0から始める!RubyでHello Worldを表示するまでの道のり

Hello World Ruby学習の第一歩


Rubyってどうやって動かせば良いんだろう……
最初のHello Worldを表示させたい!

どのプログラミング言語でも、最初の一歩と言えば“Hello World”の表示ですよね。

面倒な環境設定が終わってこれが表示されると、苦労が報われた気がするしモチベーションも高まります!

この記事では、そんな“Hello World”をRubyで表示させるまでの道のりを解説します

  • RubyでHello Worldを表示させたい!
  • まだRubyのインストールすらしていない…
  • 基礎として色々な表示の仕方が知りたい

こんな方へ向けて、この記事は書かれています。ぜひ最後までお付き合いください!

Rubyのインストール方法

まずはRubyをインストールするところから始めましょう。もうインストール済の方は、ここは飛ばして次の章へ進んでください。

ちなみにMacにはRubyが最初から入っています。ターミナルで以下のコマンドを実行して確認しましょう。

Windowsの方は以下の記事を参考にして、インストールを進めてみてください。

ちなみにこの記事では、Mac, Windows関わらずバージョン管理ツールを入れる事をオススメしています。その点を含めて、確認してみてください。

RubyでHello Worldを表示する

Rubyのインストールが完了した時点で、早速”Hello World”を表示させてみましょう!

ファイルの作成

まずは”Hello World“を表示するためのプログラムを記述するRubyファイルを作成しましょう。

Rubyファイルの拡張子は“.rb”です。今回は「sample.rb」というファイルを作成してみましょう。

プログラムの記述

ファイルの作成ができたら、今度はそのファイルにプログラムを記述します。

今回は、”Hello World”を表示するために、以下のように書きます。

記述ができたら保存を忘れずに。

プログラムの実行

プログラムの記述ができたら、ファイルを実行します。ターミナル(Windowsならコマンドプロンプト)を開き、Rubyファイルのあるディレクトリに移動します。

そこで以下のコマンドを実行しましょう。

実行結果

“Hello World”が表示されました! 基本的な使い方は以上になります。

さまざまな形でHello Worldを表示してみる

基本的な使い方が分かったところで、他にもいくつかの方法で”Hello World”を出してみましょう。

出力の仕方が違うHello World

行末に改行を含める

先ほども用いた「print」を使用して、連続して”Hello World”を出してみます。

実行結果

3つが改行されずに表示されてしまっています。実は「print」には文末に改行が含まれていないので、同じ行に連続して表示されてしまいます。

文末に改行を含めたい場合は、「puts」を使います。

実行結果

データ形式が分かる形で出力する

p」を使うと、データの形式が分かるようになります。

実行結果

「p」では、Hello Worldを「」(ダブルクォーテーション)で囲っている事が分かりますね。これは、文字列である事を表しています。

数値であれば違いがより分かりやすくなります。

実行結果

putsでは文字列としての100も数値としての100も、「100」として表しているのに対し、「p」は文字列と数値を区別していることが分かります。

変数を使って出力する

変数はこれから使う機会が多くなることでしょう。

変数とは、ある値を格納する領域のことです。型に合わせて様々な値やアドレスなどが入ります。

例えば数学の授業で「x = 10」として、xに値を代入した事がありますよね。プログラミングでは、この「x」が変数に当たります。

それで実際に、変数を使って”Hello World”を出してみましょう。

実行結果

ここで出てくる「printf」は変数を交えて出力したいときに使えるものです。文字列は’Hello %s %d’となっていますが、この「%s」は「次のカンマの後にくる文字列の変数を表示する」という意味になります。「%d」はそれの数値版です。

変数は処理の中で代入する値を変えることもできます。そのため、上記の方法を使うと動的に出力する文字列を変える事ができます。

コメント

最後にコメントについて、大切なので覚えておきましょう。

コメントとは、コードの中に処理とは関係のないコメントを残す事を言います。

Rubyでは、「#」(シャープ)があると、それの行の#以降の文字がコメント扱いされるようになっています。

実際の例を見てみましょう。

実行結果

“Hello World 1″がコメントアウトされているのが分かりますね。

コメントは、記述したプログラマが「この行ではどういう目的でどんな処理をしているか」といった情報を残すためによく使われます。

複数行のコメントを残すことも可能です。

実行結果

このように、「=begin」と「=end」で囲まれた行はすべてコメントとなります。

まとめ

この記事では、Rubyで環境を作り”Hello World”を表示するまでの手順と、その他のさまざまな出力方法を紹介しました。

“Hello World”は最初のスタートラインで、出力できたら楽しい気分にもなれますよね。

これを手始めに、Ruby学習を楽しんでいってください!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説