Salesforceエンジニアの仕事は高単価!その収入を解説

Salesforceに興味があるが、どんな仕事なのか知らない
Salesforceへの転職を検討しているが、単価や年収が気になる

この記事は、上記のような疑問をお持ちの方のために書きました。

当記事ではSalesforceの仕事量や単価・年収について、具体的に解説していきます。Salesforceへの転職を検討しているエンジニアの方やSalesforceに興味のある社会人の方は、ぜひ参考にしてください。

【高単価?】Salesforceエンジニアの仕事とは

画像:Salesforceエンジニアの仕事とは

Salesforceとは、米カリフォルニアに本拠を構えるセールスフォース・ドットコム社が運営するクラウド型ビジネスアプリケーションです。同アプリは、営業やマーケティング、企画などの幅広い業務に対応。例えば、クラウド上で顧客管理・営業管理などが可能です。

複雑なサーバー構築が不要で、インターネット環境されあれば手軽に使えるサービスとして、日本でも中小企業から大企業までさまざまな企業で導入されています。

Salesforceエンジニアとは、このSalesforceの運用・開発・保守などを手掛けるエンジニアのこと。社内や取引先のニーズに合わせてSalesforceの機能などをカスタマイズすることが、Salesforceエンジニアの役割となります。

Salesforceには独自の認定制度があり、認定制度を受けることでスキルを証明可能です。この認定制度は世界共有のため、Salesforceエンジニアとして世界中から受注することもできます。

開発・運用

Salesforceエンジニアの開発・運用では、ApexとSalesforceのスキルが求められます。Apexとは、Salesforceのプラットフォーム「force.com」上で使用される独自のスクリプト言語です。

Salesforce上では、Apexを書き込むことで、保存・実行を行います。そのためSalesforceエンジニアは、Apexの開発スキルが必須です。ただしApexはJavaやC+に近い言語なので、それらの開発経験がある人は採用されるケースもあります。

導入支援

SalesforceエンジニアではSalesforce導入時のコンサルティングをはじめ、導入から開発・運用まで見据えた大規模プロジェクトまで幅広い業務となります。

そのため、エンジニアではありますが「コンサルタント」としてのスキルも必要です。一概に「Salesforceエンジニア」といっても、自分のスキルや環境次第でさまざまな仕事に挑戦できます。

フリーランスから見るSalesforceエンジニアの単価はいくらぐらいか?

Salesforceエンジニアの概要について解説してきました。では実際に、どういった案件がどれくらいの単価なのでしょうか。実際の案件を紹介しながら、Salesforceの単価について解説します。フリーランスSalesforceエンジニアの案件を確認し、イメージを膨らませましょう。

世界的なソフトウェア企業の日本法人での業務です。月収135万円・想定年収1,620万円で、仕事内容はSalesforceの開発やテスト実施。必須スキルはSalesforce開発5年以上と、開発経験の長い方向けです。

20代・30代が活躍している職場です。月収115万円・想定年収1,380万円で、仕事内容は、Salesforce導入時の開発や業務改善。必須スキルはSalesforceの実務経験3年以上となっています。

飲食店の予約管理サービスを開発している企業の案件です。月収95万円・想定年収1,140万円となります。Salesforceの開発経験以外にも、Javaの開発経験に応じて採用しています。

Salesforceエンジニアへの転職で年収(単価)はいくらになる?

画像:Salesforceエンジニアへ転職したら年収はどうなる?

次に、大手転職サイトでの求人からわかるSalesforceエンジニアの年収(単価)を紹介していきます。

リクナビネクスト

リクナビネクストのSalesforceエンジニアの求人(2020年10月1日)は、273件で年収は300万円〜1,000万円程度となっています。各求人、Salesforceでの開発経験が必須です。

DODA

転職サービス大手DODAのSalesforceエンジニアの求人(2020年10月1日)は256件で年収は300万〜1,000万円程度です。スキルに応じて、20代で年収1,000万円を超える案件もあります。

Green

GreenのSalesforceエンジニアの求人(2020年10月1日)は42件で、年収は300万円〜1,000万円程度です。少数精鋭の企業やグローバル企業など、幅広い企業がSalesforceエンジニアを必要としています。

Salesforceエンジニアの単価は将来どうなるか

画像:Salesforceエンジニアの単価は将来どうなる?

Salesforceエンジニアの将来性は、Salesforce自体の将来性が鍵を握っています。Salesforceは現在、世界ナンバーワンのシェアを誇る巨大プラットフォーム。低コストながらカスタマイズが自由で、業界問わずさまざまな企業で導入されています。

IDEによる報告書によると、Salesforceとそのパートナー企業で形成される「Salesforceエコノミー」が2019年から2024年にかけて日本で20万人の新規雇用・1,090億ドル以上の事業収益を生み出すと予測。日本のみならず、世界規模で拡大しており、Salesforceの将来性は高いといえるでしょう。Salesforceの拡大に伴い、自ずとSalesforceエンジニアの需要も高いと考えられます。

以上の理由からSalesforceエンジニアは、単価や年収も上がっていく可能性がとても高いと言えます。Salesforceを通じて新たな雇用・ビジネスが続々と誕生しており、Salesforceエンジニアとしての仕事の幅も広がっていくでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

Salesforceエンジニアは一般的なサラリーマンと比べ、年収が高く将来性のある仕事です。専門性が求められるため、長期的に活躍したい方におすすめ。Salesforceの仕事内容や単価を把握して、転職やキャリアアップの参考にしましょう。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー