スライドショー スライドショー

営業からWebデザイナーになることは可能!学習法を伝授

営業職からWebデザイナーに転職できるの?
未経験なんだけど営業からWebデザイナーになるにはどうすればいい?

なんて疑問を持っている方は多いのではないでしょうか? Webデザイナーなどの在宅勤務可能な職種を目指す人が増えているので、どうすればWebデザイナーになれるかと悩んでいる方も多いはず。

この記事では、なぜ未経験でも営業職からWebデザイナーになれるのか、どうやってWebデザイナーになるのかを解説していきます。

営業からWebデザイナーに転職は可能だと言える理由

営業からWebデザイナーに転職可能な3つの理由

画像:営業からWebデザイナーに転職可能な3つの理由

営業からでもWebデザイナーになることは可能です。Webデザイナーは専門的なスキルが必要ではありますが、未経験からでもスキルさえ付ければ転職できます。

需要が高い職業だから

さまざまなWebサービスやWebサイト、アプリが年々増え続けているため、Webデザイナーの需要はこれからも高まっていくと考えられます。

一部では、誰でも簡単にサイト制作ができるNoCodeのようなサービスの登場により、Webデザイナーの仕事がなくなると言われていますが、簡単に制作ができるようになったとはいえ、ユーザビリティの高い優れたデザインを提案できる人間は必要です。

ただし単純作業はツールに取って代わられるので、プラスαのスキルを持っておくと良いでしょう。

学習法がたくさんあるから

学習法がたくさんある

画像:学習法がたくさんある

現在は、未経験からでもWebデザインが学びやすい環境が整っています

ネット上には1から順番に学んでいけるような学習サイトがあり、スクールに通えばプロに教えてもらえる上、就職・転職活動をサポートしてくれるサービスも。書籍も初級者から上級者用までさまざまな種類が販売されているため、比較的安価に勉強を始められます。

特別な資格が必要ないから

Webデザイナーとして働くのに、必要な資格はありません。資格や免許などがいるわけではないので、誰でもWebデザイナーとして仕事を始められます。

確かに、資格をとるための勉強で知識が付いたりスキルの証明になったりするので、資格を取得しておくことは就職・転職をする上で有効です。しかし仕事をする上で重要なのはスキルや経験なので、資格を取ることにこだわるよりも、スキルを磨いていきましょう。

営業からWebデザイナーになるために身につけておきたいスキル

営業からWebデザイナーになるために身につけておきたいスキル

画像:営業からWebデザイナーになるために身につけておきたいスキル

デザイナーという仕事ではありますが、デザインの才能だけあればできるわけではありません。各種ソフトの扱いや、PC・Web制作に関する最低限の知識は必要です。

Webデザイナーになるために、身につけておきたいスキルは以下の通りです。

  • デザインスキル
  • IllustratorやPhotoshopのスキル
  • HTML/CSSのスキル
  • JavaScriptのスキル

まず、デザインをするためにデザインスキルは必須。そしてデザインを形にするために、IllustratorやPhotoshopなどのソフトで画像の加工や編集、ロゴやイラストを作成していきます。さらに、Webデザイナーの場合はWebサイトを制作するので、HTML/CSS・JavaScriptの基礎的な部分は知っておきましょう。

Webデザイナーのスキルに関しては、以下の記事で詳しく解説しているのであわせて読んでみてください。

Webデザインって何?初心者が知っておくべき知識と学習法を完全網羅
更新日 : 2021年2月8日

営業からWebデザイナーになるための学習法

営業からWebデザイナーになるための学習法

画像:営業からWebデザイナーになるための学習法

Webデザイナーになるための学習方法はいくつかありますが、ここでは代表的な3つの方法を紹介します。

本や学習サイトで独学する

本や学習サイトで勉強するメリットは、費用がかからないところ。ただし相談する相手がいないため、挫折しやすいというデメリットもあります。

おすすめの書籍は以下の通りです。

勉強方法などについてはこちらの記事でさらに詳しく解説しているので、あわせて読んでみてください。

【Webデザイン入門】無料・独学でもWebデザインのプロになれる方法
更新日 : 2021年2月8日

未経験OKの会社に入社する

未経験OKの会社に入社できれば、勉強をしながら給料がもらえます。独学で勉強を続けるよりも、現場で学べるのはリスクが低く効率も良いでしょう。

ただし未経験OKで、一から研修で教えてくれる会社は多くありません。リクナビでWebデザイナーの求人を検索すると、275件の募集が見つかりました。(2020年10月時点)

しかし未経験歓迎の条件をつけると、21件しかありません。さらにこういった求人は年齢制限があったり給与が低かったりと、条件はそれほど良くありません。

そのため、スキルを身に付けてから転職した方が、いい会社に入れる可能性は上がるでしょう。

スクールで学習して転職

スクールで学ぶメリットは、プロの講師に教えてもらえるので確かなスキルを身に付けられる点。しかし、他の学習方法よりも費用がかかるデメリットがあります。

ただし独学よりも効率よく学べるので、無駄な時間をかけずに最短で転職できて、結果的にコスパが良くなるケースも多々あります。プロに習って確かなスキルを身につけたい方や、効率よく学習したい方はスクールに通いましょう。

未経験で営業からWebデザイナーに転職したいなら「スクール」がおすすめ

営業からWebデザイナーへの転職はスクールがおすすめ

画像:営業からWebデザイナーへの転職はスクールがおすすめ

未経験からWebデザイナーを目指すのであれば、スクールに通うのが1番効率よく学べる方法です。プロから教わることで高いスキルが身につくだけでなく、わからないところもすぐに聞ける環境なので、挫折せずに続けられます。

当スクール「侍エンジニア」では、専属の講師によるマンツーマンでの指導や、一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラムを組むため、自分にあったペースで効率よく学べるのが特徴です。

また、オリジナルの制作物(Webサイトなど)の作成に力を入れているので、スキルや実績が重視されるWebデザイナーの転職にも有利になります!もちろん就職・転職のサポートまで無料でついていますので、転職を強く意識する人にこそおすすめです。

無料体験レッスンでは、Webデザイナーになるための学習のアドバイスや、キャリアについての相談も行っています。まずは、気軽に無料体験レッスンを受けてみましょう。

無料体験レッスンを予約する

まとめ

未経験からでもスキルや知識を身につければ、Webデザイナーとして働くことは可能です。しかし、デザインスキル以外にもHTML/CSSやJavaScriptなど、学ばなければいけないことは多くあります。

今はさまざまな学習方法があるので学びやすい環境になっていますが、その分ライバルも多いので、効率よく学習してWebデザイナーを目指しましょう。

書いた人

侍エンジニア編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら