ネットワークエンジニア志望者必見!失敗しないインターン先の選び方

ネットワークエンジニアのインターンって、参加するとどんなメリットがあるの?

就活に生かしたいからキャリアアップできるインターン先を選びたい。

この記事を訪れたあなたは、エンジニアインターンに関する疑問や悩みをお持ちなのでしょう。

ネットワークエンジニアの実践経験が積めるインターンは、IT企業への就活を有利に進められる手段して注目されています。しかし、IT技術者として確実にキャリアアップをするには、インターン先と研修業務を的確に選択しなくてはなりません。

そこで、ネットワークエンジニアを目指すあなたのために、エンジニアインターンを成功させるための秘策をご紹介します。

エンジニアインターンの参加メリット企業の選び方、インターン支援サイトについて順番に解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもネットワークエンジニアとは

画像:Shutterstock

ネットワークエンジニアとは、企業等のネットワークシステムの設計や構築、セキュリティ管理など、ネットワークインフラを担当するエンジニアのことです。

IT技術の進化により、従来主流だったオンプレミスに代わってクラウドサーバーが普及したため、ネットワークエンジニアの需要は減少すると考えられてきました。しかし、オンプレミスを応用した新技術の取得と、時代のニーズに沿ったサービス提供に努めることで、今後も将来性ある職業として期待され始めています。

インターンを活用するメリット

画像:Shutterstock

はじめに、インターン活用のメリットについてご紹介します。エンジニアインターンの参加メリットは以下の3つが挙げられます。

お金をもらいながら技術力が身につく

インターンの一番のメリットは、お金を稼ぎながらIT企業でネットワークエンジニアの実践経験を積めることです。独学でも、技術的なスキルや知識はある程度習得できますが、社会的な実務経験までは積むことができません。

エンジニアインターンに参加すると、現役のネットワークエンジニアから、開発や構築、運用技術について細かい指導を受けられます。また、独学では想像もつかなかった開発技術を知ることもできるので、自身の伸び代を大幅に拡大できるでしょう。

自分に必要なスキルがわかる

独学だと自身の実力を客観視できないため、自分にどんなスキルが不足しているのか気付くことができません。しかしインターンに参加すると、他の参加者との比較や社員エンジニアからの指摘により、自分に欠けている能力を見つけ出すことができます。

また、インターン先で勉強と実践を繰り返しながら着実にステップアップしていくと、仕事に対する情熱やモチベーションが上がります。

チーム開発を経験できる

エンジニアインターンに参加すると、技術的な能力ばかりが飛躍するわけではありません。他のエンジニアと協力しながら開発に携わることにより、ヒューマンスキルも身につけることができるのです。

ヒューマンスキルとは、コミュニケーションスキルなど、社会適応に必要な適正能力のことです。ネットワークエンジニアの場合、物事を体系立てて考える「論理的思考能力」や、現状わかりやすく伝える「説明能力」も必要になってくるので覚えておきましょう。

ネットワークエンジニアのインターン先の選び方

画像:Shutterstock

次に、ネットワークエンジニアのインターン先の選び方について解説します。冒頭にも述べたように、効率的なスキル習得を目指すには、インターン先は慎重に選ばなくてはなりません。

ずさんな選び方をしたり、間違った選び方をすると「学びたいことを学べなかった……」と後悔することになりますから、くれぐれも慎重に判断していきましょう。

行きたい企業もしくはそのライバル企業を選ぶ

インターン先は、あなたが興味のある企業、もしくはそのライバル企業を選ぶようにしましょう。ライバル企業も推奨する理由は、同業のため経営方針や業務内容が似ていることが多いためです。

インターンは本来、企業研究と就活を有利に進めるためにあります。インターンに参加する際、あなたが関心を示さない企業を選んでしまうと、インターンの本質から大きくズレてしまうのです。

また、インターン先の企業はインターン生を受け入れるために、時間や人件費など膨大なリソースを負担しています。軽はずみな気持ちでインターンに参加すると、先方が損失を被ることにもなるので、絶対避けるようにしてください。

インターン独自の内容を実施しているかチェック

あなたが選んだインターン先で、その企業独自の開発業務をやらせてもらえるのか、参加前に事前確認をしておきましょう。

エンジニアインターンに参加する目的は、その企業でしか体験できない開発業務を経験することも含まれます。そのため、どこでも実施しているような一般的な仕事しかやらせてもらえない企業に通っても意味がありません。

インターンを行うIT企業は、その企業独自の強みがあり、それをベースにしたエンジニア教育をアピールしているはずです。例えば「熟練した社員エンジニアが、当社オリジナルのシステム開発を指導します」といった感じです。

インターン先での実践経験が将来生かされるよう、先方の教育指導とあなたが体験したい研修内容がしっかりマッチしているか確認しておきましょう。

本当に学びたい事を学べるかチェック

インターン先での研修で、あなたが希望するネットワークエンジニアの技術を学べるか、事前確認しておいてください。

エンジニアには様々な種類があり、ジャンルによって実践する業務内容や習得スキルが変わってきます。例えば、ネットワークエンジニアを目指しているのに、システムエンジニア向けの開発業務やインターン先を選んでしまうと、希望とは全く違う技術を学んでしまいます。

このように、本来の目的に到達できない選択をしてしまうと、後に大きな失敗経験になりかねません。くれぐれも、インターン先や業務選びは慎重に進めるよにしてください。

就職に有利になるかどうか?だけで判断しない

就職に有利かどうかだけでインターン先を選んでしまうと、研修途中でモチベーションが低下して挫折してしまいます。目先の利益だけに注目すると最終的なゴールを見失い、自分は何のためにインターンに参加したのかわからなくなってしまうのです。

大切なのは、目の前にある就活に有利な条件ではなく、仕事に対する情熱と目的を果たすための正しい判断です。ここで言う正しい判断とは、あなたが確実にキャリアアップできるインターン先と業務選びに他なりません。

あなたの目標が何なのかを常に意識し、夢に向かって着実に前進できる企業選びを忘れないようにしましょう。

期間をチェックする

インターンを行う企業が提示している募集案件には、インターン期間が掲載されています。インターン期間は大きく分けて短期長期の2つがあり、期間の長さによって得られるメリットが変わってきます。

インターン期間の特徴を理解し、最終的にあなたが短期と長期のどちらを希望するのかよく検討しましょう。

短期は集中してスキルを習得したい人向け

短期インターンの期間は1日〜2週間程度で、最短で技術的なスキルを習得したい場合におすすめです。エンジニアインターンの場合は、現場の社員エンジニアがマンツーマン指導をしてくれることも少なくありません。

また、短期間で複数の企業の職務体験ができるのも、短期インターンの魅力です。ネットワークエンジニアの様々な開発業務を経験してみたいなら、短期インターンの募集案件を探してみてください。

長期はじっくり実務経験を積みたい人向け

長期インターンの期間は最短で3ヶ月、平均的には6ヶ月と言われています。案件によっては1年以上設けているケースもあり、長い時間をかけてじっくり実務経験を積みたい場合におすすめです。

エンジニアの仕事は奥が深く、選ぶ分野によってはスキル習得に時間がかかることもあるでしょう。また長期インターンを経験すると、実務経験が長くなるため就活に有利になります。

ただし学生の場合は、学業と仕事の両立が難しくなるので、スケジュール調整が可能かじっくり検討していきましょう。

ネットワークエンジニアのインターンを探せる媒体

最後に、ネットワークエンジニアのインターンを探せる、便利な媒体についてご紹介します。

Wantedly

Wantedlyは、Facebookのつながり機能を活用したソーシャルリクルーティングサービスでです。主に転職やインターンに関するサービス提供を行なっています。

同サイトを利用する企業やユーザ数は年々増加しています。2019年3月時点で企業数が15,000社、ユーザー登録数が459,500人を超え、今では国内を代表する大規模媒体に成長しました。

ゼロワンインターン

ゼロワンインターンは、長期インターンに特化したインターンシップ支援サイトです。知名度の高い有名企業からベンチャー企業まで、国内企業が募集するインターン案件が多数掲載されています。

また、同サイトで応募したインターン企業に研修生として3ヶ月以上参加すると、先方の経営者から推薦状を書いてもらえます。推薦状があると就活が有利になり、様々な企業からスカウトを受けることができるので、ぜひ活用してみてください。

エンジニアインターン

エンジニアインターンは、Think twiceが運営するエンジニア向けインターンシップサイトです。同サイトの最大の強みは、エンジニア未経験者や既卒者を支援する強力なサポート体制が整っていることです。

なかでも「ITエンジニア・オンラインインターンシップ」は、他のサイトでは見られない画期的なサービスです。この学習システムは、学生なら誰でも無料で参加することができ、エンジニア経験を持たない初学者でも挫折することなく技術的なスキルを体得できます。

また、同サイトでは既卒者向けのインターン案件も多数用意されているので、たとえ就職浪人になってしまっても夢を諦める必要がありません。ネットワークエンジニアを目指したいけど、実力や過去の経歴に不安がある場合は、エンジニアインターンを有効活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

画像:Shutterstock

エンジニアインターンを成功させるための秘策を紹介しました。

将来、プロのネットワークエンジニアを目指すのであれば、インターンシップに参加し、本場のIT企業で実践経験を積むのが最も効果的です。ただし、インターンに参加する場合は、自分の目的を明確にし、着実にキャリアップするための正しい選択をしなくてはなりません。

ここで言う正しい判断とは、あなたが希望する分野のスキル習得ができる業務内容と、その業務を実施しているインターン先を選ぶことです。就職に有利になるからと、目先の利益だけでインターン先を選んだり、希望する技術習得ができない開発業務を選んではいけません。

インターンに参加するには、事前に入念な情報収集から始めていく必要があります。ネットワークエンジニアの夢を叶えられるよう、今から少しずつ行動を起こしていきましょう。

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close