スライドショー

【初心者必見!】AnacondaでPythonの環境を構築してみよう!(Mac編)

Pythonで機械学習を始めてみたいけど

どうやって準備したらいいかわからない……
どのようなツールやパッケージをそろえればいいの?

とお悩みのあなたに、ここではPythonで機械学習をはじめるために必要なライブラリである「Anaconda」について、

  • Anacondaとは
  • Anacondaのダウンロード
  • Anacondaのインストール
  • Anacondaに含まれるライブラリ

などについて解説していきます。Anacondaをインストールしておけば、必要なライブラリを手動でインストールする手間が省けますので、ぜひインストールしておきましょう。

※ここではMacOSを元に解説しています。

Anacondaとは

Anacondaは機械学習やディープラーニングなどの用途や、データサイエンティスト向けに必要なライブラリが多数含まれているパッケージです。

科学技術計算など、複雑な計算を行う上で必要なライブラリが多く含まれており、Anacondaをインストールすることで計算用のライブラリを1つずつpipコマンドでインストールする手間が省けます。

そのため、初心者の方はあらかじめAnacondaをインストールしておくことにより、機械学習に必要な環境が一通り揃うといったメリットがあります。

Anacondaのダウンロード

Anacondaを公式サイトよりパッケージをダウンロードします。以下、スクリーンショットが少し古いものですが、ほぼ同じ流れでインストールができます。

anaconda01
https://www.python.jp/install/windows/anaconda/install_anaconda.html

2018年現在パッケージはAnaconda 5.3、Python自体のバージョンは「Python 3.7 version」と「Python 2.7 version」の2種類があります。特別な理由が無い限り3.Xのバージョンをダウンロードしておきましょう。

「Download」ボタンをクリックすればダウンロードが開始します。以下のような画面が表示されます。興味があれば登録しましょう。(無視しても大丈夫です。)
anaconda02

Anacondaのインストール

ダウンロードした「Anaconda[ここにバージョンが書かれています]-MacOSX-x86_64.pkg」パッケージをダブルクリックします。

①「ようこそAnaconda3インストーラへ」が表示されますので「続ける」をクリックします。
anaconda03

②「大切な情報」にて「続ける」をクリックします。
anaconda04

③「使用承諾契約」にて「続ける」をクリックします。続けて「同意する」をクリックします。
anaconda05

④「インストール先の選択」にてインストール方法を選択して「続ける」をクリックし、続けて「インストール」をクリックします。
anaconda06
※インストールには2.17GB以上が必要ですので、あらかじめ十分に空き容量があるか確認しておきましょう。

⑤ 「Microsoft Visual Studio Code」をインストールする場合は「Install Microsoft VSCode」をクリックします。インストールしない場合はそのまま「続ける」をクリックします。

※ VSCode(Visual Studio Code)はPythonを始めとして、様々なプログラミング言語の開発ができるテキストエディタです。

手軽に拡張機能をインストールできて、非常に便利です。まだ自分のMacにインストールされていない場合は、入れておきましょう。

anaconda07

⑥これでインストールは完了です!
anaconda08

Anacondaのライブラリ

ここではAnacondaに含まれるライブラリについて紹介しておきます。

Scikit-Learn

Scikit-Learnはさまざまな機械学習のためのアルゴリズムが用意されており、機械学習の分野において最も重要なライブラリとなります。

公式サイト:
引用元:scikit-learn http://scikit-learn.org/stable/index.html

Jupyter Notebook

Jupyter Notebookはブラウザ上でプログラムを実行するための環境で、機械学習などでデータ解析する際によく使われているツールです。ノートブック形式でプログラムを実行しながら解析ができるため、非常に有用なツールとなります。

公式サイト:
http://jupyter.org/

NumPy

NumPyはPythonで科学技術計算を行うときに基本的な多次元配列や線形代数、フーリエ変換などの数学関数に特化したライブラリです。

SciPy

SciPyはNumPyでできる科学技術計算に加えて数学関数の最適化や信号処理、統計分布などが可能なライブラリです。NumPyやSciPyはscikit-learnでも使われています。

Matplotlib

MatplotlibはPythonの科学技術計算向けのグラフ描画ライブラリです。折れ線グラフやヒストグラム、散布図などの可視化についてサポートしています。

Pandas

Pandasはデータを変換・解析するためのライブラリです。DataFrameというデータ構造を元に構成されていて、データをSQLのように使用することができます。

機械学習を勉強してみたいあなたに

Anacondaをインストールしたら、次はこれらについてより実践的な勉強がしたくなります。機械学習の分野はとても奥が深く、習得するにはさまざまな知識も必要になってきます。もしも独学での習得が難しい時は、侍エンジニア塾がサポートします!

侍エンジニア塾では機械学習についてのレッスンを開講しています。マンツーマンのレッスンなので、あなたの理解度や目標に合わせて、インストラクターと一緒にカリキュラムを作っていくことができます。

画像認識システムが作りたい!

という目的があるならば、「その目的を達成するための最短経路のカリキュラム」をご提案します。それだけでなく、「周辺知識を手広く学びながら目的に近づいていくカリキュラム」を作ることもできますよ。

気になる方は「無料体験レッスン」に申し込んでみることをおすすめします!

まとめ

ここではAnacondaについて、

  • Anacondaとは
  • Anacondaのダウンロード
  • Anacondaのインストール
  • Anacondaに含まれるライブラリ

などについて解説しました。Anacondaをインストールしておけば、機械学習で基本となるライブラリを手動でインストールする手間が省けますので、ぜひインストールしておきましょう!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

ヤマシタ

システムエンジニアとして10年勤務→フリーランスへ。現在は侍ブログ編集部としてこれまでに200記事以上の記事を執筆。
大規模システム開発からWebアプリ開発まで経験あり。最近ではPythonの機械学習に挑戦中。