VBAの「変数が定義されていません」エラー対処方法とは?


「変数が定義されていません」のエラーを解決できない・・・
「変数が定義されていません」のエラー原因を知りたいな・・・
できれば、根本的な解決方法も知りたい・・・

VBAを始めて変数を使い始めたころに遭遇するエラーが、「変数が定義されていません」です。初めてみたときは、原因がよくわからない方も多いですよね。ただ、変数は使う頻度が多いため、具体的な原因や対策を打っておかないとコードを書くよりもエラーに遭遇する回数が多くなってしまい、萎えてしまう人もいると思います。

こんにちは!フリーランスエンジニア兼テックライターの脇坂です。

この記事では、VBAで「変数が定義されていません」のエラーで悩む人向けに、具体的な原因・解決策を解説します。

この記事はこんな人のために書きました。

  • VBAで変数を使い始めて間もない人
  • 「変数が定義されていません」のエラーで悩んでいる人

「変数が定義されていません」エラーが起こる理由

最初に、「変数が定義されていません」エラーが起こる理由について解説します。

「変数が定義されていません」エラーは、変数宣言を強制化しているときに、変数宣言をせずに実行した場合におこるエラーです。

ツール → オプションを選択すると、次のようにオプション画面が出てきます。オプション画面で「変数の宣言を強制する」にチェックを入れると、コードの一番上に「Option Explicit」が表示されます。これが、変数宣言を強制化するときのコードです。

オプション画面:

オプション画面

たとえば、次のような処理ではエラーが起こってしまいます。

エラーが起こってしまうときのサンプル:

Option Explicit

Sub Test()
    
    num1 = 123
    
End Sub

実行結果:

実行結果

num1は変数宣言をしていないため、Option Explicitで変数宣言を強制化している場合に、エラーが起こってしまうのです。

変数宣言の強制化を解除すれば解決するか?

ここまで聞くと、オプションの「変数の宣言を強制する」のチェックを外そうと思う方もいるかもしれませんね。

ただ、変数宣言の強制化を解除してしまうと、エラーに気づくタイミングをなくしてしまいます。たとえば、次のようなコードです。

サンプルコード:

Sub Test()
    num_1 = 5000
    num_2 = 10
    
    num_Total = num_1 * num_3
    MsgBox num_Total
    
End Sub

実行結果:

実行結果

「num_1 × num_2」の結果をnum_Totalにセットしてメッセージ表示する処理を、誤って「num_1 × num_3」で計算してしまったため、結果が0になっています。このように、変数名の入力ミスでエラーに気づくタイミングを失ってしまうのです。

変数宣言を強制化した場合は、次のようにエラーが表示されます。


変数宣言を強制化したときの実行結果

num_2をnum_3に間違えてしまったことが、一目瞭然ですよね。このように、ミスを防ぐために必要なのです。

そのため、慣れるまでは少し大変かもしれませんが、変数宣言をしていない変数がないか確認していくことが重要です。

VBAの変数の書き方とは?

「変数が定義されていません」のエラーが良く出てしまう人は、変数の書き方を再確認しておくことがおすすめです!

変数宣言方法:

Dim 変数名 as 変数の型

詳細は以下で詳しく解説しているので、ぜひ見てみてくださいね!

【VBA入門】変数をDimで宣言し、 Asでデータ型を定義する方法
更新日 : 2019年10月1日

まとめ

今回は、VBAで「変数が定義されていません」のエラーが出る原因・解決策について解説しました。

解説したようにエラーが出ることによってミスを防げるとしても、同じエラーを何度も出したくはないですよね。必ず変数宣言する癖をつけることで、このエラーは解決できます。

最後に紹介した変数の使い方を見つつ、ぜひ変数の使い方を覚えてくださいね!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。
Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義、設計、インフラ、製造、テスト、運用保守など、様々な経験あり。
また、侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
現在はフリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。