【ExcelVBA入門】Outlookを操作してメール送信する方法を徹底解説!

こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。

皆さんは、ExcelVBAからOutlookを操作してメール送信する方法を知っていますか?

ExcelVBAからメール送信ができれば、メール送信処理が自動化できるのでとても便利です。

そこで今回は、

・ExcelVBAからメール送信する方法

といった基礎的なことから、

・ExcelVBAからOutlookを操作する方法

・Excelのデータを使ってメール送信するサンプルコード

といった応用的な方法まで、徹底的に解説します!

ExcelVBAからメールを送信する方法

まず、ExcelVBAからメールを送信する方法について解説します。

ExcelVBAからメールを送信する場合は、Outlookの機能を使ってメールを送信します。

Excelが入っているパソコンであればほとんどOutlookも入っているので、連携もしやすいですね。

gmailを使っている場合はどうすればいいんだろう・・・」と悩む方もいるかもしれませんが、OutlookからGmailのアカウントを追加することもできるので、以下を参考にしつつ追加すればOKです。
参考:http://itdiary.info/microsoft-office/post-1046/

また、個人で利用する場合も「Office365 Solo」でリーズナブルな金額で月額利用することができるので、Outlookが入っていない方は「Office365 Solo」の月額契約がおすすめです!


引用:Microsoft® Office | Office 365® – プランの比較‎

ExcelOutlookも同じMicrosoft製なので、連携がしやすくおすすめです!

VBAからOutlookを操作する方法

次に、VBAからOutlookを操作する方法について解説します。

事前準備:参照設定の追加

まず、Outlookを操作するための参照設定追加方法について解説します。

参照設定追加手順は次のとおりです。

1. ツール→参照設定を選択

2. 「Microsoft Outlook XX.X Object Library」にチェックを入れてOKボタンをクリック

これで、Outlookを操作するための準備が完了です。

メールの送信方法

次に、メールを作成する方法について解説します。

Outlookでメールを送信する場合は、次のような手順でメールを作成します。


1. Outlookを操作するためのオブジェクトを作成
2. メール操作用のオブジェクトを作成
3. メール操作用のオブジェクトに送信内容を追加
4. メール送信処理を実行

それぞれ詳しく解説しますね。

Outlook操作用のオブジェクト作成

まずは、Outlook操作用のオブジェクト作成方法について解説します。

Outlook操作用のオブジェクトは、次のように書くことで作れます。

Outlook操作用のオブジェクト作成方法:

Outlook.Application」でを指定して変数を作ることで、Outlookのオブジェクトを作ることができます。

このOutlookオブジェクトに対して、メール送信の設定をしていく流れになります。

メール送信用のオブジェクトを設定

次に、メール送信用のオブジェクト作成方法について解説します。

Outlookはメール以外にも、予定表・連絡先・タスクなどがあるため、メールを指定したオブジェクトを作る必要があります。

メール送信用のオブジェクトの作り方は、以下のとおりです。

メール送信用のオブジェクト作成方法:

Outlook.MailItem」でメールを指定して、「CreateItem(olMailItem)」で作成したメールを、メール送信用の変数に入れています。

さきほどのOutlook操作用のオブジェクトを作ったあと、メール送信用のオブジェクトを作る場合は以下のようになります。

サンプルコード:

メール操作用のオブジェクトに送信内容を追加

次に、メールの送信内容を追加する方法について解説します。

送信内容を追加する場合は、以下のようなプロパティでそれぞれ設定していきます。

Noプロパティ内容
1Toメールの宛先
2CCメールのCC
3BCCメールのBCC
4Subjectメールの件名
5SentOnメールの送信日
6Bodyメール本文
7BodyFormatメールのテキスト形式
・プレーンテキスト:olFormatPlain
・HTML     :olFormatHTML
・リッチテキスト :olFormatRichText

宛先TO、メール件名、メール本文を設定する場合は、次のようになります。

サンプルコード:

メールを送信する方法

最後に、メールを送信する方法について解説します。

メール送信する方法は次のとおりです。

Sendメソッドを使えば、簡単にメールを送信することができます。

先ほど作ったサンプルを送信する場合は、次のようになります。

サンプルコード:

メール送信後の受信実行結果:

このように、簡単にメールを送信することができます。

Excelに登録されているデータからメール送信するサンプル

最後に、Excelで作成したデータ一覧の数分メールを送信するサンプルコードを用意しました。

Excelデータ:

サンプルコード:

実行結果:

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row」でデータの最終行を取得し、2行名から最終行(maxRow)までFor文で繰り返し処理を行い、繰り返し処理の中でメール送信する処理を書いています。

Cells(行番号, 列番号).Value」でセルの値を取得し、To・Subject・Bodyにそれぞれ値を入れています。

このように、簡単にメール送信処理を作ることができます。

まとめ

今回は、Outlookと連携したメール送信方法について解説しました。

メール連携ができれば、業務効率化ツールが簡単に作れます。

使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。
ExcelVBAの自動化ツール開発、WEB開発をメインにエンジニア業務をこなしつつ、サムライエンジニアにてライター業務をしております。

プログラミングをこれからやってみたい方に向けて、ためになる記事を全力で書いていきますので宜しくお願い致します!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説