スライドショー スライドショー

女性におすすめ!フリーランスWebデザイナーのなり方を徹底解説

フリーランスのWebデザイナーになりたいけど、女性もやっていける?どんなスキルが必要?
フリーランスWebデザイナーになるには、どう学習すればいい?

こうした「Webデザイナーになるための情報を知りたい」と思っている方は、当記事をお読みください!

当記事では、フリーランスWebデザイナーの概要から実際になるまでのスキル習得方法まで詳しく紹介します。参考にして、Webデザイナーに向けた学習をスタートしましょう。

【女性におすすめ】フリーランスWebデザイナーの概要

フリーランスWebデザイナーの概要

画像:フリーランスWebデザイナーの概要

まずは、フリーランスWebデザイナーの概要をみていきましょう。

顧客の求める構成を形にする

Webデザイナーの仕事は、個人や企業から依頼されたWebデザインを作成すること

Webデザイナーの最初の仕事として、顧客の要望に応じた構成・レイアウトを形にします。全体的な構成やメインビジュアルを提案し、Webサイト全体のイメージを固める重要なステップです。

顧客の要望をしっかり聞き出すコミュニケーション能力が求められます。

最適なデザインを施す

全体的なイメージができたら、それに従って、最適なWebデザインに仕上げます。具体的には、「Illustrator」や「Photoshop」などのツールを活用し、色合いや装飾を設定。基本的には、クライアントと相談しながらパーツごとにWebデザインを進めます。

コーディングも行う

場合によってはWebデザイナーもコーディングを行います。Webデザイナーの場合、JavaScript・HTML・CSS使用し、デザインの配置や動きを指定。最適なデザインには、細かい色使いやミリ単位の配置が求められます。

クライアントの要望を聞きながら、「アイデアを形」にする能力が重要です。

なぜWebデザイナーが女性におすすめなのか

Webデザイナーが女性におすすめな理由

画像:Webデザイナーが女性におすすめ

では、なぜWebデザイナーが女性におすすめなのでしょうか。理由は以下の3つです。

  1. 女性は共感性の高いデザイン作成に有利だから
  2. コミュニケーションが上手い
  3. 在宅ワークしやすく、子育てなどと両立可能

それでは、それぞれ解説していきます。

女性は共感性の高いデザイン作成に有利だから

デザインはアートとは異なり共感性が重要です。

そのため、共感性の高い女性はデザイン作成に有利。女性の共感性の高さは科学的に証明されており、そんな女性にWebデザイナーはぴったりと言えるでしょう。

Webデザイナーは女性だからこその強みを発揮できる仕事です。

コミュニケーションが上手い

コミュニケーションが上手い

画像:コミュニケーションが上手い

Webデザイナーは、クライアントとの密なコミュニケーションが必須。

特にフリーランスWebデザイナーの場合は、顧客との折衝を直に行うことが多いためWebデザインスキルに加えコミュニケーション能力が求められます。男性と比較した場合、女性はコミュニケーションが上手いため、Webデザイナーに向いているといえます。

在宅ワークしやすく、子育てなどと両立可能

「将来的に子供を育てたい」と考えている方もいるでしょう。

Webデザイナーはオンライン上で完結する仕事のため、在宅ワークがしやすく、子育てなどと両立可能です。特にフリーランスWebデザイナーは、ライフスタイルの変化に応じて柔軟な働き方ができます。

子育てと仕事を両立したい女性こそ、Webデザイナーがおすすめです。

フリーランスWebデザイナーに必要なスキル

フリーランスWebデザイナーに必要なスキル

画像:フリーランスWebデザイナーに必要なスキル

フリーランスWebデザイナーに必要なスキルは以下の通りです。

  • デザインツールのスキル
  • コーディングスキル
  • Webサイト制作・管理ツールの知識
  • WordPressのスキル
  • コミュニケーションスキル

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

デザインツールのスキル

デザインツールとは、Webデザイン全体の構成や各パーツを作成するツールを指します。

主なデザインツールは、IllustratorとPhotoshop。Illustratorは、グラフィックデザインやロゴ・アイコンなどを作成できるツールです。一方Photoshopは、画像の加工・編集やWeB全体の配置などを作成できるツールとなります。

フリーランスWebデザイナーとして、どちらのツールのスキルも必須です。手を動かしながら、操作方法を覚える必要があるでしょう。

コーディングスキル

フリーランスWebデザイナーを目指すには、デザインスキルに加え「コーディングスキル」も必要です。

Webデザイナーの仕事は、基本的にデザインツールを使いますが、基本的なコーディングができることによってWeb作成を1人で行えるようになります。HTML・CSS、JavaScript、jQueryなどを覚えておくといいでしょう。

Webサイト制作・管理ツールの知識

Webサイト制作・管理ツールの知識

画像:Webサイト制作・管理ツールの知識

フリーランスWebデザイナーとして活躍するには、Webサイト・管理ツールの知識も抑えておく必要があるでしょう。

代表的なものは、コーディングに用いる「DreamWeaver」、UIデザインに用いる「Adobe XD」などがありますので、各ツールの使い方を抑えておいてください。

WordPressの知識・スキル

先ほど少しふれましたが、Webデザイナーの仕事をする上でWordPressの知識は欠かせません。

WordPressとは、ブログなどのWebサイトを簡単に作ることができ、世界のWebサイトの3分の1がWordPressによって作られていると言われているツール。WordPressの基本的な操作方法やカスタマイズ方法について知っておくと、仕事の幅が広がります。

コミュニケーションスキル(ヒアリング・提案力)

Webデザイナーはコミュニケーションも必須です。

Webデザイナを作成する上で、クライアントの要望を正しくヒアリングし、要望に応じたデザインの提案力が求められます。デザインやコーディングスキルがあったとしても、コミュニケーションスキルがなければフリーランスWebデザイナーとして活躍することは難しいでしょう。

なお、ここまで解説してきたWebデザイナーに必要なスキルについては下記で詳しく解説していますので、合わせて読んでみてください。

Webデザイナーに必要なスキルをチェック!スキルアップ方法や将来性も
更新日 : 2021年2月8日

フリーランスWebデザイナーのなり方

フリーランスWebデザイナーのなり方

画像:フリーランスWebデザイナーのなり方

続いては、フリーランスWebデザイナーのなり方を具体的に解説します。

独学 or スクールでWebデザインのスキルを習得

まずは独学かスクールでWebデザインのスキルを習得しましょう。

独学の場合は、書籍やWebサイトを活用してスキル習得も可能です。とはいえ独学は質問・相談ができない環境ですし、自分に合った教材もわからず、モチベーションを維持するのは難しいという問題があります。

独学に不安な方はスクールでのスキル習得がおすすめです。

オリジナル作品を制作する

スキルを習得したら、オリジナル作品を制作しましょう。

手を動かしながら実践的に学ぶことが大切です。オリジナル作品の制作を通じて自分の習得レベルを確認することもできますし、後述するポートフォリオに活かすこともできます。

制作物をポートフォリオとしてまとめる

オリジナル作品をいくつか制作したら、それを「ポートフォリオ」としてまとめてください。

フリーランスWebデザイナーとして活躍するには、ポートフォリオが欠かせません。ポートフォリオを充実させることで、スキルの証明となり、Webデザイナーとしての信頼度にも繋がります。

※Webデザイナー向けポートフォリオは以下の記事を参考にしてください。

未経験Webデザイナーが参考にすべきポートフォリオサイトと作り方のポイント
更新日 : 2021年2月8日

案件に応募する

ポートフォリオができたら、案件に応募しましょう。フリーランスWebデザイナー向けの案件は、クラウドソーシングサイトやフリーランス向け求人サイトなど、複数のサイトで探すことが可能です。

