ゲームプログラマーの将来性は?最新トレンドのVRについても解説

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

プログラミングに興味がある方の中には、ゲーム開発に携わりたいと考えている方も多いですよね。

しかし、ゲームを作っているプログラマーが実際にどんな仕事をしていて、どんな労働環境なのか知っている方はあまり多くありません。
そこでこの記事では「ゲームプログラマーについて」と「ゲーム業界の将来性」をご紹介します。

この記事を読めばゲームプログラマーがどんな仕事をしているか、今後の将来性はあるのかが分かります。
ゲーム開発に興味のある方はぜひ最後まで読んでみてください。

【こんな方に向けて書きました】

  • 将来、ゲーム開発に携わりたい
  • ゲーム業界の将来性が知りたい
  • ゲーム開発をどのように行うか知りたい

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲーム業界のプログラマーは「ゲームプログラマー」に分類されます。
ゲームプログラマーにはコンシューマー向けスマートフォン向けの2種類あります。

コンシューマー向けのゲームプログラマーは、企画書・仕様書をもとにチームでプログラムを構築していきます。
プログラム構築後の動作確認なども一任されており、デバッグ作業等の細かい作業は全てゲームプログラマーが行なっています。

一度リリースしてしまうと、修正する事が出来ないため、より高い知識が必要になります。
スマートフォン向けのゲームプログラマーは仕様書をもとにチームでプログラムを構築していきます。

一度リリースしても修正が可能な事から、プログラムの完璧さよりもスピード感が重視されます。
スマホ向けゲームに携わる場合は、運営まで任されるため、企画などもゲームプログラマーが考えていることが多いです。

ゲームプログラマーの労働環境

労働時間は企画の納期に左右されます。

納期の期限が迫っている場合は、休日出勤も余儀なくされます。

しかし、基本的には暦通りの休みが設けられています。

また、納期が迫っていなければ定時に退社出来ることも多く、基本的に残業時間は少ないです。

収入は、中小企業で300〜500万円、大手企業で700〜900万円程となります。

最近では、コンシューマー向けのゲーム開発を行う企業よりもスマホ向けのゲーム開発を行なっている企業の方が、高収入が望めるように変化しています。

ゲームプログラマーになるためのスキルとは?

ゲームプログラマーになるために、転職活動中および入社に業務を遂行するための必要なスキルがあります。

ゲームプログラマーは他のITエンジニアよりもなりにくい職種のため、なるべく転職・就職活動前に基礎は身に付けておきたいものです。

以下に紹介する各スキルの解説を参考いただき、もし自分に足りないものがあれば身に付ける努力をしましょう。

プログラミングスキル

ゲームプログラマーになるためはプログラミング言語のスキルは必須です。

とは言えプログラミング言語は数多くあり、どれを習得すればよいか悩んでしまいます。
以下に紹介するのはゲーム開発によく使われるプログラミング言語です。

  • C#
  • C++
  • JavaScript
  • Swift
  • Ruby

現在もっともよく使われているのはC#C++です。特に家庭用向けのコンシューマーゲーム開発でよく使用されています。

それに対しSwiftはiOSアプリ、Rubyはソーシャルゲームなどのモバイルゲーム開発に使用されます。

どのプログラミング言語を習得するかはあなたが開発したいゲームの種類によって決定してください。例えばコンシューマーゲームならC#かC++になります。

対人スキル

ゲームプログラマーであっても、ずっとPCに向かってコードを書いているわけではありません。

同じプログラマーと相談をして開発を進めたり、ゲームディレクターやプランナーなどの別職種の同僚・上司、ときには外部のクライアントと打合せをするため、コミュニケーション能力が重要となってきます。

おもしろいゲームを開発するため業務を進めていくと、超えなければならない壁にぶつかります。1人で対処できない場合が多いので、その時は周囲と相談して解決していきます。

ゲームはチームで開発していきます。コミュニケーションは苦手と考えている人もいますが、今の内から克服しておきましょう。

流行に対するアンテナ

ゲームにはその時流行っていたアニメや映画、キャラクターとコラボしたものが数多くあります。近年のスマートフォンゲームはその最たるものでしょう。

このようなゲームはどのコンテンツと組むかで売上などに関わってくるため、常に現在の流行を追えるようアンテナを張っておく必要があります。

これはゲームプログラマーになったばかりは、まだ必要ないかもしれません。ただ将来ディレクターやプランナーを目指す人には重要となってきますので、今の内に勉強と思って考えておくとよいです。

英語力

みなさんも知ってのとおり、近年のゲームは国内のみの販売で終わらず、全世界で発売されます。
特にインターネットを介してのダウンロード販売はメインになってきているのが、世界に需要のあるゲームを後押ししています。

そのため、ゲームを開発する側にも英語など語学力が求められてきています。
また海外から流入してくる最新のプログラミング技術もあるため、それを理解する必要もあります。

ゲームプログラマーになる前と後、どちらでも英語力を高めるため勉強し続ける必要があります。

ゲームプログラマーの需要と将来性

ゲームプログラマーの需要と今後の動向は気になるところですよね。
今後、ゲームプログラマーはどのように変わっていくかご紹介します。

ゲームプログラマーの現状

以前まではゲーム業界といえば、コンシューマーゲームが主流となっており、ゲームプログラマーもコンシューマー向けゲームの開発が主な業務でした。
しかし、オンラインゲームやスマホゲームの普及により、現代では多種多様のエンジニアが必要になっています。

ゲーム業界はIT業界同様トレンドの変化が早く、ニーズの変化に対応できるエンジニアが多くありません。
そのため、人材不足に陥っています。

ゲームプログラマーとして、活躍するためにはニーズの変化に対応して、より良いコンテンツを提供する技術が必要になります。

気になる年収は?

ゲームプログラマーになりたいけど「肝心の年収はどのくらい?」と考える人は多いと思います。

ゲーム業界も大手から中小企業と幅広くあり、キャリアガーデンのゲームプログラマーの年収を見ると、任天堂やコナミ、グリーなどみんなが知っているような大企業なら平均700~800万円ですが、中小企業となると300~500万円程度となります。

企業のシステム開発をするような一般的なプログラマーの平均年収が400~600万円なので、ゲームプログラマーは若干低めである印象があります。
また年収の高いひとは残業を多くこなし、残業代で稼いでいる業界でもあります。

転職を考えている人は、この残業代がしっかり払われているかきちんと確認したほうがよいです。

ゲームプログラマーの将来性は?

ゲーム業界がなくならない限り、ゲームプログラマーがいなくなることはないでしょう。
最近ではコンシューマーゲームが衰退していると言われていますが、実際はスマホユーザーが増えており、時代のニーズによってユーザーが移り変わっていると考えられています。

今後も、技術の進歩によってゲーム業界はまだまだ成長していくでしょう。

しかし、将来性のあるゲームプログラマーになるには常に最新の技術を取り入れることと柔軟な発想が求められ、よりクリエイティブな人材になる必要があります。

これからVRゲームが主流になる

近年、特に有名なのがVRゲームです。VRゴーグルを着用してプレイするゲームであり、コロナの影響下では自宅での自粛の影響もあり購入した人も多いのではないかと思います。

本項目では、これから伸びていくであろうVRゲームのプログラマーについて解説します。

VRゲームとは?

VRとは仮想現実とも呼ばれ、現在の技術ではVRゴーグルを装着し視覚と聴覚に働きかけることで、現実ではないのですがあたかも現実であるような世界を作りだすことができます。
VRゲームはこの技術を応用し、自分がまるでゲームの世界に入り込んだような感じで、プレイすることができます。

VRゲームの市場や成長性は?

VRゲームは2017年ぐらいから世に出始めて、2018年頃にはブームになりました。しかし近年VRゲームは下火になっていると聞くこともあります。
最大の問題は通信速度の遅さによるゲームのやり辛さによるものがあります。

ゴーグルを装着して周囲360度を3Dで表現するので、ネット回線の速度が遅いとゲームをしていても面白くありません。そのため最初は物珍しさでみんな手を出しますが、しばらく経つと忌避するようになります。

ただコロナの影響で先延ばしになりましたが、5G回線が始まるため回線速度の問題は解決すると考えます。

また、IDCが発行した「Worldwide Semiannual Augmented and Virtual Reality Spending Guide 2018H2」によると、2023年にはVR/ARの世界市場は2018年の89億ドルから約1606億ドルに成長すると予測しており、その内203億ドルはVRゲームにおいての市場を見込んでいます。

このようにVRゲームはまだまだ市場の成長が見込まれるので、VRゲームのプログラマーを今から目指すのも良いと考えます。

VRゲームの開発に携わるには?

VRゲームを作るの真っ先に習得したいのが、「Unity」と呼ばれるゲームエンジンです。これ1つでモバイルからコンシューマー、パチスロ台などに使用されるゲームが製作可能です。

またUnityではC#を使用していますので、C#のプログラミング言語の勉強も必須です。

UnityやC#などを習得したら自身のオリジナルゲームを開発し、VRゲーム開発をしている企業の採用試験を受けましょう。採用試験ではオリジナルゲーム提出を求められるので、自身の制作物をアピールし、習得したスキルを証明することがVRゲームの開発者になる道です。


【VR技術を学びたい方はこちら】
VR開発・プログラミングの言語選びや使い方【VR開発の基礎】

未経験でゲームプログラマーになる3ステップ

ITエンジニア

様々なゲームをする

やはり、ゲーム業界に就職したいなら、たくさんゲームをプレイするべきでしょう。
ゲームを知らずにゲームは作れません。

雇う側もゲームが好きで、良いゲームを作るために一生懸命頑張る人を採用したい、と考えます。
1つのジャンルに絞らず様々なゲームで遊びましょう。

そうすることで、セオリーやゲームそれぞれの良い点、悪い点を知ることができます。
また、幅広くゲームを楽しんだ経験は、作る側にも必ず活かされます。

ゲームの何が楽しいかを分析する

ゲームを楽しむのは大切ですが作る側にまわった場合、プレイヤーはお客さんです。
いかにゲームを楽しんで遊んでもらうかが大切になります。

なので、自分が気に入ったゲームはなぜ気に入ったのか何が楽しいかなど分析してください。
その知識はあなたがゲーム業界で働いた時に、提案することもできます。

また、人気ゲームのパターンも理解することができるでしょう。

ゲームを作る

新卒や第二新卒であれば、未経験でも就職できます。
しかし、それ以降はかなり狭き門となります。

プログラマーという職業は、成果物が何より重要です。
採用担当者に自分をアピールするためのゲームを作りましょう。

ゲームを作ることで自分のスキルアップにつながるとともに、ポートフォリオとしても活用できます。
実際に作ることにより、自分がゲームプログラマーに向いているか向いていないかの判断にもなります。

まとめ

いかがでしたか?

今回はゲームプログラマーの将来性についてご紹介しました。
ゲーム業界はまだまだニーズがあり、将来性の高い業界です。

この記事を読んでゲームプログラマーを目指す人が1人でも増えれば嬉しいです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。