スライドショースライドショースライドショー

プログラマーになるにはどうすべきか分からない…成功者の3ステップ

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部です。

未経験からプログラマーってなれるのかな?
プログラマーになるために大学と専門学校、どっちに行けばいいの?
未経験からプログラマーになるためにはどんな就活や転職活動をすればいいの?

この記事を読んでいる方は、そんなことを思っているでしょう。開発経験や技術力、専門的な知識といったものが必要というイメージがあるプログラマーという職種は、全くの未経験の方からするとどうしても敷居が高く感じてしまいますよね。

しかし、結論から言ってしまうと、全くの未経験からプログラマーになることは十分可能です。実際に僕も、全くの未経験からプログラマーになった経緯があります。むしろ今は、昔に比べるとすごくなりやすくなっているとも言えるでしょう。

そこで今回は未経験からプログラマーになるための方法を3ステップに分けてわかりやすく説明していきます!

【ステップ1】未経験でもなれる理由を知る

shutterstock_343042571

画像:shutterstock

プログラマーになれるという自信を持つこと

まずこの記事にたどり着いた人は

未経験でも本当にプログラマーになれるのか?

と懐疑的になってしまっている部分もあると思います。

ただ、自信がないとそれだけでマイナスポイントになってしまいます。この「自信」というのは非常に大切で、あとのステップにも響いてきます。むしろ、自信さえあればプログラマーになれると言っても過言ではありません。

先ほども言いましたが、プログラマーは未経験でも目指すことは可能です。実際に僕を含めて、全くの未経験からでもプログラマーになった方はたくさんいます。

まずは、しっかりとしたステップを知ることが、プログラマーを目指すための第一歩と言えるでしょう。

プロのプログラマーも未経験時代があったことを知る

そうはいってもプログラミングと聞けば難しいと感じてしまうし、未経験だと先がイメージできませんよね。自信を持つことに時間がかかってしまうかもしれません。

ですが、どんなプロのプログラマーも未経験時代があってプロになっています。誰もが通る道は必ずあるのです。逆に現在、プロのプログラマーになれている人は学習始めに「未経験だから無理だ」と考えていたでしょうか?

おそらく当時は「今は無理だけど勉強すれば大丈夫」と前を向いていたはず。今は自信がなくても、勉強することで自信をつけていけばいいのです。

そうした自信の積み重ねが「未経験でも大丈夫」という認識になって、結果的にプログラマーを目指すための鍵となります。

【ステップ2】未経験でもやれる事をやっておく

shutterstock_262412804

画像:shutterstock

先ほどもお伝えしたように、今現役で活躍されているプログラマーの方も、最初は未経験で知識も技術力もなかったはずです。そこから学習をして、徐々に経験と知識を積んでいったのです。

初めから才能があったわけではなく、プロでも必ずこの流れを踏んでいます。今記事を読んでいる方も、そのまま未経験だからと言って何もしなければ、知識も技術力もつくことはなく、自信も高まることはありません。

僕もそうでしたが、未経験の方は未経験なりにもやれることがあります。

どの言語でプログラマーを目指すか決める

まず最初に、どの言語でプログラマーを目指すかを明確にしましょう。プログラマーでも、みんな同じ言語を使っているわけではなく、開発するものによって言語は違います。まずは自分に合う言語を見つけましょう。

見つける方法としては、弊社の「プログラミング学習診断プラン」というアプリでサクッと自分に合う言語と学習プランを確認できます。1分程度でできるのでぜひご活用ください。

プログラミング学習サイトで基礎を知る

例えば、Progateというプログラミングを学べる学習サービスはご存知でしょうか?中には知っているけど使った事はないという方もいると思います。

とにかくシンプルに見やすくプログラミング学習をしたことがない初心者でも入り口の入門学習としてProgateを活用すればほぼ挫折することはないと思います。

非常に幅広いジャンルの教材が取り揃えられていて、

  • シンプルに見やすい
  • 面倒な設定なしにプログラミングの学習がすぐ始められる
  • 実際に手を動かしながらコードの答え合わせができる
  • サンプルの成果物を作りながら文法を学ぶことができる
  • 進捗度が一目で分かるレベルで分けられたカリキュラム
  • レベル上げが楽しいゲーム感覚


