

インフラエンジニア志望者が、インフラエンジニアの仕事内容や必要なスキルを短時間で理解するなら、こちらの書籍がおすすめです。

ITインフラに必要な機器・技術やノウハウについて網羅的な知識が得られますし、専門用語も少ないので、初心者でもわかりやすく読み進めることができます。

Webを支える技術―― HTTP,URI,HTML,そしてREST WEB+DB PRESS plus

ITインフラが具体的にどのように作られているのかを学ベる本です。

HTTP、URI、HTMLといったWebを支える技術について、体系的に理解することができます。

少し前の本なので、多少の古さはありますが、エンジニアが理解しておくべきWeb技術や設計思想について書かれた良書であり、一読の価値があると一冊です。

インフラ設計のセオリー --要件定義から運用・保守まで全展開

インフラ構築のプロセスについて学びたい人はこちら。

インフラ設計を行う上で必ず頭に入れておきたい、上流工程から運用・保守まで全工程の具体的な内容とポイントがわかりやすくまとまっています。

未経験からインフラエンジニアを目指すなら、まず入門ん書として読んでおきたい一冊です。

インフラエンジニア志望者におすすめのスクール

インフラエンジニアを志望するなら、以下のスクールがおすすめです。

KENスクール


引用元: KENスクールhttps://www.kenschool.jp/

KENスクールでは、「ネットワークコース」を設置しており、「CCNA」「CCNP」「LPIC」「Linuxサーバー構築講座」「Windows Server構築講座」など、資格取得や特定のスキルに特化した学習を行うことができます。

全国に校舎をもっており、校舎の併用も可能なので、平日は会社の近く、土日は自宅の近くなど、スケジュールにあわせた通いわけもできます。

リナックスアカデミー


引用元: リナックスアカデミーhttps://www.linuxacademy.ne.jp/

IT企業の研修などでも実績があるITスクールです。

サーバー・ネットワーク系の資格であるLinuCおよびLPICでは、2700名の合格実績を誇り、同試験の開催団体から「LPIアカデミック認定校」として選ばれたスクールです。

また、ネットワーク系資格であるCCNAも800名以上の合格者を出しており、資格取得を目指す人にはおすすめのスクールです。

インフラエンジニアはIT業界で大切な職種

ここまで、インフラエンジニアの仕事内容や必要なスキル、転職方法や勉強方法などについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

エンジニアには多くの職種がありますが、アプリケーション開発などを行うエンジニアだけでなく、全体のインフラ部分を扱うインフラエンジニアは大変重要な職種です。

インフラにトラブルが発生した場合の責任は大きいですが、IT社会の基盤を支えているため、IT業界への貢献度も高いです。ぜひインフラエンジニアの仕事を理解し、目指してみてはいかがでしょうか。

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら