プログラマーとは?仕事内容や種類、必要なスキルも紹介【エンジニア監修】

プログラマーはどんな仕事をするんだろう?
プログラマーの年収や将来性も気になる...

プログラマーに興味はあるものの、具体的にどんな仕事をするのかイメージが湧かない人は多くいますよね。また、プログラマーの年収や今後の将来性などを確認してから目指すかどうか決めたい人もいるはず。

そこで、今回はそもそもプログラマーとはどんな職業なのか、その仕事内容を年収や将来性も交えて紹介します。プログラマーの種類や必要なスキルも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹

音楽大学卒業後、15年間高校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、侍エンジニアのインストラクターを始め、フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも登壇している。

プログラマーとは

プログラマーとは
プログラマーとは

プログラマーとは、設計書をもとにアプリやシステムをプログラム開発する職種です。

メイン業務はシステムを構成するプログラムをコーディングすることで、必要に応じてプロジェクトメンバーとの打ち合わせや、開発したシステムのテスト作業を担当します。プログラマーといっても開発する対象はたくさんあり、得意なプログラミング言語や開発分野などが違うプログラマーが存在します。

プログラマーはシステム全体の設計が終わった後それぞれ決められた担当機能のプログラム設計とプログラミングを担当することが多く、ITのエンジニアの中では初級者的な扱いになります。しかし、なかにはプログラミングを極めたプロフェッショナルなプログラマーもいます。

プログラマーは、プログラミングをメインで行う技術者だと理解しておくといいでしょう。

プログラマーとシステムエンジニアの違い

プログラマーが主にプログラミングを担当するのに対し、システムエンジニアは構築するシステムの要件を定義したり、システム構成などの設計など、上流工程を担当します。

システムエンジニアがプログラミングを行うこともあります。

実際、プログラマーを経験したのち、システムエンジニアへと成長することが一般的ですので、プログラマーのうちからコミュニケーションスキルやマネジメントスキルなど幅広い知識を養っていく必要があります。

なお、次の記事ではプログラマーとITエンジニアの違いを詳しく解説しているので、良ければ参考にしてください。

プログラマーとITエンジニアの違いとは?仕事内容から年収、将来性まで徹底比較
更新日:2022年11月16日

プログラマーの主な仕事内容

ここからは、プログラマーの主な仕事内容を3つ紹介します。

プログラム設計

システムエンジニアのシステム設計に基づいてプログラムをコーディングするわけですが、まずはこれからどのようなプログラムを作成するか設計します。プログラム設計で行うのは次のような内容です。

  • プログラム仕様の明確化
  • 処理や入出力データの明確化
  • プログラム機能の分割

システムエンジニアとプログラマーの間でシステム全体で必要となる機能について認識を合わせた後、システムを実現するプログラム単位での設計に入ります。それぞれの機能をプログラム単位に分割して、入出力や処理、流れるデータなどを明確化して定義します。

プログラム設計で作成されるドキュメントは、その対象となるシステムやプログラム言語によって様々ですが、例えば、オブジェクト指向の言語であれば、ユースケース図、状態遷移図、アクティビティ図、クラス図などを作成します。

正しくプログラム設計がおこなわれていれば、プロジェクト途中での戻りを最小限に抑えることができますし、メンバー間でもそれぞれのプログラム機能を理解しやすくなります。また、仕様が変更になった場合にもどの部分を改修すればよいかの検討が容易になります。

コーディング

プログラム言語を使ってプログラム(プログラムコード)を作成する行程をコーディングと呼びます。

プログラマーのメイン業務はコーディング作業です。様々なプログラミング言語がありますが、それぞれ開発する対象にあわせてどの言語かは決定されます。

  • プログラムコードを作成する(コーディング)
  • 出来たプログラムを動かして動作確認(デバック)
  • メンバーによるコードのチェック(コードレビュー)
  • 必要に応じてコードを修正

プログラマーは、コードを書いて動作を確認、レビュー、必要に応じて修正を繰り返しながらプログラムを完成させます。

コーディングの後にテスト工程もありますが、デバックでできる限りの動作チェックを行います。

テスト

プログラムが完成すると、それぞれが仕様通りに正しく動作するかのテストが行われます。

プログラマーはこのテスト工程にも参加します。開発規模により大小がありますが、通常テストは次のようなステップで行われます。

  • 単体テスト(プログラム)
  • 結合テスト(プログラム間やサブシステム間)
  • システムテスト(システム全体)

単体テストではプログラム設計通りにプログラムが動作することを確認します。デバックで発見できなかった不具合を発見して同時に改修を進めます。

結合テストではシステム機能設計通りにプログラムが動作することを確認します。プログラムを組み合わせてそれぞれの連携が正しいのか、プログラム間やサブシステム間での連携が正しく行われるかの確認をします。

大規模なシステム開発では、プログラムやサブシステムごとに開発するベンダーが異なることもあり、それぞれの仕様齟齬から個別のプログラムでは正常に動作しても、連携部分が間違っており結合テストでエラーが発生するといったケースもあります。

システムテストは、すべてのプログラムを合わせて、システムの要件をすべて満たすことができるかを確認する工程です。本番稼働を前にした最終段階のテストです。

プログラマーの種類

プログラマーの種類

プログラマーの開発する対象にはさまざまな種類があります。

開発対象により使うプログラミング言語や対象とするコンピューターなどが大きく異なることからプログラマーも開発対象に特化する傾向にあります。対象ごとに特徴をみてみましょう。

Web系プログラマー

Web系プログラマーは、Web(インターネット)上で動くサービスの開発をするプログラマーです。例えば、ECサイト・Webサイト・SNSなどが開発対象となります。

また、Web系のプログラマーは大きく2つに分かれます。

  • フロントエンドを担当するプログラマー
  • サーバーサイドを担当するプログラマー

フロントエンドは、Webブラウザー上でユーザーの目に見える部分です。HTML/CSS・JavaScriptなどのプログラミング言語を用いて、デザインや画面の動きを組み立てます。

一方、サーバーサイドは、ユーザーの目に見えない部分のことです。サーバーで行う画面の切り替え制御などの処理やデータの管理などシステムの内部処理を指し、データベースやOSといったインフラ周りの知識も求められます。

アプリプログラマー

アプリプログラマーはパソコンやスマートフォン、タブレットで動くアプリケーションを開発するプログラマーです。

アプリケーションの中でも、スマートフォンアプリケーションを開発するプログラマーはスマートフォンの普及とともに需要が高まりました。

スマートフォンには、iOSとAndroidの2種類のOSがあります。開発時はそれぞれのOSで異なるプログラミング言語や、開発環境を用いるのが一般的です。

しかし、最近ではWeb・iOS・Androidなど異なる環境でも、同じプログラミング言語や開発環境で作れる「クロスプラットフォーム」という手法も登場しています。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーはゲームシナリオにそって、ゲームの進行やキャラクターの動き、BGMといったゲーム全般に関わる開発をするプログラマーです。

ゲームにもさまざまな種類があり、それぞれ開発に用いるプログラミング言語や開発環境が異なります。

以下が代表的なゲームの例です。

  • ブラウザゲーム
  • スマホゲーム
  • コンシューマーゲーム
  • PCゲーム

ゲームプログラマーはキャラクターの動きからゲーム内の進行、効果音やエフェクトまで幅広い機能の開発を担当します。

実現可能か判断するために、上流工程から関わることもあります。キャラクターの動きをゲーム上で再現するときに物理エンジンを用いることもあるなど、ゲームプログラマーは非常に専門性が高い職業です。

汎用系プログラマー

汎用系プログラマーは、業務システムを開発するプログラマーの1つです。

汎用系プログラマーは、IBM・富士通・NECといった大手ハードウェアベンダーが開発したメインフレームと呼ばれる大型汎用コンピュータで動作するシステムの開発をします。

COBOLやFORTRANといった歴史あるプログラミング言語が使われており、現在もなお現役で稼働しているシステムも多いです。

膨大なデータを安全に処理するためのシステムで使用されており、国税庁や銀行などを中心とした大規模システムで使われています。お金や個人情報を扱うシステムが多いため、責任感が高い仕事といえます。

汎用系システムは徐々にオープン系システムやクラウドサービス上でのシステムに移行されており、今後の需要は先細りだと推測されています。

オープン系プログラマー

オープン系プログラマーとは、先ほど紹介した汎用系プログラマーと対をなす存在です。オープン系システムの開発を対象としています。オープン系とはUNIXやWindowsなどのOSで動く複数のコンピュータを組み合わせて構築されるシステムのことを指します。

汎用系開発では汎用機の独自OSでの開発となり使われる言語も限られますが、オープン系開発では使用できるOS・ソフトウェア・プログラミング言語の幅が広くなります。

オープン系開発がはじまってからすでに30年以上が経過しており、公開されているフレームワークやプロダクトなど開発に必要な環境も充実しており、開発コストも抑えられます。なにより汎用機に比べてハードウェアのコストが低く、オープン系開発が主流になりつつあり、オープン系プログラマーの活躍の場も多いです。

組み込み系プログラマー

組み込み系プログラマーは、家電や電子機器などを制御するためのプログラムを構築するプログラマーです。エアコン・デジカメ・電子レンジ・テレビなど、さまざまな電子機器の制御プログラムを開発します。

プログラミング知識だけなく、ハードウェアの知識も必要となるため、専門性が高いのが特徴です。

近年はIoTデバイスの需要が広まっていることから、組み込み系プログラマーの需要が高まっています。今後は組み込み系エンジニアの不足が予想されるため、組み込み系の技術を学ぶのもよいでしょう。

プログラマーの年収

実際、プログラマーがどれだけ稼げるのか気になる人も多くいますよね。ここからは、次の項目別にプログラマーの平均年収を紹介します。

職種別

プログラマーの職種別平均年収は下記のとおりです。

職種平均年収
プログラマー424万円
Web
プログラマー
453万円
アプリ
エンジニア
559万円
ゲーム
プログラマー
478万円

※参考:求人ボックス 給料ナビ

表を見ると、アプリエンジニアの平均年収が最も高いことが分かります。アプリプログラマーではなくアプリエンジニアという理由で、年収が高めになっている可能性もあるでしょう。

一方で、アプリ開発の需要が高まっていることも、平均年収が高いことに関係があると考えられます。

年収を最優先するのであれば、アプリプログラマーを目指すのも1つの手でしょう。

年代別

プログラマーの年代別年収相場は、下記のとおりです。

年代平均年収
20~24314万円
25~29386万円
30~34434万円
35~39493万円
40~44508万円
45~49517万円

※参考:求人ボックス 給料ナビ

年代別の年収相場を見ると、年代が上がるにつれて年収が高くなる傾向があります。日本の場合、年功序列で年収が高くなる傾向が残っており、依然として年齢と年収の相関関係性があるようです。

また、年齢を重ねることでスキル・経験も増えるため、キャリアアップ・昇進をきっかけに年収アップしている人が多いとも考えられます。

なお、次の記事ではプログラマーの年収を上げる方法も交え詳しく紹介しているので、良ければ参考にしてください。

年収1000万も狙える!プログラマーの平均年収+年収上げる3ヶ条【言語・雇用形態などの差も解説】
更新日:2022年11月14日

プログラマーの将来性

プログラマーは、今後も需要が高まると予想されるため、高い将来性が期待できます。

平成31年度経済産業省の「IT人材需給に関する調査」によると、今後のITの伸び(中位シナリオ)と人材の需要を比較して、2030年には45万人の人材不足が見込まれるという調査結果が出ています。

IT人材不足が進むことで、プログラマーを含むIT人材の需要は高まるため、スキルと経験があれば活躍の場は多いでしょう。

もちろん、懸念点が全くないわけではありません。AIによるプログラミングの自動化技術によって、仕事がなくなると推測する人もいます。

しかし、実際はすべての業務が自動化されるのはまだ先で、今後も複雑な開発業務が機械化されることはないでしょう。

下の記事ではプログラマーの将来性を、現在の需要も交え詳しく解説しているのであわせて参考にしてください。

プログラマーに今後の需要や将来性はない?実態から真相を徹底検証
更新日:2022年11月16日

プログラマーに必要なスキル

ここからは、プログラマーに必要なスキルを4つ紹介します。

プログラミングスキル

当たり前のことですがプログラマーにはプログラミングスキルが必須です。開発対象によって必要なプログラミング言語が異なるため、自分にあった言語を習得する必要があります。

例えば、Webサイト開発ならHTML/CSS・JavaScript、AI開発ならPythonといったように、開発分野にあった言語を学ぶことが大事です。

開発分野ごとの該当言語を記載しておくので、ぜひ参考にしてください。

業務内容プログラミング言語
Webサイト
作成
HTML/CSS・JavaScript・PHP
アプリケーション
開発
Ruby・Python・Java
AI開発Python・R言語
業務システム
開発
Java・C言語・C++
ゲーム開発C#・C++・Java

\業界最安級/
月額2,980円のプログラミングスクール

上記で紹介したプログラミング言語をはじめ、40種類以上の教材が月定額2,980円で学べるSAMURAI TERAKOYA(侍テラコヤ)では、回答率100%の「Q&A掲示板」でわからないことや悩みを解決しながらプログラミング学習を進められます。

また、必要に応じて現役エンジニアとのマンツーマンレッスンも受けられるため、初心者の方でも挫折なくプログラマーに必要なプログラミングスキルの習得が可能です。

コスパよく効率的にプログラミングスキルの習得を目指すなら侍テラコヤがおすすめです!

入会金不要・いつでも退会OKに加え、利用から1ヵ月の間は「全額返金保証制度」が適用されるので、気軽にお試しください。

詳しくはこちら

コミュニケーションスキル

プログラマーは、コミュニケーションスキルも求められます。

プログラマーは1人で作業をすることは少なく、開発プロジェクトメンバーと複数人で作業をすることが一般的です。そのため、プロジェクトメンバーと進捗状況を確認したり、疑問点を質問したりするコミュニケーションスキルが求められます。

同じプログラマーでも、考え方や知識量には差があるので、相手に分かりやすく説明する力が必要です。

情報収集スキル

プログラマーとして働くには、情報収集スキルが必要です。

プログラマーのイメージとして、何も見ずに淡々とコーディングしている風景をイメージする人もいるかもしれません。しかし、実際はベテランプログラマーでも、分からないところをネットや本などで調べながら作業をしています。

プログラマーには、分からないところや解決できない問題が発生したとき、効率よく情報収集するスキルが求められます。

例えば、ネットで検索するとき複数キーワードで検索してみたり、英語で検索してみたりすることで自分が必要な情報を早く見つけることができますよね。探したい情報を見つけやすいサイトを予め集めるなどの工夫も一般的です。

論理的思考力

プログラマーには、論理的思考力が必須です。論理的思考力とは、簡単にいうと物事を筋道立てて考える力をいいます。

例えば、道案内をするとき、「まっすぐいって突き当りを右」と説明するより、「100メートルまっすぐ進んで突き当りの交差点を右に曲がる」の方が分かりやすいですよね。

コーディングするとき、目的にあわせて順序立ててコードを作成しないと、エラーが発生します。そのため、論理立ててコードを書くスキルが求められるのです。

プログラマーになるには

プログラマーになるには次のようなステップがあります。

  • ステップ1:どんなプログラマーを目指すか決める
  • ステップ2:プログラミングの勉強方法を決める
  • ステップ3:プログラミングの知識やスキルを身に付ける
  • ステップ4:プログラマーの仕事獲得に役立つ資格を取得
  • ステップ5:プログラマーの仕事を探す

まずは、どんなプログラマーになりたいのか目標を決めましょう。プログラマーの種類や、将来なりたいプログラマー像をイメージできるといいですね。

目標が決まったら、次は学習方法を決めてプログラミングの知識とスキルを身につけます。学習方法は、Webサイトや本を使った独学、プログラミングスクールを使った学習などがあります。

また、ある程度スキルを学んで余裕があれば、資格の取得もおすすめです。スキルが習得できれば、あとは仕事を探しましょう。

なお、次の記事ではプログラマーになるまでの手順を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

プログラマーになるには?必要なスキルと未経験から目指す5ステップ
更新日:2022年11月16日

プログラマーに関するよくあるFAQ

ここまで記事を読んできた人の中には、プログラマーに関して疑問がある人もいるでしょう。そこで、ここからはプログラマーに関するよくある質問に回答します。

プログラマーに資格は必要?

プログラマーに資格は必須ではありません。しかし、資格を取得しておけば、転職時やキャリアチェンジするときに役立ちます。

資格を取得したからといって、プログラマーに採用されやすくなったり、給料が大幅にアップしたりすることは少ないようです。しかし、資格を取得することで、客観的にスキルを証明する手段ができます。

資格があれば、企業に対してスキルをアピールできます。また、転職・キャリアチェンジをするときにも、スキルの証明がしやすいです。

ちなみに、プログラマーを目指すときにおすすめの資格は、ITパスポートや基本情報技術者試験などです。

なお、下の記事ではそもそもプログラマーに資格は必要なのか、その是非をおすすめの資格も交えて紹介しているので、あわせて参考にしてください。

プログラマーになるための必要資格とは!おすすめを一挙大紹介
更新日:2022年11月14日

未経験からでもプログラマーに転職できる?

次の理由から、プログラマーには未経験からでも転職できます。

  • IT人材不足が業界の課題だから
  • 未経験者OKの求人があるから

先ほど将来性の項目でも触れましたが、IT業界全体でIT人材が不足しています。そのため、未経験であってもやる気やポテンシャルがあれば、プログラマーとして採用する企業はあります。

未経験OKとしている求人も多いため「未経験だから...」と諦めるのはもったいないでしょう。また、年齢に関しても、どの年齢でも転職は目指せます。ただし、他の転職同様、年齢を重ねるごとに転職の難易度は高まります。

年齢が高い人は、早めにスキルを習得し準備を開始すべきでしょう。

なお、次の記事では未経験からプログラマーに転職する方法を、必要なスキルも交えて解説しているので良ければ参考にしてください。

未経験からのプログラマー転職ガイド!必要なスキルから方法まで
更新日:2022年11月16日

プログラマーに向いているのはどんな人?

プログラマーに向いている人の特徴は、次のとおりです。

  • 問題解決力がある人(エラーの解決)
  • 地味な作業が苦ではない
  • 新しいことを学ぶ向上心(スキルアップの面)

プログラミングをするにあたって、問題解決力がある人は向いています。予期せぬトラブル時に思考停止するのではなく、解決策を試行錯誤し解決する力はプログラマーに求められます。

また、プログラマーは地味な作業が得意な人にも向いています。プログラミングはコーディングと情報収集の繰り返しが多く、地味な作業もたくさんあります。地味な作業ももくもくこなせる精神力があれば、活躍しやすいです。

さらに、新しいことを学ぶ向上心がある人もプログラマーとして成長できます。新しい技術を学べる人は、プログラマーとして成長できますし、長期的に活躍できるでしょう。

プログラマーはきついって聞くけど本当?

プログラマーがきついといわれる理由は、次のとおりです。

  • 残業が多く、体力仕事だからきつい
  • 給料が見合わないからきつい
  • 顧客の都合に左右されやすいからきつい
  • テストが多いからきつい
  • 研修や日々の勉強が大変だからきつい
  • 言語選定を間違っておりきつい
  • 人手が足りなくてきつい

このように、プログラマーはきついといわれることがあります。しかし、すべてのプログラマーがきついわけではなく、企業によっても差があります。

常に残業や休日出勤、低賃金の企業もあれば、繁忙期以外の残業は少なく、給料も満足できる額をもらえる企業もあります。プログラマー全体がきついというより、企業によって差があり、きついと感じるプログラマーもいると理解しておくといいでしょう。

なお、下の記事ではプログラマーがきついといわれる理由を、未経験や文系出身者でもなれるのかなどの疑問も交え詳しく解説しているのであわせて参考にしてください。

プログラマーの仕事はきついの?未経験や文系出身でも目指せるの?
更新日:2022年11月14日

プログラマーのやりがいは?

プログラマーのやりがいは、次のとおりです。

  • コードを完成させたときの達成感を感じられる
  • 最新の技術に触れられる
  • スキルに応じて給料・待遇をアップできる
  • クライアントから感謝してもらえる

プログラマーが作成したコードが無事動作すると、完成した達成感を味わうことができます。また、結果がでればクライアントから感謝されることもあるので、仕事のやりがいにつながるのです。

それ以外にも、スキルに応じて給料・待遇をアップできる点や、最新の技術に触れられる点もやりがいの1つといえます。

また、次の記事ではプログラマーのやりがいを、魅力も交え詳しく紹介しているので良ければ参考にしてください。

プログラマーはやりがいのある仕事!その魅力を解説
更新日:2022年11月14日

プログラマーは在宅でも働ける?

結論として、プログラマーは在宅でも働けます

コロナ禍の影響もあり、IT業界でも在宅ワークが推進されつつあります。プログラマーのメイン業務はコーディングやテスト作業ですが、これらの仕事はリモートでも可能です。

セキュリティの問題は解決しなければいけませんが、パソコンとインターネット環境があれば開発環境を作成できます。

とくにWeb系開発の場合は開発環境の準備も簡単で、在宅ワークに向いています。

打合せなどもWeb会議などで可能になっているため、とくに問題ありません。在宅ワークをしたい人も、プログラマーという選択肢を検討してみてください。

なお、下の記事ではそもそもプログラマーは在宅でも働けるのか、その理由を必要なスキルやおすすめの求人サイトも交え詳しく解説しているので良ければ参考にしてください。

未経験から在宅プログラマーに!おすすめ言語や求人サイトも紹介
更新日:2022年11月14日

プログラマーのキャリアパスは?

プログラマーのキャリアパスは、次のとおりです。

  • システムエンジニア
  • プロジェクトマネージャー
  • 開発分野ごとの各種エンジニア
  • フリーランス

プログラマーは幅広い開発に携わる可能性があり、キャリアパスの選択肢は幅広いです。

身につけた開発知識を活かしながらマネジメント職に挑戦したいなら、システムエンジニア・プロジェクトマネージャーなどがおすすめです。

逆に開発現場でまだ活躍したいなら、ほかのプログラミング言語や開発スキルを身につけ、上級のプログラマーやフルスタックエンジニアを目指す方法もあります。また、技術スキル・マネジメントスキルの両方に自信がある場合は、フリーランスへの独立も可能です。

このように、プログラマーのキャリアパスは豊富です。まずはスキルアップし、希望のキャリアパスを実現できるように精進しましょう。

まとめ

今回は、そもそもプログラマーとはどんな職業なのか、その仕事内容を年収や将来性も交えて紹介しました。

プログラマーはITシステムを開発するときプログラミングをメインに行う職種で、IT業界にはなくてはならない人材です。

開発対象もさまざまで、自分が参加したい分野でチャレンジできます。この記事を読んでプログラマーに興味を持った人は、ぜひ目指してみてください。 

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」のトリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close