など、進捗が見やすくスキルがついていることが分かりやすく表示してあるので、モチベーションを保ちながらスムーズに学習することができます。

Progateの活用で初心者が2ヶ月でエンジニア転職!初級編は無料!
更新日 : 2019年8月16日

チュートリアルで一通りの制作フローを知る

実はもう一つ、便利な学習ツールがありまして、チュートリアルというものがあります。有名どころでいくと「Railsチュートリアル」といったRubyという言語のフレームワークが学べる学習教材のようなものです。

「Railsチュートリアル」でいうと、このチュートリアルは簡単な簡易版Twitterのようなサービスを作る過程で様々な文法を学べるように設計されています。

どの言語を使うにしても、アプリ制作やWebサービスの制作では完成までに様々なフローがあり、その全体像がイメージできないまま現場に出ることはかなり危ないですし、やりがいを感じづらいです。

まずはこういったチュートリアルのようなサンプルサービスを制作することで、全体の制作フローを俯瞰して見ることができるので、様々な視点からアイデアが出やすくもなります。

簡易版のサンプルサービスをオリジナルにアレンジ

先ほどのチュートリアルで制作できるサンプルサービスにオリジナルの機能を追加してみることをオススメします。なぜおすすめするかというと、就職や転職の際に有利になるからです。

プログラマーとして現場で仕事する場合には、機能を追加したり、修正したりといった仕事が主になってきます。

つまり就職や転職において、「その仕事ができる能力がありますよ」もしくは「できるようになる伸びしろがありますよ」ということをアピールする必要があるわけなんですね。その際に成果物を提出できることは一つの強みになります。

特に難しいアプリケーションである必要はありません。まずは、

  • どういう意図でこの機能を追加したか
  • どういうメリットがあるのか
  • コーディングはきれいに見やすくなっているか


の3点に注意して、質問されたら答えられるようになっておくとベターですね。

【ステップ3】最先端の転職・就職サイトを使う

eyecatch_template-(1)

画像:shutterstock

ビジネスSNSを代表するWantedly

wantedly

引用元:Wantedly https://www.wantedly.com/

一昔前に比べて今は、「就職」や「転職」活動というものの考え方に変化が起きています。昔は、「未経験から就職するのは大変」「転職はイメージが悪いし難しそう」といったイメージがありました。

特に今のIT業界では顕著ですが、「圧倒的な人材不足なので未経験でも意欲や人間性重視」、「転職サービスを使って手軽にキャリア形成」といったような風潮があります。

就職・転職活動のやり方自体にも変化が起きています。昔の就職・転職活動と言えば、ビシッとスーツをきて、履歴書をもって面接回りをするといったものでした。しかし、今では「私服で気軽にオフィスを覗きにいってみる」というスタイルもあります。

そんな画期的な就職・転職活動を可能にしてくれるのが、Wantedly(ウォンテッドリー)を代表するようなビジネスSNSです。その名のとおり、ビジネスに特化したマッチングSNSサービスなのです。

従来のサービスよりも社員や就職・転職活動者という「人」に焦点をあてて、双方が気軽にコンタクトをとれるサービスになっています。

こういったサービスを利用することによって業界の知識もつきますし、就職・転職の可能性もグッと高まりますので、もっとライトに活動してみてはいかがでしょうか。

就職・転職サイトの詳細はこちらで詳しく解説しているのでぜひ目を通してみてください。

未経験エンジニア必見!あなたの望みを叶える転職サイト6選
更新日 : 2019年5月23日

企業が未経験を採用する理由とは?

【時間とともにプログラミングに慣れる】

プログラミングを1年間続けているとある程度できるようになっています。独学ではなかなか続かない学習を仕事にすることで、毎日プログラミングを書くことはメリットになります。

しかし、最初は全く分からず苦労するでしょう。なので、分からないところを自分で調べるなどそれなりの努力が必要になってきます。企業側からすれば、数年後のスキル習得を見越して採用しています。

【プログラミング以外の大事な要素】

プログラミングをする以外の要素として、バクがないかのチェックと改善です。こちらは、自分でプログラミングを書いて開発するのではなく、すでに開発されているプログラムにバグが無いかチェックしてそこを改善する作業です。なので、プログラミングのスキルを磨くことは難しいでしょう。

バグを発見して改善するスキルや実際に開発するプログラミングがどのようなものか理解することはできます。

バイトがスキルを学べる範囲は?

