はじめてのRuby!to_aメソッドの使い方をわかりやすく解説

Rubyには配列や範囲オブジェクトの値を返すto_aメソッドがあります。

「to_aメソッドの使い方がよくわからない」
「配列と範囲オブジェクトを連結したい」

といった方に向けて、この記事ではto_aメソッドについて、以下の内容で解説していきます。


・to_aメソッドとは
・配列で使用する方法
・範囲オブジェクトで使用する方法
・文字列で使用する方法

to_aメソッドについてわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください!

to_aメソッドとは

to_aは一言で言うと「レシーバ自身を返すメソッド」です。

to_aメソッドの書き方

オブジェクトには配列や配列を返すメソッド、範囲オブジェクトなどを指定できます。

範囲オブジェクトを指定した場合、各要素を集めて配列として返します。

配列で使用する方法

ここでは配列でto_aメソッドを使用する方法を見ていきましょう。

以下のサンプルをご覧ください。

実行結果:

このサンプルではメソッドarray_mでto_aメソッドを使用して配列同士を連結して返しています。

以下のように配列と範囲オブジェクトを連結することもできます。

実行結果:

このように配列と範囲オブジェクトの連結もできました。

前述したように範囲オブジェクトにto_aメソッドを指定した場合は配列として返すため、このような連結が可能になります。

もし、to_aメソッドを指定しなかった場合はエラー「TypeError」が発生します。

範囲オブジェクトで使用する方法

範囲オブジェクトにto_aメソッドを使用すると、以下のように配列で取得することができます。

実行結果:

文字列で使用する方法

to_aメソッドは文字列に対しては使用できませんが、配列を返すメソッドを指定した場合は使用できます。

以下では文字列を指定した区切り文字で分割するsplitメソッドで文字列を配列にしています。

実行結果:

まとめ

ここでは、配列や範囲オブジェクトの値を返すto_aメソッドについて解説しました。

  • to_aメソッドとは
  • 配列で使用する方法
  • 範囲オブジェクトで使用する方法
  • 文字列で使用する方法

to_aメソッドは範囲オブジェクトの要素を1つずつ配列にして取得することができますので、使い方については覚えておきましょう。

もし、to_aメソッドの使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ヤマシタ

エンジニア歴10年のフリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、200本以上の執筆経験があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説