【Python Scriptを実行しよう!】基礎知識まとめ

Pythonでスクリプトが書けるって聞いたけど、どういうこと?
Python Scriptの実行方法が知りたい
どうしてPythonで書く必要があるの?

まだあまりPythonに馴染みがない方にとってPythonでスクリプトを書くというのは、一見ハードルが高いように感じられてしまうかも知れません。

ですが、本当はPython Scriptって全然難しくないんです!

Pythonの書き方を知っている方なら尚更、スクリプトはPythonを使う方が楽であると言えるでしょう。

こんにちは、現役エンジニアでPythonライターの遠藤です。

今回の記事では、「Python Scriptとは何か」という所から、実行方法や簡単な書き方を解説致します!

この記事はこんな方へ向けて書きました。

  • Python Scriptの実行方法が知りたい方
  • Python Scriptを書いてみたい方

ここではPython Scriptの基礎の基礎が理解できます。

導入として理解したい方は是非最後までお付き合いください!

なお、Pythonの記事については、こちらにまとめています。

Python Scriptとは?

まずはじめに、Python Scriptを一言で表すと、「Pythonで記述されたスクリプト」です。でもこれだけじゃ名前の通りで意味が分かりませんよね。

ここで理解していただきたいのは、Python ScriptとPythonは別物という事ではなく「Python Script = Python」と認識して差し支えないという事です。

これを理解するのに必要な単語が2つあります。それはスクリプトコンパイルです。

コンパイルとは、人間が書いたコードを機械が読み取れる言語に変換する事を言います。コンパイルされたデータを読み込む事で、機械は処理を実行できるようになります。

また、スクリプトとは記述してすぐ実行できる、人間がコンパイル処理を意識しなくても良いプログラムの事を指します。

Pythonはインタプリタ言語というスクリプト言語(コンパイルを意識しなくても良い言語)の一種なので、「Python Script = Python」という解釈で良いという訳です。

なお、スクリプトというのは一般的に、「簡易的なプログラム」というニュアンスが強いです。そのためPython Scriptを一言で表すと「Pythonで書かれた簡易的なプログラム」となります。

なぜPython Scriptが良いのか

Python Scriptの利点は、なんと言ってもPythonの知識があればすぐに書ける点です。他のスクリプトを書く際はやはりそれ用の言語を覚える必要がありますが、Python ScriptはPythonの書き方でそのまま実現出来ます

もちろん他のスクリプト言語を覚えるのも良いですが、「Python Scriptを書ける=Pythonが書ける」という意味では、より技術向上に工数をかけられるのです!

Python Scriptの実行方法

事前準備

Python環境のインストールがまだの方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Pythonのインストール方法をOS別に解説(Windows・Mac・Linux)
更新日 : 2021年8月30日

Writer

遠藤貴大

株式会社SAMURAI

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら