スライドショースライドショースライドショー

【現役PGが解説】プログラマーとは?仕事内容・やりがい・資格など紹介

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部です。


プログラマーって、どんな仕事をしているの?
システムエンジニアとは何が違うの?
やりがいや厳しさ、なり方を教えて欲しい!

こういった疑問をお持ちの方も多いでしょう。「プログラマー」という職種自体はよく聞くけど、実際詳しい仕事内容や働き方はわからないという方も多いと思います。プログラマーに興味があっても、仕事内容が具体的に分らないと、他業種からプログラマーに転職する際も不安ですよね。

そこで今回はそもそもプログラマーとは?という疑問にズバッとお答えします!現役SEとPGにお聞きした視点からプログラマーとはどういった職業なのか超分かりやすく解説していきます!

この記事を読めば、プログラマーの具体的な仕事内容やSEとの違いが分かる事はもちろん、年収やキャリアパス、オススメの資格などなど、業界のリアルな情報が手に取るようにわかります!ぜひ参考にしてください。

プログラマーとは?

shutterstock_339674474

画像:Shutterstock

プログラマー( PG)とは、プログラム言語を用いてプログラムを組み、システムやソフトウェアをつくる仕事です。プログラマーが作成するシステムやソフトウェアは、物流システムや金融システムなど、企業が使用するものもありますが、それだけではありません。

個人が使用するWEBサイトやアプリケーションなどもプログラマーが作成することがあります。今やテレビやスマートフォン、電子レンジなど身のまわりのあらゆるところにコンピュータープログラムが活用されているので、プログラマーが活躍できる場所は以前よりも多くなりました。

プログラマーの種類と仕事内容

プログラマーの仕事内容

上の図は、プログラマー(PG)の大まかな仕事の流れを表したものです。企業によって若干の違いはあるものの、大まかな仕事の流れは上のようになります。

プログラマーは開発を始める前に、システムエンジニア(SE)が作成した設計書の内容や顧客についての詳細を打ち合わせを通して知ります。企業によっては、プロジェクトに関わる人全員がこの打ち合わせに参加する場合もありますが、プログラマーチームの責任者だけの場合もあります。

そして、プログラマーチームで、プロジェクトのそれぞれの担当を割り振ります。システム開発は、システム全体を小さな処理単位(モジュール)に分割し、複数人のプログラマーで開発を行います。

一般的にプログラマーは複数のプロジェクトを同時進行で受け持つため、スキルレベルや作業量によって割り振りがその都度変わります。そして最後に担当のシステムエンジニアに納品します。プログラマーから直接客先への納品は、あまりありません。

ただ、企業によってはプログラマーとシステムエンジニアとの境界が曖昧で、システムエンジニアの仕事もプログラマーがする場合もあります。

プログラマーの種類

また、ここまで大まかにプログラマーの仕事内容を紹介しましたが、実は一言にプログラマーといっても、細かくいうと様々な種類があり、それぞれで仕事内容は違ってきたりします。プログラマーにはどんな種類があるのか?も簡単に紹介しましょう。

  • Web系...主にインターネット上で提供されているサービスのプログラミングを行う
  • 汎用系...いろいろな目的の情報処理作業を行う
  • オープン系...複数のコンピュータで構築するシステムの開発を行う
  • アプリケーション(開発)...スマートフォンやタブレットで利用できるソフトウェアの開発を行う
  • ゲーム...ゲームを作成するためのプログラミングを行う
  • 組み込み、制御系...家電製品や電子機器を制御するためのプログラムを行う
  • 通信系...通信に関連した製品やプログラムを開発する

ざっと種類分けしてもこのように多岐に渡ります。それぞれのプログラマーの具体的な仕事内容を知りたい方は、こちらの【図解付き】プログラマーの職種と仕事内容を種類別でシンプルに解説をご覧下さい。

【図解】プログラマーの仕事内容を種類別にわかりやすく徹底解説
更新日 : 2019年6月10日

プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の違いは?

shutterstock_368242463

画像:Shutterstock

プログラマー(PG)と、システムエンジニア(SE)はよく混同されがちですが、別々の仕事になります。一番わかりやすい違いとしては、プロジェクトにおける「役割」です。

簡単に言うと、お客様の要件に合わせて(または自分で)「設計書を作るのがSE」で、「設計書をもとにプログラムを作るのがPG」といったような感じです。

イメージがわきやすいように、プログラマーとシステムエンジニアの違いを仕事の流れに沿って説明します。

システムエンジニアの仕事

①要求分析

お客様にどんなシステムが必要なのか?ということをヒアリングする事です。

②要件定義

お客様の要求を分析した後、システムやソフトウェアの開発において必要となる機能などを明確にしていく作業を「要件定義」と言います。

③基本設計

必要となる機能を明確にした後、開発するシステムを何で構成するか?などを決めることを「基本設計」と言います。

④詳細設計

実際に開発する上でプログラミングする為の細かな設計を行うことを「詳細設計」と言います。

⑦納品、アフターフォロー

実際にシステムを企業などに納品し、実際に稼働させた後、何か問題が生じた場合のフォローなどを行うのもSEの仕事となります。

もっと詳しくシステムエンジニアについて知りたい人はこちらの記事が参考になります。

プログラマーの仕事

⑤プログラミング言語を使った開発

受注するプロジェクトによって、使う言語などが大きく変わってきますが、基本的にはプログラム言語を用いてプログラムを組むのが主な仕事内容です。ただ、設計書を手渡されてもすべてが丁寧に記載されているわけではありません。

プログラマー自体がその設計書に記載されている内容をプログラムに上手く変換しなければならなく、ここがプログラマーの腕の見せ所になる部分でもあります。

⑥プログラムの動作確認

プログラムを作成した後、しっかりと動作するか?を確認し、それが仕様書どおりに動作しない場合は修正して行く必要があります。企業やプロジェクトによっては、テスト作業はSEが行う場合もあります。

主な仕事の内容、流れ、違いはこのようになっています。

プログラマーはこの中からさらに扱うプロジェクトの種類によって、「WEB系プログラマー」「ゲーム系プログラマー」などに分類されることもあります。

プログラマーって需要がない?

ai10

画像:Shutterstock

プログラマーの言語別年収比較

2108年言語別年収比較ランキング


引用元:求人検索エンジン「スタンバイ」調べ https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2018/0807.html

2017年言語別年収比較ランキング

screenshot

screenshot

引用元:スタンバイ(平均年収ランキング2017) https://jp.stanby.com/media/programming_ranking2017/

2016年言語別年収比較ランキング

screenshot

screenshot

引用元:スタンバイ(プログラマー年収ランキング2016) https://jp.stanby.com/media/programming_ranking/

2016年〜2018年のプログラマー平均年収比較

2016年から2018年にかけて、どの年の平均年収の額を見てもシンプルな感想が「高いな!」ですよね。2016年から比較すると全体的に平均年収が落ちている気がするかと思いますが、これは需要が低いことを表しているわけではありません。

むしろそれだけ2017年、2018年と次第にプログラマーの数が増えたことを意味しています。その分、分散しているという事ですね。また、企業からするとまだまだスキルの無い未経験エンジニアでも、積極的に採用をしているので、必然と全体の平均年収自体が下がっているんです。

つまり、需要が増えて、供給が追いつこうとしているといった感じでしょう。

プログラマーのフリーランス仕事案件数

エンジニアフリーランス案件の中でも初心者向けの案件まで幅広くカバーしている求人サイトがポテパンです。

フリーランスという働き方は、まだまだ日本には浸透しきれていない中、案件数としてはかなり十分なプログラマー向け案件を少し覗いてみましょう!ポテパンのおすすめワードとして上がっていた言語に注目して案件数をチェックすると、、

※ポテパンでは80%が非公開案件なので、今回は公開案件数だけを覗いていきます。

screenshot

引用元:ポテパンフリーランス https://freelance.potepan.com/

screenshot

引用元:ポテパンフリーランス https://freelance.potepan.com/

screenshot

引用元:ポテパンフリーランス https://freelance.potepan.com/

screenshot

引用元:ポテパンフリーランス https://freelance.potepan.com/

どうでしょうか?フリーランスの求人案件でまだまだこれからの市場なはずなのに、もうこんなにも!!しかも、これが全体の案件数の20%ということなので、案件数の多さに驚きを隠せません。これはびっくらこきました。

この中でもRubyPythonに関しては今から伸びていくだろうと言われている言語なので、まだ昔から広く使われているJavaやPHPと比べれば数は少なくなっちゃいますが、それでもこの案件量なので、これからの需要が高いことがうかがえますね!

知られざるプログラマーのウラ事情を大公開!

shutterstock_394113991

画像:Shutterstock

プログラマーの働き方は?

プログラマーとしての働き方は、大きく分けて3つあります。

  • 特定の企業に所属し、自社内でプログラミング業務に従事する
  • 客先企業での常駐
  • 派遣社員として働く


以上の3つです。任命されたプロジェクトごとの規模や性質によって、働き方がそれぞれ異なるので注意しておきましょう。

プログラマーの年収はどれくらい?

プログラマーの年収は、厚生労働省のデータによると、プログラマーの平均年収は350万円〜500万円となっていて、他の業種と比べても一般的、もしくは少し少ない程度となっております。種類別のプログラマーの年収は以下の通りです。

種類 仕事の内容 年収
Webプログラマー WebサイトやWebサービスなどのシステム開発
  • 20代:350万円
  • 30代:450万円
  • 40代:550万円
ゲーム系プログラマー SNSやスマホゲームなど、ゲーム制作に関わる
  • 20代:400万円
  • 30代:480万円
  • 40代:550万円
アプリケーションプログラマー iPhoneやAndroidのスマホアプリや、PCのブラウザ上で動作するWebアプリなどを開発
  • 20代:380万円
  • 30代:480万円
  • 40代:580万円
組み込み系プログラマー 家電や電子機器などを制御するプログラムの開発
  • 660万円
汎用系システムプログラマー 膨大なデータを適切かつ安全に処理するためのメインフレームと呼ばれる大型コンピューターのシステム開発
  • 20代:500万円
  • 30代:550万円
  • 40代:630万円
通信系プログラマー Wi-Fiルーターやモデム、テレビ会議などの通信に関連した製品のプログラムを開発
  • 20代:500万円
  • 30代:600万円
  • 40代:800万円
オープン系プログラマー データベース等の開発
  • 20代:480万円
  • 30代:520万円
  • 40代:680万円

より詳しいデータを知りたい人は以下の記事を読んでみてください。

年収1000万も狙える!プログラマーの平均年収+年収上げる3ヶ条【言語・雇用形態などの差も解説】
更新日 : 2019年11月26日

では、世間ではIT人材不足と言われているのに、なぜ年収は他業種と変わらないか、むしろ低いのでしょうか?

それは、IT人材不足が故に、企業からすると未経験からプログラマーになる人材でも確保せざるを得ないからです。例えまだまだ即戦力ではない人材だとしても、採用せざるを得ない状況になっているので、平均年収として低くなっていると考えられます。

また、プログラマーはエンジニアのキャリアとしては初めの一歩だからとも言えます。したがって最初年収が低くても、その後にしっかりSEやスペシャリスト、プロジェクトマネージャーなどにキャリアップしていけば、年収は一気に上昇していく事が予想されます。

プログラマーの厳しさ、やりがいは?

プログラマーの厳しさ

一般的に、以下がプログラマーの厳しさと言われています。

  • 納期に追われ、直前は大量勝負になることも
  • システムトラブルと向き合う必要あり
  • 常に最新情報をキャッチアップし続ける必要がある

プログラマーにとって、バグやシステムエラーが発生するのは付きものですが、必ず納期には間に合わせる必要があります。

順調に進んでいても、納期直前でエラーが発生する事はよくある事。なので、納期の直前は体力勝負になりやすい事がプログラマーの厳しさと言えるでしょう。

また、IT業界は進化が非常に早いので、常に最新情報をキャッチアップし続けなければ、ついていけなくなってしまう可能性もあります。

プログラマーのやりがい

もちろん、プログラマーにはたくさんのやりがいがあります。中でも抜粋すると以下の3つです。

  • 自分が作ったシステムが動く喜びを感じられる
  • 常に自己成長を続けられる
  • 自分のスキル次第でかなりの収入アップが見込める

プログラマーの醍醐味はやはり自分で書いたコードによって、実際にシステムが動いた時の喜びでしょう。モノづくりが好きな人にとっては、充実感を感じられるはず。

また常に変わりゆく業界だからこそ、自己成長を続けることもできますし、自分のスキル次第ではどんどん収入を上げていく事ができます。もちろんお金だけでなく、フリーランスとして自由に働くという選択肢もあるでしょう。

プログラマーは副業しやすいの?

結論から言うと「副業」しやすいと言えます!その理由はというと・・・

  • クラウドソーシングサイトなどで提示されている案件のレベルが分かりやすい
  • 初心者でもできる案件が多数ある
  • プログラミングの単価が他の案件に比べて高い
  • プログラミングを教えるといった案件も存在する


以上のことが言えます。副業をする上で考えたいのは、生活に影響するほどの副業なら継続が難しいという点です。自分から望んで首をしめてしまうのはしょうがないですが、生活状況に応じて案件レベルを変えやすいという点では副業としてかなり優秀だと言えるでしょう。

またプログラミングの案件と聞けば開発案件を真っ先に思い浮かべてしまうところですが、プログラミングを教えるという案件もあるので、柔軟性も高いため続けやすいです。

プログラマーには英語が必要なの?

プログラマーをやるなら英語も必要だよね。

あなたもこんなことを聞いたことがあるかもしれません。結論として、日本ではプログラマーが英語を使う場面は決して多いとは言えません。

プログラミング関連書籍やドキュメントに関しては日本語に翻訳されているものが多く、学習サイトのチュートリアルでさえ日本語で読めるものがほとんどです。

唯一僕が英語に苦しんだのが海外のQ&Aサイトを使用したときぐらいです。今ではQ&Aサイトも国内にいくつもあるため、特に海外のサイトを介して知識を得る必要がなくなってきています。

とはいえ、深い知識、上級の知識になってくればくるほど日本語に翻訳されている可能性が低くなってきます。

そのため、「英語ができること」が重要なのではなく、あくまでプログラミングスキルを向上させるためのツールとして使う考え方の方が正しいと考えています。さらに高みを目指す場合には英語の壁が必ず立ちはだかるため、そこをクリアしたいと考えるなら勉強の価値は高いと思いますよ!

プログラマーは英語力が必要だと勘違いされる理由や英語力があるとプログラマーにとってどんなメリットがあるかを知りたい方は、こちらの記事をご覧下さい。

英語力がないとプログラマーになれないは嘘!必要な場面は?
更新日 : 2018年11月29日

プログラマーにオススメの資格資格

プログラマーとして資格を取得する事は必須ではありませんが、企業によっては資格を有する事で収入がアップすることもありますし、転職活動の際に自分の技術を証明してくれる一つのメリットにもなります。

難易度は資格の種類によって様々ですが、プログラマーにおすすめの資格をいくつか紹介しておきましょう。

  • IPA情報処理技術者試験
  • ITパスポート
  • Java Silver SE 8
  • Ruby技術者認定試験

などなどがプログラマーにオススメの資格になります。もちろん、これ以外にもプログラマーが取得しておくと良い資格はたくさんあります。ただし、最初にも言った通り、プログラマーに資格は必須ではありません。

自分のスキルを高めたい人は、資格取得よりも実務経験による実績を多く積むといいでしょう。プログラマーの資格について、さらに詳しく知りた人は以下の記事をチェックしてみてください。

国家資格だけじゃない!持っていると有利になるプログラマー資格一覧
更新日 : 2019年7月2日

知られざるフリーランスプログラマーの実態!

画像:Shutterstock

フリーランスプログラマーの収入は不安定?

フリーランスと聞けば、収入面が安定しないイメージです。

「フリーになったからと言って稼げるとは思えない。」

そんな声が聞こえてきそうですね。それではこちらのIT人材白書を見ていきましょう!

000052198_pdf

上記のグラフを見ると、実際に収入をあげるためにフリーランスになった方の55.4%の方が満足できたと回答しているとのことです。この数字を多いととるか少ないととるかは人それぞれかもしれませんが、少なくとも約半数の人が期待通りの収入をもらえていないということになります。

フリーランスプログラマーは高収入のイメージがあったので、意外な結果だなとも思いました。実際にフリーランスプログラマーになった方の中でクラウドワークスなどを使って軽い案件を取る方がいらっしゃいます。

このようなクラウドサービスを使うと相場に比べて単価が低く、高収入が得られる可能性がかなり限られてしまいます。

高収入エンジニアが使っているレバテックやポテパンなどのフリーランス案件を紹介されているプラットフォームは単価が高いのですが、案件レベルが高いものが多く、実際に受注できる方は多くはありません。

フリーランスプログラマーは自由ではない?

フリーランスプログラマーになる方の理由として収入以外で挙がる理由がコレにあたります。

こちらもIT人材白書を見ながら判断していきましょう!

000052198_pdf

こちらは自己のライフプランに合わせることができたか?という視点で評価されている箇所を見ていきます。すると、自己のライフプランに合わせることを目的とした方の内、その目的を実現できたと回答した方が全体の83.3%を占めることが分かっています。

つまり、フリーランスプログラマーになって仕事の自由度が高まったと答えた人が8割以上にのぼるということです。ほとんどの方が目的を達成できているということで素晴らしい数字ですよね!時間の自由度に関しては全体的に達成できているといえそうです。

とはいえ、現役のフリーランスエンジニアの方に聞いてみると、、、「ミーティングがある場合にオフィスに顔を出したり、オフィスに出勤することを義務付けている会社がある」など、後ろ向きな答えが返ってきたこともありました。

個人的な主観としては、リモートワークができるような案件は基本的に単価が低く、通勤が条件の業務委託契約に関しては、単価が高い印象にあります。

プログラマーのキャリアパス

冒頭で解説したプログラマーの仕事内容を見ればお分りいただけると思いますが、プログラマーは、ITエンジニアとしては一番初めに通るキャリアとなります。つまり、エンジニアへの登竜門とも言えるわけですね。

では、そこからどのようなキャリアパスが見えるのでしょうか?以下が簡易的なプログラマーのキャリアパスになります。

基本的には、プログラマー(PG)を数年間行い、コーディングができるようになったら、上流工程を行うシステムエンジニア(SE)へと昇格します。SEでは、顧客からヒアリングを行い、要件定義や進捗管理、概要設計などを行います。

そしてSEからどのようなキャリアパスを踏むかは、人それぞれになります。昔までは「プロジェクトリーダー」→「プロジェクトマネージャー」というキャリアパスを踏むのが一般的でしたが、最近はしっかりと切り分ける事が難しく、複雑化しています。

PMやPLは一般的に上流工程に関わり、プロジェクトの責任者として全体をマネジメントする仕事になりますが、より専門的な知識を極めたスペシャリストというようなキャリアも増えてきました。

どのようなキャリアを理想とするかはあなた次第です。今から自分の理想の姿を想像しておくといいでしょう。

未経験からプログラマーになるには?

shutterstock_276576215

画像:Shutterstock

未経験からプログラマーへと就職する方法としては2つあります。まずは「未経験可の求人に応募して飛び込んでみる」という方法です。全くの未経験でも、研修制度などの社内教育がしっかりしている企業もあるので、入社後の成長を見越して就職できる場合があります。

2つ目は、「独学、もしくはプログラミングスクール ・専門学校などの教育機関で学んでから就職する」という方法です。

しかしながら、プログラミングを独学で勉強するというのはなかなか難しいもの。

この学習方法って合ってるのかな・・・
自分は就職可能レベルなのかどうか分からない・・・

などなど、合ってるかどうか分からない学習を進めるのは、まるで出口の見えないトンネルを進んでいるかのようです。そこで、おすすめなのがプログラミングスクールに通ってプログラミングを習得する方法です。

専門学校だと2年間も通う必要がありますし、学費も高く、2年後自分がなにやってるかなんて分からないですよね。プログラミングスクールなら最長でも半年で、専門学校よりも安く、しかも仕事をしながら空いてる時間で学ぶことができます。

「今プログラミングを学んでエンジニアになりたいんだ!」っていう熱い気持ちを持った状態で学習を開始し、就職に向けて動き出すことができるんです。

未経験からプログラマー転職なら侍エンジニア塾へ

弊社侍エンジニア塾では、未経験の方でも最短1ヶ月〜最長6ヶ月であなたのプログラミング言語習得から転職までを徹底的にサポートしています。

  • 未経験ヨガインストラクターからWEBエンジニアへ転身!
  • 内定二社を獲得した27歳元介護士
  • 週末に複業でフリーランスとして活躍するホテルマン

など、エンジニアとして活躍されている卒業生を多く輩出しています。プログラマーだけでなく、その後のフリーランスデビューまで見据えた学習を弊社で目指しませんか?

いきなりプログラミングスクールを受講するのは不安……。

という方には弊社の「無料体験レッスン」をおすすめいたします。

無料体験レッスンでは、あなたのキャリアビジョンを明確にしてあなただけのオリジナル学習カリキュラムを提供いたします。もちろん、受講いただかなくても大丈夫です。

あなたのキャリアにあったカリキュラムがどんなものか知るだけでも学習効率はぐんとあがりますよ。その他にも、

  • 「最短1ヶ月で開発ができる学習方法」電子書籍(非売品)
  • 未経験の転職を可能にするキャリアサポート
  • Amazonギフトカード(最大5000円分)

といった特典をお付けいたします。「プログラマになって人生を変えたい」そんな気持ちを持ったあなたを全力でサポートさせて頂きますので、ぜひご利用下さい。

オンラインでも受講いただけます。遠方の方もお気軽にご利用ください。

最後に

いかがでしたか?プログラマーとはという概要から、システムエンジニアとの違いや働き方などをご紹介してきました。ITの需要が増え続けている現代において、プログラマーとしての知識や実績は重宝されていくでしょう。

この内容を機に、プログラマーを目指してみてもいいかもしれませんね。

【関連記事】

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説