スライドショースライドショースライドショー

Webエンジニアにおすすめのプログラミング言語を一挙公開

Webエンジニアってどんな言語を扱うんだろう?
Webエンジニアになるにはどの言語を選べばいいかな?

これからWebエンジニアを目指す方にとって、最初の壁となるのは「どのプログラミング言語を選ぶか」ですよね。

扱う言語によって求人数や年収も異なるため、言語選定は慎重に行わなければなりません。しかし、Webエンジニアの業務内容は多岐に渡るため、扱う言語の種類もたくさんあります。

そこでこの記事では、Webプログラミング言語の特徴や将来性などを一挙にまとめてご紹介します。言語の特徴を知りたい方や、いま言語選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

Webエンジニアが扱うプログラミング言語一覧

まずはWebエンジニアが主に使用する言語の習得難易度や用途・求人数を一覧にまとめました。お時間のない方はこちらをもとに、気になる言語だけ確認してください。

Webエンジニアにはフロントエンドサーバーサイドの2種類があります。

フロントエンドはユーザーが目にする表面的な部分で、サーバーサイドはお問い合わせ機能やユーザー情報を格納するDBなど目に見えない部分を担っています。

フロントエンドとサーバーサイドは、Webエンジニアを目指すうえで必要不可欠な基礎知識です。おさらいしておきたい方はこちらの記事も一緒にごらんください。

フロントエンドとサーバーサイドの違い。仕事内容・年収・需要を比較
更新日 : 2020年7月28日

フロントエンドで扱う言語

画像:Shutterstock

まずはユーザーの目で見える部分「フロントエンド」の開発に使用する言語をご紹介いたします。

一般的に使用されるのは、

  • HTML
  • CSS
  • Javascript

この3種類です。なおJavascriptはサーバーサイドの開発にしようされることもありますが、この記事ではフロントエンドの開発を前提として解説していきます。

HTML

HTMLは、Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、Webページを作成するためのMarkup(マークアップ)言語となります。

「マークアップ」というのは「印をつける」という意味で、その名の通り文章にタグ呼ばれるコードを付けることで、それぞれの文章に意味をもたせることができます。

Webサイトの基盤はHTMLで作られており、HTMLをもとにCSSやJavascriptで装飾するというのが一般的です。フロントエンドの構築を行ううえでHTMLは必ず使用するため、習得が必須となります。

HTMLに関して詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

HTMLとは?初心者でも分かる基礎知識から書き方まで詳しく解説
更新日 : 2020年6月22日

CSS

CSSは、「Cascading Style Sheets」の略で、HTMLの要素に装飾を付けて見た目を美しくするものです。CSSもHTML同様、プログラミング言語ではなくスタイルシート言語と呼ばれています。

CSSはとにかくデザインを表現するのに特化しています。HTMLだけでは、単純な要素しか加えることはできません。しかし、CSSをWebサイトに加えることで、普段目にしているようなデザインを表現することができるんです。

HTMLとCSSはフロントエンドの基本となる言語です。この2つを使用してWebサイトのフレームを作成していくので、フロントエンドを担当するエンジニアは必ず覚えておきたいですね。

CSSについてはこちらの記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

CSSでできることは何?具体例から役立つスキルまで解説
更新日 : 2019年8月30日

Javascript

JavaScriptは1995年に開発され、当初はWebサイトに動きをつけるために開発された言語です。

近年はWebサイトやアプリを開発する上で無くてはならない存在になっており、昨今のWebサイトのほとんどにJavaScriptが使われています。

Webサイト・アプリ・サービスの開発に使われることがメインであるものの、他にもデスクトップアプリやスマホアプリ、ゲーム、IoTや人工知能開発など、多くの業界で利用が可能です。今後かなり用途の広がる言語として注目をされています。

Javascriptについてはこちらの記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

JavaScriptとは?概要・始め方・将来性を初心者にもわかりやすく解説
更新日 : 2020年7月23日

サーバーサイドで扱う言語

画像:Shutterstock

次にユーザーの目に見えない部分「サーバーサイド」の開発に使用する言語をご紹介いたします。

一般的に使用されるのは、

  • PHP
  • Ruby
  • Java
  • Python
  • C#
  • Swift

この6種類です。それぞれ目的によって使い分ける必要があるので、特徴を知っておくといいでしょう。

PHP

PHPは1996年ごろに登場したプログラミング言語で、サーバーサイドのスクリプト言語です。WEBサービスやWEBアプリ開発に使用され、世界中で人気の言語となっています。

日本でもPHPを扱える人は10万人以上いるといわれており、求人数もJavaに次いで多くなっています。

WEBサービスを開発できる言語では他にJavaScriptがありますが、PHPとは大きな違いがあります。JavaScriptはクライアントサイド、つまりWEBブラウザで動作するものです。

PHPはWEBサーバー上で動くため、開発するにはWEBサーバーにPHPがインストールされた環境が必要になります。

サーバー側にあるデータベースと簡単に連携することができたり、HTMLに埋め込んで使うことができるため、初心者でも比較的簡単に動作確認ができたり、動きのあるWebページが作れます。

PHPについてはこちらの記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

PHPとは? 初心者向け学習方法やPHPエンジニアになる方法を解説
更新日 : 2020年7月15日

Ruby

Rubyは1995年ごろにまつもとゆきひろ氏によって開発されたオブジェクト指向スクリプト言語です。

日本で開発されたプログラミング言語ではじめて国際規格に認証された言語です。そのため他の言語に比べて圧倒的に日本語で理解出来る情報が多いので、初学者の方におすすめです。

開発者のまつもと氏は「Rubyをシンプルなものではなく、自然なものにしようとしている」という言い方をしています。また「Rubyの外観はシンプルです。けれど、内側はとても複雑なのです。 それはちょうど私たちの身体と同じようなものです」ともコメントを残しています。

つまり「Rubyは初学者には学習しやすいけど、深く学べば複雑なこともできる実用的な言語だよ」ということを表してるんですね。

Rubyについてはこちらの記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

Rubyとは?初心者が学びやすい言語の特徴から始め方まで徹底解説!
更新日 : 2020年7月21日

Java

世の中には200種類以上のプログラミング言語がありますが、その中でもJavaは昔からよく使われている言語です。また、日本でもいまだに人気が高い言語でもあります。

その人気の理由として、Javaは基本的にどんな環境でも使える言語で、システム開発やWeb開発、アプリケーション開発など多岐にわたる用途で様々な開発に利用されていることがあります。

また、さまざまなプログラミング言語の元となっているのはJavaであるという点でも他の言語と比較して優れていると言えますね。

Javaについてはこちらの記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

【初心者向け】Javaとは?言語の特徴や用途を専門用語を使わず説明
更新日 : 2020年7月15日

Python

Pythonは「少ないコード量(文量)で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語です。今話題の「人工知能(AI)」や「Web開発」「教育の分野」など広い分野で使われています。

通常、プログラムの規模が大きくなり複雑になってくると、コードが見づらくなります。見づらくなることで読み間違いや書き間違えなどのミスが起こりやすくなり開発効率が落ちてしまいがちです。

しかし、Pythonは文法が短くコードが読みやすいため、初心者でも扱いやすいです。

Pythonについてはこちらの記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

Pythonとは?特徴やメリット・勉強法を解説【初心者向け】
更新日 : 2020年7月16日

C#

C#とは、マイクロソフトが開発しているプログラミング言語です。

C++やJavaと同じオブジェクト指向と呼ばれるプログラミング言語で、文法はJavaに似ています。そのため、C#を使用した経験があれば少しの学習でJavaも同じように使うことができ、応用が利きます。

統合開発環境(IDE)のVisual Studioを使えば、フォームにボタンやテキストボックスを貼り付けて簡単にフォームアプリケーションを作ることができるので、きれいなGUIのアプリケーションを作りたいプログラミング初心者にもおすすめの言語です。

C#はマイクロソフトが開発しているプログラミング言語なので、Windows向けのアプリケーションの開発に最適です。また、Unityという開発ツールを使用することでVRやゲーム開発を行う事もできるので、ゲームに興味のある方には必須の言語となります。

専門知識いらず!C#とは?言語の特徴やメリットを網羅的に徹底解説
更新日 : 2019年7月2日

Swift

Apple社が2014年に発表した新しいプログラミング言語です。iPhoneやMacなどのApple製品のアプリをはじめ、Webアプリケーションまで開発することができます。

さらに2015年には、全世界にSwiftのコードが公開されました。それによって、Swiftは誰でも自由に改良できるようになったため、様々な可能性を秘めています。

Swiftが作られた理由としては、今までアプリ開発で使われてきた言語「Objective-C」が、独特な構文や特徴を持っていたので、開発を続けていく上で不便な部分や難しい部分があったことが挙げられます。

iOSアプリ開発を行う場合は、Swiftの習得が必要不可欠となるので、iOSアプリ開発に興味のある方はSwiftに触れてみてください。

プログラミング言語「Swift」とは?大注目言語を徹底解説!
更新日 : 2020年7月27日

プログラミング言語選びに困っている方は…

ここまでWebエンジニアに必要な言語を9種類ご紹介しました。しかし、特徴だけでは選べないという方もなかにはいらっしゃいますよね。

そこで目的からプログラミング言語を選ぶことができて、簡易的な学習プランを知ることができるアプリをご用意しました。最短1分ほどであなたにぴったりのプログラミング言語を知ることができますよ。

さっそく診断してみる

まとめ

いかがでしたか?

Webエンジニアは扱う領域が広いため、目的に応じたプログラミング言語を選定しなければなりません。

そのため、目的から逆算した言語選びがとても重要になります。もし、需要や将来性だけで言語を選ぼうと考えているなら、いま一度どんな言語が自分の目的にあっているかを考えてみてください。

もし、目的が漠然としていて言語を選べないということがありましたら、弊社の無料相談をご利用ください。専属コンサルタントがヒアリングを行い、あなたに最適な学習プランや言語選定をご提示いたします。

下記カレンダーから簡単にご予約いただけるので、お気軽にご利用ください。(オンラインでも受講いただけます。)

LINEで送る
Pocket

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。