スライドショー

【Windowsでgitを使おう!】導入方法とはじめにすべき設定まとめ

今回の記事では、WindowsでGitを始める手順を紹介いたします。


Gitの導入手順が知りたい
初期設定はどうすればいいの?

といったGitを始めたいとお考えの方へ向けて、

  • Gitの導入手順
  • Gitで最初にすべき設定


について紹介致します。

この記事を読んでいただければ、Gitを始められる状態にできます。

ぜひ、最後までお付き合いください!

Gitの導入手順

それでは早速、Gitを導入しましょう!

インストーラのダウンロード

まずはじめに、公式ページから、インストーラをダウンロードしましょう。

Windowsを選択します。

ご自身の環境にあったインストーラを選択し、ダウンロードします。

インストーラの実行

ダウンロードが完了したら、インストーラを実行します。

以下画像のように、セットアップが開始します。

そのままNextを選択します。

Gitファイルの配置場所を指定

Gitファイルの配置場所を選択し、Nextを選択します。

Select Component

「Select Components」では、細かな設定を致します。

以下にそれぞれの意味を記載しましたので、ご自身の目的に応じて設定しましょう。特に分からない方は、そのままNextで問題ありません。

種類意味備考
Additional Icons- On the DesktopGit Bashのショートカットをデスクトップに置く
Windows Explorer Integration右クリックした時に出てくるメニューについての設定チェックを入れるとメニューに「Git Bush」や「Git GUI」が追加される
Associate .git* configration files with the default text editor「.git」でファイルをデフォルトのテキストエディターと関連付ける
Associate .sh files to be run with Bash「.sh」ファイルをGit Bashで実行するように設定する
Use a TrueType font in all console windowsコンソールで「TrueType フォント」を使うかどうか設定するこれをチェックすると日本語が文字化けするので、できればチェックしない方が良い

スタートメニューにショートカットを作成

続いて、スタートメニューにショートカットを作成します。

ショートカットが必要な場合はそのままNextを、必要ない場合は、下のチェックボックスにチェックを入れてNextを押します。

デフォルトのエディタを選択する

こちらはデフォルトのエディタ設定です。

好きなエディタを選択し、Nextを押します。(もちろんそのままNextでも大丈夫です)

PATHの設定

次に、環境変数の設定をします。

Windowsの環境変数 PATH の設定です。それぞれの選択基準は以下になります。

種類意味備考
Use Git Bash onlyGit Bashのみでgitコマンドを使う場合にこちらを選択Windowsの環境変数「PATH」は変更されない
Use Git from the Windows Command PromptWindowsのコマンドプロンプトからGitコマンドを実行する場合はこちらを選択Windowsの環境変数「PATH」が更新される
Use Git and optional Unix tools from the Windows Command PromptWindowsのコマンドプロンプト + Unix系コマンドを使用する場合にこちらを選択Windowsの環境変数「PATH」が更新される

HTTP接続の設定

ここでは、どのライブラリを使用してHTTPS接続をするか訪ねられています。

それぞれの用途・環境に合わせて設定しますが、特に決まっていないようであれば上の「Use the OpenSSL library」を選択しましょう。

改行について

改行についての設定です。

設定によって、環境差異による問題が発生してしまう可能性があります。特別な理由がない限り、デフォルトのままNextにしましょう。

configuring the terminal emulator to use with Git Bash

Git bashを使う時に使用されるターミナルを設定します。

MinTTYを使うか、Windowsのデフォルトコンソールを使うかを選択しましょう。好みで問題ありません。

蛇足ですが、私はWindowsのデフォルトコンソール(コマンドプロンプト)にしました。

Configuring extra options

その他のオプション設定です。

明確な意図がない限り、そのままNextを押してください。大まかな内容は以下になります。

種類意味備考
Enable file system cachingファイルシステムのキャッシュを有効にするパフォーマンスが上がるので、有効にすることが推奨されている
Enable Git Credential ManagerGit Credential Managerを有効にするアクセストークンの管理をしてくれるようになる為、パスワードを毎回入力しなくてよくなる。推奨されている。
Enable symbolic linksシンボリックリンクを有効にする有効にすることを推奨されている訳ではないので、必要な人だけ選択

Configuring experimental options

最後にまだ十分にテストが完了していない最新の機能を追加しても良いか選択します。ここでは、その時の最新機能が表示されます。

リスクがあるので、今回は選択しません。

リスクを負ってでも使ってみたい! という機能があれば、選択してください。

選択が完了したら、「Install」を押して、インストールを完了させましょう。これで、セットアップが完了になります。

このままGit Bashを起動するか等はお任せします。

Gitで最初にすべき設定

さて、ここで最初にしておくべき設定について説明いたします。必須ではありませんが、きっと後々やることになると思うので、最初にぱぱっとやってしまいましょう。

Gitにユーザ名を設定

ユーザ名とアドレスを設定しておきましょう。

Git Bashで以下コマンドを入力します。

$ git config --global user.name "UserName"
$ git config --global user.email "[email protected]"

sshの設定

sshで接続するために、いくつか設定があります。設定手順に関しては、以下記事を参照してください。

GitやGitHubでSSHに接続する方法をわかりやすく解説!
更新日 : 2019年7月24日

なお、上記記事はMacでの手順を紹介しています。

一部コマンドはWindowsのコマンドプロンプトで使えないですが、この記事の方法でGitを導入している方でしたら「Git bash」を起動し、そこからコマンドを入力すれば鍵の生成等のコマンドは実行できます。

ここで設定しておくと後々楽なので、必須ではありませんがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、

  • Gitの導入手順
  • Gitで最初にすべき設定


について紹介いたしました。Gitは今や開発者にとって、必須なツールとなってきました

ここで導入して、ぜひ活用してください!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説