PHP入門!初心者に知ってもらいたいPHPの基本のキ

PHPってどうやって始めればいいのかな。
PHPを使ってどんなことができるのか知りたいな。

こんにちは。HTMLやPHPの開発歴8年の著者が、初心者に知ってもらいたいPHPの基本をご紹介します。

PHPとは、Webアプリケーションなどを開発するためのプログラム言語なんですが、そう言われても、いまいちピンと来ませんよね。ですので、今回はPHPの基本的な部分を易しく解説して、PHP入門の役に立てていただきたいと思います。

特にこの記事では、実際にPHPではどんなことができるのか、難しい話はせずにそのイメージが掴めるような解説を心掛けたいと思います。

PHP入門で初心者が知っておくべきこと

まずはPHPとは何か、ということを簡単に説明したいと思います。PHPをごく簡単に言うと、Webサーバー上のデータの管理からブラウザでの画面表示まで、様々なことができるプログラム言語です。

それでもなかなかイメージできないでしょう。次で詳しく説明します。

PHPの概要

PHPの概要については以下の図を参考にしてください。PHPでは、データベースへのアクセスやブラウザでの画面表示などの操作をすることができます。


PHPのイメージ図

PHPを使うと、例えばデータベースに登録している商品リストをブラウザに一覧表示して、ショッピングサイトなんかを作ることも可能ということですね。その他、PHPの概要については以下の記事も参考にしてみてください。

PHPの環境構築

PHPを使ったWebアプリケーションはどんな環境で動作するのでしょうか。実は以下の3つをインストールすることで、PHPの実行環境を構築できます。

 項目説明
1ApacheWebサーバーソフトウェア。これがインストールされたサーバーをWebサーバーと呼びます。
2PHPWebサーバー上で実行されるプログラム言語です。
3MySQLWebサーバで使用される一般的なデータベースです。

具体的な実行環境の構築については、以下の記事を参考にしてください。XAMPPというものをインストールすることで、簡単に構築できます。

PHPでプログラムを書いてみよう!

さて、実行環境ができたということで、さっそくPHPを使って何かプログラムを書いてみましょう!ここではあまり難しい話はせず、PHPを使ったプログラミングのイメージができるようになることを目標にしたいと思います。

PHPファイルを作成する

まず、PHPファイルを作成してみましょう。作成場所は、Webサーバーのルートディレクトリです。

ルートディレクトリはどこか分かりますか?XAMPPを使ってWebサーバー環境を構築していれば、xamppフォルダがどこかに作られているはずです。

その中にあるhtdocsフォルダが基本的にはルートディレクトリになっているはずですので、今回はここにindex.phpというファイルを作成してみましょう。


xampp/htdocsフォルダにindex.phpを作成

PHPファイルの作成は基本的にこれだけです。テキストファイルなどと同じように作成できます。

PHPを使ってHello Worldを表示する

では、次にPHPファイルの中身を作っていきましょう。まず最初は、ブラウザでHello Worldという文字を表示するプログラムを作ります。

PHPでは、次のように記述することで実現できます。


PHPでHello Worldを表示

これだけです。見ていただけると、ほとんどHTMLファイルと変わらない書き方になっているのが分かると思います。

そして、bodyタグの中に<?php ?>というもので囲まれた部分があると思います。ここが、PHPのプログラムが書かれた部分で、echoという命令を使ってHTML文を書き出しています。

このようにPHPでは、通常のHTMLの中にPHPのプログラムが挿入される形で記述できます。HTML中の一部分だけをPHPに置き換えられるので、コードの整理がしやすく、可読性も高くなります。

PHPを使って商品リストを作ってみる

次は、PHPを使って商品リストを作ってみましょう。いきなり難しそうですが、PHPを使うと簡単に実装できるのです!

このようなPHPを書くことで、商品リストの表示ができます。


PHPで商品リストを表示

これだけです。細かい説明は省きますが、始めに$itemsという商品一覧の配列を作っておいて、それをforeachという命令で一つずつ処理し、商品名を<tr>と<td>で囲んだHTML文を書き出しています。

同じようなことを単なるHTMLファイルで作成すると、何回も繰り返し<tr><td>[商品名]</td></tr>と書かないといけませんが、PHPを使うと一回だけで済みます。さらに商品数が増え、100や1000になるとPHPじゃないとものすごく大変になるのが分かると思います。

また、今回は$itemsという配列を使って全ての商品名を直接書きましたが、通常はデータベースに登録した商品から一覧を作ります。今回はデータベースへのアクセス方法の説明は省きますが、データベースが使えるようになると、工夫次第で商品登録ページや買い物かごページなど様々なものが作成可能になります!

今後の学習について

さて、PHPの基本的な動作についてはこれまで説明した通りです。PHPを使ったプログラミングについて、少しでもイメージができたでしょうか?

後は、PHPの学習を進めるだけなんですが、どのように勉強していけばよいのでしょうか。

おすすめ学習本

おすすめの方法の一つは、学習本を使って勉強することです。ネットの情報でも勉強はできますが、ある程度プログラミングができる人向けの記事も多く、初心者向けの記事を探すのは難しいし、基礎から順を追って学ぶことも難しくなります。

学習本だと、カリキュラムがちゃんとしていますし、製本されているだけあって内容も正確です。次の記事でおすすめの学習本を紹介していますので、是非参考にしてみてください。

【保存版】PHP学習おすすめ本12冊をレベル分け!入門、中級、上級編
更新日 : 2019年7月9日

まとめ

今回はPHPの中でも基本中の基本に関する内容を説明しました。実行環境はXAMPPを使って構築し、PHPプログラムの書き方は通常のHTMLの中に部分的にプログラムを挿入する形でしたね。

HTMLでWebページが作れる方なら、PHPもすんなりと使いこなせるようになると思います。HTMLでは実現できないことがPHPを使うと次々と実現できるので、きっとたくさんのアイデアが浮かんでくるでしょう。

是非、これからのPHPプログラミングを楽しんでください!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

Tatsuya

Tatsuya

プログラム歴10年のシステムエンジニアです。
経験のある言語はHTML,JavaScript,PHP,VB,VBAなど。
WEB系の開発が得意です。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説