最近ではバイトでプログラマーを採用するところが増えています。未経験の人が学べる範囲は

  • コーディング技術(HTML/CSSなど)
  • アプリの動作確認(バグなどを見つける)

などです。経験がある人などはシステム構築などの専門性の高い業務を任される場合もあります。

未経験でいきなり転職するのは厳しい現実もある

先程、未経験からプログラマーを目指すことは可能というお話をしました。実際に未経験からプログラマーになった人は多くいます。ですので、目指すことは可能なんですが厳しい現実もあることも覚えておきましょう。

その理由としては、プログラミング未経験の人や実務経験0の人は転職できる可能性が0ではないですが、経験者に比べて低くなってしまいます。実務経験がなくても最悪、プログラミングスキルがあれば転職できる可能性は大いにあります。

そこで大事になってくるのが、プログラミングスキルをどのように学ぶかです。独学でもいいんですが、


298名を対象とするアンケート

このように、アンケートを取った結果、挫折する人が多くいることが分かりました。

最近では、無料で学べるプログラミングスクールも多くあります。まずは、無料プログラミングスクールを活用してプログラミングを効率よく学んでみましょう。

無料で学べるプログラミングスクールおすすめ14選!有料との違いも解説
更新日 : 2019年11月11日

弊社、侍エンジニア塾でも「転職コース」をご用意しています。

0円から学べて転職のサポートまでしています。気になる方は以下のボタンより詳細をご確認ください。

転職コースの詳細はこちら

未経験プログラマーのQ&A

プログラマーになるためには大学や専門学校にいくべき?

画像:shutterstock

プログラマーになるためには大学や専門学校にいくべきか?

という質問が多く寄せられます。学歴が高卒止まりになるのであれば、大学に進学することをオススメします。日本は学歴社会であり、高卒で社会人になった場合と、大卒で社会人になった場合では、生涯年収に大きく差が出ます。

また、途中でプログラマーは自分に向いてないとなった場合、高卒と大卒では転職のハードルが違います。将来の選択肢も限られてしまい、なかなか潰しがききません。

しかし、本当にプログラマー以外考えられない、プログラマーで食べて行くと覚悟を決めたなら、大学にいく必要はありません。

実践を教えてくれる専門学校に行くか独学またはプログラミングスクールに行き、ひたすらプログラミングスキルを勉強しプログラムを作ることがプログラマーへの最短の近道です。その理由は、学校に行ってもプログラミングスキルは身につかないからです。

英語も学校で勉強しますが、学校で習った内容だけでは喋れもしませんよね?それと同じです。プログラマーは成果物でしか評価されません。ひたすらプログラムを作ってスキルを身につけてください。プログラミングも同じです。

働きながらフリーランスを目指すのは遠回り?

やはり未経験の人がいきなり企業に入ると、最初の頃は簡単な業務ばかりでなかなか開発に関わることができません。自分の企画で開発できるようになるのに5年以上かかったなんてよく聞く話です。

しかも、企業だと任される業務がほぼ一緒なのでスキルがかたよる可能性があります。その企業や自分のスキルによっては任せられる仕事の質にも違いがあるのですが、そのためにはどんな企業に転職すべきか、またどのようなスキルを身につけるべきかを知る必要があります。

以下の記事で、フリーランスエンジニアに関して詳しく説明しているので、参考にしてください。

未経験からフリーランスエンジニアとして仕事獲得するまでの全手順
更新日 : 2019年11月21日

最後に

いかがでしたか?未経験からプログラマーになるためのステップをご紹介しました。まずプログラマーになれる理由を知り、少しの自信と知識をつけて、ライトに就職・転職活動をするということでした。このステップを踏んでいけば、未経験でもプログラマーになることは十分可能です。

なのでこれからプログラマーを目指す方は、ぜひこの内容を活かしていただいて、華麗にプログラマーデビューを飾って欲しいと思います。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

兵政和

兵政和

フリーランスコンサルタント。侍メディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。好きなショートカットキーは、command + w。愛機はMac Book Air。漢字は違うけど、名前がキングダムしがち。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説