スライドショー

これならわかる!EclipseでGitを使う方法を解説!

ソースのバージョン管理に便利なGitですが、統合開発環境のEclipseと連携することで、更に便利な使い方ができます。

GitをEclipse上で操作したい
EclipseでGitを操作する方法がそもそもわからない

といった方に向けて、この記事ではEclipseにGitのプラグインを導入する方法から、EclipseでGitを操作する方法まで、以下の内容で解説していきます!

  • そもそもEclipseとは
  • プラグインの導入方法
  • ローカルリポジトリの追加
  • リモートリポジトリの追加
  • リポジトリの作成

EclipseでGitを使用する基礎の基礎をわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。それではいってみましょう!

そもそもEclipseとは

Eclipse(エクリプス)とは開発を効率化するための統合開発環境で、主にJavaの開発でよく使われています。

Eclipseはさまざまなプラグインが用意されていて、GItと連携するプラグインを導入することにより、Eclipse上でGitの操作が可能になります。そもそもEclipseについてよくわからない方は以下の記事を参考にしてください。

この記事ではそんなEclipseとGitを連携して、EclipseでGitを操作する方法について解説していきます。解説で使用する環境は以下となります。

  • MacOS
  • エクリプス:Version: Neon.2 Release (4.6.2)

導入方法

EclipseでGitを使うにはプラグイン「EGit」を導入する必要があります。

導入するには、Eclipseから「ヘルプ」→「Install New Software…」を選択します。

「使用可能なソフトウェア」の画面が開くので「追加」ボタンをクリックします。

「リポジトリーの追加」ダイアログが開くので「名前」「ロケーション」の項目にそれぞれ入力します。

Name:Egit(任意の名称でOK)
ローケーション:http://download.eclipse.org/egit/updates

入力したら「OK」ボタンをクリックします。すると、インストール可能なプラグインが表示されますので、全て選択して「次へ」ボタンをクリックします。

インストール後Eclipseを再起動して完了です。

EclipseでGitを使用する方法

EgitをインストールしたらさっそくEclipse上でGitの操作を実施してみましょう。

Eclipseの「ウィンドウ」→「ビューの表示」→「その他」からGitが使えることを確認します。

ローカルリポジトリの追加

それではEclipse上でローカルリポジトリを追加してみましょう。

「ビューの表示」から「Git リポジトリー」を選択して「OK」ボタンをクリックします。「Gitリポジトリー」が表示されます。

「既存のローカルGitリポジトリーを追加」をクリックします。「ディレクトリー:」にローカルリポジトリのディレクトリが表示されて、検索結果に既存のローカルリポジトリが表示されます。

または、「ディレクトリ:」のテキストボックスにパスを入力するか、「参照」ボタンから参照先を設定します。

一覧から追加するリポジトリーにチェックを入れて「完了」ボタンをクリックします。

このようにローカルリポジトリが追加されました!

リモートリポジトリの追加

続いてリモートリポジトリをEclipseに追加してみましょう。ここではGitHub上の「sample」リポジトリーを追加してみます。

「Gitリポジトリーの複製画面」より「URL」を入力します。

URLにはGitHub上のリポジトリのパスを入力します。

https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名

URLを入力すると、「ホスト」「リポジトリー・パス」「プロトコル」が自動で表示されますので、問題なければそのままとします。

次にGitHubの「ユーザー」「パスワード」を入力します。「次へ」ボタンをクリックします。「ブランチ選択」より追加するブランチを追加して「次へ」ボタンをクリックします。

「ディレクトリー」「初期ブランチ」「リモート名」を入力して「完了」ボタンをクリックします。

これでリモートリポジトリを複製できました!

リポジトリの作成

Eclipse上でリポジトリを作成することもできます。リポジトリを作成するには「Gitリポジトリーの作成」画面より「リポジトリー・ディレクトリー」に作成したいリポジトリのパスを入力します。

ここでは「git_test」を作成しています。続いて「完了」ボタンをクリックします。

リポジトリが作成されました!

ターミナルで作成したパスを確認すると「git_test」が作成されていることがわかります!

$ ls /Users/taka/Git
git_test

そもそもGitについてよくわからない方へ

そもそもGitについてよくわからない人は、以下の記事で基本を解説していますので、参考にしてください!


【GitHub入門】超初心者から使い方をマスターしよう!
更新日 : 2018年12月25日

【5分でわかる】GitHubとは?概要やメリットを簡単解説!
更新日 : 2019年8月9日

まとめ

ここではEclipseにGitを導入する方法から、実際の操作方法まで解説しました。

  • そもそもEclipseとは
  • プラグインの導入方法
  • ローカルリポジトリの追加
  • リモートリポジトリの追加
  • リポジトリの作成
  • 普段使うEclipseにGitを導入すれば、更に開発を効率化することができますので、ぜひ導入してみましょう。

    LINEで送る
    Pocket

    無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



    侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

    • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
    • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
    • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
    という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

    弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

    既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

    まずは無料体験レッスンを予約する

    書いた人

    侍テック編集部

    侍テック編集部

    おすすめコンテンツ

    あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

    プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説