【Swift入門】String(文字列型)の使い方をマスターしよう!

こんにちは!フリーエンジニアのヤマシタです。

Swiftに限らず、プログラミングにおいてString(文字列型)はよく使用します。

この記事では、

・SwiftのString型について
・String型の定義方法

というString型の基本的な解説から、

・空文字の定義方法
・文字列の長さを調べる方法
・文字列を連結する方法
・文字列を比較する方法
・StringからIntへ変換する方法
・IntからStringへの変換する方法

などの応用的な使い方に関しても解説していきます。

今回はそんなString型の使い方についてわかりやすく解説します!

※この記事ではSwift3.1を使用しています。

SwiftのString型

Swiftの文字列は、Stringで定義することができます。

また、変数の宣言時に”ABCDE”のように“(ダブルクォーテーション)で文字列を囲むと、暗黙的にその変数はString型となります。

String型の定義:

特殊文字:
文字列には、以下のような特殊文字を含めることができます。

\”:ダブルクォート
\’:シングルクォート
\r:改行
\n:ラインフィード
\0:null文字
\\:バックスラッシュ

String型の使い方

空文字の定義

String型は値が空の変数(空文字)を指定することもできます。

空文字は以下のように指定します。

サンプルプログラム

実行結果:

変数を宣言のみしておいて、後で値を代入したいときに空文字を指定します。

変数が空かどうか調べるには、isEmptyを使用すると便利です。

特殊文字の使い方

以下に特殊文字の使用例を紹介します。

ラインフィード:

実行結果:

数値の結合

実行結果:

文字列の長さを調べる

文字列の長さを調べるには、characterscountプロパティを使用します。

文字列の長さを取得するcountElements関数はSwift3では廃止されました。

サンプルプログラム:

実行結果:

文字列を連結する

文字列を連結するには+演算子、または+=演算子を使用します。

以下に文字列を連結する方法を紹介します。

サンプルプログラム1

実行結果:

文字列を比較する

if文を使って文字列同士を比較することもできます。

比較には「==」「!=」「<」「<=」などの比較演算子を使用します。

サンプルプログラム

実行結果:

String⇔Intの相互変換

StringからIntへ変換

String型の文字列をInt型に変換することができます。

Int型への変換は、Swift2まではtoIntが使用されていました。

しかし、Swift3ではtoIntは廃止されました。

そのため、Swift3からはInt型への変換はInt()イニシャライザを使用します。

また、値を取得するにはInt()で変数や定数を指定したあとに「!」を指定する必要があります。

以下にSwift3.x版でのString型をInt型に変換するサンプルを紹介します。

サンプルプログラム(String → Int変換)

実行結果:

IntからStringへの変換

Int型をString型へ変換するには、Int型の定数、変数に対してStringでキャストすればString型へ変換することが可能です。

また、descriptionを指定することでもString型へ変換することができます。

以下にInt型をString型に変換するサンプルを紹介します。

サンプルプログラム(Int → String変換)

実行結果:

まとめ

ここではSwiftのString型について、

・String型の定義方法
・空文字の定義方法
・文字列の長さを調べる方法
・文字列を連結する方法
・文字列を比較する方法
・StringからIntへ変換する方法
・IntからStringへの変換する方法

などについて解説しました。

Swiftに限らずプログラミングにおいて、String型やInt型などはよく使用しますので、使い方はしっかりと覚えておきましょう!

もし、String型の使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ヤマシタ

エンジニア歴10年のフリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、200本以上の執筆経験があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説