Rubyエンジニアへ転職したい! 未経験から独学での成功方法を解説

Rubyを使う会社に転職したい

Rubyって未経験でも学べるの?

このように悩んでいる方もいるのではないでしょうか。プログラミング言語って難しい印象があり、未経験でもしっかり学習についていけるのか不安になりますよね。

この記事では、未経験からRubyエンジニアに転職する方法について卒業生2万名以上、Rubyにも強い人気プログラミングスクールの当社がご紹介します。

Rubyエンジニアになるために必要なスキルや勉強法を学べるため、ぜひご一読ください。

この記事の目次

【結論】Rubyは未経験からのエンジニア転職におすすめ!


結論から述べると、Rubyは未経験からのエンジニア転職におすすめの言語です。

ここではRubyが未経験からのエンジニア転職におすすめな理由を3つご紹介します。

①初心者でも学習しやすい
②高収入が見込める
③求人数が豊富

それぞれ詳しくみていきましょう。

初心者でも学習しやすい

おすすめな理由一つめは、初心者でも学習しやすいためです。

Rubyは日本人である「まつもとゆきひろ」さんによって開発されており、日本語での解説サイトが多いためです。英語に精通している必要がある、外国人によって開発されたプログラミング言語とは違います。

そのため初心者でも理解しやすく、読みやすい配慮がされています。また、需要の高さからか学習書籍が豊富に取り揃っており、その点でも学びやすい言語だといえます。

下記記事では、人気言語であるPHPと比較してRubyの特徴を詳しく記載しているので、興味のある方はぜひご覧いただければと思います。

【現役エンジニアが徹底比較】PHPかRuby勉強するならどっち?
更新日 : 2019年12月14日

高収入が見込める

おすすめな理由二つめは、高収入が見込めるためです。

Rubyは汎用性が高く、需要も高いプログラミング言語の一つです。転職サイトを運営する株式会社ビズリーチによるとRubyは、プログラミング言語別年収中央値ランキングでは、数あるプログラミング言語の中で7位の年収の高さを誇っています。

高収入を獲得したい方にもおすすめのプログラミング言語ですね。

求人数が豊富

おすすめな理由三つめは、求人数が豊富なためです。

Rubyは、日本で生まれたプログラミング言語でドキュメントが充実しており、まだまだ求人が豊富にあります。以下の画像を参照すると、年収が高く人気が高いプログラミング言語の中でも、Rubyの求人数はダントツに高い11,676件の求人があることが確認できます。

どのような求人案件があるのかについては後述するため、興味のある方はそちらで詳しく確認していただければと思います。

未経験からRubyを学習し転職した成功例

ここでは当スクールの卒業生のインタビュー内容をもとに、実際に未経験からRubyを学んで転職された方の例を3つご紹介します。

①SE→ベンチャー企業のプログラマー
②美容師→IT企業のエンジニア、個人的にiOSアプリ開発を手がける
③ユーザーサポート業務→IT企業でサイト構築や更新を手がける

Rubyエンジニアとして転職したい方の参考になるかと思いますので、ぜひご覧ください。

20代男性・元SEの方

Rubyを学習し転職を成功させた例一人めは、小池さん元SEの20代男性です。

小池さんは元SEで、社員のパソコンの準備などの業務を担当していましたが、開発業務に興味がありプログラミングの学習を独学から始めました。しかし学習難易度の難しさを痛感し、侍エンジニア塾への入塾を決心します。

入塾後は現役バリバリのフリーランスエンジニアの講師にスパルタ指導を受け、着実に実力を身に付けました。卒業後は、福岡のベンチャー企業でプログラマーとして活動しています。

詳しい内容については下記記事でご紹介しているので、気になる方はぜひご覧いただければと思います。

「プログラミングができないSEは仕事がなくなる」不安を感じたSEが未経験から転職成功するまで
更新日 : 2019年11月5日

20代男性・元美容師の方

Rubyを学習し転職を成功させた例二人めは、西濱さん元美容師の20代男性です。

西濱さんは専門学校を卒業し美容師になったものの、美容師に興味がないことに気づき退職を決意します。次の職探しをしている時に、元々パソコン好きで制作が好きなことを思い出し、プログラミングに興味を持ち始めます。

その後、侍エンジニア塾の無料体験レッスンから入塾を決めています。入塾後はRubyとSwiftを3か月間学習し、卒業後はIT企業に就職しRubyと構文が似たjava開発案件に携わりつつ、個人的にiOSアプリの開発中です。

詳しい内容については下記記事でご紹介しているので、気になる方はぜひご覧いただければと思います。

30代女性・元ユーザーサポート業務の方

Rubyを学習し転職を成功させた例三人めは、清水さん元ユーザーサポート業務の30代女性です。

清水さんは元々システム関連のユーザーサポートの仕事をしていたものの、職場での非効率な働き方に悩みを抱えていました。そんなある日、仕事で関わるエンジニアさんが自由な働き方をしていることに衝撃を受け、プログラミングに興味を持ちました。

その後は侍エンジニア塾の無料体験レッスンに参加し、入塾を決意しました。入塾後はRubyを3か月間学んで、SNSアプリのTwitterのような仕様のアプリを作成します。卒業後はITベンチャー企業に就職し、会社のサイト構築や更新に携わっています。

詳しい内容については下記記事でご紹介しているので、気になる方はぜひご覧いただければと思います。

未経験者向け・Rubyの基礎知識

ここまでで、Ruby未経験者でも十分に転職が可能なほどの知識を身に付けられることを、理解していただけたと思います。

しかし、いきなりRubyのエンジニアになろうと志しても、どのようなことを、なにから手をつければ良いのか分かる方は多くはないでしょう。ここでは、未経験者向けのRubyの基礎知識について幅広くご紹介します。

Rubyが向いてる人

Rubyを学習するにも、人によって向き・不向きがあります。Rubyが向いている方は、以下の3つの特徴に当てはまる方です。

①プログラミング初心者の人
②Web開発がしたい人
③高収入を目指したい人

Rubyは非常に学びやすいプログラミング言語で、数あるプログラミング言語の中でも取り組みやすい言語です。また、Web開発に使われることが多く、かつ比較的年収も高い傾向にあります。

上記3つに当てはまる人には、Rubyはおすすめと言えます。

Rubyでできること

Rubyは汎用性が高い言語といわれていますが、具体的にはどのようなことができるのでしょうか。

主な分野はWebサイト開発やSNSで使用されており、実際に人気である「Twitter」や料理レシピサイトの「クックパッド」などのサービスも、Rubyを使用して開発されています。

もっと詳しく知りたい方は下記記事で、詳細にご紹介しているのでぜひご覧ください。

Rubyでできることって?実際に作られたサービス3例つきで紹介!
更新日 : 2019年5月16日

Web開発

Web開発は、訪れたWebサイト内で提供されるさまざまな機能を開発することです。

主な機能は以下の通りです。

  • メッセージ送信フォーム
  • 検索フォーム
  • カレンダー機能
  • 予約システム

このような、みなさんも使ったことがある機能もRubyで実装することが可能です。

SNS

Twitter、Airbnbなどが開発されています。Twitterは世界的にとても有名で、メッセージの投稿や「イイね」の機能はRubyで開発されています。

ブログ

他言語であるPHPで開発された「WordPress」が有名です。ただRubyでもブログ管理サイトは構築されており、Bloombergが例に挙げられます。

オンラインショッピングサイト

Webサイトはさまざまな機能を持っています。オンラインショッピングサイトで特徴的な機能は「決済」です。

Rubyの場合は最初からプログラムで組みますし、Solidusというパッケージを使い、機能の実装ができます。

API

Application Programming Interfaceの略称で、サービスを提供する側がそのサービスを利用してもらうためのインターフェースを指します。

簡単に述べると、株価のサイトを提供する側が、株価変動グラフや株価の値を取得する機能を使えるようにします。

スクレイピング

スクレイピングとはWebサイトから情報の抽出、抽出した情報を加工することです。Rubyなどのバックエンド言語以外にも、HTMLの知識が必要となります。

スマホアプリ制作

Rubyフレームワークである「Ruby on Rails」を使用して、スマホアプリを開発しています。

機械学習

機械学習というとPythonが有名です。たしかに機械学習用のパッケージがPythonは豊富ですが、機械学習を行うためのプログラミングはRubyでも可能です。

Ruby on Railsとは? Rubyとの違いは?

Rubyの学習を進めていくと、Ruby on Railsという言葉を聞くことが増えていくでしょう。

Ruby on Railsは、Rubyを使いこなすためには欠かせない要素ですので、覚えておくと便利です。Ruby on RailsとはRubyの開発を効率化するフレームワークです。

開発に必要な機能を、簡単に利用できるようパッケージがされています。そのため従来だと数十行以上必要なコードも、Ruby on Railsだと数行で同じ機能を実装できます。Rubyでの開発を助ける、便利ツールと覚えていただければOKです。

Ruby on Railsについて詳しく知りたい方は、下記記事をご覧いただければと思います。

Rubyの需要・将来性

Rubyの需要や将来性は、今後Rubyの学習を始めるうえで非常に気になる項目ですよね。

Rubyは現在でも非常に人気で需要が高いプログラミング言語ですが、将来性も非常にある言語といわれています。それはRubyが使われている求人の数を見ても明らかです。

Rubyが使われている求人案件については後述するので、気になる方はご覧いただければと思います。Rubyは今後も使われるプログラミング言語で、学習しておいて損はないです。

Rubyの需要や将来性が気になる方は下記記事で詳細に記載しているので、ぜひご覧いただければと思います。

Rubyのメリット・デメリット

ここでは、Rubyのメリットとデメリットについてそれぞれご紹介します。Rubyのメリットは5つあり、内容は以下の通りです。

①汎用性が高い
②記述がシンプル
③学習がしやすい
④インタプリタ方式であること
⑤オブジェクト指向であること

Rubyのデメリットは以下の2つです。

①実行速度が遅い
②個人によって記述に差ができてしまう

より詳しい内容については下記記事をご覧ください。

未経験OKのRuby転職案件

画像:Shutterstock

ここではRuby案件のなかでも、未経験者OKの案件を目的別に3つご紹介します。実際の案件の内容や収入の目安、求人数などの参考になるかと思います。

①会社員向け転職案件
②フリーランス向け求人案件
③副業・アルバイト向け案件

それぞれ詳しくみていきましょう。

会社員向け転職案件

まずは、会社員向けの転職案件から見ていきましょう。ここでは、会社員向け求人サイトを4つ使い求人案件を確認しました。

求人サイトの右には、下記条件で検索した結果の求人件数を表示しています。
【検索条件】:検索ワードを「Ruby」で絞り職種は「エンジニア」かつ「未経験OK」。
※検索結果は2020年3月23日時点の結果です。参考程度に見ていただければ幸いです。

①EN:TRY:20件
②リクナビNEXT:14件
③Green:124件
④doda:35件

上記は、転職サイトGreenで掲載されていた求人です。

年収は600万円〜750万円で福利厚生が整っており、リモートワークやフレックス制も導入しています。未経験ながらも、好条件の求人だといえます。

フリーランス向け求人案件

次に、フリーランス向け求人案件を見ていきましょう。ここでは、フリーランス向け求人サイトを2つ使い求人案件を確認しました。

求人サイトの右には、下記条件で検索した結果の求人件数を表示しています。
【検索条件】:検索ワードを「Ruby」で絞り職種は「エンジニア」かつ「未経験OK」。
※検索結果は2020年3月23日時点の結果です。参考程度に見ていただければ幸いです。

①レバテックフリーランス:14件
②フリーランススタート:25件

引用元:レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/project/skill-8/

上記は、レバテックフリーランスで掲載されていた求人です。Rubyを使って教育系プラットフォームの開発に携わる案件で、月収が最大70万円と収入面での対応が良いです。

副業・アルバイト向け案件

最後に、副業・アルバイト向け案件を見ていきましょう。ここでは、副業・アルバイト向け求人サイトを3つご紹介します。

求人サイトの右には、下記条件で検索した結果の求人件数を表示しています。
【検索条件】:検索ワードを「Ruby」で絞り職種は「エンジニア」かつ「未経験OK」。
※検索結果は2020年3月23日時点の結果です。参考程度に見ていただければ幸いです。

①求人ボックス:9件
②ランサーズ:173件
③クラウドワークス:11件

上記は、ランサーズで掲載されていた求人です。Ruby on Railsを使ってWebサイトの更新をする案件で、Ruby未経験者でも知識があれば、アルバイト・パートとして業務ができます。

未経験からRubyエンジニアになるためのスキルセット

Rubyのエンジニアになるために、どのようなスキルを身に付ければ良いのでしょうか。ここでは、未経験からRubyエンジニアになるために必要なスキルセットについて、2つご紹介します。

①テクニカルなスキル
②ビジネススキル

以上では抽象的でいまいちピンとこないと思いますので、順に詳しくみていきましょう。

テクニカルなスキル

Rubyエンジニアになるためには、技術的なスキルは必要不可欠です。Rubyの主な利用シーンであるWeb開発に関しても、Rubyのみの知識ではスムーズに開発ができないためです。

スムーズな開発をするには、幅広いプログラミングの知識が必要になります。必要なスキルが多いと感じるかもしれませんが、Rubyエンジニアとして本格的に仕事をするには全てのスキルが必須になります。

以下で簡単に説明しますので、少しずつでも身に付けていくよう心がけると良いですね。

Webの知識

RubyはWebアプリケーションの開発に多く使われているので、Webページの仕組みや、構造を知って置く必要があります。

例えば以下に示すようなWebページの知識です。

  • HTML&CSSを使用してのWebページの構造やデザインの知識
  • 静的サイトや状況に応じて変化する動的サイトに関する知識
  • フロントエンド、バックエンド言語の違いについての知識
  • Webサーバーやドメインなどの知識

Ruby / Ruby on Rails

Ruby自体の文法や構造はもちろん、チームによる大規模開発の場合はフレームワークである「Ruby on Rails」を使用するので、習得が必要です。

Rubyのフレームワークは複数種ありますが、ほとんどのアプリやシステム開発はRuby on Railsで行われています。そのためRuby on Railsのフレームワークを習得することが、転職の近道になります。

Ruby on Railsとは?できることからサービス例まで網羅的に解説
更新日 : 2020年7月24日

HTML / CSS

Webアプリケーション開発に使用されるので、Webサイト制作のスキルが必要です。そのためにはWebサイトの骨組みを作るHTML、デザインするCSSの習得が必要です。

Webサイト内にある予約システムやメッセージ送信機能、検索機能などはRubyなどバックエンド言語で操作されていますので、HTML&CSSと組み合わせて使用されることが多くあります。

HTML/CSSとは?初心者向けの基礎知識と学習サイト5選
更新日 : 2020年7月15日

JavaScript

最近は動きのあるWebサイトが主流となっています。画像や文字を動かすことができる動的コンテンツの制作には、JavaScriptを身に付けましょう。

Rubyを使用したWebサービス開発や、フロントエンド開発への転職を考えている場合は必須スキルとなります。

JavaScriptとは?概要・始め方・将来性を初心者にもわかりやすく解説
更新日 : 2020年7月23日

Git / GitHub

Git / GitHubは開発したソースコード管理サービスです。ソースコードを公開したり、閲覧やバグ管理機能など、開発者同士のコミュニケーションには必要なサービスとなります。

【絶対理解できる】Gitとは?特徴やできることまとめ!
更新日 : 2020年7月30日

データベース

データベースはその名前の通り、Webサイトに公開するデータを格納しておく場所です。

例えば、ショッピングサイトの商品画像、商品名、金額、商品の説明などは、予めデータベースに格納されており、Rubyなどのバックエンド言語でコントロールされ、データベースからWebサイト内に表示されます。

SQLとは何か?今、学ぶべきメリットと学習方法を徹底解説!
更新日 : 2020年6月15日

ビジネススキル

実は未経験からエンジニアとして活躍するには、Webに関するテクニカルなスキルのみならず、仕事をする上で必要なビジネススキルも欠かせません。

必要なビジネススキルは以下の4つです。

タスク管理スキル

仕事において実行する作業に関して、「やること」、「やったこと」と分けて管理を行い、効率よく仕事を進めるためのスキルです。

コミュニケーションスキル

どのような仕事でも、コミュニケーションスキルは、顧客、上司、同僚などと仕事をスムーズに行うために必要です。

ITエンジニアにおいて、アプリケーション1つとっても開発は1人で行うことはなく、複数人によって細分化され開発されるのがほとんどです。ゆえに進捗状況の確認や相談など行うため、エンジニアは1人でもくもくとプログラミングコードを書いていれば良いわけではありません。

マーケティングスキル

入社したてのプログラマーにはまだ必要ありませんが、将来上流工程やマネジメントのポジションを目指す場合、または独立して自分で起業をするにはマーケティングの知識も必要になります。

マーケティングスキルとは、商品やサービスが売れるように市場調査や販売、宣伝などの活動です。特にIT業界は流行や廃れが激しいので、常にアンテナをはっておく必要があります。

プロジェクトマネジメントスキル

1つのアプリケーションやシステム開発を行うプロジェクトは、複数の人が関わります。そのため誰に、何を、いつまでに開発してもらうか決定するマネジメントを行うポジションの人間がいます。

いわゆるプロジェクトマネージャー(PM)にあたる人が習得する必要があり、アプリケーションの要件定義や仕様書の設計など、開発の前段にあたる上流工程の仕事を行います。

IT業界でキャリアアップや年収アップ、起業して独立する場合に必要となるスキルになります。

未経験からRubyエンジニアに転職するための5ステップ

未経験からRubyエンジニアとして、転職を成功させる為のポイントを紹介しておきます。

Webの知識を深めよう

Web知識を深めるための勉強を進めておくと、転職後もきっと役に立つかと思います。RubyはWeb開発向けの言語で、Web業界の知識やWeb全般に関する知識は重要なためです。

最近だと無料でも有用な情報を十分収集できるので、ニュースサイトや専門サイトなどでプログラミングやIT・Web業界についての勉強をするのがおすすめです。

プログラミングの基礎スキルを身につける

プログラミングの基礎スキルとはHTMLとCSSです。

HTMLとCSSは「マークアップ言語」と言われており、Webサービスの基本となる言語です。まずはこれらを理解してからRubyの学習を始めましょう。

Rubyのプログラミングスキルを身につける

スキルを身につけるには、独学orスクールの2種類があります。無料でプログラミング学習できるサイトなどもあるので、独学でもRubyエンジニアとして活動していけます。

ですが確実にWebエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールに通うのが最も近道と言えるでしょう。お金がかかってしまうのがデメリットですが、正しいカリキュラムで教えてもらえると定着度や効率が違います。

Rubyの学習法については後述しますので、参考にしていただければと思います。

Rubyの学習方法はこちら

サンプルを参考に成果物を作成する

プログラミングスキルを身につけたら、成果物を作成します。Rubyを使って作られているサイトを探して、真似しながらサイトを一から自作して学んだプログラミングスキルを定着させる事が目的です。

サンプルを参考にするとコードの正解がわかるので、答えを見ながらサイトの作成が進められ効率よく学んだ知識を整理できます。

ポートフォリオを完成させる

プログラミング未経験で転職する場合、あなたのスキルをきちんと証明する必要があります。あなたがどんなスキルを持っていて、何を作れるのかを示す事が採用への第一歩です。

あなたが作成した成果物を並べたものをポートフォリオと言います。魅力的なポートフォリオ作りには、あなたのオリジナルの成果物を用意する事が大事です。

ポートフォリオの作り方については以下記事で詳しく説明しているので、ぜひご覧ください。

転職後にスキルアップ、年収アップを目指す指針

画像:Shutterstock

Rubyのスキルを身につけ、うまくIT業界に転職できました。しかし、IT業界への転職がゴールではありません。

未経験で転職した場合は年収もそこまで高くはありませんから、ここから収入を上げる必要があります。むしろ転職してからが勝負で、技術進歩の速いIT業界では常に勉強し、新しいスキルを会得して経験を積んでいく必要があります。

ここでは、転職後のキャリアをどう積んでいくか解説をします。

まずは既存環境で開発できるように

プロジェクトのマネージャーより指示を受け、仕事場の既存環境にて開発を進めていく必要があります。Rubyの基礎はもちろん、フレームワークであるRuby on Railsも使えるようにしておきます。

開発の経験を数多くこなし、かつ0からインフラの構築をするため、勉強することが次のステップに進むための第1歩です。

開発だけでなく上流工程の経験も

上流から下流工程まで、一通りの開発ができるようになっている必要があります。

それ以外にも、

  • インフラ構築、保守・運用を行う
  • 顧客との折衝(要件定義や基本設計など)
  • リーダー経験

など、プログラミング以外にも幅広いスキルが求められ、ビジネススキルも重要となってきます。

マネジメント層を目指す

ここまでくると年収600~1,000万円クラスになってきます。そのため求められるスキルも高くなり、

  • プロジェクトの責任者
  • スペシャリストと呼ばれる高い技術力

になります。また所属する企業の経営にも関わるようになりますので、経営者的な視点を養う必要があります。

未経験から転職を目指す! Rubyのおすすめ勉強法

Rubyを学習する上で、知っておくべきおすすめの勉強方法を3つご紹介します。

①無料学習サイト
②初心者向けの学習本
③Rubyに強いプログラミングスクール

それぞれみていきましょう。

無料学習サイト

おすすめの勉強法一つめは、無料学習サイトです。

最近では無料でも質の高いプログラミング言語の学習ができるサイトが数多く出ています。

  •  Progate
  • ドットインストール
  • Udemy

上記3サイトは、「使いやすさ」「学びやすさ」「学習の楽しさ」「学べる範囲の広さ」「学べる範囲の深さ」の5つの項目が非常に充実しています。プログラミング言語についての知識が浅い入門者には、おすすめ学習サイトです。

無料で学べるプログラミング学習サイトについて、もっと詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。

初心者向けの学習本

おすすめの勉強法二つめは、初心者向けの学習本です。

学習本を利用することで、Rubyの専門知識を深く学べます。初心者向けのおすすめのRuby学習本は、以下の3つです。

  • 3ステップでしっかり学ぶ Ruby入門
  • 作りながら学ぶRuby入門 第2版
  • たのしい開発 スタートアップRuby

上記の学習本を活用し、Rubyの知識に磨きをかけましょう。

下記記事では、Ruby学習におけるおすすめの書籍について学習者のレベル別に紹介していますので、ぜひご覧ください。

Rubyに強いプログラミングスクール

おすすめの勉強法三つめは、Rubyに強いプログラミングスクールで学習することです。

プログラミングスクールに通うことで、効率よくRubyの学習を進められるためです。プログラミングスクールでは、洗練された独自のカリキュラムをプロに教えてもらえるため最短で転職までの学習が可能です。

プロに理解できない箇所をどんどん質問できるため、効率的な学習ができ挫折をしにくい環境で勉強に集中できます。

下記記事では、Rubyが学べる転職に有利なプログラミングスクールについてご紹介しているため、スクールでの学習を検討している方はぜひ参考にしていただければと思います。

まとめ

この記事では、未経験からRubyエンジニアに転職する方法についてご紹介しました。

Rubyは他のプログラミング言語と比較しても学びやすく、求人数も多く、また年収も高いと多くのメリットを兼ね備えています。今後のRubyの将来性についても、案件数を見れば明白です。

しかし、プログラミング言語に興味があっても、なかなか一歩踏み出すことって難しいですよね。Rubyは未経験者でも学習しやすく、十分未経験者でも転職が可能です。

この記事を読んでRubyエンジニアを志したいと考えている方は、最短でRubyエンジニアへの道を駆け上がれるスクールでの学習がおすすめですよ。

当社では無料体験レッスン(オンラインで受講できます!)も開催しているため、ぜひお気軽に足を運んでいただければと思います。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。