Slackの文章が劇的に綺麗になる! markdown記法を利用しよう

みなさんこんにちは!フリーランスプログラマーのsatoです。みなさん、Slackを使いこなせていますか?

いろんな機能があって、全部使いこなせている人は少ないのではないでしょうか。自分も正直まだまだです…。ならば、だからこそいろいろと学ばなければなりませんね!

今回は文章の見栄えをよくするために markdown(マークダウン)記法について見ていきましょう。

※といっても正確にはmarkdown記法とは別物で、markdown記法っぽいSlackの独自の記法となります。

この記法を覚えると、例えば画像のように装飾をつけた文章が書けるようになりますよ!

見栄えの良いメッセージで、わかりやすく記憶に残るメッセージを書けることを目指しましょう。それではよろしくお願いいたします。

markdown(マークダウン)記法とは

markdown記法は一言で行ってしまえば文章を装飾するための記法です。

どう書けば、どうなるのか

それさえ覚えておけば、他人よりわかりやすく・目立つ文章を書けるでしょう!わかりやすく「ほうれんそう」を行うことは、ビジネスにおいて重要なことですね。

Slackでは、markdown記法そのままを使用できるわけではありませんが、それに似た記法で文字の装飾が可能です。

文字を装飾しよう

まずはシンプルに文字自体を装飾する方法を見て見ましょう。

斜め表示

アンダーバーで囲むと、斜め二表示することができます。ちょっとおしゃれですね。

入力:

表示される内容:

太文字表示

アスタリスクで囲えば太文字になります。強調表示に使いましょう。

入力:

表示される内容:

取り消し線

波線で囲えば取り消し線です。

入力:

表示される内容:

引用表現を装飾しよう

次に引用時によく使う形式です。

引用表現

よくある、冒頭に縦線が入る引用表現です。

入力:

表示される内容:

引用表現

>>>とすることで、その記号以降の全てを、引用表現にすることができます。

入力:

表示される内容:

枠付き表示

枠付きで文字を表示する方法を見てみましょう。こちらも引用表現で使われたり、箇条書きをまとめて表現する時によく使います。

引用表現(枠付き)

バッククォートで囲うと、赤文字で強調した上で枠で囲うことができます。ちなみにバッククォートの出し方は「SHIFT + @」ですよ。

入力:

表示される内容:

引用表現(枠付き)

バッククォートを3つつなげると、囲っている部分を枠で囲えます。引用でも使えますが、箇条書きなどをまとめる際にも役立つでしょう。

入力:

表示される内容:

効率よく学びたいなら…

将来はエンジニアとして働きたい
フリーランスとして自由な働き方がしたい
どんな言語が向いているか詳しく知りたい

といった悩みや願望を持っている方は、弊社「侍エンジニア塾」をご利用下さい。

侍エンジニア塾では、

  • 現役エンジニアによるマンツーマンレッスン
  • キャリアアドバイザーによる転職・就職支援
  • 業界屈指のフリーランス・起業サポート

を受けることができます。

業界屈指のコンサルタントから、効率的な学習方法や仕事獲得術、今後のキャリアまでさまざまな疑問を相談してみませんか?遠方の方でもオンラインで受講できます!お気軽に受講下さい。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンを受ける

まとめ

今回はシンプルに、文字の装飾方法を見てきました。特に引用表現は使い方次第で劇的に文章が見やすくなるでしょう。

非常に簡単ですし、ぜひ仕事で活用してみましょう。知らない人から見たら、きっと驚かれますよ!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

sato

sato

学生時代を含めると、かれこれ10年以上プログラマーとして過ごしています。
様々な言語や環境、プロジェクトに関わってきましたので、より実践的な記事をみなさんにお届きるよう情報発信していきます!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説