プログラミングを独学でマスターできる勉強法【おすすめサイトや本も紹介】

プログラミングを独学で勉強したいけど、できるのかな?

独学で勉強したいけど、どうやって進めたらいいのかな?

どれくらいの時間や期間で稼げるようになるのかな?

はじめてプログラミングを独学する人にとっては、こうした疑問・お悩みを抱える方が多いように思います。プログラミングで学ぶべきことは多岐に渡るため、何の知識もなくゼロから進めていくのは正直難しいのが現実です。

そこで本記事では、プログラミングを独学で勉強するための3つのポイントをご紹介します。

  • 初心者向けプログラミング独学のロードマップ
  • 独学におすすめのサイト・本
  • プログラミング独学に挫折しない方法

これからプログラミングを独学で挑戦しようと考えている方にとって、参考になる記事となっています。ぜひご覧ください。

この記事の目次

プログラミングの独学は可能なのか?

プログラミングの独学は可能なのか?という質問をよく受けます。

こちらについて回答すると「できます」が結論です。

ただし、独学でプログラマーレベルのスキルを身につけるというのは非常に難易度が高く、難しいのは事実です。独学で継続することは難しいですが、以下の3つの観点のことを意識することで独学での成功率を上げることができます。

  • 自分にレベルに合った教材やカリキュラムを組む
  • 難易度の低いプログラミング言語を選ぶ
  • 適切な学習環境を用意する

1つずつ解説していきます。

できればすべて取り入れることが望ましいですが、難しいようであれば自分にあったものを取り入れてみてください。

自分にレベルに合った教材やカリキュラムを組む

1つ目は、「自分にレベルに合った教材やカリキュラムを組む」ということです。プログラミングを学習する教材には、以下のように種類がたくさんあります。

  • 書籍
  • サイト
  • アプリ
  • ブログ

また、教材ごとで想定する対象者のプログラミングレベルや方向性が違っています。

  • 全くのプログラミング未経験者向け
  • HTMLやCSSの基礎は知っている上でのWeb系プログラミング
  • AIや機械学習をやっていきたい人向けのプログラミング

プログラミング自体が幅広い分野で活用されているため、どうしても避けられないのですが、プログラミングを学習しようとしている人にとってはなかなか難しい部分です。

また、選んで購入した教材が自分にあっていない場合、再度選びなおして買う必要があるため、時間とお金がよりかかってしまいます。

難易度の低いプログラミング言語を選ぶ

2つ目は、「難易度の低いプログラミング言語を選ぶ」ということです。

プログラミングを学ぶ言語自体にも難易度があり、かんたんな言語から難しい言語まで多岐にわたります。また、プログラミングを動かすための環境準備がかんたん・難しいもの、英語の教材ばかりで日本語の教材が少ないものなど勉強するための環境にも差があります。

そのため、プログラミング初心者がチャレンジする言語は、難易度が低いプログラミング言語を選ぶことが望ましいです。

プログラミング言語ごとの難易度は以下の記事にまとめていますので、合わせてご覧ください。

適切な学習環境を用意する

3つ目は「適切な学習環境を用意する」ことです。

プログラミングに限らず、なにか新しいことを学ぶ際にはまとまった時間を使うことが大事です。そのため、まずは勉強するための時間を確保するようにすることが大前提となります。

その上で、プログラミングを勉強するためには以下2つを明確に設定すべきです。

  • プログラミング学習のゴールと目標
  • 目標達成するための期限設定

どういったスキルを身につけるのか、どういうプログラミングができるようになりたいのかを決めておかないと、学ぶべきプログラミング言語やスキルが決まりません。また、その目標を達成するためには、スケジュールを組んで学習することも重要です。

この2点は設定するようにしてくださいね。また、プログラミングを独学ですすめると、エラー解決や課題解決で困ることが多いです。

質問や相談ができる環境を作っておくことも重要ですので、そういった環境を用意することもお忘れなく。

初心者向けプログラミングの独学ロードマップ

ここではプログラミング初心者の方が、独学でプログラミングを学習する際のロードマップを紹介します。今回のロードマップは、以下の記事を参考にご案内します。

プログラミングを独学で稼ぐには? 6つの手順で優しく解説
更新日 : 2020年11月9日

ロードマップとしては7つのステップを設定しています。

この7つのステップを1つずつクリアしていくことで、自然とプログラミングスキルを身につけることができます。

  1. プログラミングの独学にかかる時間・期間を知る
  2. プログラミングを学習する目的を明確にしよう
  3. 勉強するプログラミング言語を決めよう
  4. プログラミングの独学に必要なものを揃えよう
  5. 既存のWebサイトを模写してみよう
  6. ポートフォリオを作成しよう
  7. クラウドソーシングで案件を受注しよう

1つずつ紹介していきます。

ステップ1:プログラミングの独学にかかる時間・期間を知る

ステップ1は「プログラミングの独学にかかる時間・期間を知る」ということです。プログラミング初心者がエンジニアになるまでに、どれくらいの勉強時間や期間が必要だと思いますか?

当社が行った現役エンジニアがエンジニアになるまでにかかった時間と期間の調査では、以下の結果がでています。

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000047683.html

プログラミングスクールへ通った人

  • 1日あたりの平均学習時間:4時間24分
  • 平均学習期間:17ヶ月

プログラミングを独学で勉強した人

  • 1日あたりの平均学習時間:3時間30分
  • 平均学習期間:18.3ヶ月

いずれにしても1日あたり3時間以上期間として1年半以上の学習が必要となります。長期間の学習が必要になるということはまず理解しておく必要があります。

ステップ2:プログラミングを学習する目的を明確にしよう

ステップ2は「プログラミングを学習する目的を明確にすること」です。

プログラミング学習をした結果、どういうことを実現したいのかをはっきりさせておきましょう。プログラミングを勉強する人が勉強する理由は様々だと思います。

  • プログラミングスキルを身につけて副業で稼ぎたい
  • ITエンジニアとして転職を目指している
  • 今のスキルをさらに伸ばして、フリーランスになりたい

学習する目的によって、どのレベルまで学習する必要があるかが変わってきます。まずはどのレベルを目指して学習するのかを明確にしましょう。

ステップ3:勉強するプログラミング言語を決めよう

ステップ3は「勉強するプログラミング言語」を決めましょう。

プログラミング言語によって、できることや得意としていることが異なります。また、プログラミング言語によって人気度や年収の幅も違っています。自分が目指すキャリアや方向性を考えて言語を決めましょう。

詳しくは以下の記事で解説していますので、まだやりたいことが決まっていない、何を勉強するか決まっていないのであれば一度ご覧ください。

初心者向けプログラミング言語おすすめランキング【2020年最新】
更新日 : 2020年11月16日

作りたいものが決まっている方・さくっと選びたいという方は、「プログラミング学習プラン診断」がありますのでこちらがおすすめです。

プログラミング学習プランを診断する

ここまで読み進めていて、具体的に勉強したい言語が決まっている人はそれぞれ以下の記事をご覧ください。言語ごとに特化して学習法を解説しているため、より具体的にイメージができますよ。

ステップ4:プログラミングの独学に必要なものを揃えよう

ステップ4では、「プログラミングの独学に必要なもの」を揃えましょう。

プログラミングを学習するためには以下3つを揃えることをおすすめしています。

  • プログラミングするためのパソコン
  • 学習する環境
  • デュアルディスプレイ

当たり前ですが、プログラミングをするにはパソコンが必要になります。ただし、OSがWindowsもしくは、Macのどちらが良いかというのはプログラミング言語によって違います。

また、必要なスペックも様々です。プログラミングするためのパソコンについては、以下記事でまとめていますのでご覧ください。

【決定版】プログラミング初心者におすすめのパソコン5選! 選び方も
更新日 : 2020年10月6日

プログラミング学習はエラーが必ず起きます。そのエラーを解消しながら動くプログラミングを作り上げていきますが、これがとてもハードルが高いです。

周りに質問や相談ができる相手がいるだけで大きく違うため、そういった環境準備が大切になります。こういった環境準備については以下の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

開発環境だけじゃない!プログラミング初心者に欠かせない環境とは
更新日 : 2020年4月29日

最後にディスプレイですが、2つ画面を並べる「デュアルディスプレイ」がおすすめです。閲覧できる情報量も増え、学習効率が大幅にあがります。予算に応じて検討してみましょう。

ステップ5:既存のWebサイトを模写してみよう

ステップ5では、「既存のWebサイトを模写」してみましょう。

ある程度プログラミングスキルが身についてきたら、すでに存在するWebサイトを模写してみることをおすすめしています。意外かもしれませんが、既存のWebサイトは優れた教材です。

模写をすることで実務に近い経験を積むことができ、以下のことを理解できるようになります。

  • HTMLやCSSのコーディングの流れがわかる
  • それぞれ実装する際のルールの確認
  • 設定方法の確認

Progateや本などで基本的な文法を覚えたあと、それぞれの処理を組み合わせて、どうやって作っていくのかを理解できるようになります。また、きれいに出来上がっているサイトを模範回答として、自分が作ったものと比べて、どこが違っているのかを把握することができます。

数をこなすことでコーディングスキルを効率よく鍛えることができるため、おすすめです。模写についてまとめた記事は以下ですので、こちらを参考にしてみてください。

模写でコーディングスキル向上!学習効率を爆上げする3つのポイント
更新日 : 2019年7月9日

ステップ6:ポートフォリオを作成しよう

ステップ6では「ポートフォリオ」を作成しましょう。

サイトの模写を通じて、Webサイトの作り方がわかってきたところで、ポートフォリオの作成にとりかかることをおすすめします。ポートフォリオとは、自分で作ったプログラミング作品をまとめ、自分のプログラミングスキルを証明するための資料です。

転職やフリーランスを目指している場合は、ポートフォリオが無いと面接を受けることができないケースもあり、内定率・採用率に大きく影響します。そのため、できる限りポートフォリオは作成しておくことをおすすめします。

ポートフォリオの作成方法については以下の記事にまとめていますので、ぜひご参考になさってください。

また、オリジナルのWebサービスを自分のポートフォリオとして用意することもおすすめです。オリジナルの作品を作成すると、システム開発の必要な以下の経験ができます。

  • 企画立案
  • 設計
  • コーディング
  • テスト

ぜひオリジナルの作品をつくってみてください。初心者がポートフォリオに載せるための作品を作るために必要なことをまとめた記事があります。こちらも合わせてご覧ください。

初心者がWebサービスを開発するために必要な3つのこと
更新日 : 2020年8月18日

ステップ7:クラウドソーシングで案件を受注しよう

ステップ7では「クラウドソーシングを使って案件を受注する」フローに入っていきます。

ポートフォリオがある程度準備できたら、クラウドソーシングサイトで案件を受注していきましょう。クラウドソーシングサイトは以下2つが有名です。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

Web制作で検索したところ、クラウドワークスは213件、ランサーズでは1,514件ありました。案件受注の進め方としては、最初はかんたんなものから受注していって、まずは経験を積みます。

実績とスキルが付いてきたら、徐々にレベルを上げて、受注する案件の単価を高いものにしていくのがおすすめです。

プログラミングの独学におすすめの無料サイト

ここからは、プログラミングの独学におすすめの学習教材について解説していきます。

はじめにプログラミングの無料学習サイトですが、初心者にまずおすすめしたいのが「Progate」です。

引用元:Progate https://prog-8.com/

Progateは以下の特徴があり、独学ではじめるには最適です。

  • ブラウザだけあれば学習可能
  • 穴埋め形式で学習しやすい
  • 数多くのプログラミング言語が学習できる

他にもプログラミングを独学で勉強するための無料学習サイトを以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

無料でできるプログラミング学習サイトおすすめ19選【2020年最新】
更新日 : 2020年11月7日

プログラミングの独学におすすめの本

続いてはプログラミングの本のご紹介です。

本は体系的かつ、必要な知識を網羅する形で書かれているため、初心者にとって良い教材です。初心者が独学で勉強する際におすすめしたいのは「ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん」という本です。

この本では、プログラミング言語で共通する基本的な部分を中心に学習します。

プログラミング言語によって用語や特徴が違いますが、共通する基礎を理解しておくことで、新しい言語を手掛ける際に、短期間で身につけることができるようになります。

他にもプログラミングを独学したい初心者向けの本を以下の記事で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

その他プログラミングの独学におすすめの教材

プログラミング学習サイトや本以外に、プログラミングを独学するためにおすすめの教材はいくつかあります。

今回紹介するのは以下の3つです。

  • プログラミング学習アプリ
  • プログラミング学習ゲーム
  • プログラミングを独学したい方向けの情報を発信するブログ

それぞれ特徴があるため、自分が学習したい内容とあっているか、目標としているスキルが身につくかを考慮して選んでみてください。それでは1つずつ紹介していきます。

プログラミング学習アプリ

プログラミング学習アプリは、遊び感覚でプログラミングを勉強することができます。アプリの中で最も有名なアプリは「Scratch」という学習アプリです。

引用元:Scratch https://scratch.mit.edu/

Scratchは子どもでも学習できるように作られたプログラミング言語であり、わかりやすさには定評があります。

Scratchの特徴は以下3点です。

  • ブロックを組み合わせるだけでプログラミングできる
  • スマホで勉強可能
  • 無料でできる

その他におすすめする学習アプリは以下記事でまとめてありますのでご覧ください。

子供でもプログラミング学習ができるおすすめのアプリ9選をご紹介!
更新日 : 2020年8月2日

プログラミング学習ゲーム

プログラミング学習ゲームは、プログラミングを学ぶ教材がゲームになっています。ゲームをクリアするために、プログラミングの問題を解いていくスタイルになります。

ゲーム感覚でプログラミングをすすめることができるため、楽しく続けれるのが特徴です。中でもおすすめなのは「Code Studio」というプログラミング学習ゲームサイトです。

引用元:Code Studio https://studio.code.org/courses

レベルによって分けられたコースが4つあり、それぞれ学習していきます。また、Code Studioはマウスだけで作るビジュアルプログラミングで、かんたんに作っていくことが可能になっています。

Code Studio以外のプログラミング学習ゲームは以下の記事をご覧ください。

独学でゲームプログラミングを学べるツール9選|覚えるステップ3段階
更新日 : 2020年6月18日

プログラミングを独学したい方向けの情報を発信するブログ

プログラミングをはじめる人が増えたため、プログラミングを独学で勉強する人を応援するブログも増えてきました。その中でも今回紹介するのは以下2つのブログです。

■当社ブログ「プログラミング学習・独学」のカテゴリー

■manablog(マナブさんのブログ)


引用元:manablog https://manablog.org/

どちらもプログラミングを独学で学ぶ方にとって、参考になる記事が数多く入っています。

プログラミングを独学で進める前に、さらっと全体を見ることをおすすめします。

プログラミングの独学にかかる費用【スクールと比較】

プログラミングを独学する理由として、「プログラミングスクールだと費用が多くかかるから」という人は少なくありません。

そこで、ここではプログラミングの独学にかかる費用を計算した上で、プログラミングスクールの費用と比較してみます。

  • プログラミング言語を3つ勉強する(HTML、CSS、JavaScript)
  • 半年間勉強する
  • Progate有料会員を利用する(月額:980円)
  • 各言語の本を1冊ずつ購入する(2,000円/冊と仮定)

この内容でプログラミングを学習する前提として、計算してみるとそれぞれ以下の費用がかかります。

独学 プログラミングスクール
11,880円
※内訳
Progate費用:5,880円
本の費用:6,000円
179,700円(29,950円/月)
※侍エンジニア塾24週間プラン

こうして比較してみると、独学はスクールで学習するのに比べて15分の1程度の金額となり、費用は明らかに独学のほうが安く済みます。

ただ、次に紹介する挫折を避けるコツをすべて実践できる人でないと独学でプログラミングを学ぶことは難しく、結果として1万円程度のお金と半年間の時間が無駄になってしまうことも。

費用面で大きなメリットはありますが、その反面挫折することも多いため、以下からご紹介するコツも合わせて実践していきましょう。

プログラミングの独学で挫折しないための方法

前述のように、プログラミングを独学で学ぶ人の多くは挫折します。これから学習しようと思っている方は熱意が高いため、自分には当てはまらないと考えていると思います。

ですが、挫折率が高いのは紛れもない事実であり、プログラミングを独学で行うのはとても難しいです。ここでは、挫折を避け、プログラミングの独学を続けるためのコツを紹介します。

  • プログラミングの独学は難しいと心得る(挫折率87.5%)
  • 質問・相談できる環境を整える
  • 時間を効率的に使う
  • 目標を細かく設定して習慣化する
  • コミュニティやサロンを活用し勉強仲間を作る
  • SNSで独学した内容を毎日アウトプットする

1つずつ解説していきます。

プログラミングの独学は難しいと心得る

1つ目のポイントは「プログラミングの独学は難しいと心得る」という点です。当社がプログラミング学習経験を持つ人にアンケート調査をした結果、プログラミング学習を行った人の87.5%は挫折していました。

さらに、学習方法についてのアンケートでは、挫折した人のうち58.3%は独学で学習をしていた人でした。

つまり、独学でプログラミングを学習し始めたうちの10人中1人しかやりきることができていません。それだけプログラミングの独学が難しいということです。

ただ、その事実を知った上で学習するのと、知らない状態で学習するのでは継続力が変わります。まずは、難しいことにチャレンジしているということを頭に入れておくことが重要です。

以下の記事でプログラミング学習を挫折してしまう理由などをまとめていますので、ぜひご覧ください。

【挫折率90%】プログラミング学習に失敗する原因と正しい学習ステップ
更新日 : 2020年5月5日

質問・相談できる環境を整える

2つ目のポイントは環境です。「質問・相談できる環境」をきちんと整えましょう。不明点を取り除いてスムーズに学習を進めていくためには、まずは質問や相談できる環境を作ることが重要です。

定番はteratail等のエンジニア向けのQ&Aサイトです。

こうしたQ&Aサイトでは、困った時に質問ができるのと、似たような疑問にぶつかった人の解決方法を見ることができます。もし、いち早く質問できる環境を作りたいのであれば、エンジニアの知人を作りましょう。

エンジニア向けの交流会や勉強会は数多く開催されています。こういった場に参加することとで繋がりが増えて、知人を増やすことができます。

時間を効率的に使う

3つ目のポイントは「時間を効率的に使う」点です。

特に働きながらプログラミングを学習している人の多くが時間の壁を感じるようです。プログラミング学習に限りませんが、新しいスキルを身につけるためには1000時間必要と言われています。

この時間を捻出することがまず重要になります。捻出するために、現在の生活でどのように時間を使っているか把握することが大切です。

時間の使い方は自分が思っているほど把握できていないことが多いため、まずは1日の時間の使い方を把握するところからスタートしてみましょう。

目標を細かく設定して習慣化する

4つ目のポイントは「目標を細かく設定して習慣化すること」です。

目標設定をすることは大切で、目標があることでモチベーションを高く保つことができます。コツは目標を細かく設定し、毎日の学習を習慣化させることです。

たとえば「半年でWeb制作をマスターする」と最終目標を設定した場合、さらに細かくして「1日目はprogateでHTMLとCSSを1時間やる」等、日々の目標とすることで、目標が達成しやすくなります。

人間は目標が達成することができると、継続する意欲が高まります。また、学習を継続することで勉強の習慣が身につくため、さらに勉強するための環境が作られます。

ここまで来るとどんどん、プログラミング学習が楽しくなるはずですよ。

コミュニティやサロンを活用し勉強仲間を作る

5つ目のポイントは「コミュニティやサロンを活用し勉強仲間を作ること」です。

プログラミングを独学で進めている場合、孤独に感じることが多くあります。また、誰かと比較したり、教え合ったりすることもないため、正直張り合いがなく継続するのが難しいです。

そんな時におすすめなのがプログラミングを勉強するコミュニティに参加することです。実際にプログラミングを学習している人の中で、学習コミュニティやサロンが流行しています。

以下のようにTwitterでも活発な様子が発信されています。

ちなみに、当社でも無料のプログラミング学習コミュニティ「SAMURAI ENGINEER Plus+をご用意しております。

無料ですが、現役のエンジニアが回答したり、28種類の無料教材も公開しており、独学でもプログラミング学習を楽しく習慣化できる環境をご用意しています。

興味がある方は、ぜひ入会して体験してみてください。

» SAMURAI ENGINEER Plus+はこちら

なお、プログラミングの勉強仲間を作るためのサイト等は以下記事にまとめています。、こちらも合わせてご覧ください。

プログラミングの勉強仲間を作るには?おすすめサイトとサークル8選紹介
更新日 : 2020年6月30日

SNSで独学した内容を毎日アウトプットする

6つ目のポイントは「SNSで独学した内容を毎日アウトプットする」という点です。

プログラミング学習を継続している人の多くは、毎日学習した内容をSNSで発信して自己管理しています。Twitterで言えば「#今日の積み上げ」というハッシュタグで投稿されていることが多いようです。

また、毎日アウトプットすることで、あとで自分が頑張ってきたことを振り返ることができます。ぜひ積極的に発信してみてください。

プログラミングを独学して稼げるようになった成功例

独学での学習が難しいプログラミングですが、独学を継続することで稼げるようになります。

ここではプログラミングを独学して稼げるようになった成功例を紹介します。

プログラミングを独学して就職・転職した例

成功例1件目は、プログラミング独学後に、就職・転職したケースです。

»プログラミング学習ONOさん

この方は、新卒でWeb会社大手の企業へ就職後、ベンチャー企業へ転職したAIエンジニアです。新卒で入った会社はエンジニアだったものの、インフラ担当だったようです。

さらに、担当していたのはシステムの運用保守で、毎日決まった作業を行っていくというような仕事です。その決まっている仕事をつまらないと感じて、転職しています。

その後、1年間独学でプログラミングを学習し、ベンチャー企業が欲しがる人材プログラマーになりました。プログラミング学習に役立つ発信をしているため、気になる方はぜひ確認してみてください。

プログラミングを独学してフリーランスになった例

成功例2件目は、プログラミング独学後にフリーランスエンジニアになったケースです。

»みささん

大学卒業後、保険会社に6年間勤めた後、プログラミング独学を通じてフリーランスエンジニアになっています。

プログラミング独学では、ProgateやYouTubeなどの教材を中心に学習し、その結果をTwitterへアウトプットするという、今回紹介した挫折しない方法をそのまま体現している方です。

勉強時間や勉強方法、どうやって案件を獲得してフリーランスになったかなどの情報が、みささんのブログで公開されています。フリーランスエンジニアになりたいなと思っている方にとって、目標となるような人ですのでぜひチェックしてみてください

なお、当ブログでも、プログラミングを独学で行いフリーランスエンジニアになるための方法を解説した記事があります。こちらもぜひチェックしてみてください。

独学でフリー ランスエンジニアになる方法!案件獲得までの最強5ステップ
更新日 : 2019年9月30日

プログラミングを独学して副業で稼げた例

成功例3件目は、プログラミングを独学で学んだ後、副業で稼いでいるケースです。

»しゅんさん

文系大学出身で大学卒業後は、一般企業に入社して仕事に勤務していました。10年経過した頃、あと20年以上もそのまま勤めることに疑問を抱き、プログラミングを副業で始めています。

プログラミング独学をはじめて3ヶ月ではじめて案件を受注し、5ヶ月で10万円ほどの収益を得ています。今後はプログラミングを本業にして脱サラを目指しているようです。

まずは副業として始めようと思っている人はチェックしておいたほうが良い人です。当ブログでも、副業をプログラミングではじめるメリットや、はじめ方について以下の記事でまとめています。

副業としてプログラミングをはじめる方は、ぜひ読んでみてください。

【副業に最適】週末プログラマーのメリットについて解説
更新日 : 2020年11月24日

プログラミングを独学して2社起業した例

成功例4件目は、プログラミングを独学後、2つの会社を起業したケースです。

»かずたかさん

もともとはWebマーケティングの会社で働いていましたが、独学でWebのプログラミングを勉強し起業しています。

こういうサービスを作りたいというアイデアがあったものの、プログラミングスキルがなく実現できなかったため、自分で勉強して作り上げたようです。自分のサービスを立ち上げて、会社を持ちたい・起業したいという方はぜひ押さえておきたい人です。

また、起業家がプログラミングを学ぶ理由や、最初に学ぶべきプログラミング言語について以下の記事でまとめています。起業を意識してプログラミングをはじめる方は、ぜひ読んでみてください。

独学におすすめのプログラミング言語|起業家がプログラミングを学ぶ理由
更新日 : 2020年6月18日

「プログラミングの独学は無理」と感じたらスクールを活用しよう

上記のようにプログラミングを独学で成功するケースはありますが、ここまで何度かお話しているようにプログラミングの独学は難しいのが正直なところです。

独学で苦戦するポイントはは以下の3つです。

  • 実現方法をネットで調べても情報が出てこない
  • 出てきたエラーを消すことができない
  • 勉強する順序が非効率/抜け漏れがある

やりたいことはわかっていても、それを実現するためにどうやってプログラミングすれば良いか分からないことはよくあります。また、プログラミングを書いたもののどうやってもエラーが消えず、進めることができないことも同じくらい多いケースです。

この2点は質問・相談できる人がいると、案外すぐに解決します

プログラミングスクールでは、現役のエンジニアに質問・相談できる環境が手に入り、時間を有効に使うことができます。また、プログラミング学習に最適なカリキュラムが用意されているので、独学でよくある勉強する内容や順番が間違っていて非効率になるケースも回避することができます。

費用はかかるものの、時間には限りがあるため、できる限り効率よく勉強するためにもスクールを利用してみるのもおすすめです。当社でも「侍エンジニア塾」というマンツーマンレッスンのスクールを運営しています。

ここまで読んできて「独学に自信がなくなってしまった」とか「プログラミング学習の相談をしてみたい」と感じた方は、ぜひ一度無料体験レッスンをご予約ください。

当社カウンセラーに、今あなたが感じている疑問・不安をぶつけてみてください。
無料体験レッスンの詳細はこちら>

まとめ

以上、この記事ではプログラミングを独学で進める方法や、学習を挫折せずに継続するためのコツを紹介してきました。

繰り返しになりますが、プログラミングの独学は挫折する人がとても多いのが現実です。そのため、継続せざるを得ない環境を作るなどの工夫をしながら学習することが重要です。

独学でのプログラミングを成功させ、自身の目指す目標へ到達できるように頑張ってください!なお、年代別でのプログラミング独学方法もそれぞれ以下の記事でまとめていますので、よろしければご参考になさってください。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

cta_under_bnr

当プログラミングスクール「侍エンジニア」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニアは上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細はこちら

書いた人

侍エンジニアブログ編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー