【Java】DateTimeFormatterとは?日付フォーマットを指定する方法


Javaで日付を指定したフォーマットで取得したい
JavaのDateTimeFormatterクラスの使い方が知りたい

日付を扱っていると、日付を指定したフォーマットで取得したい場合があります。Javaには日付のフォーマットを指定できるDateTimeFormatterクラスがあります。

この記事では、そんなDateTimeFormatterクラスについて、以下の内容で解説していきます。

  • DateTimeFormatterクラスとは
  • DateTimeFormatterクラスの使い方

今回はそんなDateTimeFormatterクラスについて、使い方を見ていきましょう。

JavaのDateTimeFormatterとは

DateTimeFormatterクラスは、Java8で新しく追加されたLocalDateTimeクラスなどを、指定した日付パターンに整形するためのクラスです。

以下のような形で日付パターンを指定します。

DateTimeFormatter dtf = DateTimeFormatter.ofPattern("yyyy MM dd");

DateTimeFormatterクラスは、オブジェクト生成時にnew演算子を使用するのではなく、ofPatternメソッドで日付パターンを指定して生成する必要があります。

DateTimeFormatterクラスを使用するためには「java.time.format」パッケージを使用します。

import java.time.format.DateTimeFormatter;

java8以前の日付のフォーマット指定については、以下の記事で詳しく解説しています。

DateTimeFormatterの使い方

基本的な使い方

以下にDateTimeFormatterクラスを使用して、日付パターンを指定する方法を紹介します。

import java.time.LocalDateTime;
import java.time.format.DateTimeFormatter;
 
public class Main {
    public static void main(String[] args) throws Exception {
    	
    	//DateTimeFormatterクラスのオブジェクトを生成する
    	DateTimeFormatter dtf = 
            DateTimeFormatter.ofPattern("yyyy/MM/dd HH:mm:ss");
    	
    	//LocalDateTimeクラスを使用して日付を設定する
    	LocalDateTime ld = 
            LocalDateTime.parse("2017/04/01 10:00:00", dtf);
    	
    	System.out.println(ld.format(dtf));
 
    }
}
実行結果
2017/04/01 10:00:00

サンプルではDateTimeFormatterのオブジェクト生成時にofPatternメソッドを使用し、引数に日付のフォーマットパターンを設定しています。

次にJava8で追加されたLocalDateTimeクラスを使用して、指定した日付を設定しています。

Stringの日付をLocalDateTimeに変換する

以下にString型の日付を、Java8で追加されたLocalDateTimeクラスの日付型に、変換する方法を紹介します。

import java.time.LocalDateTime;
import java.time.format.DateTimeFormatter;
 
public class Main {
    public static void main(String[] args) throws Exception {
    	
    	String strDate = "2017/04/10 10:00:00";
    	
    	//DateTimeFormatterクラスのオブジェクトを生成する
    	DateTimeFormatter dtf = 
            DateTimeFormatter.ofPattern("yyyy/MM/dd HH:mm:ss");
    	
    	//String型の日付からLocalDateTimeクラスのオブジェクトを生成する
    	LocalDateTime ld = LocalDateTime.parse(strDate, dtf);
    	
    	System.out.println(ld.format(dtf).toString());
 
    }
}
実行結果
2017/04/10 10:00:00

String型の日付をLocalDateTimeクラスの日付型に変換するには、LocalDateTimeクラスのparseメソッドを使用し、引数に文字列とDateTimeFormatterクラスのオブジェクトを指定すれば、日付をLocalDateTimeのオブジェクトとして生成できます。

DateTimeを使用してフォーマットを指定する

DateTimeクラスのparseDateTimeメソッドを使用することでも、簡単にフォーマットを指定することが可能です。

parseDateTimeメソッドを使用した、日付フォーマットを指定する方法については、以下の記事で詳しく解説しています!

まとめ

ここでは、DateTimeFormatterクラスについて、意味や基本的な使い方、Stringの変換方法などをご説明しました。

Javaでは日付を扱うクラスがたくさん存在しますので、それぞれ用途や使い方をしっかりと覚えておきましょう!

もし、DateTimeFormatterクラスの使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

cta_under_bnr

当プログラミングスクール「侍エンジニア」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニアは上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細はこちら

書いた人

ヤマシタ

システムエンジニアとして10年勤務→フリーランスへ。現在は侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
大規模システム開発からWebアプリ開発まで経験あり。最近ではPythonの機械学習に挑戦中。プログラミング初学者に向けてわかりやすく、ためになるコンテンツ作りを心がけています。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー