30代未経験からWebデザイナーになろう!転職方法と求人の探し方

30代未経験でもWebデザイナーになれるか知りたい
Webデザイナーに転職する具体的な方法を知りたい

30代未経験からWebデザイナーを目指したい方のなかには、このように考える方もいるでしょう。

WebデザイナーはWebサイトやWebサービスのデザインを行う仕事で、インターネットが普及するとともに需要が高まっている職種です。

そこでこの記事では、30代未経験からWebデザイナーに転職できるのかについて解説したうえで、必要なスキルや学習方法をご紹介します。Webデザイナーへの転職方法やおすすめの求人サイトも解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

30代未経験からWebデザイナーになれる?

30代未経験でもWebデザイナーへの転職は可能

30代未経験からWebデザイナーを目指す方のなかには、年齢や経験の浅さから難しいのではないかと考える方もいるでしょう。

しかし、30代未経験でもWebデザイナーに転職することは可能です。

ただWebデザイナーへの転職難易度は30代前半と後半で異なるので、ここからはそれぞれの転職難易度を解説していきます。

30代前半の場合

30代前半であれば、スキルをしっかり身につければ、WebデザイナーとしてWeb制作会社などに転職できます。

転職する際に重要になるのが、環境への対応です。Web業界は他の業界に比べると歴史が浅く、働く方の年齢も若い傾向にあります。

30代前半というと上司が年下ということも多く、業務について指示を受けたり分からないところを質問したりする素直な気持ちが求められるでしょう。

前職で管理職や役職を担っていた方もいるかもしれませんが、Webデザイナーとしては新入社員と同じです。

こうした環境に適応しつつデザインやプログラミングスキルを向上できれば、Webデザイナーとして働く道も開けるでしょう。

30代前半は環境に対応することが重要

ちなみにWebデザイナーを検討している方であれば、Web担当者になる選択肢もあります。

Web担当者はWebサイトやサービスの運営者で、Webサイトの企画・設計・デザイン・運用など幅広い業務を担当します。

しかし必ずしもWebデザイン業務を行うわけではなく、マネジメントやクライアントとの調整も行います。

前職でWebデザイナー以外の仕事をしている点を強みにできれば、30代前半でも十分活躍できるでしょう。

30代後半の場合

30代後半は30代前半とは異なり、Webデザイナーとして転職する難易度は上がります。

Web業界は30代前半くらいで管理職を担当している方も多く、30代後半で1から仕事を教えることが難しいと判断し、求人の対象外にする企業もあるようです。

ただし前職での経験が活かせそうな場合や、本人の性格ややる気がある場合は企業側も検討してくれることもあります。

特に最近ではIT業界の人手不足が深刻化しており、未経験者や年齢の高い方の中途採用を行う企業も出てきているので、30代後半だからWebデザイナーになれないわけではありません。

30代後半から転職の難易度は上がる

30代後半でもWebデザインやプログラミングスキルを身につけ、今までに培った社会人経験やマネジメントスキル、コミュニケーションスキルを活かせば活躍することはできます。

とはいえ、年齢的にも長い時間をかけてスキルを習得する余裕はないので、効率よくスキル習得を目指すことが大切です。

30代未経験からWebデザイナーになる際に必要なスキル

Webデザイナーになる際に必要なスキル

30代未経験からWebデザイナーへ転職を成功させるためには、未経験とはいえ一定のスキルは必要です。

ここからは、30代未経験からWebデザイナーになる際に必要なスキルとして

  • デザインの知識・スキル
  • プログラミングスキル
  • デザインツールのスキル

の3つをご紹介します。

デザインの知識・スキル

Webデザイナーの主な仕事はWebサイトやWebサービスのデザインなので、Webデザインに関する知識やスキルは必須です。

具体的には、以下の4つを意識したデザインを学ぶ必要があります。

  • 配色
  • レイアウト
  • レスポンシブルデザイン
  • UX/UI

配色やレイアウトは利用者の印象や使いやすさに関わるので、Webデザイナーなら確実に学んでおきたい事柄の1つです。

レスポンシブルデザインは、近年重要度が高まっている考え方です。

利用者の利用している画面サイズやWebブラウザの種類に合わせてデザインを最適化する手法をいいます。

最近では、スマートフォンの利用が増えたこともあり、それぞれの閲覧環境に合わせてデザインを変えられる仕組みが導入されつつあります。

レスポンシブルデザイン

これはUX/UIの考え方にもつながりますが、利用者が不便を感じず快適に利用できるように設計されているのです。

UX/UIは利用者が使用しやすく、次も使いたくなるようなデザイン・機能性を備えた設計を行うという考え方をいいます。

これからWebデザイナーになるのであれば、ただ単にデザインをするだけではなく、利用者の印象や利便性を重視したデザインができる知識とスキルが必要でしょう。

プログラミングスキル

WebデザイナーはWebサイトやWebサービスのなどのデザインを行うため、プログラミングスキルもあると便利です。

最近ではCMS(コンテンツ・マーケティング・サービス)という、Webデザインが簡単にできるツールもあるので、必ずしもプログラミングスキルが必要というわけではありません。

ただWebデザイナーであれば、以下の4つの言語を扱えると強みになります。

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • Ruby

それぞれの言語を簡単に解説すると、HTML/CSSはデザインや機能面を担う言語です。ボタンリンクのサイズや配色、Webサイト全体のテーマカラーなどをそれぞれ設定できるので、クライアントの要望に合う個性的なデザインもできます。

Webデザイナーなら最低限知っておきたい言語ですね。

JavaScriptは、主にWebサイトに動きを与える言語です。

ボタンにカーソルを合わせたときに色が変わったり、広告がスライドで表示されたりといったWebサイトに動きを与える機能が作成できます。

プログラミングスキル

PHPやRubyはJavaScriptと同様、Webサイトに動きを与えるサーバーサイドプログラミング言語です。

PHPやRubyはJavaScriptとは異なり、サーバーサイド側の言語で主にデータベースを活用した機能を実現するときに使用します。

サーバーサイドの言語はWordPressのカスタマイズやECサイト作成などWeb開発でよく使用されるので、Webデザイナーとして習得しておくと活躍の幅が広がるでしょう。

このように、Webデザイナーとして活躍するならプログラミングスキルもあると便利です。

以下の記事でWebデザイナーが学んでおきたい言語を解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

WEBデザイナーにプログラミング言語の知識が必要な理由と必須言語3選+α
更新日 : 2021年7月28日

デザインツールのスキル

WebデザイナーはWebコンテンツのデザインを行いますが、全てプログラミング言語で作成しているわけではありません。

Webデザイナーは写真を使ってWeb広告やロゴなどを作成することもあり、デザインツールを扱うスキルも求められます。

有名なツールでいうと

  • Illustrator(イラストレーター)
  • Photoshop(フォトショップ)

がおすすめです。

Illustratorは主にアイコンやロゴなど、Webサイトの一部分のデザインを行う際に便利なツールで、図柄など細かい作業に向いているデザインツールといえます。

一方PhotoshopはWebデザイナーが使用する頻度が多いツールで、画像の編集やWebサイト全体のデザインを作成する際に使用するツールです。1つのデータ素材をパーツ分けして保存できるので、Web開発ではよく使用されます。

IllustratorとPhotoshop

Webデザインの業務では、IllustratorとPhotoshopの両方を使用し作業の分担と効率化が行われているため、Webデザイナーなら両方扱えた方が良いでしょう。

ちなみにWebデザイナーに必要なスキルについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Webデザイナーになるには?必要なスキルや未経験で転職する方法
更新日 : 2021年5月23日

30代未経験からWebデザインスキルを学習する方法

Webデザインスキルを学習する方法

30代未経験からWebデザインスキルを習得する場合、できるだけ効率よく短期間で学習することが大切です。

ここからは、Webデザインスキルの学習方法として

  • 本やWebサイトを使った独学で学ぶ
  • Webデザインスクールで学ぶ

の2つをご紹介します。

本やWebサイトを使った独学で学ぶ

独学で学ぶ

Webデザインを学ぶ際に一番始めやすいのは、本やWebサイトを使った独学です。

Webデザインスキルの習得には個人差がありますが、一般的に1つのポートフォリオを作成するのに300時間、実務レベルのスキルを習得するのに1,000時間必要といわれています。

ただし30代の場合、年齢的にもできるだけ早く転職に向けて行動した方が良いので、独学をする場合は効率的に学習することが大切です。

確実に転職を成功したい場合や、できるだけ短期間でスキルを習得したい場合は独学よりWebデザインスクールの利用をおすすめします。

Webデザインの独学をスタートしたい方は、以下の記事で詳しい方法を解説しているので、あわせて確認してみてくださいね。

【Webデザイン入門】無料・独学でもWebデザインのプロになれる方法
更新日 : 2021年3月22日

Webデザインスクールで学ぶ

Webデザインスクールは費用が多くかかりますが、30代未経験から本気でWebデザイナーを目指すのであればおすすめの選択肢です。

30代未経験でWebデザイナーになるのであれば現実的にタイムリミットがあるので、できるだけ効率よくスキルを習得しなければいけません。

Webデザインスクールやプログラミングスクールに通うことで、専門家のサポートを受けながらWebデザイナーに必要なスキルを学べます

最近のスクールは夜間受講できたりオンラインで利用できたりするので、仕事で忙しい社会人でも利用しやすいです。

引用元:SAMURAI ENGINEER

当社が運営するSAMURAI ENGINEER の場合、現役のWebデザイナーやプログラマーがあなた専用のカリキュラムを作成し、マンツーマンでレッスンします。

365日8~22時で対応し質問・相談し放題。とりあえずお試しで利用してみたい方にはサブスクリプション型のコースもご用意しています。

オンラインで無料体験レッスンを実施しており、Webデザインの学習法や就職・転職まで何でもご質問・ご相談いただけます。

無理な勧誘などは一切していませんので、「まずは相談してみよう」くらいの気軽な気持ちでご利用ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

なお以下の記事では、実際に未経験からWebデザイナーとして活躍している方のインタビューが掲載されているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

30代未経験からフリーランスエンジニアとして地方で活躍できた理由
更新日 : 2020年12月15日

30代未経験からWebデザイナーとして転職する方法

未経験からの転職を成功させる方法

これからWebデザイナーを目指すという方は、どうやったら転職を成功させられるか分からないという方もいるでしょう。

ここからは、30代未経験からWebデザイナーへ転職する方法として以下の3つの手順に分けて解説します。

  • ステップ1 ポートフォリオを作成する
  • ステップ2 求人を探す
  • ステップ3 転職の準備を行う

ステップ1 ポートフォリオを作成する

未経験からWebデザイナーを目指すのであれば、まずはポートフォリオを作成しましょう。

未経験者はWebデザイナーとしての経験がないので、企業にスキルを伝えるためにもポートフォリオを作成してアピールすることが大切です。

未経験者でもシンプルなWebサイトやWebサービスを自力で作成すれば、ある程度スキルがあることを証明できます。

ちなみに、ポートフォリオを作成する際には、その作品を作成した意図や自分の実力を理解してもらえるような構成を意識することが大事です。

具体的なポートフォリオを作成する方法は以下の記事で詳しく解説しているので、あわせて確認してみてくださいね。

未経験からWEBデザイナーに転職できるポートフォリオの作り方
更新日 : 2021年2月8日

ステップ2 求人を探す

求人を探す

ポートフォリオが作成できたら、次は求人を探しましょう。

転職求人といっても種類はたくさんあり、なかには経験者しか受け付けていない場合もあります。

30代未経験者の場合は「年齢制限がない」もしくは「30代OK」で、「未経験者歓迎」の案件を選ぶと良いでしょう。

IT業界では人手不足が続いていることもあり、未経験者から育成する企業も増えています。

30代となると基礎的なIT知識は学んでおくべきですが、ポートフォリオが作成できるくらいのスキルがあれば転職は可能です。

WebデザイナーといってもWebサイトのデザインや広告デザイン、ロゴデザインなど企業によって仕事内容が異なるので、求人探しを行う際にはチェックしてくださいね。

ステップ3 転職準備を行う

自分が希望する求人が決定したら、転職を成功させるために転職の準備を行いましょう。

具体的には履歴書や職務経歴書の作成、面接対策が必要です。

特に未経験者であれば、以下の2つなど面接で未経験者ならではの質問をされることもあります。

  • どうしてWebデザイナーになりたいのか
  • IT業界で働こうと思った理由は何か

その場で解答を考えて伝えるのは緊張状態では難しいので、事前に模擬面接をしたり想定問答集を作成したりして対策をしておくと良いでしょう。

その際、できれば転職経験者や専門家に模擬面接をチェックしてもらうのがおすすめです。必要に応じて試してみてくださいね。

30代未経験からのWebデザイナー転職におすすめの求人サイト3選

30代未経験におすすめの求人サイト

Webデザイナーとして転職を成功させるためには、効率よく求人を探す必要があります。

そこでここからは、Webデザイナー転職におすすめの求人サイトとして、以下の3つをご紹介します。

  • Indeed(インディード)
  • マイナビ転職
  • DODA(ドゥーダ)

ちなみに上記以外にも、最近ではWebデザイナー等クリエイター系に特化した求人サイトが登場しています。

しかしほぼWebデザイナー経験者を対象としたキャリアアップ系の求人ばかりで、未経験OKの求人数はかなり少ないのが現状です。

そのため今回は、未経験OKのWebデザイナー向け求人が多いサイトのみを3つピックアップしました。

Indeed(インディード)

引用元:Indeed

「Indeed」は大手求人サイトで、仕事やバイトさがしに向いているいます。

未経験のWebデザイナーの求人も豊富で、「未経験 Webデザイナー 30代」のキーワードで検索したところ、2021年5月10日現在で13,544件の求人がヒットしました。

Indeedではその他にも年収や雇用形態、勤務地などで検索することができるので、自分に合った企業を選びやすいです。

無料登録で利用できるので、とりあえず登録して利用するのも良いでしょう。

Indeed公式サイトはこちら

マイナビ転職

引用元:マイナビ転職

「マイナビ転職」は、新卒の就活サイトでも有名なマイナビが運営しているサイトで、求人情報の分かりやすさが魅力です。

仕事内容や対象者、企業の魅力や社風などが分かりやすくまとめられているので、初めて求人探しをする方でも自分に合った求人が見つけやすいでしょう。

未経験者向けのWebデザイナーの案件でいうと、「未経験 Webデザイナー」のキーワードで検索した結果、2021年5月10日現在で42件の案件がヒットしました。

企業の方の仕事風景や写真などもあるので、企業の雰囲気も分かる求人サイトです。

マイナビ転職公式サイトはこちら

DODA

引用元:DODA公式サイト

「DODA」は転職求人が探しやすい大手サイトで、かなり細かく条件別で求人が探せます

例えば職種でいうと、クリエーター・クリエイティブ職でもデザイナー・Webデザイナー・アートディレクターなど細分化されていて、自分に合った求人が検索可能です。

「未経験歓迎 Webデザイナー」の条件で検索した結果、2021年5月10日現在で10件の求人がヒットしました。

該当の求人数は少なめですが、給与の目安や仕事内容なども分かりやすいので、これから求人を探す方にはおすすめのサイトです。

DODA公式サイトはこちら

この記事のおさらい

今回は30代未経験からWebデザイナーに転職できるかについて解説しました。

未経験の場合、コツは必要ですがスキルを習得すれば十分Webデザイナーを目指せます

興味がある方は、ぜひ積極的にチャレンジしてみてくださいね。

30代未経験からWebデザイナーになれる?

30代未経験からでもWebデザイナーになることはできます。ただ、年齢を重ねるごとに転職が難しくなっていくので効率よくスキルを習得することが大事です。

Webデザイナーに必要なスキルは?

デザインの知識・スキルは必須で、その他プログラミングスキル・デザインツールのスキルがあると活躍の場が広がります。未経験者がいきなりすべて習得するのは難しいので、まずはデザインから学びましょう。

Webデザイナーに必要なスキルの学習方法は?

本やWebサイト使って学習する独学と、専門家のサポートのもと学習するWebデザインスクールを利用する方法があります。30代未経験の方の場合、効率を考えればスクールの利用がおすすめです。

30代未経験からWebデザイナーになる方法は?

まずはスキルや実績を示すためにポートフォリオを作成し、その後で求人を探すと良いでしょう。また、転職を成功させるには、転職対策として面接対策や履歴書などの作成も必要です。

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら