【Java入門】Calendarの日付フォーマットを指定する(format)

こんにちは!フリーエンジニアのヤマシタです。

Javaには日時のフォーマットを指定したり、日付を演算することができるCalendarクラスがあります。

この記事では、

  • SimpleDateFormatの使い方
  • SimpleDateFormatの注意点
  • 日付のフォーマットを変更する方法
  • DateFormatクラスでフォーマットを指定する方法
  • 日付を比較する方法
  • Date型とString型文字列との変換

という基本的な内容から、などの応用的な内容に関しても解説していきます。今回はそんなCalendarクラスについて、さまざまな方法をわかりやすく解説します!

SimpleDateFormatの使い方

日付や時刻のフォーマットを指定する場合は、SimpleDateFormatクラスを使用します。

指定したフォーマットは、formatメソッドの引数に指定された日付を、SimpleDateFormatオブジェクトのパターンに従ってフォーマットします。

フォーマットパターンを指定することで、さまざまなフォーマットで日付や時刻を表示することができます。SimpleDateFormatクラスを使用するためには、import java.text.SimpleDateFormatを指定します。

指定するフォーマットパターンについては、OracleのAPIに全パターンが記載されています。

https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/api/java/text/SimpleDateFormat.html

主なパターンは以下の表のとおりです。

文字説明パターン結果
G紀元GAD
yyyyy
yy
2017
17
MMM
MMM
MMMMM
03
Mar
March
dd
dd
1
01
E曜日EWed
H時(0-23)H
HH
0
00
K午前/午後の時(0-11)K
KK
0
00
h午前/午後の時(1-12)h
hh
1
01
mm
mm
0
00
ss
ss
0
00
Sミリ秒S
SSS
1
001

以下に、SimpleDateFormatクラスの基本的な使い方を記述します。

実行結果:

サンプルではSimpleDateFormatクラスのコンストラクタの引数で、フォーマットパターン“yyyy年MM月dd日”を設定しています。

次にSimpleDateFormatクラスのformatメソッドを使用して、引数にCalendarクラスのgetTimeメソッドを指定すると、パターンを“yyyy年MM月dd日”で設定した、現在の日付が表示されます。

ミリ秒まで表示する方法

ミリ秒まで表示する方法について、サンプルコードで確認しましょう。

実行結果:

曜日を表示する方法

曜日を表示する方法について、サンプルコードで確認しましょう。

実行結果:

和暦(元号)で表示する方法

Java6から和暦対応のCalendarクラスが提供されました。和暦に対応するには、Localeクラスを使います。Localeクラスを利用することで、言語や国ごとで異なる単位、記号、日付、通貨をフォーマットすることができます。

和暦で表示する方法について、サンプルコードで確認しましょう。

実行結果:

SimpleDateFormatの注意点

SimpleDateFormatクラスの注意点として、存在しないフォーマットパターンを指定すると、IllegalArgumentExceptionの例外が投げられますので注意が必要です。

例えば、以下のように指定すると例外となります。

これは、日付の後に曜日を指定していますが、曜日は大文字のEで指定する必要があります。パターンのアルファベットは、大文字小文字が明確に区別されますので、注意しましょう。

日付のフォーマットをチェックする方法

存在しないフォーマットパターンかどうかチェックしてから処理することをオススメします。パターンが不正の場合はtry-catch文で例外処理が行われるようにしましょう。

実行結果:

フォーマットを変更する

日付のフォーマットを変更するには、SimpleDateFormatクラスのapplyPatternメソッドを使用します。

引数patternには、変更後のフォーマットを指定します。

applyPatternでyyyymmdd形式に変更

以下にSimpleDateFormatクラスのapplyPatternメソッドを使用した、日付の変更方法を記述します。

yyyy年MM月dd日形式からyyyymmdd形式に変更します。

実行結果:

サンプルではSimpleDateFormatでフォーマットを指定後、applyPatternメソッドでフォーマットを変更しています。

DateFormatを使用する方法

DateFormatクラスでもSimpleDateFormatクラス同様に、日付や時刻を整形することができます。

DateFormatクラスは、new演算子ではなくgetInstanceメソッドを使用してインスタンスを生成します。

getInstanceメソッドは、呼び出すごとに現在の日付と時間に初期化された状態で、オブジェクトを返します。

DateFormatの使い方

以下に、DateFormatクラスの基本的な使い方を記述します。

実行結果:

サンプルではDate クラスとDateFormatクラスのオブジェクトを作成し、Dateクラスが保持している時刻をformatメソッドで整形しています。

日付を比較する方法

日付を比較するにはDateクラスのcompareToメソッドを使って、以下のように記述します。

compareToメソッドの戻り値は、

  • Date1が引数Date2と等しい場合は値0
  • Date1が引数Date2より前の場合は-1
  • Date1が引数Date2より後の場合は1

のいずれかを返します。日付の比較についてくわしいことは、こちらのサイトで解説していますので、ぜひ参考にしてください。

【Java入門】Dateクラスで日付の比較(compareTo/before/after)
更新日 : 2019年5月3日

Date型とString型文字列との変換

Date型とString型文字列と型変換をする機会は頻繁にありえます。型変換が必要なときは、こちらのサイトで詳しく解説していますので、ぜひさんこうにしてください。

【Java入門】String型と日付型(Date型)を変換(SQLのDate型も解説)
更新日 : 2019年6月8日

Calendarについてもっと詳しく知りたい方へ

Calendarのさまざまな使い方については、以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【Java入門】Calendarクラスの使い方総まとめ
更新日 : 2018年11月27日

まとめ

ここでは、日付や時刻をフォーマットで指定できるSimpleDateFormatクラスや、DateFormatクラスについて説明しました。日付を扱う処理は、さまざまな場面で使用することがあると思います。

もし、日付や時刻のフォーマットを指定する方法を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ヤマシタ

エンジニア歴10年のフリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、200本以上の執筆経験があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説