Macのショートカットキー早見表92個|効かないときの対処法も紹介します

突然ですが質問です。 Macには100個以上のショートカットキーがあること、ご存じですか?

ショートカットキーとは、キーボードの複数のキーを特定の組み合わせで押すことで、通常ならマウスやトラックパッドを使用する操作が実行できる機能をさします。これらをマスターすることでマウスやトラックパッドを操作する時間を節約できるのです。

もちろん、1つ1つショートカットキーで節約できる時間は数秒程度。しかし、マウスに手を伸ばしてからキーボードへ手を戻す3秒を、1000回節約したらどうなるでしょう?3000秒、つまり50分も節約できますよね。大体1時間です。

ショートカットキー、ちょっと覚えてみようかなと思いませんか?

そこでこの記事では、Macのショートカットキーの中でも特に効率化に役立つものを92個紹介します。さらに、Windowsユーザーの方がMacのショートカットキーを使うときのアドバイスや、上手く動かないときの対策方法もあわせてお教えします。

この記事の要約
  • commandなど、Macの主なショートカットは4つの修飾キーで構成される
  • ショートカットキーが使いづらいときは変更・追加機能を活用しよう
  • ショートカットキーが動作しないときは割り当ての確認や再起動を試してみよう

なお、1人で学習が進められるか、途中で挫折しないか不安な人は「侍エンジニア」をお試しください。

侍エンジニアでは現役エンジニアと学習コーチの2名体制で学習をサポートするため、挫折しづらい環境で学習が進められます。

受講料が最大70%OFFになる「給付金コース」も提供中。未経験から効率よく学習を進めたい人は、ぜひ一度お試しください。

\ オンラインで相談可能 /

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

Macの便利なショートカットキー早見表

主に使う修飾キーはこの4つ

まずはショートカットキーでよく使う、以下の4つのキーを覚えましょう。

  • commandキー (⌘)
  • optionキー (⌥)
  • shiftキー (⇧)
  • controlキー (⌃)

みなさんのキーボードでも位置を確認してみてください。多くの方は以下の画像の位置にあります。

もしMacの購入時にUS配列のキーボードを選択された場合は、一部キーの位置が変わります。

Windowsユーザーはこう覚える

もしあなたがWindowsユーザーで、すでにショートカットキーを使いこなしていたのであれば1点アドバイスです。

MacのcommandキーはWindowsのCtrlキーと役割が似ているため、コピー&ペーストのような基本的な操作であれば同じように操作できます。しかしMacのcontrolキーは、Windowsには無い役割のキーです。注意してください。

最初は command キーを使いこなそう

commandキーは、ショートカット操作の基本となるキーです。

まずはコピー、カット、ペースト

最初は、commandキーと何か1つ別のキーを組み合わせて使うショートカットキーから紹介します。ここにあるものをいくつか覚えるだけで、作業効率がグンと変わりますよ。ぜひ実際に使ってみて、効果を実感してください。

command + Cコピー(複製)する
command + Xカット(切り取り)する
command + Vペースト(貼り付け)する
command + Z操作を取り消す
command + A全項目を選択する
command + S保存する
command + T新しいタブを開く
command + Wウィンドウ/タブを閉じる
command + Qアプリケーションを閉じる
command + Hウィンドウを非表示にする
command + Mウインドウを最小化してDockにしまう
command + tabアプリケーションを切り替える
command + N新規作成する、新しいウィンドウを開く
command + Oファイルを開く
command + F検索画面を開く
command + G検索中に次の該当項目を検索する
command + スペースキーSpotlight検索を起動する
command + P印刷する
command + , (カンマ)環境設定を開く
command + [ (左角かっこ)戻る
command + ] (右角かっこ)進む
command + 上矢印ページの一番上までスクロールする
command + 下矢印ページの一番上までスクロールする

Finderの操作をスピードアップ

Finderを操作するショートカットキーもあります。特にファイルを削除するショートカットキーは便利です。もし間違えてファイルを削除してしまったらcommand + Zで操作を取り消しましょう。

command + Iファイルの「情報を見る」ウィンドウを開く
command + Dファイルを複製する
command + 1ファイルをアイコン表示する
command + 2ファイルをリスト表示する
command + 3ファイルをカラム表示する
command + 4ファイルをギャラリー表示する
command + deleteファイルを削除する

文書作成にも役立つ

企画書、報告書作成にもショートカットキーは大活躍です。この後紹介するshiftキーと併用すれば、マウス操作を格段に減らせるでしょう。

command + B太字にする
command + I斜体(斜めの文字)にする
command + Kリンクを追加する
command + Uアンダーライン(下線)を引く
command + 上矢印/下矢印ページ先頭/末尾に移動する
command + 左矢印/右矢印行の先頭/末尾に移動する

もっと効率的に!他のキーも使いこなそう

option キーで特殊な機能を呼び出す

optionキーは、特殊な機能を呼び出すときに使うキーです。通常は隠されている機能を呼び出すときに使われることが多いので、覚えておくと意外なときに役立ちます。

基本的なショートカットキー

command + option + escアプリケーション強制終了画面を開く
option + 音量調整ボタンサウンド設定を開く
option + キーボードの明るさ調整ボタンキーボード設定を開く

Finderで使えるショートカットキー

command + option + Pパスバーの表示/非表示を切り替える
command + option + Sサイドバーの非表示/表示を切り替える
command + option + Vコピーしたファイルをカットアンドペーストする

書類に関するショートカットキー

command + option + F検索フィールドに移動する
option + deleteカーソル左側の単語を削除する
option + 上矢印/下矢印カーソルを段落の先頭/末尾まで移動する
option + 左矢印/右矢印カーソルを単語毎に移動する

shift キーで機能を拡張する

shiftキーは複数のファイルを選択するときや、長い文章をまとめて選択するときによく使います。このブログを書くときもshift + 矢印キーのコマンドを多用しています。

基本的なショートカットキー

command + shift + 3全画面のスクリーンショットを撮る
command + shift + 4選択範囲のスクリーンショットを撮る
command + shift + 5スクリーンショットまたは録画
command + shift + Z取り消しの取り消し
command + shift + QMacからログアウトする
command + option + shift + QMacから強制的にログアウトする

Finderで使えるショートカットキー

command + shift + N新しいフォルダを作成する
command + shift + F「最近使った項目」ウィンドウを開く
command + shift + G「フォルダへ移動」ウィンドウを開く
command + shift + Hホームフォルダを開く
command + shift + Pプレビューパネルの表示/非表示を切り替える
command + shift + deleteゴミ箱を空にする
option + shift + 音量調整ボタン音量を細かく調節する
option + shift + キーボードの明るさ調整ボタンキーボードの明るさを細かく調節する

書類に関するショートカットキー

shift + 上下左右矢印選択範囲を拡大する
command + shift + 上矢印/下矢印カーソル位置から書類の先頭/末尾まで選択する
command + shift + 左矢印/右矢印カーソル位置から行の先頭/末尾まで選択する
option + shift + 上矢印 / 下矢印カーソル位置から現在の段落の先頭/末尾まで選択する
option + shift + 左矢印/右矢印カーソル位置から単語の先頭/末尾まで選択する
command + shift + S別名で保存する
command + shift + – (マイナス)選択した項目のサイズを縮小する
command + shift + + (プラス)選択した項目のサイズを拡大する

control キーでUNIXっぽく使う

Macのcontrolキーは、もともとUNIXで使われていたショートカットキーを使うときに多用されます。特に注目したいのは、矢印キーを使わずにカーソルの位置を操作するショートカットキー。矢印キーまで指を動かす時間が惜しい! という効率化マニアな方々は、ぜひ覚えて使ってみてください。

基本的なショートカットキー

command + control + スペースバー文字ビューアを表示する
command + control + Fフルスクリーン表示にする
command + control + Q画面をロックする

Finderで使えるショートカットキー

command + control + Tサイドバーに追加する
command + control + Aエイリアスを作成する

書類に関するショートカットキー

control + F右矢印と同じ
control + B左矢印と同じ
control + P上矢印と同じ
control + N下矢印と同じ
control + Hdeleteキーと同じ
control + Dカーソルの右の文字を削除する (Windows の Delete キーと同じ)
control + K行または段落の末尾までのテキストを削除する
control + A行または段落の先頭に移動する
control + E行または段落の末尾に移動する
control + Oカーソルの後に1行挿入する
control + Tカーソルの左右の文字を入れ替える
command + control + D選択した単語を辞書で調べる

特殊なキーもあると便利

最後におまけとして、スペースキーやファンクションキーの便利な使い方も紹介します。特におすすめなのがスペースキーの使い方です。Finderでスペースキーを押すとファイルをプレビューできます。パッとファイルの中身を確認したいときにわざわざアプリケーションを起動する必要がないため、時間の短縮になりますよ。

スペースキーFinderでファイルをプレビューする
fn + deleteカーソルの右の文字を削除する (Windows の Delete キー、control + Dと同じ)
fn + 上矢印page upキーと同じ (画面を上にスクロールする)
fn + 下矢印page downキーと同じ (画面を下にスクロールする)
fn + 左矢印homeキーと同じ (画面最上部までスクロールする)
fn + 右矢印endキーと同じ (画面最下部までスクロールする)
F11デスクトップの表示/非表示を切り替える

ショートカットキーが使いづらい時は?

ショートカットキーを実際に使っていると「もう少し使いやすい、覚えやすい配置に変えたい!」と思うことがあります。そんなあなたに朗報です。Macにはショートカットキーを変更、追加できる機能があります。ここでは環境設定画面から変更する方法を紹介していきます。

ショートカットキーは変更できる

システム環境設定>キーボードと進んでください。以下の画面が表示されます。

option + キーボードの明るさ調整キーを押すか、command + スペースキーでSpotlight検索を呼び出して「キーボード」入力してもOKです。次に「ショートカット」の項目を選択すると、画面が以下のように変わります。

試しにSpotlight検索を表示するショートカットキーを変更してみましょう。コマンドが書いてある部分をダブルクリックしてから…

割り当てたいショートカットキーを実際に入力すると以下のようになります。ここではoption + スペースキーにしてみました。

もし間違えて他の操作と同じキーを割り当ててしまうと、黄色い三角形のエラーマークが表示されます。うっかりミスもすぐに気付けますね。

もしショートカットキーが上手く動かないときは?

ショートカットキーが動かなくなると焦りますよね。「急いでいるのに早くしてよ!」と怒りたくなってしまうところ。解決方法を4点お教えするので、もし動かなくなってしまった場合は参考にしてください。

競合していないか確認する

ショートカットキーは競合(同じショートカットキーに2つ以上の操作を割り当てている状態)することがあります。Macの環境設定から変更している場合は先ほど紹介した通り、黄色い三角形のエラーマークが出るので気づきやすいのですが、アプリケーションが独自に定めているショートカットキーと競合している可能性もあります。

画面上部のメニューバーから、該当する操作のショートカットキーを確認してみてください。他にも、カスタマイズしたショートカットキーの設定をリセットすると競合を回避できることもあります。

再起動する

原因不明の不調は、とりあえず再起動してみるのが一番です。作業中のファイルを保存してから再起動してください。

NVRAM/PRAM をリセットする

Macのハードウェアトラブルを解決する手段として有名なのが、NVRAM/PRAMのリセットです。やり方は次の通り。

  • 1.Macをシステム終了する
  • 2.電源を入れたらすぐにcommand、option、P、Rのキーを4つとも同時に押しっぱなしにする
  • 3.20 秒ほど押し続けたらキーを放す

音量、画面解像度、時間帯もリセットされてしまうので、注意しましょう。起動したら設定しなおしてください。

物理的な故障を疑う

あれこれ手を尽くしても原因がわからない場合、キーボードが故障している可能性があります。一度Appleに問い合わせてみてください。

まとめ

今回の記事では、Macの効率的な操作に大活躍のショートカットキーをご紹介しました。

記事の冒頭でもお伝えしたとおり、全部覚えて使うのは大変です。まずは覚えられるものからちょっとずつ使ってみてください。忘れてしまったら、この記事を開いてcommand + Fです!

この記事を書いた人

【プロフィール】
DX認定取得事業者に選定されている株式会社SAMURAIのマーケティング・コミュニケーション部が運営。「質の高いIT教育を、すべての人に」をミッションに、IT・プログラミングを学び始めた初学者の方に向け記事を執筆。
累計指導者数4万5,000名以上のプログラミングスクール「侍エンジニア」、累計登録者数1万8,000人以上のオンライン学習サービス「侍テラコヤ」で扱う教材開発のノウハウ、2013年の創業から運営で得た知見に基づき、記事の執筆だけでなく編集・監修も担当しています。
【専門分野】
IT/Web開発/AI・ロボット開発/インフラ開発/ゲーム開発/AI/Webデザイン
【SNS】
X(旧:Twitter)/Instagram/YouTube/Facebook

目次