オラクルマスターの取得が目指せるおすすめ本3選!学習のコツも紹介

オラクルマスターの試験対策ができる書籍はどれだろう?
本で勉強すれば、オラクルマスターを取得できるのかな?

世界的な資格のオラクルマスターは、試験対策やスキル習得に役立つ本がいくつか販売されています。教科書や問題集を活用すれば、オラクルマスターを効率的に学習可能です。

この記事では、オラクルマスターの取得におすすめの本を、本で学習するメリットやデメリットも交えて紹介します。オラクルマスターの試験取得に効果的な本の活用法も解説するので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • オラクルマスター合格におすすめの本がわかる
  • オラクルマスターを本で学習するメリット・デメリットがわかる
  • オラクルマスター試験合格に効果的な本の活用法がわかる

なお、次の記事ではそもそもオラクルマスターとはどんな資格なのか、その特徴を種類や取得するメリット・難易度もまじえ詳しく解説しているため、参考にしてください。

オラクルマスターとは?取得するメリットや難易度、勉強手順も紹介

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹


音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事は4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」、プログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

オラクルマスターはどのレベルでも同じ参考書で対策可能

オラクルマスターは、どのレベルでも同じ参考書で対策できます。オラクルマスターの本は、大学入試の過去問題集が「赤本」と呼ばれているように、本の種類によって「黒本」「白本」「紫本」の愛称がつけられています。

知識を網羅的に身に付けるには「黒本」を、実践的な問題を解いてアウトプットするには「白本」を使うなど、上位グレードを受験する際も迷わずに学習を始められるでしょう。

オラクルマスターの取得におすすめの本3選

オラクルマスターの合格におすすめの本は、タイプごとにいくつかあります。ここでは、おすすめの本を3つ紹介します。

オラクルマスター教科書 Bronze DBA Oracle Database Fundamentals(通称:黒本)

オラクルマスター教科書 Bronze DBA Oracle Database Fundamentalsは、オラクルマスターBronzeの学習において定番の教科書です。日本オラクル株式会社の監修のもと、出題範囲を網羅しつつも試験に出るところを凝縮した1冊です。

章末に練習問題があるほか、巻末には模擬試験1回分も収録されておりアウトプットも可能。通称「黒本」と呼ばれるほどに実績も豊富で「とりあえず買っておきたい」1冊でしょう。

【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Bronze(通称:白本)

【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Bronzeは、通称「白本」と呼ばれる、試験対策に特化した問題集です。本試験と同レベルの問題が301問あるだけでなく、模擬試験2回分も収録されています。そのため、試験の感覚をつかみやすいのが特徴です。

また、豊富な問題数に加え、学習者がつまずきやすいポイントを押さえた丁寧な解説があるのも魅力。着実に理解を進めながら効率的にアウトプットができる1冊です。

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Bronze SE(通称:紫本)

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Bronze SEは、Javaに関するオラクル社認定資格「Java Bronze」の教科書です。Java Bronzeはオラクルマスター Bronzeとは別の資格ですが、同じオラクル社が認定する資格のため、関連性は高いです。

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Bronze SEは、通称「紫本」と呼ばれ、初学者にもやさしい丁寧な解説と充実した問題が魅力。2色刷りでポイントを視覚的に押さえやすいほか、試験直前まで確認できる要点チェックシートも付いています。Java Bronzeの取得も同時に目指すならぜひ持っておきたい1冊でしょう。

本でオラクルマスターを学習する3つのメリット

本でオラクルマスターを学習する3つのメリット

ここからは、本でオラクルマスターを学習するメリットを、3つにまとめて紹介します。

本でオラクルマスターの取得を目指せるのかイメージが湧かない人も、ぜひ参考にしてください。

体系的に学習できる

本を使えば、オラクルマスターを体系的に学習できます。試験範囲を網羅できるので、学習のやり方次第で応用的な問題にも対応できるようになるでしょう。

また、体系的に学習できれば、その知識は試験時だけでなく実務の際にも活かせます。全範囲の学習ができれば自信にもつながるでしょう。

自分のペースで学習できる

オラクルマスターは、本を使えば自分のペースで学習できます。決まった時間に授業を受けるわけではないので、試験日に向けて無理のないスケジュールを立てられます。

オラクルマスター試験は、CBT方式で試験日程を自分の都合に合わせて決められるのが魅力です。そのため、試験日から逆算して自分が無理なく学習できるペースを考えられます。

比較的安価で学習ができる

本を使えば、比較的安価でオラクルマスターの学習ができます。セミナーやスクールなどで学習する場合は、数万~数十万円ほどかかる可能性がありますが、本であれば1冊3,000~4,000円程度の出費で済みます。

そして、本は繰り返し使えるのも魅力です。1冊3,000~4,000円程度の出費で知識が身に付くまでとことん学習できるため、コストを抑えたい人にぴったりでしょう。

オラクルマスターを本で学習する2つのデメリット

オラクルマスターを本で学習する2つのデメリット

メリットに続き、ここからは本でオラクルマスターを学習するデメリットを、2つにまとめて紹介します。

わからないことを聞くことができない

オラクルマスターを本で学習するデメリットは、わからないことを誰かに質問できない点です。解説を読んでもわからなかった時、自分ひとりでは解決が難しいでしょう。

とはいえ、オラクルマスター合格に向けた本は、初学者でもわかりやすいように丁寧に解説されています。また、繰り返し学習することで徐々に理解できるようになるので、諦めずに学習を続けるのがポイントです。

挫折しやすい

オラクルマスターを本で学習すると、挫折しやすい点に注意が必要です。本を使った学習は、自分のペースで無理なく進められるものの、モチベーションを高く保ちにくいでしょう。

とくに、忙しくて学習の時間を確保できない場合や、解説を読んでも理解できない箇所がある場合は、モチベーションが低下しやすいです。そのため、自分のモチベーションを高く保てるような対策を考えておく必要があります。

オラクルマスターの取得に効果的な本の活用法

オラクルマスターの取得に効果的な本の活用法

そこで、ここからはオラクルマスター合格に効果的な本の活用法を、2つにまとめて紹介します。

オラクルマスターを取得できるか不安な人は、ぜひ参考にしてください。

その1:わからなくてもまずは1周読んでみる

オラクルマスターの本は、途中でわからないことがあってもまずは1周読みましょう。初心者で知識がないうちは、時間をかけて考えても答えが出ないことが多いです。

また、はじめに全体を通して読むと、オラクルマスター試験の範囲や内容、押さえるべきポイントなどを把握できます。全体を把握したうえで再度読み返すことで、スムーズに学習を進められるようになるでしょう。

その2:1冊の問題集を仕上げる

教科書や参考書で試験範囲を網羅したら、1冊の問題集を徹底的に仕上げましょう。オラクルマスターに限らず、知識を定着させるためにはインプットよりもアウトプットが重要です。教科書や参考書を読むよりも時間と回数をかけて問題を解きましょう。

なお、問題集を「仕上げる」とは、問題集の問題すべてを理解したうえで正解できる状態です。問題集を繰り返し解いても、問題の意味や解き方を理解できていなければ、試験本番で思うように解けない可能性があります。

問題集は、繰り返し解くだけでなく、解き方や問題の意味を理解したうえで解くよう心がけましょう。

本以外でオラクルマスターを学習する方法

本以外でオラクルマスターを学習する方法

オラクルマスターの学習には本の活用がおすすめですが、もちろん本以外でも学習できます。ここでは、本以外でオラクルマスターを学習する方法を2つ紹介します。

その1:セミナーで学ぶ

オラクルマスターは、本以外にセミナーで学ぶ方法があります。

オラクルマスター試験を運営するオラクル社は、試験対策セミナーを定期的に実施しており、無料で参加できます。また、オンラインで開催されるので、自宅にいながら気軽に受けられるのも魅力でしょう。

上記ポストのように、セミナー受講を勧める声もいくつかあります。無料で気軽に参加できるので、気になる人は受講するとよいでしょう。

その2:スクールに入る

オラクルマスターは、本だけでなくスクールで学習するのもおすすめです。

スクールの受講は費用がかさむものの、知識を体系的に学べるだけでなく、実践的なスキルも身に付けられます。また、サポート体制が充実しているものが多く、気になることやわからないことを解決しやすい環境で学習可能です。

侍エンジニアでは、一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラムで、プロのエンジニアによるマンツーマン指導を受けられます。質問しやすい環境が整えられており、無理ないペースで学習できます。気になる方は、ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

オラクルマスター試験に関するよくある質問

オラクルマスター試験に関して、疑問を抱える人もいるでしょう。ここでは、オラクルマスター試験に関するよくある質問を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

オラクルマスターを取得するメリットはなんですか?

オラクルマスターを取得する主なメリットは、次の5つです。

  • 世界基準のデータベースの知識が身に付く
  • スキルを証明でき仕事の幅が広がる
  • 就職・転職活動に有利になる
  • 副業で収入アップが期待できる
  • 資格手当や昇進に役立つこともある

オラクルマスターは、民間資格であるものの世界的に広く認知されているため、スキルの客観的な証明ができ仕事の幅が広がります。また就職や転職のほか、副業や昇進にも役立つので、今後のキャリアに大いに貢献するでしょう。

資格の有効期限は?

オラクルマスター資格に有効期限はありません。しかし、オラクルデータベースのバージョンアップにともない、資格体系が変化する可能性はあります。また、データベースが進化するたびに、一度身に付けた知識やスキルが陳腐化するおそれもあるでしょう。

とはいえ、一度取得したオラクルマスター資格が失効することはないため、常に新しい情報をキャッチアップする意識があれば問題はありません。

オラクルマスター以外におすすめの資格は?

担当する業務や目的などによっておすすめの資格は異なります。例えば、WordやExcelなどMicrosoft Office ソフトについて技能を高めたいのであればMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)が、Linuxについてスキルを証明したいのであればLinux技術者認定試験がおすすめでしょう。

次の記事では、システムエンジニアにおすすめの資格を広く紹介しています。資格の必要性から解説しているので、オラクルマスター以外の資格が気になる人は、ぜひ参考にしてください。

システムエンジニアに資格は必要?取得するメリットやおすすめも紹介
更新日:2024年2月12日

オラクルマスターの知識を学んでITエンジニアになった事例はありますか?

データ分析を学んでデータエンジニアになった事例はあります。山内 祥平(やまうちしょうへい)さんは、AIブームの波もあり、大学で学んでいたデータ分析を本格的に学ぼうと決意し、侍エンジニアでの学習をスタートしました。

自分で考えて作成・分析したことをアピールできたことで内定を獲得し、現在はデータエンジニアとして活動しています。山内さんのインタビューについて詳しく知りたい人は、次の記事を確認してください。

「データ分析を本格的に学んで仕事にしたい」転職成功までの道のり
更新日:2023年8月21日

まとめ

この記事では、オラクルマスターの学習におすすめの本や、本の活用法などを解説しました。オラクルマスターはレベルによらず同じ参考書で対策でき、活用次第で効率的に学習できることがわかりましたね。オラクルマスターの学習におすすめの本は、次の3つです。

なお、オラクルマスターは、本だけでなくスクールで学習するのもおすすめです。侍エンジニアでは、一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラムで、プロのエンジニアによるマンツーマン指導を受けられます。無料カウンセリングも実施しているので、気になる方はお気軽にご利用ください。

この記事を書いた人

中川 大輝のアバター 中川 大輝 メディア編集長

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

目次