【初心者必見!】コマンドプロンプトの基礎的なコマンド一覧

今回の記事では、コマンドプロンプトでよく使うコマンド一覧をまとめました。

まずはどんなコマンドがあるのか知りたい
細かな説明は後でいい!まずコマンド一覧を見せてくれ!

という方へ向けて、

  • コマンドプロンプトでよく使うコマンド一覧
  • 各コマンドの簡単な説明

について紹介致します。コマンドを忘れてしまった方、新しく知りたい方は是非本記事を参考にしてください!

コマンドプロンプトでよく使うコマンド一覧

それでは早速、よく使うコマンドの一覧です!

・基本的な操作

コマンド用途
cd ディレクトリの移動
dir ディレクトリの中身を確認する
tree ディレクトリ構造を確認する
cls 画面をクリアする
help コマンドの一覧や詳細を表示する

・ファイル操作関連

コマンドオプション
copy ファイルをコピーする
xcopyファイルやディレクトリをコピーする
delファイルを削除する
rmdirディレクトリを削除する
typeファイルを開く(指定したファイルがない場合、新規作成)
mkdirディレクトリを新規作成
renameファイルやディレクトリ名の変更

・ネットワーク系

コマンド用途
ipconfigPCのIPアドレス等の情報を確認する
nslookupウェブサイトのドメイン名からIPアドレスを取得(逆も可)
ping指定したIPアドレスとの通信確認

各コマンドの簡単な説明

コマンド一覧を確認したところで、それぞれのコマンドの簡単な説明を致します。

基本的な操作

まずはじめに基本操作です。

ディレクトリ移動

ディレクトリ移動をするには、「cd」コマンドを使います。cdコマンドはコマンドプロンプトで最も使うであろうコマンドです。詳細は以下の記事を参照してください。

コマンドプロンプトの基礎を身につけよう!ディレクトリ移動の方法
更新日 : 2020年5月8日

ディレクトリの確認

ディレクトリ移動の際に頻繁に使うのが、ディレクトリの中身を確認する「dir」,「tree」コマンドです。「dir」コマンドは現在のディレクトリの中身、「tree」コマンドはディレクトリ構造を確認する際に使えます。

一覧での確認方法が記載されております。詳細は以下記事を参照してください。

その他の基本操作

「cls」コマンドは、画面をクリアする為に使います。コマンドプロンプトの操作をしていると、結構画面がいっぱいになってしまって見にくくなってきます。

その際にclsをすることで、画面をリフレッシュしてくれます。結構使うコマンドなので、覚えておくと良いでしょう。

また、「help」コマンドは読んで字の通り、ヘルプを呼び出します。単純に「help」だけ入力すると、よく使うコマンドの一覧を表示してくれます。さらに、「help コマンド名」とすると、後に入力したコマンドの説明が確認できます。

ファイル操作関連

ファイル・ディレクトリのコピー

ファイル・ディレクトリをコピーするには、「copy」コマンドや「xcopy」コマンドを使います。copyは対象のファイルをコピーし、xcopyはディレクトリ構造もコピーする事が可能です。こちらについても、詳細は以下を参照してください。

【コマンドプロンプト】コピーコマンドを使いこなそう!
更新日 : 2020年5月8日

ファイル・ディレクトリの削除

ファイル・ディレクトリを削除するには、「del」コマンド・「rmdir」コマンドを使います。delコマンドについては以下を参照してください。

rmdirコマンドは、以下のように使います。

$rmdir ディレクトリ名

ディレクトリ配下のファイル・サブディレクトリも削除したい場合は、「/s」オプションをつけると削除できます。

ファイル・ディレクトリの新規作成

ファイルを新規作成する際は、「type」コマンドを使います。

$type ファイル名

指定したファイル名が既に存在している場合は、そのファイルが開かれます。また、ディレクトリを新規作成したい場合は「mkdir[」コマンドです。

$mkdir ディレクトリ名

で指定した名前のディレクトリを作成できます。

ファイル・ディレクトリ名の変更

リネームを行いたい場合は、そのままですが「rename」コマンドを使います。

$rename ファイル名1 ファイル名2

で「ファイル名1→ファイル名2」に変更できます。

ネットワーク系

PCのIPアドレス等の情報を確認する際は、「ipconfig」コマンドを使います。オプションに「/all」を付ける事で、MACアドレスなどの詳細情報も取得可能です。

また、ウェブサイトのドメイン名からIPアドレスを取得したい場合は、「nslookup」コマンドを使います。逆にIPアドレスからドメインを取得する事も可能です。「ipconfig」「nslookup」についての詳細は下記記事にて紹介しています。

コマンドプロンプトでIPアドレスを確認しよう!
更新日 : 2020年5月8日

最後に、「ping」コマンドは指定したIPアドレスとの通信確認をする際に使用するコマンドです。pingを投げて、応答が返ってくるかどうかを確認します。ネットワークの問題を確認する際に活用できます。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では、

  • コマンドプロンプトでよく使うコマンド一覧
  • 各コマンドの簡単な説明

を紹介しました。よく使うコマンドとはいえ、全てをしっかり覚えておくのは難しいですよね。もしコマンドを忘れてしまった際はぜひこの記事を参照してください!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。