スライドショー

【Unity入門】最新版ではJavaScript廃止?使うことはできないの?

みなさんUnityで開発を行う場合、どのプログラム言語を使っていますか?

また今からUnityを始める人は、何のプログラム言語を使う予定でしょうか?

この記事を閲覧している人は、おそらくJavaScriptをその候補に入れているのではないでしょうか?

しかし実は、一昔前まで3言語が候補としてよく上がりましたが…

今現在はC#一択となっています。

今回はその理由について、実際にUnityの最新版を見ながら学んでみましょう。

それではよろしくお願いします。

Unity最新版の現状

まずは見てみよう!

まずは見てもらうのが手っ取り早いでしょう。

以下はUnity5の頃の、スクリプト作成時の画像です。

unity-js-1

作成スクリプトの言語選択に、JavaScriptがあるのがわかると思います。

そして次はUnity2018の、スクリプト作成時の画像です。

unity-js-2

・・・言語の選択ボタンが消滅していますね…

そして実際に作ってみると…

unity-js-3

作られたのはC#のファイルでした。

なんで無いの?

スクリプト生成時の選択肢からJavaScriptが消えたのは、正確には「Unity 2017.2ベータ版」からです。

詳細は以下のUnityのブログに記述があります。(英語の記事です)

参照元:https://blogs.unity3d.com/jp/2017/08/11/unityscripts-long-ride-off-into-the-sunset/

要約すると…

UnityのC#の代わりに使用できるJavaScriptのようなスクリプト言語であるUnityScriptの廃止予定が始まりました。

との内容です。

一昔前には「C#,JavaScript,Boo」と3つの中からスクリプトを選べたUnityですが、BooもJavaScriptも廃止が決まり、今現在は事実上「C#一択」になっているということですね。

もう絶対に使えないの?

とはいえ、もうすでに使えないというわけではありません!

試しにjsを自作して、Unityに投げ込んでみましょう。

unity-js-4

そして中に以下のプログラムを書き込み…

#pragma strict
function Start () {
    Debug.Log("Hello"); // ログを書き出す
}

実行してみましょう。

unity-js-5
ちゃんとログが書き出されました!

どうやら動きはするようです。

現時点では、新規で作れはしないものの実行は可能なようですね!

なんの言語を選べばいいの?

実行出来るとはいえ、公式が廃止を発表していることに変わりはありません。

いつ完全に使えなくなってしまうかわからないわけなので、ここは無難にC#を利用するのが正解でしょう。

ただ「C#はJavaScriptに比べ難しそう…」なんてハードルを感じている人もいると思います。

しかしピンチはチャンスと言いますし、これを機会に新たな言語としてC#を学んでみるのも良いのでは無いでしょうか。

今までJavaScriptを使っていた人にとっても、次のステップアップに繋がるはずです。

プログラムは初だという人にとっても、現状C#が主流だということは、その分サンプルプログラムや参考記事も多いということですので、逆に着手しやすいと思います。

以下の記事では、初心者向けのC#書籍を紹介しています。

【完全保存版】C#入門書籍おすすめ6選
更新日 : 2019年5月9日

また以下の記事は、UnityでC#を使う場合の実例をいろいろまとめています。

【Unity入門】Unity上でC#を使おう!基礎部分を一覧まとめ
更新日 : 2020年4月29日

ぜひどちらも参考にし、C#へ挑戦をしてみましょう。

まとめ

今回はJavaScriptの、Unity上での現状について見てきました。

結論的には、廃止が決定されています。

これから着手する人はC#で開発を開始することをオススメします。

また、すでにJavaScriptで開発を行っている人も、早い段階で移行の検討を行っておきましょう。

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

sato

sato

学生時代を含めると、かれこれ10年以上プログラマーとして過ごしています。
様々な言語や環境、プロジェクトに関わってきましたので、より実践的な記事をみなさんにお届きるよう情報発信していきます!