スライドショー

【ExcelVBA入門】Outlookを操作してメール送信する方法を徹底解説!

こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。

皆さんは、ExcelVBAからOutlookを操作してメール送信する方法を知っていますか?

ExcelVBAからメール送信ができれば、メール送信処理が自動化できるのでとても便利です。

そこで今回は、

・ExcelVBAからメール送信する方法

といった基礎的なことから、

・ExcelVBAからOutlookを操作する方法

・Excelのデータを使ってメール送信するサンプルコード

といった応用的な方法まで、徹底的に解説します!

ExcelVBAからメールを送信する方法

まず、ExcelVBAからメールを送信する方法について解説します。

ExcelVBAからメールを送信する場合は、Outlookの機能を使ってメールを送信します。

Excelが入っているパソコンであればほとんどOutlookも入っているので、連携もしやすいですね。

gmailを使っている場合はどうすればいいんだろう・・・」と悩む方もいるかもしれませんが、OutlookからGmailのアカウントを追加することもできるので、以下を参考にしつつ追加すればOKです。
参考:http://itdiary.info/microsoft-office/post-1046/

また、個人で利用する場合も「Office365 Solo」でリーズナブルな金額で月額利用することができるので、Outlookが入っていない方は「Office365 Solo」の月額契約がおすすめです!


引用:Microsoft® Office | Office 365® - プランの比較‎

ExcelOutlookも同じMicrosoft製なので、連携がしやすくおすすめです!

VBAからOutlookを操作する方法

次に、VBAからOutlookを操作する方法について解説します。

事前準備:参照設定の追加

まず、Outlookを操作するための参照設定追加方法について解説します。

参照設定追加手順は次のとおりです。

1. ツール→参照設定を選択

2. 「Microsoft Outlook XX.X Object Library」にチェックを入れてOKボタンをクリック

これで、Outlookを操作するための準備が完了です。

メールの送信方法

次に、メールを作成する方法について解説します。

Outlookでメールを送信する場合は、次のような手順でメールを作成します。


1. Outlookを操作するためのオブジェクトを作成
2. メール操作用のオブジェクトを作成
3. メール操作用のオブジェクトに送信内容を追加
4. メール送信処理を実行

それぞれ詳しく解説しますね。

Outlook操作用のオブジェクト作成

まずは、Outlook操作用のオブジェクト作成方法について解説します。

Outlook操作用のオブジェクトは、次のように書くことで作れます。

Outlook操作用のオブジェクト作成方法:

Dim 変数名 As Outlook.Application
Set 変数名 = New Outlook.Application

Outlook.Application」でを指定して変数を作ることで、Outlookのオブジェクトを作ることができます。

このOutlookオブジェクトに対して、メール送信の設定をしていく流れになります。

メール送信用のオブジェクトを設定

次に、メール送信用のオブジェクト作成方法について解説します。

Outlookはメール以外にも、予定表・連絡先・タスクなどがあるため、メールを指定したオブジェクトを作る必要があります。

メール送信用のオブジェクトの作り方は、以下のとおりです。

メール送信用のオブジェクト作成方法:

Dim メール送信用の変数名 As Outlook.MailItem
Set メール送信用の変数名 = Outlook操作用のオブジェクト変数.CreateItem(olMailItem)

Outlook.MailItem」でメールを指定して、「CreateItem(olMailItem)」で作成したメールを、メール送信用の変数に入れています。

さきほどのOutlook操作用のオブジェクトを作ったあと、メール送信用のオブジェクトを作る場合は以下のようになります。

サンプルコード:

Sub Test()
  'Outlookオブジェクトの変数宣言
  Dim outlookObj As Outlook.Application
  Set outlookObj = New Outlook.Application
  
  'メール送信用のオブジェクト作成
  Dim mailObj As Outlook.MailItem
  Set mailObj = outlookObj.CreateItem(olMailItem)
End Sub

メール操作用のオブジェクトに送信内容を追加

次に、メールの送信内容を追加する方法について解説します。

送信内容を追加する場合は、以下のようなプロパティでそれぞれ設定していきます。

Noプロパティ内容
1Toメールの宛先
2CCメールのCC
3BCCメールのBCC
4Subjectメールの件名
5SentOnメールの送信日
6Bodyメール本文
7BodyFormatメールのテキスト形式
・プレーンテキスト:olFormatPlain
・HTML     :olFormatHTML
・リッチテキスト :olFormatRichText

宛先TO、メール件名、メール本文を設定する場合は、次のようになります。

サンプルコード:

Sub Test()
  'Outlookオブジェクトの変数宣言
  Dim outlookObj As Outlook.Application
  Set outlookObj = New Outlook.Application
  
  'メール送信用のオブジェクト作成
  Dim mailObj As Outlook.MailItem
  Set mailObj = outlookObj.CreateItem(olMailItem)

  'メール送信内容の作成
  With mailObj
    .To = "[email protected]" 'メール宛先
    .Subject = "新しいメールの件名"    'メール件名
    .Body ="メール本文をここに書くよ。" 'メール本文
    .BodyFormat = olFormatPlain     'メール形式に設定
  End With
End Sub

メールを送信する方法

最後に、メールを送信する方法について解説します。

メール送信する方法は次のとおりです。

メール送信用オブジェクト.Send

Sendメソッドを使えば、簡単にメールを送信することができます。

先ほど作ったサンプルを送信する場合は、次のようになります。

サンプルコード:

Sub Test()
  'Outlookオブジェクトの変数宣言
  Dim outlookObj As Outlook.Application
  Set outlookObj = New Outlook.Application
  
  'メール送信用のオブジェクト作成
  Dim mailObj As Outlook.MailItem
  Set mailObj = outlookObj.CreateItem(olMailItem)

  'メール送信内容の作成
  With mailObj
    .To = "[email protected]" 'メール宛先
    .Subject = "新しいメールの件名"    'メール件名
    .Body ="メール本文をここに書くよ。" 'メール本文
    .BodyFormat = olFormatPlain     'メール形式に設定
  End With
  
  'メール送信
  mailObj.Send
End Sub

メール送信後の受信実行結果:

このように、簡単にメールを送信することができます。

Excelに登録されているデータからメール送信するサンプル

最後に、Excelで作成したデータ一覧の数分メールを送信するサンプルコードを用意しました。

Excelデータ:

サンプルコード:

Sub Test3()
  'データ一覧の最終行取得
  Dim maxRow As Long
  maxRow = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
  
  'データ行数文メール送信処理を実施
  Dim i As Long
  For i = 2 To maxRow
  
    'Outlookオブジェクトの変数宣言
    Dim outlookObj As Outlook.Application
    Set outlookObj = New Outlook.Application
    
    'メール送信用のオブジェクト作成
    Dim mailObj As Outlook.MailItem
    Set mailObj = outlookObj.CreateItem(olMailItem)
    
    'メール送信内容の作成
    With mailObj
      .To = Cells(i, 2).Value      'メール宛先 TO
      .Subject = Cells(i, 3).Value 'メール件名
      .Body = Cells(i, 4).Value    'メール本文
      .BodyFormat = olFormatPlain  'メール形式に設定
    End With
  
    'メール送信
    mailObj.Send
    
  Next i
  
End Sub

実行結果:

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row」でデータの最終行を取得し、2行名から最終行(maxRow)までFor文で繰り返し処理を行い、繰り返し処理の中でメール送信する処理を書いています。

Cells(行番号, 列番号).Value」でセルの値を取得し、To・Subject・Bodyにそれぞれ値を入れています。

このように、簡単にメール送信処理を作ることができます。

まとめ

今回は、Outlookと連携したメール送信方法について解説しました。

メール連携ができれば、業務効率化ツールが簡単に作れます。

使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。
Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義、設計、インフラ、製造、テスト、運用保守など、様々な経験あり。
また、侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
現在はフリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。