スライドショー

【ExcelVBA入門】DeleteFolderメソッドを使ったフォルダ削除方法とは

こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。

皆さんは、VBAでフォルダを削除する方法を知っていますか?

VBAはExcel操作だけでなくフォルダ操作もできるので、ちょっとしたフォルダ整理ツールを作るときにとても便利なんですよね。

そこで今回は、

・VBAでフォルダを削除する方法

といった基礎的なことから、

・フォルダ以下のファイル・サブフォルダを含めて削除する方法

・エラーが出てしまった場合の対処方法

・合わせて覚えると便利なファイルを指定して削除する方法

といった応用的な方法まで、徹底的に解説します!

DeleteFolderメソッドの使い方

はじめに、フォルダを削除する方法について解説します。

フォルダを削除したいときは、FileSystemObjectオブジェクトDeleteFolderメソッドを使います。

FileSystemObject.DeleteFolder "フォルダパス"

フォルダパスで指定したフォルダは、フォルダ内にあるファイルサブフォルダ含めて削除することができます。

このように簡単にフォルダを削除することができます。

サンプルコード

次に、サンプルコードをもとに、具体的な使い方を解説します。

サンプルコード:

Sub Test()
  Dim objFSO As Object
  Dim strFolderPath As String
  Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
  strFolderPath = "C:\Users\Siro\Desktop\Samurai\VBA\削除データサンプル\1"
  
  'フォルダ削除
  objFSO.DeleteFolder strFolderPath
  
End Sub

FileSystemObjectと聞くと馴染みがない方もいるかもしれませんが、ファイル・フォルダ操作ができるオブジェクト操作方法です。

CreateObject("Scripting.FileSystemObject")」でFileSystemObjectを使うことができるので、決まり文句として覚えてしまえばOKです。

フォルダ削除でエラーが出たときの対処方法

ただ、ファイルを開いている場合フォルダが既に存在していなかった場合DeleteFolderメソッドを使うとエラーになってしまいます。

エラーが起こると処理が途中で止まってしまうだけでなくVBEのコードが表示されてしまうので、ツールを使う人に不信感を与えてしまうときがあります。

そのため、エラー処理を組み込んでおくのがおすすめです!

エラー処理を入れたサンプルコード:

Sub Test()
On Error GoTo Test_Err
  
  Dim objFSO As Object
  Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
  Dim strFolderPath As String
  strFolderPath = "C:\Users\Siro\Desktop\フリーランス\ライター\1. サムライエンジニア\ブログ\62.VBA_フォルダ削除\削除データサンプル\1"
  
  'フォルダ削除
  objFSO.DeleteFolder strFolderPath
  
  'フォルダ存在チェック
  If Dir(strFolderPath, vbDirectory) <> "" Then
    MsgBox "削除に成功しました", vbInformation
  End If
  
  Exit Sub
  
Test_Err:
  MsgBox "削除に失敗しました。" & vbCrLf & _
         "エラー原因は以下の通りです。" & vbCrLf & vbCrLf & _
         "----------------------------------" & vbCrLf & _
         "エラー番号:" & Err.Number & vbCrLf & _
         "エラー詳細:" & Err.Description & vbCrLf & _
         "----------------------------------", vbCritical

End Sub

フォルダがない場合のエラー:

ファイルを開いている場合のエラー:

エラーの場合はエラーメッセージをMsgBoxで表示するように処理を書いています。

また、メインの処理ではフォルダがあった場合のみ、以下のメッセージが表示されるようにしています。

メッセージ:

VBAでツールを作るときは、このようなちょっとした配慮をするだけで、使い勝手がぐっと上がるのでおすすめです!

サンプルで紹介したフォルダ存在チェック方法エラー処理の書き方については以下で詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

VBAでファイル名を取得するには?3+1のパターンで速攻理解!
更新日 : 2019年4月25日
【VBA入門】エラーを処理する方法(On Error、Resume、GoTo)
更新日 : 2019年4月21日

補足:合わせて覚えると便利なファイル削除方法とは

今回はフォルダ削除に特化して解説していますが、ファイルを指定して削除したいケースもありますよね。

以下で詳しく解説しているので、合わせて覚えるのがおすすめです!

まとめ

今回は、VBAでフォルダを削除するためのDeleteFolderメソッドの使い方について解説しました。

VBAでフォルダ削除ができるようになると、効率的に速くフォルダ整理ができるようになります。

使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。
Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義、設計、インフラ、製造、テスト、運用保守など、様々な経験あり。
また、侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
現在はフリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説