最初はまず数をこなすことが重要です。数をこなすことで案件獲得のコツもわかりますし、実力もつきていきます。

案件を獲得する方法については、次章で詳しく解説します。

受注・納品

受注・納品

画像:受注・納品

案件に応募し、発注側との合意ができたら、いよいよ受注です。クライアントの要望に応じて、Webデザインを作成し、指定された期日までに納品しましょう。

Webデザインは業務範囲があいまいになりやすいので、クライアントに事前に「どこまでがWebデザイナーとしての業務なのか」という線引きを明確にする必要があります。問題なく納品できたら、立派なフリーランスWebデザイナーです。

女性向け:フリーランスWebデザイナーとして案件を獲得する方法

フリーランスWebデザイナーとして案件を獲得する方法

画像:フリーランスWebデザイナーとして案件を獲得する方法

女性に向いているフリーランスWebデザイナーとして、案件を獲得する方法は、主に3つあります。

  • クラウドソーシングサイトを活用
  • 女性向け求人サイトを活用
  • SNSで探す

それでは、それぞれ説明していきます。

クラウドソーシングサイトを活用

クラウドソーシングサイトを活用して、Webデザイナー向けの案件を獲得しましょう。

フリーランスWebデザイナー向けの主なクラウドソーシングサイトは、クラウドワークスとランサーズです。Webデザイナー向けの案件数は、両サイト合計で100件以上あります(2020年11月3日時点)

クラウドワークス

ランサーズ

女性向け求人サイトを活用

女性向け求人サイトを活用するのも良いでしょう。例えば、「ママワークス」はママ向け在宅ワーク案件を扱うサイトです。子育ての合間などのスキマ時間に働ける案件が豊富。Webデザイナー向けの案件もあるので、確認しておきましょう。

ママワークス

SNSで探す

SNSで案件を獲得することも可能です。特にTwitter上で自分のポートフォリオなどの実績を発信することで、案件獲得に繋がるケースもあります。SNSでの発信はフリーランスとしての信頼度にも繋がるため、フリーランスWebデザイナーとして活躍するには重要なポイントです。

フリーランスで活躍するWebデザイナーのスキル獲得ならスクールで!

フリーランスで活躍するWebデザイナーのスキル獲得ならスクールがおすすめ

画像:フリーランスで活躍するWebデザイナーのスキル獲得ならスクールがおすすめ

先程も書いたように、フリーランスWebデザイナーは高いスキル・経験が要求されますので、独学でスキルを習得するのはかなりハードルが高いでしょう。

そこでおすすめなのがスクール。スクールはWebデザインのスキル習得に最適なカリキュラムを用意しているだけでなく、案件の獲得までサポートしてくれるところがほとんど。

当スクール「侍エンジニア」では、Webデザイン専門のコースをご用意しています。指導するのはフリーランスの経験年数が3年以上の現役デザイナー・エンジニアがほとんど。個人に合わせたカリキュラム作成から実際の指導、案件の獲得法まで支援します。

学習時間の確保に関しても融通がきくので、家事や子育てのある主婦のかたでも学習に取り組みやすい環境です。実際にデザイナーとして独立した女性もいます。

「知識だけでは仕事に繋がらなかった」38歳接客業からフリーランスデビューできた理由
更新日 : 2019年11月5日

まずは一度、無料体験レッスンを受けてみてください!

無料体験レッスンを予約する

まとめ

Webデザイナーは、女性に向いています。Webデザイナーの仕事は、クライアントの要望に応じて最適なデザインを作成すること。フリーランスWebデザイナーとして活躍するには、デザインスキルをはじめ、コーディングやコミュニケーションスキルが求められます

独学でのスキル習得も可能ですが、最短でフリーランスWebデザイナーを目指したい方はスクールに通うのがおすすめ。女性に向いているフリーランスWebデザイナーに向けて、学習をスタートしましょう。

書いた人

侍エンジニア編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら