37歳、大手広告代理店営業マンが未経験からたった6ヶ月でアプリ開発するまで

こんにちは!河出光咲希です!

これから先、キャリアアップのために何かスキルを身に付けたい…
家族のためにも、安定した収入やそれ以上の収入が欲しい…
でもプログラミング学習は挫折してしまった…

と思っている方、実は多いのではないでしょうか?

今回はそんな悩みを乗り越え、未経験ながら6ヶ月で2つのアプリを作り上げたkanettさんにインタビューをさせていただきました!

30代、家庭持ちだからこそのアイデアや、短期間でアプリを作り上げた過程などについて、色々なお話を伺っております。

kanettさん
兵庫県出身37歳。大学にてFortran(数値計算用プログラミング言語)等学ぶ。卒業後、営業職として就職し勤勉に務めるが「これからの将来、人生1つのことをして生きる時代は終わる」と思い、33歳から独学でプログラミング学習を開始。3度の挫折を乗り越え、未経験ながら6ヶ月の受講期間内に親戚付き合いとうちの子だれ似という2つのアプリをリリース。現在も独自でアプリ開発を行って人生の幅を広げている。
Twitterはこちら

子供が生まれた時に思った「仕事以外の軸を持ちたい」

河出:プログラミングを学習しようと思ったきっかけを教えてください。

kanett:子供が生まれたタイミングで「仕事をしながら何かをして、仕事以外の軸を持ちたい」と思うようになったんです。

30代前半では転職して次のキャリアを決めればいいやって思えてたんですけど、30代後半になって、何かしらスキルを身につけようと考えるようになりました。
 
 
河出:そのスキルがプログラミングだったんですね。

kanett:はい。近年「色んな職種をAIに奪われる」とか「人生1つのことで生きる時代は終わる」ということが言われている中で、自分も考えるところがありまして。

色々考え始めた時から、プログラミング学習を独学で開始しました。

独学で3回挫折しても諦めなかった理由

河出:最初は独学で学ばれていたんですね!結構ガツガツと進めていた感じですか?

kanett:いえ、全然ダメダメでしたね。笑

本とか購入して、平日の仕事終わりにやっていましたが、全然習得できなくて、1つ目の壁すらも乗り越えられない感じでした。それで3回ほど挫折しちゃってます。
 
 
河出:3回もですか!?それでやめちゃおうとかって考えなかったんですか?

kanett:意地もあってやめようとは思いませんでしたね。今までの時間を無駄にしたくないというか、自分の考えたものをリリースしたい思いが強かったので、諦めずに取り組めたんだと思います。

アプリ開発のすごいところって、自分の考えていることをそのまま形にして世に発信できるところだと思うので。その魅力を体感したい一心でした。
 
 
河出:3回の挫折からここまでたどり着くまで、どのようにしてスキルを磨いたんですか?

kanett:まず、3回挫折して独学に限界を感じました。笑

それでも、やっぱりアプリを作ってみたい気持ちが強かったので、スクールに通うことにしたんです。自分でやるよりも、プロに教わって効率良く作りたいものを作れて良いなって思って。

ただ学ぶのではなく作って学ぶことへのこだわり

河出:スクール選びのポイントはどこでしたか?

kanett:教材に沿っていく形式よりも、具体的に自分が考えているサービスを作って学習していくタイプがいいなと思いました。ただありきたりな内容だけじゃ、スキルが飛躍的に伸びるイメージが持てなかったので。

特に自分はすでに作りたいものがあったというのもあり、作りたいものを一緒に作り上げてくれるようなスクールが望ましかったのもありますね。

そういう点で、侍エンジニア塾は自分に合っている環境だったと思います。
 
 
河出:ありがとうございます!実際にスクールでの学習を始めることに不安などはありませんでしたか?

kanett:あんまり不安はありませんでしたね。担当インストラクターさんから「絶対リリースできる」って言われていたので、その安心感はありました。あとは、リリースまでの工程を考えるだけって感じでしたね。
 
 
河出:力強い言葉ですね…!

kanett:でも最初は、プログラミング未経験でアプリ開発は難易度高いから作るのはかなり大変なんじゃないかとインストラクターさんからも言われていました。

それでもやると決めたら、すごく真剣に向き合ってくれて。レッスン3〜4日前になると事前に質問したり、逆にどんなところがわからないか聞いてもらえたりしてありがたかったです。
 
 
河出:とにかくリリースを目指して学習を進めていたんですね!

kanett:はい、本当にリリースすることを最優先で考えてました。

全てが初めてだったので、ひとりでやっているとリリースのタイミングでダメになりそうなこともありました。でもインストラクターさんと一緒だったので、スムーズに進めることができましたね。

「自分もアプリを作ってみたい!」という人は…

作ってみたいアプリがある!けどどう作ればいいのかわからない…
効率よく学習するために何か作りたいけど、何からやればいいんだろう…

という方は、kanettさんの経験はかなり参考になっているのではないでしょうか?

同じようにサポートを受けながら学習してみたい方は、ぜひ無料体験レッスンにお申し込みください。

あなたが作りたいアプリ、学びたいことについて、専門のコンサルタントが一緒に全力で考えます!

ぜひ、お気軽にお申し込みください。

無料体験レッスンに申し込む

個人だからこそ作れるアプリにチャレンジ

河出:ちなみに、どんなアプリを作成したんですか?

kanett:「親戚付き合い」と「うちの子だれ似」というアプリを開発しました。

「うちの子だれ似」は、実は1ヶ月くらいでリリースしたんです。笑
 
 
河出:えっ、めちゃめちゃ早いですね!何か工夫とかしたんですか?

kanett:短期間でリリースできたのは、やりたいことに対してすべて自分でコードを書くのではなくweb上で公開されているコードをうまく活用したからです。
 
 
河出:なぜこれらのアプリを作成しようと思われたんですか?

kanett:「親戚付き合い」の方は、名前の通り親戚づきあいを上手くやっていくために作成しました。親の誕生日と甥っ子の誕生日を忘れてしまったりすることが多くて…何度も聞くのは申し訳ないじゃないですか。笑

命日も登録できて、三回忌などを自動的にリマインドしてくれる機能もあります。
 
 
河出:超便利ですね!それは学習を始めた頃から構想を練っていたんですか?

kanett:そうですね、ぜひ作ってみたいと思っていました。ビジネス上、お金にならないものなので、そんなアプリは世の中にないなと。お金にならないけど、必要なものはあるかもって思ったんです。何より自分が欲しかったので。

「うちの子だれ似」は、1回やればもう使わないかもしれないんですが、個人で作成しないと企業では作成しないだろうなって。

企業が作らないからこそ、個人の発想力でチャレンジしてみたいなと思って作成しました。

家庭、仕事、学習のバランスに苦戦?

河出:プログラミング学習中に苦労したことってありましたか?

kanett:とにかく時間の捻出が大変でした。仕事しながら勉強していたので…最初はショートスリーパーを目指していたんですが、無理でした。笑
 
 
河出:睡眠時間は大事です…仕事しながらだと、いつ勉強時間を確保していたんですか?

kanett:主に平日の夜、平均3時間くらい学習していました。あとは朝とかですね。土日は、家族と過ごしたり趣味に時間を使っていたので。
 
 
河出:仕事から疲れて帰ってきての3時間は大変ではありませんでしたか?

kanett:実は、仕事の方でも良い影響があって、マネージして他の人に仕事を移譲したとか、無駄な資料作成をしなかったりと生産性が上がったんです。笑

なので、割と安定して時間を確保できていましたね。
 
 
河出:意外にも別の効果が発揮されていたんですね。笑 学習そのものでの躓きとかはありませんでしたか?

kanett:まず、最初の基礎学習では、これが本当に自分の作りたいアプリ開発にどうつながるのかがわからないことが多かったです。

2ヶ月目のアプリ制作の工程に入ってから、だんだん掴めてくるようになりました。わからないなと思った質問も、自分で調べて解決できるようになってきたのもこのあたりからですね。

身につけたのは知識ではなく「自己解決力」

河出:スクールに通って「これは習得したい!」と思っていたことってどんなことでしたか?

kanett:入塾する前から、データベース作成、APIの学習、AI機械学習など、いくつかやりたいことがありました。

APIの学習は、外部のサービスも使用できれば、幅が広がると思ってわかるようになりたいと思っていました。

AI機械学習は、担当インストラクターさんから、海外の人のYoutube動画をみて勉強すると良いよと教えてもらって、勉強することができました。
 
 
河出:直接担当インストラクターから教えてもらうって感じではなかったんですか?

kanett:そうですね。単純なコードの書き方というよりは、勉強の仕方を教えてくれた感じでしたね。「ここみるとコードの書き方がわかるよ!」とか教えてくれました。

レッスンは教えてもらうこともあったけど、こう解決しました!と報告することもあって。
そうやって報告することで、調べたことや学んだことの整理や、インストラクターさんのコードの書き方を学ぶことができました。
 
 
河出:なるほど、そうやってどんどん自己解決力をつけていったんですね!

kanett:まあそれでも分厚い壁はいくつかありましたね。

「親戚付き合い」の作成時、シュミレーターにアウトプットする時に、なかなか上手く行かなくて超えられない壁がありました。そこで、解決策を色々とリサーチしていたら他の家系図系のアプリも同じアリゴリズムでやっていることに気付いて、これで行けるっていう閃きがあったんです。

その時、すごく突き抜けた感覚があって、できたという感覚がありました。

プログラミングって自分の思考力で解決できる部分って結構あって「スキル×発想力」で問題を越えられることを体感しました。
 
 
河出:いいインストラクターさんに出会えたんですね

kanett:担当のインストラクターは、良い壁打ち相手になってくれました。こんなにプログラミングを網羅的に習得している人でも、アプリ開発は複雑なものだということを実感しました。
 
 
河出:じゃあ結構インストラクターさんでもわからないような部分が出てきたりしたんですか?

kanett:そうですね。でも実は、それが結構自信に繋がったたんです。

学んできた過程が違えば、人それぞれ蓄積されていくコードのノウハウや表現方法って違うんですよね。だから、担当インストラクターとは異なる表現方法でコードを書けた時、自分でも考えてコードを書けるという大きな自信になりました。

本の流儀を真似るだけでなく、色んな側面から調べて書いていくことしか、自分のコードで書けるようにはならないですね。教科書通りに、100%教えてもらえないこともあったんですが、それが個性というか、それも含めてこうやるんだっていう感覚が身につきました。

まあでも、改めてやはりアプリ開発は難しいなと思いましたね。というか相当大変でしたよ。笑

「物事をわかることがプログラミングではない」

河出:学習したてで今とってもワクワクしているタイミングだと思うんですが、これからの展望とかってありますか?

kanett:スキルって蓄積されると思うので、スキルを蓄積した先に何が待っているかが楽しみです。

何かがゴールではないけど、思わぬ人脈ができたり、会社をやめる選択も出てくるかもしれないじゃないですか。自分が学んだプログラミングを社会に還元するかもしれないので、これからも楽しんでやっていきたいですね。
 
 
河出:早速次のアプリの構想もあるみたいですね!

kanett:はい。今自分で「画像解析で花の名前を判定できる」アプリ開発を行なっています。

山が好きで、良く山登りに行くのですが、道の途中にある花を調べたい時に、山だと電波がないので、調べられないんですよね。そういう時に使えればいいなと。

作り始めて1ヶ月くらい経って、触りまでできてる感じです。これから機械学習で解析させてたりしてみようかなと。

山菜の時期の春までにはリリースしたいですね。
 
 
河出:最後に、プログラミング学習で大事にしていることを教えてください。

kanett:勉強しようと思うと、全てを理解するのは大変ですが、自分は意味わからず書いているところもあるんです。理解できてないコードでも、大体何をやっているかがわかればアプリは作成できるので。

自分は理解できてないけど、それでも良い。意味があるかないかよりかはものができることの方が大事だと思っています。

「物事をわかることがプログラミングではない」

そこを勉強だから1から積み上げていかないといけないと思うとしんどいので、作れればいいやって思ってます。うまく利用してやりたいことを実現して行くのが最短だと考えています。


3回もの挫折を乗り越え、目標としていたアプリ開発を成し遂げたkanettさんのお話は、目標を明確にすることの大事さと、プログラミング学習で抑えるべきポイントを学ぶことができる楽しい時間でした。

kanettさん、ありがとうございました!

インタビュー後、さらにアプリをリリース

このインタビューが終わって数ヶ月、なんと新たなアプリを2本もリリースされたそうです!
インタビュー中でお話いただいた、山のお花がわかるアプリも完成。

ぜひみなさんも使ってみてください!

山の花
http://kanett5.page.link/naxz

子供と過ごす時間
http://withchildren.page.link/iNhr

 
 

kanettさんのように色々なアプリを作りたいなら無料体験レッスンへ

 
「プログラミングに興味はあるけど、自分にできるんだろうか…」
「どうやって勉強すればきちんと身につけられるんだろう…」

初めてプログラミングに触れる方は、こんな疑問や不安を抱えている人も多いと思います。

まずは気軽に、『無料体験レッスン』であなたのキャリアや勉強方法について一緒に考えてみませんか?

LINEで送る
Pocket

書いた人

河出 光咲希

河出 光咲希

侍エンジニア塾マーケティング部グロースハック担当。大手製薬メーカーをわずか3ヶ月で退職し、木内代表の理念や侍エンジニア塾のビジョンに共感し、ジョインすることに。私自身も、侍エンジニア塾を通して仕事の楽しさややりがいを実感し、人生が変わった経験から、同じように侍エンジニア塾を通して多くの方の人生をより良くしたいと思って日々働いている。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説