【Python Scriptを実行しよう!】基礎知識まとめ

Pythonでスクリプトが書けるって聞いたけど、どういうこと?
Python Scriptの実行方法が知りたい
どうしてPythonで書く必要があるの?

まだあまりPythonに馴染みがない方にとってPythonでスクリプトを書くというのは、一見ハードルが高いように感じられてしまうかも知れません。

ですが、本当はPython Scriptって全然難しくないんです!

Pythonの書き方を知っている方なら尚更、スクリプトはPythonを使う方が楽であると言えるでしょう。

こんにちは、現役エンジニアでPythonライターの遠藤です。

今回の記事では、「Python Scriptとは何か」という所から、実行方法や簡単な書き方を解説致します!

この記事はこんな方へ向けて書きました。

  • Python Scriptの実行方法が知りたい方
  • Python Scriptを書いてみたい方

ここではPython Scriptの基礎の基礎が理解できます。

導入として理解したい方は是非最後までお付き合いください!

Python Scriptとは?

まずはじめに、Python Scriptを一言で表すと、「Pythonで記述されたスクリプト」です。でもこれだけじゃ名前の通りで意味が分かりませんよね。

ここで理解していただきたいのは、Python ScriptとPythonは別物という事ではなく「Python Script = Python」と認識して差し支えないという事です。

これを理解するのに必要な単語が2つあります。それはスクリプトコンパイルです。

コンパイルとは、人間が書いたコードを機械が読み取れる言語に変換する事を言います。コンパイルされたデータを読み込む事で、機械は処理を実行できるようになります。

また、スクリプトとは記述してすぐ実行できる、人間がコンパイル処理を意識しなくても良いプログラムの事を指します。

Pythonはインタプリタ言語というスクリプト言語(コンパイルを意識しなくても良い言語)の一種なので、「Python Script = Python」という解釈で良いという訳です。

なお、スクリプトというのは一般的に、「簡易的なプログラム」というニュアンスが強いです。そのためPython Scriptを一言で表すと「Pythonで書かれた簡易的なプログラム」となります。

なぜPython Scriptが良いのか

Python Scriptの利点は、なんと言ってもPythonの知識があればすぐに書ける点です。他のスクリプトを書く際はやはりそれ用の言語を覚える必要がありますが、Python ScriptはPythonの書き方でそのまま実現出来ます

もちろん他のスクリプト言語を覚えるのも良いですが、「Python Scriptを書ける=Pythonが書ける」という意味では、より技術向上に工数をかけられるのです!

Python Scriptの実行方法

事前準備

Python環境のインストールがまだの方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Pythonのインストール方法をOS別に解説(Windows・Mac・Linux)
更新日 : 2019年8月1日

また、ターミナル(黒い画面)でコマンドを入力するのがまだ難しいという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Macの方向け

Windowsの方向け

以降では、実行するためのコマンドについて紹介致します。

実行コマンドの入力方法

それでは実際にPython Scriptを実行してみましょう。

今回は以下の「sample.py」というファイルを実行しましょう。

sample.py:

Python Scriptを実行する方法は、基本として2通りあります。

一つは以下のように、「python ファイル名」で実行する方法です。

ターミナルが現在のディレクトリにsample.pyがある場合は、以下のようにコマンドを実行します。

もう一つの方法は、絶対パスまたは相対パスのファイル指定だけで実行する方法です。例としては、以下が挙げられます。

これは、現在いるディレクトリのsample.pyファイルを実行する場合です。

ただこのコマンドだと、Pythonを実行する指定がありません。そのため、このように実行する場合はコード内でPythonを実行する旨を指定する事になります。

sample.py:

#!」という表記を追記しました。これは/usr/bin/envのpython3を実行するという意味で、Shebang(シバンまたはシエバン)と言います。

Shebangは実行して欲しいPython環境を指定する為の記述と覚えましょう。記述する際は、プログラムの先頭に記載する必要があるという点、Windows OSでは使えない(ただのコメント行になってしまう)点に注意です。

また、上記2つの使い方は実行さえできればどちらでも特に問題ありませんが、誰かとスクリプトを共有する場合はShebangを入れておいた方が親切です。

上記のどちらのコマンドを使用した場合でも、実行結果は以下のようになります。

実行結果:

お悩み別解決法

最初に入れる”coding:utf-8″とかって要るの?

よくPythonのコードの冒頭で以下のような記述を見ませんか?

こちらはただのコメント行ではなく、文字コード指定する役割があります。実は名前もあって、「Magic comment」と言います。

こちらには以下のような記載ルールがあるので、頭に入れてしまいましょう。

  • 記載する場合は1行目か2行目に記載する
  • 文字コードがUTF-8でPython3の場合、記載は非推奨
  • 文字コードがUTF-8でPython2の場合、記載は必須
  • Emacsでは、「-*- coding:utf-8 -*-」という記載の仕方が必要
  • Vimでは、「vim:fileencoding=utf-8」という記載の仕方が必要

別のライブラリをインポートをしたい

別のライブラリをインポートしたい場合は、コードの始めに「import ファイル名」を記述します。

以下の例では、「sys」をインポートしています。

sample.py:

実行結果:

より詳細が知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【python】任意のライブラリをインポートするためパスを通そう!
更新日 : 2019年4月15日

コマンドラインによる引数でプログラムの処理を実行したい

実行時に引数を入力して処理を実行させたい場合はよくありますよね。

その場合は、「sys」をインポートをインポートし、sys.argvを使用する必要があります。

こちらについてはある程度まとまった知識が必要になるので、以下の記事を参照してください。

Pythonのコマンドライン引数とは?取得方法を3つのパターンで解説
更新日 : 2019年6月13日

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、「Python Scriptとは?」という所から、Python Scriptの実行方法までを解説致しました。

Python Scriptは、覚えてしまうととても使いやすく便利です。

是非ここで基礎を覚えて、Python Scriptを活用していってください!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説